ここから本文です
麗しの富山 地震・災害編
個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。

書庫全体表示

2019年4月12日(金)21時51分

本日は南西諸島で沖縄本島近海M5.0他、有感無感の中規模地震が連発しています。
更に父島近海でもM5台の有感地震が発生しており、久々に日本付近の地震活動が活発化しているようです。
又久々に我が家のテレビの画像が乱れ、行徳高校のグラフは欠測、高知大学気象情報頁もアクセスできません。
南西諸島付近の地震有感地震とUSGSでのM4.5以上の地震、父島近海、硫黄島近海の有感地震やUSGSのM4.5以上の地震です。
2019412 1631分ごろ 父島近海 5.6 1
USGS 4.6115km N of Iwo Jima, Japan2019-04-12 16:30:05 542.8 km
USGS 4.9156km ESE of Nago, Japan2019-04-12 15:26:012.8 km
USGS 4.5101km ESE of Ishigaki, Japan2019-04-12 11:44:0035.0 km
2019412 510分ごろ 奄美大島近海 2.8 1
2019412 502分ごろ 奄美大島近海 2.9 1
USGS 4.9165km E of Nago, Japan2019-04-12 04:53:4510.0 km
2019412 253分ごろ 沖縄本島近海 5.0 1
    (USGS 5.1147km SSE of Itoman, Japan2019-04-12 02:52:42 10.0 km)
USGS 4.9164km ESE of Nago, Japan2019-04-12 01:03:15 12.7 km

本日のM5.0以上の地震では沖縄本島近海M5.0はUSGSではM5.1となっています。
父島近海M5.6はUSGSでは時間にほんの少しずれがあるのと規模がM5.6→M4.6とかなり違う事から別の地震ではないか?と思っています。
震源の緯度経度もほんの少し違っているようで、本当のところは定かではありません。イメージ 1


右のマップはここ7日間のフィリピン海プレート付近のM4.5以上の地震です。
※4/12 M5.6?とあるのだけは
 気象庁発表の地震です。
4月5日のM4.7とM5.8、8日のM5.5以外の6回(もしくは7回)は全て本日4月12位置に発生したものです。

台湾付近やフィリピンなどの地震はマークだけでマグニチュードや日付は入れていませんが、フィリピン海プレートの北部でここ7日間、特に本日の中規模地震の発生の多さが際立っています。

マップの左下の方にフィリピンとインドネシアの地震のマークも少し入っていますが、このフィリピン海プレートの西端ラインの南部とオーストラリアプレート北端ラインに挟まれたインドネシアのスラウェシ島/セレベス島近海で本日はM6.8の大地震も発生しています。
6.8102km SSW of Luwuk, Indonesia2019-04-12 20:40:49 17.5 km

この地震は、この30日間にM7.0以上の地震が起こっておらず、ここ30日間の地震の中では一番規模が大きな地震です。
規模の大きな地震の5番目までが4月に入ってからの発生で、地震の規模が最近になって段々大きなものが多くなって来ているように感じます。

