ここから本文です
麗しの富山 地震・災害編
個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。

書庫全体表示

2019年7月11日(木)21時46分

本日は宮城県沖と新潟県下越地方で中規模な有感地震が発生しました。
7月11日21時45分までに発生した有感地震です。
2019711 2031分ごろ 熊本県天草・芦北地方 1.9 1
2019711 1604分ごろ 新潟県下越沖 4.2 3
2019711 1053分ごろ 岩手県沖 3.8 1
2019711 913分ごろ 千葉県東方沖 3.2 1
2019711 519分ごろ 宮城県沖 4.0 2


全部で5回、内2回がM4.0以上でしたが、新潟県下越地方は震度3とやや揺れが大きかったのが気になります。
宮城県沖M4.0の方はUSGSではM4.5と規模が大きくなっていました。
Hi-net震源マップ
2019年7月11日21時15分
青森県から北海道付近拡大図
イメージ 1

随分と大きなマークが択捉島南東沖にありますね。
USGSにも載っていないと思ったら、昨晩の23時14分頃クリル諸島M5.0とありました。
昨晩は早く更新したのでわかりませんでした。

北海道付近はここ2日、3日余りマークが無く青森県との境辺りだけマークがあったのですが急に南東沖や根室半島沖、北方四島にもマークが増えました。
紋別辺りには深い震源の青いマークも。
青森県西方沖から奥尻島付近、積丹半島沖には小規模の浅い震源の地震が続いたようです。
イメージ 2
紀伊半島から秋田・岩手県付近拡大図

下越地方と岩手県沖のマークがやはり大きいですね。
そして紀伊半島の南東はるか沖には深い震源の青いマークもM4クラスの様です。
岩手県沖には黄色のM4台のマークと黄緑色のM3台のマークがあります。
岩手県沖がこの24時間は地震活動がやや活発だったようです。
何故か宮城県沖のマークはそれ程大きくないのは何故なんでしょうね?
いつもマークが他の県よりも多い茨城県はそれ程では無いのですがと、栃木、茨城南部の県境付近はちょっとマークがかたまっています。
千葉県の北西部、東京と埼玉の県境。
房総半島は南方沖と東方沖、銚子付近に少しマークが多いようです。
神奈川県西部には極小地震が連発しています。
長野県はいつもの糸静線ラインと岐阜県境付近にマークが並んでいますが回数はいつもよりもやや少ないように感じますが、代わって東部の北部や群馬県の北部の西部に震源の深さの違う地震が3回発生しています。
和歌山県北部と紀伊水道と大阪府北部から京都府南部の群発域で極小地震が多くなりました。
イメージ 3

四国中国地方は日本海側の県に極小地震が数回以上発生していますが、その他の場所は白く、マークがありません。
大分県か伊予灘辺りに黄緑色マーク、日向灘から四国沖は黄色の極小〜小規模マークがやや多くなっています。
そして一番気になっているのが種子島や屋久島付近。
昨晩もあったのですがこの24時間にこちらも浅い震源から70〜80キロ程度の深さまで色々な深さのところで地震が発生しています。
今の所大きなものでもM3台だと思いますが、この付近も中規模地震が連発したこともありますし、何といってもフィリピン海プレートの境界線、南海トラフ近いので心配です。イメージ 4


