ここから本文です
麗しの富山 地震・災害編
個人的な推測です。科学的な根拠が無いため参考程度でご覧ください。

書庫うるうる 起こるのか大地震

記事検索
検索

全456ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2019年7月15日(月)20時37分

本日も又M6台の地震が発生しています。
6.225km N of Kandrian, Papua New Guinea2019-07-15 17:21:3559.0km


日本では千葉県東方沖でM4台の有感地震位ですが、世界のM6台の地震がかなり頻繁で心配です。
7月15日20時40分までの日本の有感地震です。
2019715 331分ごろ 和歌山県北部 2.4 1
2019715 259分ごろ 長野県南部 2.4 1
2019715 130分ごろ 千葉県東方沖 4.0 2


全部で3回しかありませんが、内1回はM4.0震度2の地震でした。
キルナ天文台
http://www2.irf.se//Observatory/?link=Magnetometers
イメージ 1
小さな動きが出ていますがレベルが最近ではやや高いので10日後の7月25日は要警戒日としました。
宇宙天気ニュースによると高速太陽風は400Km/秒中盤を推移しているとのこと。
磁場が弱い南向き、変化としては小さく磁気圏への影響は弱いという事ですが、最近の中では少しだけレベルが高いことから要注意よりも一段上の要警戒日とした次第です。
日本地震予知協会シャク暦7月・8月
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#july
イメージ 2
これで現在のキルナ天文台の動きカラス即した要注意・要警戒日は又1日延び、7月25日までとなりました。
明日16日は未だ要注意日ですが、17日〜21日までの4日間は要警戒日です。
8月はシャク暦ではかなり激しい地象気象となりそうなのに、既にキルナの動きからの要注意期間が長く、明日以降の動きがどうなるかはわかりませんが、かなり長い間気を引き締めて生活した方が良さそうな感じがします。

昨日、テレビは1日中全く受信でませんでしたが、今朝になって急に普通に綺麗な画像で観られるようになって、却ってビックリしました。
頭痛は相変わらず時々おこっていますが、その他は普です。
ただ、昨晩は急激な睡魔に襲われ途中で更新を止めて寝たのですが、その前も眠気が半端なく、ちょっと???。
目立つ地震の前に眠気を感じる方も結構多い様なので、他の方々はどうなのだろうか?と思っています。
Hi-net震源マップ
2019年7月15日20時45分までの24時間マップイメージ 3

青森県から北海道付近拡大図

北海道北部沖オホーツク海にM4台後半〜M5クラスらしき大変深い震源の青いマークが目立っています。
又、十勝地方にもM4台後半〜M5クラスの緑色のマークがあり、その近くにM2クラスのマークが2個つきました。
緑色なので震源の深さは80〜100Km程度の様でこの深さだと北米プレートの厚さほど。プレートの一番下あたりでの地震だったようです。
その他は青森県にも北海道にも、極小さなマークが数個付いているだけです。
イメージ 4


紀伊半島から秋田・岩手県付近拡大図

関東沖から東北地方沖には震源マークが沢山付いてはいますが、特別多いという感じはしません。
宮城県東方はるか沖はM3台後半、福島県東方沖、宮城県沖はM3台前半、銚子のやや南沖の千葉県東方沖にはM4クラスのマークにM1〜3のマークが重なっています。
M4クラスのマークは千葉県東方沖M4.0震度2の地震ですが、他にもほぼ同じ震源で小規模地震が数回発生していたようです。
福島県南部から茨城県北部の群発地震域は茨城県北部側がやや活動が活発となっています。
房総半島南部と南方沖、伊豆諸島近海などにも小規模地震が起こっています。
長野県は岐阜県境付近の中部と糸静線辺りに2箇所ほどマークがかたまっているのと大変深い震源の小規模地震が発生しています。
箱根から伊豆半島沖には極小地震が5〜6回程度発生しています。
最近結構地震の発生が多い静岡県西部は、この24時間はそれ程ではありませんが極小地震が7〜8回程度は発生しており、隣接する愛知県東部は極小と小規模地震がいつもよりもちょっと多い感じです。
和歌山県北部の群発地震域が少し活発、大阪府北部から京都府南部はそれ程ではなく、京都府北部や滋賀県に小さな地震が数回ずつあったようです。
イメージ 5

近畿地方西部からトカラ列島付近拡大図

近畿地方西部、四国中国地方は山陰で極小さな地震が数回発生している位で、他はマークが殆どありません。
安芸灘、伊予灘、豊後水道、日向灘で極小〜小規模地震の発生数が多いですね。

大隅諸島、トカラ列島は一時ちょっと心配したのですが、鎮静化していました。

イメージ 6





奄美大島から与那国島付近拡大図

沖縄本島近海に2回、宮古島辺りにも2回、石垣島、与那国島付近に3個のマークがついていますので、やはり、伊予灘、豊後水道、日向灘、南西諸島ラインは全く心配がないとは言えません。

