ここから本文です
リューノガレージ第3倉庫(増設)
コチラは「リューノガレージ 管理人リューノ」の近況報告・日記ページです。
皆様、こんにちは。こんばんは。

昨日に引き続き
「ミーティア 1/400 ガンコレ」を製作した過程をお伝えします。


画像が少ないのですが塗装の段階を紹介します。
イメージ 1
素組み状態です。
ゲート処理、合わせ目消しを行いました。
イメージ 2
ミーティアに接続しているフリーダムガンダムも
未塗装のフィギュア状態です。
イメージ 3
ミーティア本体をアクリルガッシュで全塗装しました。
イメージ 4
これをベース色として影色を塗り加えていきます。
本体のメインカラーのグレーは濃い色と明るめのグレーと
試しに2色塗っています。
イメージ 5
6〜7割ほど塗り進めた状態です。
全体のバランスを見つつ色を加えていきます。
イメージ 6
普通のガンプラ(ロボット形状)と比べると小さいモデルなので
塗る面積は少ないのですが
小さいながらもティテールが細かくて
筆で塗り分けるには細かい作業が多かった印象です。
イメージ 7
で、一気に作業が進んで完成状態です。
今回も白のハイライトを加えずに作業を終えました。
イメージ 8
塗装段階と同じ角度の画像がありませんでしたが
グレーは何色使いましたかねぇ…5〜6色でしょうか。
ピンク部分も4〜5色は使っています。

フリーダムガンダムも影色を加えていますが
グレーの台座は未塗装です。
イメージ 9
モールド部分は黒っぽいグレーに色調整したアクリルガッシュを
水分大目でスミ入れしています。 

いつもの事ですが、塗装が進むと塗る場所が無くなってきて
飽きてきた頃が作業の止め時です。

これで自分オリジナルな塗り方の
イラスト風塗装のミーティアを完成としました。

開くトラックバック(0)

皆様、こんにちは。こんばんは。

特にお伝えする新たな話題を思い浮かばないので
普通に、昨日お伝えしたガンプラを引き続き紹介します。
イメージ 1
「ミーティア 1/400ガンコレ イラスト風塗装」です。
今日は白背景で撮影した画像をお伝えします。
イメージ 2
最近製作したアークエンジェルや
SDEXストライクフリーダムと比べると
やや控えめな影色表現でした。見比べて自分でも判ったのですけど。
イメージ 3
パーツ数はそれほど多くないのですが
接着して合わせ目を消す必要がある箇所が何個かありました。
キット自体は2004年製みたいなので。
イメージ 4
あと、左右で影の入れ方を変えたりしていなくて
同じ様なパターンで塗っていました。
イメージ 5
個人的にお気に入りな角度がコチラです。
黒背景だと撮影スペースが確保できなくて
このアングルからの画像がありませんでした。
イメージ 6
左右のグリップパーツはある程度角度調整ができます。
本体に取り付けるガンコレのフリーダムガンダムは
腕がミーティアのグリップパーツと繋がるような形状になっていて
グリップの内側上下に小さいピンがあって
手首を上下から挟みこんで固定するようになっています。

ちなみに同じくミーティアに繋げられるジャスティスガンダムは
色も塗らずにそのままです。
物凄く暇になって思い出したら影色を加える…かもしれません。

先程書き記しましたが
このミーティア(ガンコレ)は昔のキットなので
今は入手するのが少し大変かもしれません。

1〜2ヶ月くらい前に
地元の最寄の大型リサイクルショップに出かけたら
ガンダムフィギュアコーナーに普通に置いてあって
定価の約4割引だったので迷わず買いました。

ただ、その時はキットが2個売っていて一つしか買わず
後々になって「2機購入して違う塗装で作ればよかったかな〜」
と思いました。

次に出かけたときには売り切れていたので少しだけ後悔。
やはり「買わずに後悔より、買って後悔」という
先人のお言葉は偉大ですねぇ…

だから、僕の買物量が減らないのですねぇ…納得。

開くトラックバック(0)

皆様、こんにちは。こんばんは。

ガンプラ投稿SNS「GUNSTA」にて開催されている
「ガンダムSEEDコンテスト (SEED作品ガンプラ)」の
締め切りは21日の日曜日です。

でも、その日は外出予定で
前日も夜更かし出来ないので…
締め切り直前にガンプラを必死に作るのは無理の状況です。

ダイバーズコンテストで数時間遅刻した経験もございますし…

で、作ってみたい、塗ってみたいキットが何個もあったので
無謀にも同時に4体のガンプラを作ってました。

ボチボチと塗り進め、GUNSTAにも投稿してきましたが
本日、1日早いのですが最後の1体が完成し、投稿も済ませました。
イメージ 1
劇中でも印象的な活躍をする「ミーティア」です。
コチラはガンコレと呼ばれるミニフィギュアシリーズ対応のキットで
ガンプラなのか?フィギュアなのか?
どちらなのだろう??と思ったのですが
イメージ 2
パッケージ箱に「プラスティックモデル組立てキット」の記載があり
コチラにも「プラモデル」とシッカリ表記されておりました。

