ここから本文です
リューノガレージ第3倉庫(増設)
コチラは「リューノガレージ 管理人リューノ」の近況報告・日記ページです。
皆様、こんにちは。こんばんは。

今朝からダウンジャケット着用開始しました。
ただ、前シーズンに着用してから洗わずに
そのまま放置しっぱなしだった気がします…

陰干しくらいはしていると思いたいです。

では今日も引き続き「SDEX トライバーニングガンダム」の
イラスト風塗装の変化の様子をお伝えします。
イメージ 1
少し話が逸れますが
現在製作中のプラモの下地塗装を行う為にエアブラシを使うつもりでしたが
寒くて暖房の無い部屋で使うのもイヤなので…
今日よりは多少は暖かい(という予報の)明日にしようかな〜と
根性の無い現状でございます。

水性アクリル絵具の筆塗り塗装だと
コタツに入ってでも行えるので便利なんです。

では、昨日からの続きの画像です。
前回お伝えしたのがベースカラーにオレンジを加えた状態でした。
イメージ 2
この次の段階では薄いグレーと
白で色合いを薄めたオレンジを描き加えております。

グレーは影っぽい質感を出す為で
白で薄めたオレンジは炎の光が白ボディ部分に反射している…
火影っぽい表現が出来ないかな〜と試してみたのですが
白を加えたオレンジは…普通に肌色でした。

肩パーツに近い頭部の側面に多く描いています。
イメージ 3
次は赤ボディカラーに影色を加えました。

足のスリッパ部分は適当に影っぽく塗りましたが
肩のファイヤーパターン部分は炎の影になるような
赤の影色を多めに炎の柄っぽく描いています。

白に次いで赤の色面積が多いので
色合いが締まったような印象になりました。
イメージ 4
赤影で消えてしまったオレンジ部分を再度塗りなおしました。
黄色で塗っていたアンテナ部分にもオレンジを加え
側頭部部分も炎のパターンを描いてみました。

そしてボディの白部分に前に加えたグレーより
濃いグレーを影色として塗りつけました。
このグレーで赤ボディ部分にも影を加えていますね。

そしてこの段階でモノアイ(目)の周りと
鼻のダクト部分に黒を加えています。

顔の表情(?)が付き始めてそれっぽくなってきました。
これくらいになると随分と作業が進んで
完成が近づいてきたのかな〜と気持ちが前向きになります。

それまでは地味な塗装なので…
イメージ 5
ここまでは同じオレンジと肌色オレンジしか塗っておりませんでしたが
基本色として使っておいたオレンジよりも
1トーン明るいオレンジを描き加えました。

オレンジ発光部分、ファイヤーパターン、アンテナ部分です。

肩パーツ部分に炎の表現が入りました。
そしてファイヤーパターンに一つ炎の明るさっぽいモノが入ったので
表現が少し増した…と思えます。

コチラの段階でも随分とイラスト風塗装っぽくなりましたが
この後もまだ色を加えていくのです。

次回に続きます。

この記事に

開くトラックバック(0)

皆様、こんにちは。こんばんは。

とうとう昨晩から寒さに耐えかねて
室内でダウンベストを着用しはじめました。

腕回りの自由が効くのでダウンベストはガンプラ製作にはオススメです。

でも、久しぶりにヤスリがけしまくった後に
家の掃除を行ったら…指が攣りそうになりました!

さて、昨日GUNSTAに投稿を終えた
「SDEXトライバーニングガンダム」の
イラスト風塗装の過程をお伝えしていきます。

元々のキットは青い粒子発光状態を再現しているのですが
今回は青い部分がオレンジ色に燃え上がるような(アニメでもそうなっていた)
「バーニングバーストシステム」状態の塗装を行いました。

簡単に言うとファイヤーパターンですね。
イメージ 1
SDガンダムで小さいので簡単に作れるだろうな〜と思いましたが
作るよりも塗装に物凄く時間がかかりました。
その経過報告でございます。

イラスト風塗装を行う前のガンプラに
下地塗装(塗料の乗りを良くするため)を行うのですが
イメージ 2
今回はダイソーの100円缶スプレーを使ってみました。
コチラの艶ありクリアのアクリルスプレーです。

