ここから本文です
麗しの富山 地震・災害編
個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

2017年1月10日(火)23時1分

2017年初めてのM7台が発生しました。
7.3188kmSSE of Tabiauan, Philippines2017-01-10 15:13:47 612.7 km
イメージ 1
フィリピン、セレベス海もバンダ海と同じ大きな地震がよくあるところですね。

私が気になってたユーラシアプレートがオーストラリアプレートに入り組んでいる南側では無くてフィリピン海プレートとユーラシアプレートの境界線付近でした。

日本では有感地震が23時までに2回と少ない日でした。
父島近海でM4台が起こっています。
1月10日に日本付近で発生した気象庁発表の震度1以上の有感地震です。
--------------------------------------------------------------------------------
10日15時18分頃父島近海 M4.2震度1
10日06時52分頃 岐阜県美濃中西部 M3.9 震度3
--------------------------------------------------------------------------------
行徳高校では本日もMAX波形でレベルの高い飛び出しが出ています。
行徳高校
イメージ 2

10日の2時〜3時は特に凄いですね。
午後からはいつも通りの波形に戻っていますが先はどうなのでしょうか?
対応する地震がいつ発生するのか?発生しないのか?わかりませんがやはり当分の間は注意したいと思います。
今日はとても暖かい日でした。
もう春が来る気がしたのですが、そうは問屋が卸すはずもなく、明日から寒くなるようです。
そしてどんどん寒くなり土曜・日曜日はかなりの寒さになるという予報です。
完全に雪が無く近くの700M位の山も黒々としています。
キルナ天文台
イメージ 3


宇宙天気ニュース
2017/ 1/10 14:01 高速太陽風は、600km/へ少し速度が下がっています。

太陽風の速度も少し下がってキルナ天文台の動きも落ち着いて来ました。
ただまだ600Km/秒とあって磁気圏の活動もこのまま鎮まるのかどうかはわかりません。
そんなことでキルナ天文台の動きから推測した厳重警戒期間は又1日延びて1月20日までです。
日本地震予知協会シャク暦1月
イメージ 4
<今日の一言>
—引用します—
2017.01.10-1707-
10日は1月最初の彗星近日点。そしてMN(月が最近)トリガー日です。
海外で大地震
1/1015:14  インドネシア付近 M7.2
590㎞の深発地震)
—以上引用終わり—
彗星近日点の翌日とか翌々日などに大きな地震が起こることも多いですね。
今回は当日でしたが。
今日のフィリピンM7.3(日本地震予知協会ではインドネシア付近M7.2となっていますが)は小笠原諸島西方沖M8.1と同じ位かなり深い場所での地震だったようです。
フィジーは先日のM6.9(気象庁M7.3)は浅い震源でしたが、元々深い震源の地震が殆どです。
この深い震源の地震がフィリピンでも起こるのですね。
とうか今までどうだったかもわからないのですが、何となく最近この深い震源の地震が多くなっている様な気がしてちょっと不気味です。

1月10日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
--------------------------------------------------------------------------------
5.2110kmWNW of Rota, Northern Mariana Islands2017-01-10 19:01:33 10.0 km
7.3188kmSSE of Tabiauan, Philippines2017-01-10 15:13:47 612.7 km
5.0WesternIndian-Antarctic Ridge2017-01-10 12:01:3210.0 km
5.461kmW of Nikolski, Alaska2017-01-10 04:20:03 88.3 km
4.933km SSW of Kirakira, Solomon Islands2017-01-1003:20:42 31.9 km
5.274kmESE of Resolute, Canada2017-01-10 02:55:3615.0 km
--------------------------------------------------------------------------------
世界で1日に起きたM4.5以上の地震が6回とは少ないですね。
それでもその内の5回がM5.0以上で、その内の1回がM7台の大地震となれば決して地震活動が静かな日とは言えません。
カナダのM5.2は最近の太平洋側ではなく北部です。
昨日のM5.8もほぼ同じ震源です。
2回続けてこの場所でM5台が起こったことって今まであったのかな?

ところで訪問者の数が今までになく多いのは何故なんでしょうか?
何か大きな地震が起こるという噂でもあるのでしょうか?
日本で大きな地震が起こった時は2000人を超えることはありますがいたって静かな日だったのに・・・
他の方の地震予測サイトは余り見ていないので今からちょっと覗いてみます。

2017年1月11日1時4分 追記:
更新したばかりですがもう寝ようと思って最後にUSGSを見たら、今度はソロモン島でM6台の地震が起こっていました。
6.4108kmWNW of Kirakira, Solomon Islands2017-01-11 00:27:17 46.0 km