ガンダム作品のプラモデルだから「ガンプラ」
という事でいいだろう。と解釈しました。

GUNSTAにも食玩組立てキット「Gフレーム」が投稿されていたので
コチラも問題ないでしょう。多分。
イメージ 3
でも、接続されている「フリーダムガンダム」は
ガンコレのフィギュアです…
キットに付属しているモノですけど。
イメージ 4
イラスト風塗装で仕上げておりますが
自分なりに最近試している油絵・絵画っぽい
厚塗りの筆塗り塗装で製作しました。
イメージ 5
本体部分は白を使わずグレーで
グラデーションっぽく、何色も重ねて塗っています。

全体のバランスを見ながら塗り進めるのですが
正直、物凄く時間がかかります…

とはいえ、このミーティアは1/400スケールで小さいので
塗る面積は少なくて済みました。
ただ、逆にその分だけ細かい部分も多かったので
筆塗りが大変だった訳ですけどねぇ。
イメージ 6
この所、ず〜〜っとこの方法で筆塗りしていたので
たまには普通のアニメ塗りを行いたいな〜と思い始めました。 

綺麗に塗れる自信がありませんけど…

とりあえず、コレで作ろうと思っていたモノが家内したので
しばらくはノンビリとガンプラ製作ができそうです。 

開くトラックバック(0)

皆様、こんにちは。こんばんは。

先程、プレミアムバンダイから注文していた品が届きました。
イメージ 1
「RG バンシィノルン(ユニコーンガンダム2号機)」の
最終決戦バージョン・プレミアムバンダイ限定品です。

コレを受け取って思うことといえば…
RGのノーマルバンシィをまだ買っていない…という事と
そもそも、RGのユニコーンガンダムが
3体未組立でストックされているという事実でしょうか…

まぁ、RGサザビーも作りかけで止まっていますけど。
フレームだけ組んでフィルタリングを行っただけです。
イメージ 2
中身のランナー画像です。
サイコフレームが最終決戦版のクリアグリーンに変更されています。
イメージ 3
そしてリアリスティックデカールの色も
グリーンに変更されています。

しかし…ユニコーンガンダム系のこのリアリスティックデカールの
細かさと量はやっぱり異常でございますねぇ。

コレを見るだけで作る気力が無くなります。

イラスト風塗装も地味に時間がかかるのですけど
この細かいデカールを貼るより精神的には楽かな〜と思います。

開くトラックバック(0)

皆様、こんにちは。こんばんは。

少し前にしまむらで購入した
「エヴァンゲリオン 2号機パーカー」を結構気に入って着用してます。

Mサイズでしたが細身のシルエットで
通常Sサイズより若干大きめくらいなので
僕が望んでいた着用感のウエアだったのです。

室内着として活躍しておりますが
これと比べたら本気のアメカジブランドのスウェットは
着丈が短すぎて…お腹が冷えて仕方ありません。

防寒の意味は無いのです。

で、少し前の事ですが、またしまむら探索に出かけました。
店内をプラプラ〜とするつもりでしたが
気になるウエアがあったので購入しました。
イメージ 1
「頭文字D」に登場する走り屋チーム
「レッドサンズ」モチーフのパーカーです。

ラスト1着で900円くらいでした。
なら、買ってもいいかな。と。 

登場するキャラクター「高橋啓介」の愛車
「FD (RX−7)」をイメージしたイエローカラーのパーカーです。

最後の1着だったので他のパターン・キャラがあったのかは判りません。
イメージ 2
胸には「REDSUNS」の文字が刺繍されています。
こういう所はさすがに有名アメカジブランドの方が
圧倒的にクオリティが高く違いを実感しました。

パーカーのドローコードには白と黄色のビーズが付いていました。
イメージ 3
左のポケットには頭文字Dのタブが縫い付けられています。
イメージ 4
特典のオリジナルステッカーも付いていました。
イメージ 5
パーカーのフード内側は黒地に
頭文字Dのディフォルメキャラがプリントされた生地が使われています。
中々面白いデザインですね。

黄色のFDで思い出すことと言えば…
PS4ソフト、グランツーリスモスポーツでFDが配信された際に
即効でカーリバリー(車をデカール改造機能)で
高橋啓介仕様のFDを作った事ですねぇ…懐かしい。

で、肝心な事ですけど
購入したままの袋に入れっぱなしで、まだ着用しておりません…

薄手のスウェットパーカーなので
春シーズンが終わるまでには一度着用しておきます。
室内専用ウエアとしてですけど。

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事