ここ数日フィリピン海プレート西端ラインの地震活動が活発化していたので、日本付近も他人事ではないな…と思っていましたが、本日は昨日M7.3が発生したインドネシアの震源域に未だ中規模地震が連発しており、未だ未だ安心できないですね。

7月15日21時20分までに世界で発生したM4.5以上の地震です。
5.2105km NNE of Laiwui, Indonesia2019-07-15 19:35:2410.0km
6.225km N of Kandrian, Papua New Guinea2019-07-15 17:21:3559.0km
4.773km NNW of Kota Ternate,Indonesia2019-07-15 15:31:12 129.4 km
4.947km SW of Panenggoede, Indonesia2019-07-1514:59:39 38.7 km
4.561km N of Laiwui, Indonesia2019-07-1514:50:4410.0 km
4.5153km SE of Sigave, Wallis andFutuna2019-07-15 12:17:03394.2 km
5.072km N of Laiwui, Indonesia2019-07-15 12:05:1310.0 km
4.71km SW of Magdug, Philippines2019-07-1509:14:1086.3 km
5.5208km W of Broome, Australia2019-07-15 08:01:3610.0 km
4.8138km NNW of Bereeda, Somalia2019-07-1504:15:57 10.0 km
5.0171km NNW of Bereeda, Somalia2019-07-15 04:12:24 10.0km
4.994km SE of Muara Siberut,Indonesia2019-07-15 01:47:01 32.5 km
4.5200km W of Broome, Australia2019-07-1500:58:3210.0 km
5.1102km NNE of Laiwui, Indonesiaは2019-07-15 00:44:2010.0km


全部で14回、内M5.0以上は6回、内1回がM6.2の大地震です。
ソマリアM4.8とM5.0以外は全て環太平洋の西側の発震で、M7.3が発生したインドネシアの震源域での地震が7回、M6.6の発生したオーストラリア沖が2回と大地震も余震と思われる地震が多いです。
中東のソマリア沖の2階の中規模地震の震源はアラビアプレートとアフリカプレートの境界線付近の地震です。
パプアニューギニアもそうですがWallis andFutuna等、オーストラリアプレート北端ラインと、フィリピン海プレート西端ラインの南部付近がこの24時間では世界で一番地震活動が活発な区域でした。
高知大学気象情報頁
2019年7月15日20時HD極東域赤外線画像
イメージ 7
台湾の西方から南西諸島、九州北部四国南部紀伊半島に東海、関東と雨雲が一直線です。
20時には神奈川県辺りに濃い雨雲がありますが、関東地方は最近ずっと雨や曇りが続いており、完全な日照不足な上に、横浜の友人などはこの鬱陶しい状態にすっかり気分も下降線の様で、野菜の生育にも影響が出始めており、生鮮野菜の価格も高くなっているよ言う事で踏んだり蹴ったり。
いつもなら、プールや海など例年では3連休で賑わう場所も施設や海なども、例年の95%減と悲惨な状態で、テレビでは日照が必要な乾物屋さんのご主人が、この低温が未だ1週間から10日程は続く時いて、完全に意気消沈していました。
気象と地象は同根1週間か10日後に、今まで曇りや雨が続いていた所は、目立つ中規模以上の地震が心配です。

未だ9時42分ですが、又睡魔が疎折って来ました。
未だ寝るには早い時間。
一体急にどうしたのか?と思うほど最近の、特に夜の突然の睡魔が結構辛いです。
眠れない私が最近やけに早く眠るので、当然目覚めも早くなります。

「早起き鳥は三文の徳」という事で、むしろ睡魔には感謝していますが、今までと違っているのがちょっと不気味は不気味です。
今日も早く寝て早起きすることにします。
未だ10時にもなっていないので、日付が変わるまで未だ2時間ありますが、その後に起こった地震についてはまた明日更新します。
おやすみなさい。

2019年7月14日(日)23時50分

オーストラリアで珍しくM6.6の大地震があって更新しなければ・・・とUSGSを見たら、今度はインドネシアでM7.3の大地震が発生していました。
7.3102km NNE of Laiwui, Indonesia2019-07-14 18:10:5010.0km
6.6202km W of Broome, Australia2019-07-14 14:39:2410.0 km


昨日の更新時にフィリピン海プレート西端ラインで中規模以上の地震が大変多くなって来ていたためマップにここ1週間のM4.5以上(一部割愛)を載せていました。
そこに本日発生したM7.3、M6.6の震源マークを加えていますので、再度載せておきます。イメージ 1