4月12日23時20分までに世界で発生したM4.5以上の地震です。

5.4236km W of Ferndale, California2019-04-12 23:06:27 12.0km

5.9139km ENE of Hihifo, Tonga2019-04-12 21:23:09 36.3 km
5.199km SSW of Luwuk, Indonesia2019-04-12 21:12:12 10.0 km
4.7122km SSW of Luwuk, Indonesia2019-04-1221:03:54 10.0 km
6.8102km SSW of Luwuk, Indonesia2019-04-12 20:40:49 17.5km
5.0122km ESE of Kandrian, Papua New Guinea2019-04-1219:59:1710.0 km
4.9238km NNW of Tual, Indonesia2019-04-1219:21:2510.0 km
4.6115km N ofIwo Jima, Japan2019-04-12 16:30:05 542.8 km
4.9156km ESEof Nago, Japan2019-04-12 15:26:012.8 km
4.859km SW of Sabtang,Philippines2019-04-12 12:46:3610.0 km
4.5101km ESEof Ishigaki, Japan2019-04-12 11:44:0035.0 km
4.6225km SE of Lambasa,Fiji2019-04-12 11:28:52 616.5 km
4.632km SE of Punta de Burica,Panama2019-04-12 09:48:3710.0 km
5.0Southern Mid-Atlantic Ridge2019-04-12 09:31:27 10.0 km
4.6127km W of Kota Ternate,Indonesia2019-04-12 07:34:2646.8 km
5.0Southwest Indian Ridge2019-04-12 07:28:10 10.0 km
4.8142km S of Kokopo, Papua NewGuinea2019-04-12 07:24:2010.0 km
5.688km E of Finschhafen, Papua New Guinea2019-04-1206:31:50 22.0 km
4.9165km E of Nago, Japan2019-04-12 04:53:4510.0 km
5.1147km SSE of Itoman,Japan2019-04-12 02:52:42 10.0 km
4.9101km NE of Taltal,Chile2019-04-12 02:07:3156.4 km
5.1106km SSE of Kimbe, Papua New Guinea2019-04-12 01:52:00
4.9164km ESEof Nago, Japan2019-04-12 01:03:15 12.7 km
5.03km E of Pisco, Peru2019-04-12 00:50:31 (UTC+09:00)62.4km


全部で24回、内M5.0以上は11回と、昨日少なかった分なのか、大変中規模以上の地震の発生が多い日となりました。
23回の内一番多いのが日本付近の6回、次いでインドネシアの5回、パプアニューギニアの3回と続きます。
大地震の発生はインドネシアでしたが、日本付近が本日は世界で一番地震活動が活発だったように思います。
これだけ南西諸島で中規模地震が連発し、更に小笠原諸島でも中規模地震が起こるとかなり不安になってしまいます。
小笠原諸島の父島近海M5.1、硫黄島近海M4.6(同じものか同課は不明)は継続的に日本海から小笠原諸島西方沖までに発生している大変深い震源の地震の震源域の地震で、ハイネットを見ると青いマークが大きくついています。
Hi-net震源マップ
2019年4月12日22時まで24時間マップ
イメージ 2
大変深い震源の青いマークが小笠原諸島付近、紀伊半島南東沖、北海道西方沖にポンポンポンと3個ついて目立っています。
日本の大変深い震源の地震活動と関係の深そうないフィジーでは、本日は久々にM4.6が発生しています。
※ここで一旦更新します。
 普通に正常に更新できました。
ちょっと用事を済ませてから続けます。
宇宙天気ニュースによると太陽風速度は40Km/秒と平均的という事ですがキルナ天文台のグラフには少し動きが残っています。
そのため10日後の4月22日は念のため要注意日としました。
キルナ天文台
日本地震予知協会シャク暦4月・5月 
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#may
イメージ 4
ずるずると要注意日が延びてしまいますね。
本日はキルナ天文台の動き方推測した要注意期間と要警戒期間の狭間でノーマークでしたが、インドネシアではM6.8というもう少しで巨大な地震となりそうな大地震が発生しました。
明日4月13日からは要ちゅいよりも一段危険な要警戒期間が始まります。
先日今回の要注意期間が始まる時に、世界のどこかで大きな地震が何回か起こると書いていましたが、書いてからは、やはり次々とM6台の地震が発生しています。
未だ当分の間注意、警戒しなければならない日が続きますので、引き続き報歳意識を忘れずにいましょう!!
4月12日に発生した有感地震です。
2019412 2013分ごろ 宮城県沖 3.4 1
2019412 1631分ごろ 父島近海 5.6 1
2019412 1550分ごろ 京都府南部 2.9 1
2019412 510分ごろ 奄美大島近海 2.8 1
2019412 502分ごろ 奄美大島近海 2.9 1
2019412 434分ごろ 北見地方 2.7 1
2019412 350分ごろ 福島県沖 3.8 2
2019412 253分ごろ 沖縄本島近海 5.0 1
全部で8回と4月に入ってからの1日の有感地震の回数としては一番多い日でした。
8回の内の2回がM5台というのもそうですが、昨日は夕方に三陸沖でM6.0という大地震も発生しており、有感地震ではないものの南西諸島では中規模地震が連発していたりとかなりこれからが心配になってくる状態でした。
今のところ20時13分宮城県沖M3.4を最後に有感地震はありませんが、明日13日は全国的に晴れるようなので、目立つ地震が又発生したり、有感地震の回数が増えたりするかもしれません。
私としては取り敢えず平成が終わるまでは安穏と暮らしたいのですが・・・
Yahoo天気・災害頁 
天気図明日は周り中低気圧ですが、日本はすっぽりと高気圧下です。
明後日になると西から段々低気圧下に入って来ますので、少なくとも明後日の午後辺りまでは目立つ地震の発生には要注意だと思います。
衛星画像
17時40分には関東地方の端にかかっていた雲塊が段々東へと移動しています。
その中で気になるのはやはり、台湾から南西諸島、九州南東沖、日向灘、紀伊半島南東沖、伊豆諸島・小笠原諸島、房総半島沖から岩手県沖・三陸沖。
糸魚川静岡構造線から新発田小出構造線及び柏崎千葉構造線、いわゆるフォッサマグナ。
ここに含まれる新潟、長野、静岡、神奈川、東京、埼玉、群馬、栃木、茨城、埼玉、千葉などの陸上部も要注意です。
これらの内陸部での直下型だけは本当に特に嫌ですね。
無いとは思いますが…日付が変わって4月13日になりました。