もう昨日になりましたが1月10日〜11日1時までに世界で発生したM4.5以上の地震を重複しますが載せておきます。
--------------------------------------------------------------------------------
6.4108kmWNW of Kirakira, Solomon Islands2017-01-11 00:27:17 46.0 km
--------------------------------------------------------------------------------
5.040kmNNE of Illapel, Chile2017-01-10 23:59:47 126.1 km
5.2110kmWNW of Rota, Northern Mariana Islands2017-01-10 19:01:33 10.0 km
7.3188kmSSE of Tabiauan, Philippines2017-01-10 15:13:47 612.7 km
5.0WesternIndian-Antarctic Ridge2017-01-10 12:01:3210.0 km
5.461kmW of Nikolski, Alaska2017-01-10 04:20:03 88.3 km
4.933km SSW of Kirakira, Solomon Islands2017-01-1003:20:42 31.9 km
5.274kmESE of Resolute, Canada2017-01-10 02:55:3615.0 km
--------------------------------------------------------------------------------
更新後チリでM5.0があり、その後ソロモン島でM6.4の大地震が起きました。
昨日10日からの地震は8回ですが内7回までがM5.0以上でM7台とM6台が1課ずつとはかなり地震活動が活発となっています。
しかも余震ではなく世界のあちらこちら。
地球全体の地震活動が急に活発になったという感じです。
キルナ天文台の動きから推測した厳重警戒期間はまだまだ続きます。

頭がかなり痛い・・・

2017年1月11日7時47分 追記:
フィリピンM7.3が深い震源で「最近深い震源の地震が多くなっている気がする」と書いたばかりで小笠原諸島西方沖で470Kmの深い震源でM5台が発生しています。
今まで浅い所で起こっていた地殻破壊が深い所でも頻繁になるのはどうなんでしょう?
深い所で破壊があれば浅い所の地殻破壊(地震)もより増えてくるのではないかな?
特に規模が大きな地震が心配になります。
11日01時22分頃 小笠原諸島西方沖 M5.1 震度1

   (USGS 4.8229km WNW of Chichi-shima, Japan2017-01-1101:21:55 462.0 km)


1月9日に木村先生のHPの更新がありました。
12月末にあったチリ南部M7.7の地震の日本への影響について書かれています。
木村正昭HP
「チリ南部で12月25日M7.7の巨大地震が発生」
—引用します−
チリに近い太平洋の東部には、「東太平洋海膨」と呼ばれる”プレートの拡大軸”が、南北にのびています。その拡大軸から”太平洋プレート”が東西に開いていきます。そのため、過去には、東側のチリ付近で巨大地震が起こると、数年後に日本付近で巨大地震が発生しています(参照:20151125日の南米地震(M7.5)ー日本への影響は?Ver.4)。そのため、今後の日本付近での巨大地震発生が気にかかります。

—以上引用終わり—
チリM7.7の地震が発生した時の記事で、次の巨大地震は日本付近ではないか?と書いていたのは木村先生の説からです。
日本付近で一番危なそうなのが小笠原海溝付近という事。
数日前からは北マリアナ諸島、昨日から父島近海や小笠原諸島西方沖などフィリピン海プレート北部や東部の中規模以上の地震が続いています。
昨日のフィリピンはフィリピン海プレートの外側のユーラシアプレートで起きていますが小笠原海溝と対角線上にあるのが気になります。
本土からは離れていますので揺れは巨大地震でも耐えれると思うのですが、津波が恐いですね。
震源から離れているため東日本大震災よりは津波到達までは時間がかかるので十分逃げられるとは思いますが。
東海・東南海・南海地震では到達時間が早いので更に津波は心配ですが、木村先生は、今は起こらない説です。
ただ、早川先生などは南海トラフが危ないとされていますので絶対大丈夫という訳ではないですね。
どちらの先生を信じるかということかな。

先ほど早川先生の予測について書かれているブログを見つけて読んでみたら、木村先生とほぼ同じ場所(というか私が衛星画像や地震発生から要注意や要警戒としている場所と一致しています)。
地震予測に使われている観測データーや方法が違うのに、更に衛星画像を見ただけの予測まで同じ場所を示すという所が本当に不気味です。
早川先生の地震解析ラボは有料のため1月9日に更新された内容はわかりませんが、昨日から急に私のブログにまで訪問者が多くなっているところを見ると、何らかの警戒情報があったのかな?
以前は村井先生のサイトに登録していたのですが脱会。
今度は地震解析ラボに登録しようかな?と思っているところです。
いやいや木村先生を信じてこのままいくべきか?
行徳高校の異常値観測は一旦おさまっていたのがまた凄いことになっています。
行徳高校
イメージ 5
今度はMAX波形だけでなくAVG波形にも動きが出ています。
7時まではレベルが下がり動きが止まるのが普段ですが本日は5時台から動きが出ています。
9日も真夜中にAVG波形で異常値が出ていましたので、目立つ地震があるかもしれないです。
その動きに関しては関東地方から東北地方とその沖辺りが候補です。

【四角い波形】は10日にも出ていたので明日12日〜14日辺りまでは関東地方陸上部から伊豆諸島・小笠原諸島などフィリピン海プレート北端・東端ラインは要警戒です。

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事