本日のインドネシアM7.3は7月8日にM6.9が発生した更に南側、フィリピン海プレートとオーストラリアプレートの境界線が複雑に接している辺りで発生しました。

珍しいオーストラリアのM6.6は本土ではなくオーストラリアプレート北端ラインのオーストラリアプレート上で発生しています。
丁度、オーストラリアプレート北端ラインを挟んでM6.6とM7.3は同日に発生しています。
10日のブログのタイトルに「嵐の前の静けさ?」としていたのですが、1日に2回も大地震が発生したのを考えると、あの日はやはり「嵐の前の静けさ」だったのかな?と思いました。
本日世界で発生したM4.5以上の地震です。
4.5101km NE of Laiwui, Indonesia2019-07-1422:56:1010.0 km
4.5100km NNE of Laiwui, Indonesia2019-07-1422:44:1310.0 km
4.781km N of Laiwui, Indonesia2019-07-1421:22:58 10.0 km
4.5Reykjanes Ridge2019-07-14 20:58:1710.0km
5.098km NNE of Laiwui, Indonesia2019-07-14 20:52:26 10.0km
4.899km N of Laiwui, Indonesia2019-07-1420:08:3310.0 km
4.56km SSW of Kozani, Greece2019-07-1419:59:18 10.0 km
4.5195km WSW of Broome, Australia2019-07-1419:58:0010.0 km
4.669km N of Laiwui, Indonesia2019-07-1419:57:57 10.0 km
4.893km NNE of Laiwui, Indonesia2019-07-1419:54:0510.0 km
4.91km ESE of Ano Komi, Greece2019-07-1419:50:13 10.0 km
4.688km NNE of Laiwui, Indonesia2019-07-1419:44:2510.0 km
5.797km N of Laiwui, Indonesia2019-07-14 19:26:5810.0 km
4.599km NE of Laiwui, Indonesia2019-07-1419:23:3610.0 km
4.7102km N of Laiwui, Indonesia2019-07-1419:13:49 10.0 km
5.392km NNE of Laiwui, Indonesia2019-07-14 19:05:2010.0 km
5.1192km ESE of Manokwari, Indonesia2019-07-14 19:04:5928.5km
5.0101km ENE of Laiwui, Indonesia2019-07-14 18:54:48 10.0km
5.863km N of Laiwui, Indonesia2019-07-14 18:43:4610.0 km
4.588km NE of Laiwui, Indonesia2019-07-1418:35:1110.0 km
5.289km NE of Laiwui, Indonesia2019-07-14 18:29:3610.0 km
5.291km NE of Laiwui, Indonesia2019-07-14 18:28:310.0 km
4.995km NE of Laiwui, Indonesia2019-07-1418:22:37 10.0 km
7.3102km NNE of Laiwui, Indonesia2019-07-14 18:10:5010.0km
4.9190km W of Broome, Australia2019-07-1416:26:3610.0 km
6.6202km W of Broome, Australia2019-07-14 14:39:2410.0 km
4.7Off the west coast of northernSumatra2019-07-14 14:19:3010.0 km
4.577km NNE of San Jose de Jachal,Argentina2019-07-14 11:25:09110.4 km
4.811km SE of San Luis Ixcan,Guatemala2019-07-14 10:57:1610.0 km
4.6South of the Fiji Islands2019-07-1410:44:49 527.4 km
4.616km NNE of Cagdianao, Philippines2019-07-1409:16:35 10.0 km
4.5Owen Fracture Zone region2019-07-1408:19:19 10.0 km
4.8244km N of Tobelo, Indonesia2019-07-1406:58:0255.5 km
4.796km S of Merizo Village, Guam2019-07-1406:51:2310.0 km
4.9Mid-Indian Ridge2019-07-1406:38:2810.0 km
4.6122km W of Davila, Philippines2019-07-1402:36:5110.0 km
4.74km E of Krikellos, Greece2019-07-1400:08:4110.0 km