5.991km ENE of Finschhafen, Papua NewGuinea2019-04-12 23:51:2810.0 km

その後又M4.5以上の地震が起こり、12日に世界で発生したM4.5以上の地震は全部で25回、M5.0以上は12回となりました。
パプアニューギニアは4月12日にM5.0〜M5.9が4回とM4.8が1回、M6.8の発生したインドネシアと並んでM4.5以上は5回となりました。
それでも日本付近が一番多かったですね。イメージ 7

Hi-net震源マップ 
4月13日00時まで24時間マップ
九州から中国・四国地方拡大図

この24時間では一番地震活動が活発な九州南東沖から南西諸島はマークが大変多くなっています。

イメージ 8


奄美大島から八重山諸島付近拡大図

奄美大島や八重山諸島もM2台〜3台のマークが多いですが、何といっても沖縄本島近海南東沖と東方沖にM5台かそれに近い大きなマークが黄色と黄緑色2つついており、特に黄色のマークの上にはかなりの回数の地震があったようで沢山マークが重なっています。
心配しているとストンという感じで地震が起こらなくなったりすることも多いのですが、中には一段大黄な規模の地震へ繋がることもありますので、今後も暫くは九州周辺から南西諸島は注意したいと思います。イメージ 9

北海道から青森県付近拡大図
いつもよりも内陸部で小さいながらマークが多い様な気がします。
南方沖や11日のM6.0の発生した三陸沖には未だマークが幾つかありますのでこの海域も要注意です。

青森県や北海道の南部野西方沖に小さなマークがいつもよりも多いのも気になります。

イメージ 10


近畿地方東部から秋田県・岩手県付近まで拡大図

内陸では余りマークは多い葉ありませんが、一休み中という事であれば、これから次々発震があるかも知れません。
先ほど書いていたフォッサマグナ辺りは要注意です。
福島県南部から茨城県北部の群発地震域ではこの24時間は茨城県側で地震活動が活発です。

銚子付近もそれなりの小規模地震が起こっていたようですが、気になるのが伊豆半島の沖、新島・神津島沖吹きに極小マークがM3クラスのマークに幾つも重なっているようで、この付近もちょっと地震の活動が活発化しているのかな?と思いました。
宮城県沖がいつもよりもマークが多くなっています。

行徳高校のグラフが見られずどこでどの程度の地震が起こるのかはわかりませんが、キルナ天文台の動き方推測したら、いつどこで中規模以上の地震が起こってもおかしくはない期間です。
又何かありましたら更新します。
おやすみなさい。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事