イメージ 5

大隅諸島からトカラ列島付近だけでなく、奄美大島や沖縄本島近海にもM3クラスの地震が1回ずつあったようですし、八重山諸島にはM2クラスの地震もありました。
伊予灘から豊後水道、日向灘から九州南東沖、南西諸島ラインの地震活動が戻って来ています。
キルナ天文台
http://www2.irf.se//Observatory/?link=Magnetometers
イメージ 6
宇宙天気ニュースによると600Km/秒の高速太陽風は続いているようですが、磁気圏は落ち着いてきたとのこと。
それでもキルナ天文台のグラフには動きが出ていますので、10日後の7月21日も要警戒日としました。
日本地震予知協会シャク暦7月・8月
既に本日からキルナ天文台の動きから推測した要注意、要警戒期間に入っています。
11〜16日は要注意期間、17〜21日までは要警戒期間で今回は結構長いですね。
日本は梅雨時ですが雲域と空白域の境界線がかなりはっきりとしているので、目立つ規模の地震もあり得ると思います。
高知大学気象情報頁
2019年7月11日5時(上段)、21時(下段)HD極東域赤外線画像
イメージ 8
5時では雲域と空白域の境界線がかなりはっきりとしたところが多いですが、21時では雲の塊が緩くなっており、これはこれで空白域やら亀裂のある所が要注意となります。
ただ、時間の経過と共に動いていく雲はそれ程心配しないでも良いと思うのですが、時間が経っても居座っている雲の場所は要注意です。
5時も21時も気になるのが南西諸島や日向灘等のライン。
東北地方は太平洋側も日本海側も何だか怪しいと思います。
7月11日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
4.9132km SE of Bitung, Indonesia2019-07-1119:06:3942.4 km
4.678km WSW of San Nicolas,Philippines2019-07-11 14:35:44 10.0 km
4.9205km W of Tual,Indonesia2019-07-11 11:30:50 128.3 km
4.516km NNE of Coso Junction,CA2019-07-11 09:14:370.8 km
4.842km SW of Ayia Galini,Greece2019-07-11 07:57:1220.2 km
4.744km WNW of San Antonio de losCobres, Argentina2019-07-11 07:29:48 182.7 km
5.2North of Ascension Island2019-07-11 06:43:4910.0 km
4.541km ESE of Ofunato,Japan2019-07-11 05:19:1539.2 km
5.1Pacific-Antarctic Ridge2019-07-11 04:00:5310.0 km
4.965km NNW of Visokoi Island, SouthGeorgia and the South Sandwich Islands2019-07-11 01:28:41 115.6 km
全部で10回、M5.0以上は2回でそれ程活発ではありません。
インドネシアの2回はいずれも7月8日のM6.9の大地震の震源とは違い、オーストラリアプレート北端ラインが切れ切れに複雑に交差している境界線付近での地震です。
6月24日にM7.3が起きた場所の方が近く、同じ境界線付近です。

そう言えは未だ行徳高校のグラフが欠測中ですね。
早く波形を見たいのですが残念です。
このところ頭痛が繰り返し起こっています。
IP電話も話をしている間にザザザーという雑音が入ってよく聞こえなくなったりでした。
又、本日もアキラの地震予報で父島圏内にM6.9クラスの地震発生合図のお知らせがありました。
父島圏内と言っても広範囲なので日本付近がどうかはわかりませんが、どこであっても大きな地震は嫌ですね。
このブログに来て下さる方は当然既に備蓄など防災意識が高い方々だと思いますが、出来るだけ沢山の方、結構能天気に構えている方も未だいらっしゃるようなので、日頃から常に備蓄や避難経路、避難場所、家族間の連絡の確認などをしておくようにおお勧め下さい。

私が「魔の23時台」と呼んでいる午後11時になっています。
後40分ほどで7月11日も終わります。
昨日も日付が変わる前に珍しく寝たのですが、本日も今日の内に休み明日に備えたいと思います。
おやすみなさい。

2019年7月12日(金)8時18分
イメージ 9


昨晩更新後「魔の23時台」にインドネシアでM5台が発生していました。
5.195km N of Laiwui, Indonesia2019-07-11 23:38:0110.0 km

場所はパティンティ海峡、7/8M6.9のやや南東側になります。
右のマップはこの付近の6月20日〜7月12日のM6.0以上の大地震の震源マップです。
立て続けにM6.0〜M7.3が発生していますが、一番右のM6.0は本日発生したM6.0の震源です。
後で又更新します。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事