全部で37回、内M5.0以上は10回、その内の2回はM7.3、M6.6の大地震でした。
インドネシア(茶)21回、オーストラリア(紫)3回の他ギリシャで3回(こちらはM4台後半ですが)、後は各1回ずつです。
ノートンスマトラM4.7はスマトラ島北方沖という事でしょうから、インドネシアで22回もM4.5以上の地震が発生したのですね。
但し、スマトラ島はインド洋のため色分けも、その他の区域(緑)としています。
我が家のテレビは一日中全く受信できず、朝から一体何だろう?と家族と話していて、やはり地震の前兆現象では?という事になったのですが、オーストラリアM6.6、インドネシアM7.3が発生した後も全く受信できません。
となると・・・未だこれから大きな規模の地震が起こるのでしょうか?
場所が気になります。ここ30日間に世界で発生したM6.0以上の地震(M7.0以上は太字にしています。)を日付順に並べ替えたました。
7.3102km NNE of Laiwui, Indonesia2019-07-14 18:10:50 10.0 km
6.6202km W of Broome, Australia2019-07-14 14:39:24 10.0 km
6.1169km NW of Naze, Japan2019-07-13 09:57:44251.0 km
6.0174km N of Arawa, Papua New Guinea2019-07-12 02:08:37495.9 km
6.9133km WSW of Kota Ternate, Indonesia2019-07-08 00:08:4036.3 km
7.118km W of Searles Valley, CA2019-07-06 12:19:538.0 km
6.412km SW of Searles Valley, CA2019-07-05 02:33:4910.7 km
6.2196km WSW of Bella Bella, Canada2019-07-04 13:30:44 10.0 km
6.038km ENE of Luganville, Vanuatu2019-07-02 02:13:29 99.9 km
6.488km SW of Farallon de Pajaros, Northern Mariana Islands2019-06-29 00:51:31410.0 km
6.3120km NNW of L'Esperance Rock, New Zealand2019-06-27 20:04:5710.0 km
6.25km SE of Aserrio de Gariche, Panama2019-06-26 14:23:5026.2 km
6.3101km E of Ust'-Kamchatsk Staryy, Russia2019-06-26 11:18:0710.0 km
6.3105km E of Ust'-Kamchatsk Staryy, Russia2019-06-25 18:05:4010.0 km
7.3292km NW of Saumlaki, Indonesia2019-06-24 11:53:39212.0 km
6.1224km W of Abepura, Indonesia2019-06-24 10:05:2928.0 km
6.2156km ENE of L'Esperance Rock, New Zealand2019-06-21 17:37:20 35.0 km
6.3243km W of Abepura, Indonesia2019-06-20 02:24:4810.0 km
6.4140km NE of L'Esperance Rock, New Zealand2019-06-19 16:01:4210.0 km
6.431km WSW of Tsuruoka, Japan2019-06-18 22:22:19 12.0 km
6.0135km ENE of L'Esperance Rock, New Zealand2019-06-17 15:02:0516.0 km
6.387km ENE of L'Esperance Rock, New Zealand2019-06-16 14:17:1631.5 km
7.3115km NE of L'Esperance Rock, New Zealand2019-06-16 07:55:04 46.0 km
6.182km ENE of `Ohonua, Tonga2019-06-16 06:56:1013.0 km
30日間に24回発生しており、少し前よりも更に発生頻度が高くなっています。
次に危なそうなのはどこなのか?
最近かなり地震活動が活発化しているオーストラリアプレート北端ラインや、フィリピン海プレート西端ライン?
それとも環太平洋の西側での大地震が続いたので、今度は東側北米・中米・南米やアリューシャン列島東部?はたまた繰り返し思い出したように大地震が発生するサンドイッチ諸島?それともギリシャ?
日本付近も候補からは外せません。

日付が変わり7月15日になっています。
昨晩は既に11時前に酷い睡魔に襲われて、更新もそこそこに11時過ぎには寝たのですが、今夜は先ほどから急に眠気が襲ってきました。
先を続けたいのですが、どうにもこうにも眠くて仕方がないので、続きは明日朝にします。
日本での有感地震のみ載せておきます。
2019714 2223分ごろ 十勝地方中部 4.0 3
2019714 2215分ごろ 長野県南部 2.2 1
2019714 1224分ごろ 奄美大島近海 3.7 1
2019714 644分ごろ 岩手県沖 3.2 1
2019714 415分ごろ 鹿児島県薩摩地方 2.5 1
全部で5回、内M4.0以上は1回のみです。

キルナ天文台やシャク暦は明日朝にすることにして、中途半端ですがこれで終わります。
おやすみなさい。

2019年7月13日(土)22時20分

本日奄美大島北西沖でM6.1の大地震が発生しました。
2019713 958分ごろ 奄美大島北西沖 5.9 3
   (USGS 6.1169km NW of Naze, Japan2019-07-13 09:57:44251.0 km)
M6.1はUSGSでの発表で気象庁ではM5.9となっていたためUSGSを見ていない方はM6台の大地震だったとは気づかなかったかもしれません。
本日はこの奄美大島北西沖M6.1が世界で一番大きな規模の地震です。
7月13日22時24分までの有感地震です。
2019713 2202分ごろ 青森県東方沖 3.3 1
2019713 2157分ごろ 父島近海 4.2 1
2019713 2016分ごろ 熊本県天草・芦北地方 2.2 1
2019713 1740分ごろ 茨城県南部 3.3 1
2019713 958分ごろ 奄美大島北西沖 5.9 3
2019713 152分ごろ 熊本県熊本地方 2.4 1


全部で6回、内M4.0以上は2回、その内の1回が気象庁ではM5.9、USGSではM6.1の
大地震でしたが、震度3と規模の割に揺れが小さく幸いでした。イメージ 1


Yahoo天気・災害頁 地震情報 
奄美大島北西沖M5.9(USGS M6.1)の震源と揺れを観測した所を見て見ると綺麗に南西諸島から日向灘、豊後水道、伊予灘、安芸灘に並んでいます一部高知湾に向かっても揺れを観測しています。
このラインは毎日の様に要注意としていますが、数日前から再び地震活動が戻って来ていたため昨晩も要注意としていました。
今回は奄美大島から少し離れた場所だったため揺れが震度3までで済みましたが、もっと陸地に近い場所での発生だったら・・・とヒヤリとしました。

