全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

鎌倉でトレイルラン

 イメージ 1                                         
 
 
鎌倉駅に集合してきたランナー達。
 
わたしは人生初のトレイルランニングです。
 
 
 
天気は予報を裏切って快晴で暑いくらい!
 
 
 
 
 
  コースは鎌倉〜金沢文庫までの片道13キロほどを往復25キロです。
行きと帰りで若干コース変更があり片道参加の方もいらっしゃいましたが今回往復で参加させてもらいました。
イメージ 4
  トレイルといっても競争ではなくハイキングコースをゆっくりジョグと言った感じです。
 
イメージ 5 これぞ鎌倉って感じの風情を楽しみつつ
 
イメージ 6
 
             
途中でウォーミングアップ
 
 
それぞれ自己紹介すると
 
割かしはじめてトレイルって人が多い。
 
暑い夏は涼しい山がやっぱみんないいもんね。
 
 
 
 
イメージ 7
                                  山の中へ突撃開始
        山を走ったり歩いたり階段登ったりしながら。。。
 
イメージ 8
 
 
数時間後。。。
 
頂上とったど〜〜〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
鎌倉市最高地点の大平山
 
海抜 159M   。。。。。。。
 
 
とったど〜って程でもないですが
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
でも意外とこれが結構楽ではないのです。
 
 
 
途中で気がついたのは
ロードをランする筋肉と違う部分があるし
 
なによりも木の根っこを上手くすり抜けたりしながら走るのは非常にバランスを鍛えられます!
 
 
 
イメージ 2
 
 
あちこち休憩しながら
 
鎌倉って知ってるようで知らない
 
風景がいろいろあるもんだな〜
 
普段、ランも自転車もロードばかりなので
 
こうゆうオフロードは凄く新鮮でした!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウルトラランで70キロ完走したけど25キロトレイルで最後軽く脚が攣ってしまいました。
 
トレイル結構面白かった!他にも今後いろんなコース開拓してみるつもりっす!
 
イメージ 3
 
下ってから皆さんと一緒に
 
銭湯へ。お風呂でスッキリした後
 
飲みに行きませんかという誘惑で。。。
 
飲み会での話題は豪快な変態ランナーの話。
 
やっぱこの人たち普通のジョガーというよりも
 
変態集団みたいでした☆
 
 
一人で夜遅く富士山5合目から山頂まで日の出を拝みに登山した女性とか。。。
 
多摩川を羽村から羽田まで夜中にライト持って走りに行こうとか。。。
 
なんか最近、自分も自転車ばかりでなく変態ランナーに染まっていきそうで少し怖かったりワクワクしてたりして
それにしても鎌倉ランナーはお洒落ね〜埼玉ランナーでfacebook、ipad使いこなす人は知らないな 
ビール飲みすぎでちょっと家までたどり着けるか久々に心配してしまった一日でした!
 
来週は奥武蔵グリーンラインへ自転車ヒルクライム!
再来週は青梅丘陸をトレイルラン!
その翌週は赤城山へ自転車ヒルクライム!
の予定〜〜〜
イメージ 11
 
            やっぱ夏は自転車でもランでもどっちでもいいので山がいいです。

開く コメント(4)

開く トラックバック(2)

飛行機輪行箱

イメージ 1
でっかいダンボールが到着
イメージ 2
 
飛行機で輪行するための箱です。
イメージ 3
この向きだとサドルがでっぱちゃう〜
シートポスト取り外しなんて面倒くさいじゃん!
イメージ 4
ならばサドルを下にして再チャレンジ!
イメージ 5
これならギリギリなんとか収まりました。
 
何はともあれ箱なら飛行機輪行も安心できそうですね!
 
空港ではこんな荷物預けられませんので宅配便でそのまま送っちゃいましょう。
 
関東〜北海道だと片道だいたい5千円(佐川だと)ですね。
 
実はもうちょっと安くできる裏技使うかもしれませんが安全策で行きたいです。
 
滅多に飛行機輪行しない人ならこれで充分なんじゃないかな〜?
 