エアブラシの準備を行わなくて済むので楽でした。
ベランダに出て、ある程度パーツ分けしたトライバーニングに
適当に噴き付けました。

このスプレーとは別につや消しクリアーと
黒の100円缶スプレーも用意したので
ソチラも次回以降のお手軽製作ガンプラに使って試してみたいです。
イメージ 3
割と綺麗に艶が出ておりますね。
まぁ、あくまで下地状態なので艶が有っても無くてもあまり意味がありません。
イメージ 4
まずトライバーニングの基本色と言いますか
ベースになる色を大まかに塗りました。
水性アクリル絵具を使っておりますが、白い部分も白の塗料で塗っています。

あ、そういえばGUNSTAの文章に加えてなかったのですが
この段階で装甲裏とか見えない部分を黒で塗りつぶしております。

後々、このベース色も消えてしまう訳ですが
この色を目安に他の色(影や光の色)を乗せていくので
結構大事だな〜と今回の作業中、今更ながらに気付きました。
イメージ 5
そのベース色にオレンジ発光部分を塗り
炎のイメージを何となく描いてみました。

こんな感じにしようかな〜という目安です。

イラスト風塗装を行っていて毎回思う事ですが
このベース色を塗った後くらいでは
完成予想図があまりイメージできていないので
作業としては少し退屈といいますか…
テンションが上がらない部分ですね。

まだまだ先が長いな〜と判っているからかもしれませんが。 
 
ブログ記事もまだまだ後日に続きます…

この記事に

開くトラックバック(0)

皆様、こんにちは。こんばんは。

本日の夕食は凄く珍しいことですが
外食のしゃぶしゃぶ食べ放題でした。

小食の僕には無謀な食べ放題ではございますが
久しぶりにしゃぶしゃぶを食べられて満足です。

お店の方に無理を言って
最初に出して貰う野菜とご飯の量を物凄く減らして貰いましたけど…

さて、ガンプラ投稿サイトGUNSTAにて
現在開催中のSDガンダムコンテストに合わせて
製作していたガンプラがようやく完成しました。
イメージ 1
「SD EX−STANDARD トライバーニングガンダム」です。
今回も水性アクリル絵具を使ってのイラスト風塗装で仕上げました。

撮影しておいた画像で振り返ると…
製作期間は約2週間かかっております。

コチラの製作過程をブログにてボチボチとお伝えしていきます。
イメージ 2
元々はHGのトライバーニングガンダムを
イラスト風塗装で作ってみたいな〜と思い
そのガンプラも用意しておいたのですが
地元のオモチャ屋さんでSDEXのトライバーニングを発見して
SDコンにも提出できるコチラを購入して急遽製作することにしました。
イメージ 3
コチラがキットの中身です。
パーツ数を数えてみましたが…だいたい30くらいでした。少ないですねぇ。

接着での合わせ目消しを行う部分も少なく
ゲート処理もパーツ数が少ない分だけ楽です。

その分、SDガンダムのキットの特長でもある
肉抜き(プラパーツの隙間)も多いのですが
イラスト風塗装で仕上げるとなると…正面からの見た目が大事なので
見えない部分はそのままで作ります。
イメージ 4
で、パチ組みした状態がコチラですね。
付属している手首のパーツは肉抜きが凄いので
ビルドナックルズ角の大サイズを用意しました。

特別な工程を何も行わずに組み立てるだけなら
物凄く短時間で済むのでしょうが
ここから…延々と続く筆塗り塗装作業が待っております。

その様子は後日お伝えします。
何故か、筆塗り塗装が一段落する度に画像撮影していたので
今回はより多くの塗装変化をお伝え出来るのです。 
 
細かすぎるかもしれまえせんが、お付き合い宜しくお願いします。

この記事に

開くトラックバック(0)

さよならR2

皆様、こんにちは。こんばんは。

実際には少し後の話となるのですが
2011年に購入した僕の愛車である「スバル R2」と
とうとうお別れする日が近づいてきました。

前に乗っていた三菱・ランサーエボリューション2が故障してしまい
尚且つ震災の後で燃費の悪い車に乗っていてはイケナイのでは?
という思いから2011年の10月に車を買い替えました。

R2はノンターボの非力な軽自動車でしたが
希少なMT車でマフラーが交換され
前後にストラットタワーバーが組み込まれていたりと
街中を走る分にはとてもラクチンで楽しい車でした。