奄美大島北西沖の他に父島近海でもM4.2の中規模地震が発生しています。
7月9日M4.9、7月12日M5.0が与那国島近海で発生していますので、オーストラリアプレート北端東端ラインに加え、フィリピン海プレートでも地震活動が戻ってきているようです。

7月13日22時36分までに世界で発生したM4.5以上の地震です。
4.8205km NNW of Puerto Ayora, Ecuador2019-07-1321:05:09 10.0 km
5.034km N of Jijel, Algeria2019-07-13 18:56:35 10.0 km
5.6Southern East Pacific Rise2019-07-13 16:59:3510.0 km
4.616km ENE of Agustin Codazzi,Colombia2019-07-13 11:39:02129.0 km
4.537km S of Jarm, Afghanistan2019-07-1311:16:15181.1 km
4.543km SSW of Puerto San Jose,Guatemala2019-07-13 10:40:2352.0 km
4.525km SSW of Puerto San Jose,Guatemala2019-07-13 10:36:11 59.0 km
4.539km SW of Ovalle, Chile2019-07-1310:02:23 47.0 km
6.1169km NW of Naze, Japan2019-07-13 09:57:44251.0 km
5.85km ESE of Cantilan, Philippines2019-07-13 05:42:5511.8km
5.114km SSE of Pisangkemeng, Indonesia2019-07-13 02:01:5658.5km


全部で11回、内M5.0以上は5回、昨晩よりもM4.5以上の地震はすくなくなっているものの、M5.0以上の地震が占める割合が高く、内1回はM6.1という大地震でした。
11回の内最初の3回と一番最後は環太平洋の西側での地震、東側は5回と回数が多くなっています。
宇宙天気ニュースによると太陽風はやや高速という事ですが、キルナ天文台の動きはあるものの、それ程大きな動きではありません。
キルナ天文台
http://www2.irf.se//Observatory/?link=Magnetometers
イメージ 2
それでも動きがあるのと、太陽風がやや高速という事でキルナ天文台の動きから推測した要注意日は7月23日までとしました。
日本地震予知協会シャク暦7月・8月
http://www.menokami.jp/wp/?page_id=1805&year=2019#july
イメージ 3
キルナ天文台の動きから推測した要注意日はどんどん伸びて行きますが、そろそろ終わりになるのではないでしょうか?
取り敢えず7月23日までは注意して過ごしたいと思います。

実は更新を始めてからすぐ異常な眠気に襲われて言います。
既に限界のため今夜はこれで終わり、また明日にでも更新したいと思います。
何しろ眠くて眠くて・・・
おやすみなさい

2019年7月14日(日)8時22分 追記:
おはようございます!
昨晩は急に酷い睡魔に襲われ、珍しく11時に寝てしまいました。
今朝になってハイネットを見てみたら、昨日の奄美大島北西沖の地震は震源が深い四神だったのに気づきました。イメージ 4

奄美大島北西沖の震源マークが青いので改めて震源の深さを見たら250km位。
USGSではM6.1と大地震だった割に揺れが小さいのは陸上かが離れていたせいだと思っていたのですが、実は震源が深かったせいだったのかも知れません。
この位置で浅い震源でこの規模ならもっと揺れは大きくなったと思います。

揺れたところがフィリピン海プレートの西端ラインに沿っており、フィリピン海プレートがユーラシアプレートに潜り込んでいる200Km位の所が揺れたのでしょう。
本日に入ってフィリピンとインドネシアで中規模地震が発生しています。
4.8244km N of Tobelo, Indonesia2019-07-1406:58:0255.5 km
4.6122km W of Davila, Philippines2019-07-14 02:36:5110.0 km
イメージ 5
右は、ここ1週間にフィリピン海プレート東端・西端ラインで発生した、M4.5以上(一部回数が多いため割愛)の地震の震源マップですが、7月8日のM6.9をはじめ南から北側まで地震が発生しています。
一番北側が昨日の奄美大島北西沖ですが、この更に先は南海トラフ、駿河トラフ。
何となく嫌な感じです。
フィリピン海プレート東端ラインの方は7月7日北マリアナ諸島M4.5、7月8日八丈島近海M4.5、本日グアムでM4.7と1週間で3回だけですが、西側が回数が多くなっているのが不気味です。