もちろんこれなら海外でも行けちゃいそうですし
 
 

開く コメント(8)

開く トラックバック(1)

    過去に何度も訪れた北海道、いつか自転車で走ってみたいと思ってた。
 色々タイミングもあり8月お盆に実に9年ぶり(2002年以来)行く事に決定!
 とりあえず札幌(親戚マンション)基点に初の飛行機輪行してみます。
 
イメージ 1
往路プラン 札幌〜富良野〜美瑛〜旭川
 
復路プラン 旭川〜自転車CR〜札幌
 
お盆シーズンなので早くも航空券と旭川のホテルは押さえました。
 
まあ初の飛行機輪行なのでこれくらいのプランがベストかな?
(もしも道内詳しい方がいらっしゃったらアドバイスくださいな)
 
注意したい点は
富良野〜美瑛〜なんておそらく信号どころか補給できる場所なんてほとんど無いだろう。
 
富良野、美瑛の景色が楽しみだな〜
 
ついでに
イメージ 2
こうゆう景色も。。。。。いかん、いかん(汗
 
 

開く コメント(8)

イメージ 1
ネットで噂の北東からの風による放射線ホットスポットを調査してみました。
どうせならと言う感じで西東京(保谷)あたりから東京を横断(西から東へ)行ってみます。
ちなみに超走りずらかった。。。
イメージ 2
 ガーミン様様で水元公園到着〜〜〜ちなみにやはりと言うか徐々にですが数値は
東へ行くに連れてビミョウにあがっていくのは分かりました。
イメージ 3
 こんなに人が大勢いるしかも子供が沢山いる場所が本当にホットスポットなのか?
 
逆にもしココで数値が上昇しなければ。。。このガイガーカウンターはランダムに数値出してるだけ?
 
なんて疑いもしつつ。。。
イメージ 4
     割かし人も沢山いる適当な場所なので人目につかないこの場所に設置!         
   一応子供が被爆しやすいのでお子様目線の高さです。
  まあレーパン、ジャージ姿ですでに目立っていたかもしれないが。。。。。。。       
 
  すぐに結果は分かりました。。。数値がどんどん上昇していきます!
 
  1箇所しかデータは取ってませんが 
 アラウンド0.4マイクロシーベルト 。。。
 今まで0.2くらいがギリギリ見ましたが
  最高値獲得です! これはホットスポット疑いようがないです。
 ※お父さん、お母さん、子供を水元公園で遊ばせた後は衣類洗濯などしっかりとお願いします。
 ※ただ非常に高い数値とは言え福島方面ではこの何倍もの数値で生活している方も大勢います。
神経質にパニックになる必要もないけどあくまで現実として知っておいた方がいいのではと僕は思ってます。(正確な機械ではないのであくまで相対値として目安ですが首都圏では比較的高い数値が現在ココでは出ているようです。)
イメージ 5
                  ちなみに走行時はこんな感じで調査していました。
 
      ちょっと緊張感を持ってさらに江戸川を超えさらに松戸へ。。。とその時
 
       つゆ監督からTELが。。。これから合流する事に。。。ホッと癒される〜〜〜〜
  
イメージ 6
                 待つこと15分ほど暇なので、iphoneセルフタイマーの練習。
 
       つゆ監督と松戸駅、江戸川調査しましたがやはり多少高いものの水元公園ほど出ないみたい。
 
      きっと何かスポット的になりやすい要因があるのでしょう。。。
イメージ 7
                  さらに地元の主である 監督の案内で帝釈天へ、、、
 そこのけ、そこのけ、つゆ様のお通りじゃ〜〜〜きっとドヤ顔、、、さすがの貫禄ですな!
 
 
   合計103キロほど走りました。 ちなみに現在、0.136マイクロシーベルト
 
         
 
   
  
  

開く コメント(20)

イメージ 1
ポーチの中身はデジカメかな〜?
イメージ 2
いいえ、中華ガイガーカウンターです〜
 
いろいろネットなどで情報収集して(購入先や金額は秘密
まあそこそこ機能もあるのを安く購入してみました。
 
首都圏でも放射能について気になる方が大勢いらっしゃると思うのですが。。。
 
結論から言うと
 
現在の首都圏の空間線量をザックリですが
年間被爆積算してみると
今の所は超危険なレベルではありません。
 
参考までに
※民間人の年間被爆許容目安は通常1000μSV(1mSV)と言われ
大人は200mSV、乳幼児100mSVで健康に影響がでると言われてます。
 
※瞬間被爆、長期間での総量は異なるしガイガーカウンターでも内部被爆は測定は難しいそうです。
 
 
が、しかし
 
マスコミ政府が報道する数値の2倍は線量が高いですし、、、
単純に第一原発からの距離ではなく周辺の状況次第で数値は変わりますし
今後しばらく数値は上昇していくのでは?と思っています。
 
しばらくしたら日本中、携帯電話やスマホ感覚で一家に一台、一人一台の時代がやってくるかもしれませんよ

開く コメント(14)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事