全体表示

[ リスト ]

  天木氏が断言した話であるが、解釈改憲の為に自衛隊法を改正(改悪)するのは不可能であると言う。憲法を勝手に解釈する所までは自由だが、実際に法律を運用する為には実務的な法律部分を国会に諮って通さなくてはならない。そこまで閣議決定と言う訳には行かない訳である。安倍や親玉の偽ユダヤはそこまで考えていたのだろうか。国会が不正選挙で不正占拠されているから、どんな法律も通せると思い込んだのであろうか。カルトは視野狭窄で頭が悪いという原則がここで火を噴く事になるのか。

  平和憲法は集団的自衛権を拒絶する。戦争国家への道を閉ざしている。従って解釈改憲で集団的自衛権という話はそもそも違憲である。この辺りは憲法論という話ではなく、常識である。違憲の話をごり押しする為に不正選挙政権が閣議決定をした訳である。理屈である。不正選挙の犯罪政権が平和憲法を殺す為に持ち出した解釈改憲は、犯罪政権の枠内でできた。国会を通していない所がミソである。マトモにやれば無理だから解釈改憲の邪道に入った。

  とここまでは良かった訳だが、邪道から正道に戻らないといけない時が来る。それが自衛隊法の改正(改悪)だった訳であるようだ。天木氏も後から気づいたようだが、言われてみればそうだなと比較的楽に分かる。安倍は邪悪な勢力によって政権に復帰した。ブラックマスコミという巨大な力を得て邪道を突き進めた。もう何だってできると言う万能感に酔いしれていたのではないだろうか。しかし、物事は単純ではない。一方向へ永遠に直進する事はできない。人間世界も自然世界もバランス、調和という原理がある。無理を重ねると、どこかで一挙に破綻が来る。この自衛隊法改正の話はそういうもののような気がする。

  解釈という独り善がりの世界で事を済ませたが、実際に自衛隊を動かす為には実務の関連法が憲法の枠内で整備されなくてはならない。それは国会に審議をお願いする。最後は数で決着させるつもりだったろうが、国会審議の中で憲法違反が浮かび上がれば、数で決着という手口もやり難いだろう。話が具体論になればなるほど、憲法違反が国民的にも明確になりそうだ。多数決で憲法違反もOKとなるかという話である。幾ら何でもそれは無理という事だろう。多数決なら人を殺してもいいかと言うのと同じだ。ここがバランス、調和の原理である。目の前で平和憲法を殺せるか。具体論に入った時、そこが鮮やかに分かる。

  邪道を突き進んだ安倍は遂に目的を達成したかに見えた。実際にゴールに飛び込んだ。しかし、現実に動こうとした時、出口が閉じてしまった。そのゴールは袋小路だったのだ。安倍はブタ箱に飛び込んだ事になる。甘い匂いに誘われて飛び込んだらゴキブリホイホイだった。一丁上がりという事だ。平和憲法が安倍を誘い込んだ。

  STAP細胞の事でもそうだが、やたら専門知識は必要ない。専門はバカに通じる。一般論、常識論を深める事で物事の本質、真実に迫る事が大事だ。果たして自衛隊法改正問題で安倍がホイホイされるかは分からないが、国民の反感、中韓露の動きを見ると、安倍の無理はそろそろ限界に近づいてきたという感じがある。憲法殺しの罪はやっぱり法律の世界で答が出るだろう。解釈で最終結論は出せない。憲法が安倍をホイホイする。これが一番いい。もう二度とこういう事はできなくなる。平和憲法は永遠という事になりそうだ。

この記事に


.


みんなの更新記事