本日日本付近の有感地震です。
2019714 644分ごろ 岩手県沖 3.2 1
2019714 415分ごろ 鹿児島県薩摩地方 2.5 1
M2〜3台の小規模地震ばかりで、今のところ目立った地震はありません。
目立つ地震が起こらない1日であることを願いますが、シャク暦でもキルナ天文台の動きから推測しても要注意期間中のため侮れません。
嫌というほど度々書いてきましたが、何があっても最低1週間から10日間は自力で生活できる備蓄と、家族間の連絡網、避難場所や避難経路の確認は怠りなく。
目立つ地震があったら更新します。
※更新したら昨晩の最後の辺りから全てが太字下線付きに変わっていました。
 こういう現象は目立つ地震の前に起こることが多いので、もしかしたら本日
 新たに更新するような地震があるのかな・・・?
 嫌ですね。
 無いことを願っています。

2019年7月12日(金)22時26分

本日の有感地震は22時26分までに1回のみですが、M5.4と中規模でもやや大きな地震でした。
2019712 622分ごろ 与那国島近海 5.4 2
    (USGS 5.065km S of Yonakuni, Japan2019-07-12 06:21:5614.8 km)
気象庁発表はM5.4ですが、USGSではM5.0とやや小さくなっていましたが、どちらもM5台と目立つ規模の地震です。
有感地震が1回とは少ないですね。
ハイネットを見てみます。
Hi-net震源マップ
2019年7月12日22時15分までの24時間マップイメージ 1
ちょっと気になるところは黄色の円を入れています。
全体の地震数は少ないのですが、与那国島近海、日向灘から大隅諸島近海、瀬戸内海を含む紀伊水道や関西地区、富士山付近から箱根、伊豆半島、伊豆諸島、関東地方や東北地方の東方はるか沖、択捉島南東沖等。
伊予灘から日向灘南西諸島ラインは昨晩はかなりマークが多くなっており、本日は与那国島近海でM5台の他4台、3台の地震も複数回発生しており、心配なラインです。
関東・東北地方沖は勿論ほぼ常時要注意ですが、この24時間は関東・東北の東方はるか沖に震源マークが並んでおり、北米プレート境界線に近いだけに、択捉島南東沖も含めちょっと心配です。

7月12日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
4.712km SE of Ridgecrest, CA2019-07-1222:11:413.6 km
4.941km NNW of Hihifo, Tonga2019-07-1220:35:57 132.9 km
5.1226km N of Visokoi Island, South Georgia and the SouthSandwich Islands2019-07-12 20:22:43 10.0 km
4.60km SSW of Three Lakes, Washington2019-07-1218:51:38 24.3 km
4.632km WSW of Ovalle, Chile2019-07-1218:25:0350.6 km
5.0South of the Kermadec Islands2019-07-12 16:30:3410.0 km
4.9South of the Kermadec Islands2019-07-1216:17:4110.0 km
5.2156km ENE of L'Esperance Rock, New Zealand2019-07-1213:12:2410.0 km
5.2156km SSW of Tres Picos, Mexico2019-07-12 10:34:4110.0km
4.9South of the Kermadec Islands2019-07-1209:16:5210.0 km
5.2103km WSW of Kota Ternate, Indonesia2019-07-12 06:46:3610.0 km
4.8126km WSW of Kota Ternate,Indonesia2019-07-12 06:24:2528.2 km
5.065km S of Yonakuni, Japan2019-07-12 06:21:5614.8 km
4.7251km N of Tobelo, Indonesia2019-07-1205:45:2635.0 km
4.6Northern Mid-Atlantic Ridge2019-07-1205:33:3610.0 km
6.0174km N of Arawa, Papua New Guinea2019-07-12 02:08:37495.9km
5.066km WSW of Port-Vila, Vanuatu2019-07-12 00:31:3239.1km


全部で17回、内M5.0以上が8回、その内の1回はM6.0の大地震でした。
6.0174km N of Arawa, Papua New Guinea2019-07-12 02:08:37495.9 kmイメージ 2

昨日載せていたマップと同じもの本日も載せます。
一番右側に本日のパプアニューギニアM6.0も載せていますが、オーストラリアプレーでも一番境界線が複雑に切れ切れになったり重なっている区域。
この付近は繰り返し大地震が発生しており、この先もM6〜M7台、8台の大地震、巨大地震が発生すると思います。

インドネシアの3回はいずれも7月8日のM6.9の震源付近。
南ケルマディック諸島近海で3回発生していますが、この島はニュージーランド領、ニュージーランド
6月16日M7.3、M6.3、M6.4、17日M6.0、21日M6.2等他M5.0以上の地震も連発した付近ではM5.3が発生しており、ニュージーランドでは4回のM4.5以上の地震が発生していますが、オーストラリアプレート東端ラインです。
オーストラリアプレート境界線南端ライン東端ラインでは他にトンガM4.9バヌアツM5.0、パプアニューギニアM6.0が発生していますので、本日17回の内10回がオーストラリアプレート境界線付近、それに与那国島を加えた11回が環太平洋の西側での発震でした。
CAM4.9は7月6日M7.1の大地震の余震域、ウィスコンシン州M4.6はCAの北側カナダとの国境近くで、やはり陸上部の地震です。
カルフォルニア7月6日のM7.1の地震では、地表に亀裂が入ったのを人工衛星の画像が捉えています。
ノースリッジ地震(ロサンゼルス地震)が発生したのは1994年アメリカ史上最も経済的損害が大きかった地震ですが、カルフォルニアと言えばサンアンドレアス断層。
1300Kmにも及ぶ大きな断層があり、西部開拓時代から地震が多いと知られていたそうです。
先日のカナダ、オレゴン、本日のウィスコンシン州とCAはサンアンドレアス断層に関係があるのかどうかは調べていないのでわかりませんが、何度もM6〜7台の大地震が発生している所だけに、最近急に地震が発生してきたのがかなり気になります。

