沼津市 曹洞宗 石雲山 龍音寺

観音様の霊場 曹洞宗の古刹 沼津市の禅寺・寺院 龍音寺勉強会 永代供養塔 墓地 葬儀(お葬式) ペット供養 ペット霊園

全体表示

[ リスト ]

昭和48年、2度の大火によって寺運が衰退し、すでに本堂もなく荒れ寺となっていた龍音寺に、数少ない檀家が力を合わせ、本堂を再建した。
昭和50年12月、龍音寺住職として、現住職がむかえられ、龍音寺の第六世住職として就任する。500年近くの歴史を誇る龍音寺が、現住で六世であることが、いかに龍音寺が荒れていた期間が多かったかを物語っている。この時の龍音寺は、田舎の荒れ寺といった感じであったらしく、その地区でも寺の名前を知っているものすらほとんどいないありさまであった。
(当時の静岡新聞などから)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事