坂なんてアクセルを床まで踏まないと登りませんでしたが…
でも、ノンターボ故にマフラーからの音は快音でした。
イメージ 1
壊れるまで乗り続けるつもりでしたが
来年2月に車検が迫ってきていて走行距離も10万キロに近づき
(購入時で新車から2年落ちだったのに走行78000キロでしたけど…)
親が車を買い替えようという提案を出したので
家族兼用の車を新たに購入する事になったのです。

いや、もう車は来ていてナンバー登録を待つだけなんですけどね…

ほぼ毎日使い続けたR2とお別れするのは寂しいのですが
始まりあるもの、全て終わりを迎えますし
今まで乗り継いだ車ともお別れしているのですから
ここは今まで走り続けてくれたR2に感謝をして
笑顔でお別れしたいと思います。
イメージ 2
という事であまり遠出はしませんでしたが
富士山をぐるっと1周したときの画像を記念に貼らせて頂きます。

R2、結構ピッカピカですね。

ジーンズやアメカジウエア、シルバーアクセに今はガンプラを
大量に買い漁っている(いた)僕ですけど
長く愛用しているモノに関してはず〜っと使い続けております。

なので、その一つが失われるのは悲しいですけど
ひょっとしたら少しくたびれ始めたこのR2が
今後、免許取立てのMT車に慣れたい方の手に渡ってくれると
嬉しいな〜と想像してしまいました。

今まで本当にありがとうR2。
そして、あと少しの間だけですがよろしくね。

この記事に

開くトラックバック(0)

皆様、こんにちは。こんばんは。

最近はガンプラの話ばかりブログで記しておりますが
他に話題が無いのでご了承下さい。

ジーンズサイトっぽい事をやっておりますが
未だにサイト移転(ジオシティーズ閉鎖のため)の作業を行っていません。
お正月休みにやろうかな…と。

あと、何となくの曖昧記憶ですが
今年に入ってジーンズ(古着)を購入していないような気がします。
購入していたとしても甥のために買ったジーンズだと思います。

まぁ、自宅にジーンズが100本くらいあると
別に買わなくても良いのですけど…

という事で今日も今現在買い漁っているガンプラの話です。

先日、今週かな?
地元の模型専門店に改造用パーツを購入しに出かけた帰りに
ブックオフに立ち寄りました。

で、コチラのガンプラを買いました。
イメージ 1
「SD RX−78−2ガンダム リミテッドエディション」です。
パッケージ横のバーコード部分に定価が記されていない限定バージョンです。

少し前にGUNSTAでコチラのガンプラを紹介していた方がおられたので
どういう品なのかは何となく判っておりましたが
この1〜2週間の間に出向いたブックオフで新たに入荷していた品でした。

現在GUNSTAでSDガンダムコンテストも開催されておりますし
クリアカラーのガンプラを買い集めているひとつなので
購入する事にしました。

全く高額では無く、ほぼ定価の500円だったので…
今となってはそれなりに貴重なガンプラの一つだと思いますが。
イメージ 2
パッケージ横です。
表側には「GジェネF」の文字が入っておりましたが
おそらく、僕が一番最後にプレイしたGジェネがFだった気がします。多分。

それから随分とプレイしておりません。
Gジェネのゲームは東京に住んでいた頃に
ゲームショップで大量に販売した記憶がございますねぇ…懐かしい。

話はガンプラに戻します。
イメージ 3
中身はコチラです。
取説のデザインが当時のMG風で現行とは少し異なります。
イメージ 4
ランナーは透明度の高いクリアカラーで
色分けもシッカリ区別されています。
イメージ 5
取説見ていなかったので気付きませんでしたが
コアファイターっぽいパーツも付属しておりますね。
イメージ 6
このリミテッドエディションの特長の一つが
内部フレームっぽい構造の部分が銀メッキ仕様になっています。

最近はクリアカラーのガンプラをそれなりに買い揃えておりますが
内部フレームをメッキカラーに区別しているのは珍しい仕様です。

フレーム部分というより、元々のパーツカラーがグレーの所を
メッキカラーにしているみたいですね。

コチラのガンダムを作ってGUNSTAに投稿しても良いのですが
他にも作るべきSDガンダムが結構大量にございますので
とりあえず放置…後回しとします。

では、今晩も現在製作中のガンプラ塗装に励みます。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事