宇宙天気ニュースhttp://swnews.jp/によると高速太陽風は終わりに近づいているとのこと。
12時31分更新のコメントでは460Km/秒まで下がってきているようで、キルナ天文台の動きも大分収まっています。
取り敢えず10日後の7月22日も要注意日としておきました。
キルナ天文台
イメージ 3
日本地震予知協会シャク暦7月・8月
イメージ 4
昨日から始まったキルナ天文台の動きから推測した要注意期間、要警戒期間は7月22日までとなり、先は明日にならないと分かりませんが、23日からはシャク暦で要注意期間が始まり、ほぼそのまま最近では一番トリガーが重なる期間に入りますので、このまま8月の11日辺りまでは注意しておいた方が良いと思います。
8月は前半の超激しい状態と中旬から下旬の初めにかけての要注意期間があり、7月よりも地震活動が活発化すると思っています。
梅雨も明けているだろうという事で、日本付近も心配な月となりそうです。

先週金曜から日曜までの展示会を富山でしたため疲れが取れないままです。
本日も12時には寝なければと思いますので、これで終わります。
23時30分を過ぎましたが先に載せた有感地震やM4.5以上の地震以降は目立つ地震はありません。
明日は更新しなくて済む日であれば良いですね。
おやすみなさい

2019年7月11日(木)21時46分

本日は宮城県沖と新潟県下越地方で中規模な有感地震が発生しました。
7月11日21時45分までに発生した有感地震です。
2019711 2031分ごろ 熊本県天草・芦北地方 1.9 1
2019711 1604分ごろ 新潟県下越沖 4.2 3
2019711 1053分ごろ 岩手県沖 3.8 1
2019711 913分ごろ 千葉県東方沖 3.2 1
2019711 519分ごろ 宮城県沖 4.0 2


全部で5回、内2回がM4.0以上でしたが、新潟県下越地方は震度3とやや揺れが大きかったのが気になります。
宮城県沖M4.0の方はUSGSではM4.5と規模が大きくなっていました。
Hi-net震源マップ
2019年7月11日21時15分
青森県から北海道付近拡大図
イメージ 1

随分と大きなマークが択捉島南東沖にありますね。
USGSにも載っていないと思ったら、昨晩の23時14分頃クリル諸島M5.0とありました。
昨晩は早く更新したのでわかりませんでした。

北海道付近はここ2日、3日余りマークが無く青森県との境辺りだけマークがあったのですが急に南東沖や根室半島沖、北方四島にもマークが増えました。
紋別辺りには深い震源の青いマークも。
青森県西方沖から奥尻島付近、積丹半島沖には小規模の浅い震源の地震が続いたようです。
イメージ 2
紀伊半島から秋田・岩手県付近拡大図

下越地方と岩手県沖のマークがやはり大きいですね。
そして紀伊半島の南東はるか沖には深い震源の青いマークもM4クラスの様です。
岩手県沖には黄色のM4台のマークと黄緑色のM3台のマークがあります。
岩手県沖がこの24時間は地震活動がやや活発だったようです。
何故か宮城県沖のマークはそれ程大きくないのは何故なんでしょうね?
いつもマークが他の県よりも多い茨城県はそれ程では無いのですがと、栃木、茨城南部の県境付近はちょっとマークがかたまっています。
千葉県の北西部、東京と埼玉の県境。
房総半島は南方沖と東方沖、銚子付近に少しマークが多いようです。
神奈川県西部には極小地震が連発しています。
長野県はいつもの糸静線ラインと岐阜県境付近にマークが並んでいますが回数はいつもよりもやや少ないように感じますが、代わって東部の北部や群馬県の北部の西部に震源の深さの違う地震が3回発生しています。
和歌山県北部と紀伊水道と大阪府北部から京都府南部の群発域で極小地震が多くなりました。
イメージ 3

四国中国地方は日本海側の県に極小地震が数回以上発生していますが、その他の場所は白く、マークがありません。
大分県か伊予灘辺りに黄緑色マーク、日向灘から四国沖は黄色の極小〜小規模マークがやや多くなっています。
そして一番気になっているのが種子島や屋久島付近。
昨晩もあったのですがこの24時間にこちらも浅い震源から70〜80キロ程度の深さまで色々な深さのところで地震が発生しています。
今の所大きなものでもM3台だと思いますが、この付近も中規模地震が連発したこともありますし、何といってもフィリピン海プレートの境界線、南海トラフ近いので心配です。イメージ 4


イメージ 5

大隅諸島からトカラ列島付近だけでなく、奄美大島や沖縄本島近海にもM3クラスの地震が1回ずつあったようですし、八重山諸島にはM2クラスの地震もありました。
伊予灘から豊後水道、日向灘から九州南東沖、南西諸島ラインの地震活動が戻って来ています。
キルナ天文台
http://www2.irf.se//Observatory/?link=Magnetometers
イメージ 6
宇宙天気ニュースによると600Km/秒の高速太陽風は続いているようですが、磁気圏は落ち着いてきたとのこと。
それでもキルナ天文台のグラフには動きが出ていますので、10日後の7月21日も要警戒日としました。
日本地震予知協会シャク暦7月・8月
既に本日からキルナ天文台の動きから推測した要注意、要警戒期間に入っています。
11〜16日は要注意期間、17〜21日までは要警戒期間で今回は結構長いですね。
日本は梅雨時ですが雲域と空白域の境界線がかなりはっきりとしているので、目立つ規模の地震もあり得ると思います。
高知大学気象情報頁
2019年7月11日5時(上段)、21時(下段)HD極東域赤外線画像
イメージ 8
5時では雲域と空白域の境界線がかなりはっきりとしたところが多いですが、21時では雲の塊が緩くなっており、これはこれで空白域やら亀裂のある所が要注意となります。
ただ、時間の経過と共に動いていく雲はそれ程心配しないでも良いと思うのですが、時間が経っても居座っている雲の場所は要注意です。
5時も21時も気になるのが南西諸島や日向灘等のライン。
東北地方は太平洋側も日本海側も何だか怪しいと思います。
7月11日に世界で発生したM4.5以上の地震です。
4.9132km SE of Bitung, Indonesia2019-07-1119:06:3942.4 km
4.678km WSW of San Nicolas,Philippines2019-07-11 14:35:44 10.0 km
4.9205km W of Tual,Indonesia2019-07-11 11:30:50 128.3 km
4.516km NNE of Coso Junction,CA2019-07-11 09:14:370.8 km
4.842km SW of Ayia Galini,Greece2019-07-11 07:57:1220.2 km
4.744km WNW of San Antonio de losCobres, Argentina2019-07-11 07:29:48 182.7 km
5.2North of Ascension Island2019-07-11 06:43:4910.0 km
4.541km ESE of Ofunato,Japan2019-07-11 05:19:1539.2 km
5.1Pacific-Antarctic Ridge2019-07-11 04:00:5310.0 km
4.965km NNW of Visokoi Island, SouthGeorgia and the South Sandwich Islands2019-07-11 01:28:41 115.6 km
全部で10回、M5.0以上は2回でそれ程活発ではありません。
インドネシアの2回はいずれも7月8日のM6.9の大地震の震源とは違い、オーストラリアプレート北端ラインが切れ切れに複雑に交差している境界線付近での地震です。
6月24日にM7.3が起きた場所の方が近く、同じ境界線付近です。

そう言えは未だ行徳高校のグラフが欠測中ですね。
早く波形を見たいのですが残念です。
このところ頭痛が繰り返し起こっています。
IP電話も話をしている間にザザザーという雑音が入ってよく聞こえなくなったりでした。
又、本日もアキラの地震予報で父島圏内にM6.9クラスの地震発生合図のお知らせがありました。
父島圏内と言っても広範囲なので日本付近がどうかはわかりませんが、どこであっても大きな地震は嫌ですね。
このブログに来て下さる方は当然既に備蓄など防災意識が高い方々だと思いますが、出来るだけ沢山の方、結構能天気に構えている方も未だいらっしゃるようなので、日頃から常に備蓄や避難経路、避難場所、家族間の連絡の確認などをしておくようにおお勧め下さい。

私が「魔の23時台」と呼んでいる午後11時になっています。
後40分ほどで7月11日も終わります。
昨日も日付が変わる前に珍しく寝たのですが、本日も今日の内に休み明日に備えたいと思います。
おやすみなさい。

2019年7月12日(金)8時18分
イメージ 9


昨晩更新後「魔の23時台」にインドネシアでM5台が発生していました。
5.195km N of Laiwui, Indonesia2019-07-11 23:38:0110.0 km

場所はパティンティ海峡、7/8M6.9のやや南東側になります。
右のマップはこの付近の6月20日〜7月12日のM6.0以上の大地震の震源マップです。
立て続けにM6.0〜M7.3が発生していますが、一番右のM6.0は本日発生したM6.0の震源です。
後で又更新します。

全456ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事