全体表示

[ リスト ]

新聞テレビを個人レベルで見ると、個人と社会を情報で結びつける不可欠のメディアとしか映らない。つまり個人レベルでは新聞テレビは必要不可欠ないいものなのだ。ところが、これを国家レベルで見ると、その巨大な発信力に目が向く。それは国民支配の最強の道具となる。それが個々の国民には必要不可欠ないいものと映るのだから、国民支配の道具として正に理想の道具という事になる。これは日本国民のマスコミ鵜呑み度世界一の背景として重要な部分である。

平和ボケ日本国民は、物事を政治的に見る習性がない。この点、諸外国の国民は政治的に軍事的に緊張感の高い環境にいるから、物事を政治的に見る習性がある。だから、マスコミ鵜呑み度が低い。日本はマスコミ天国である。これが小沢事件の背景として極めて重要であった。マスコミの巨大な発信力を使った国民支配の意図は、日本の権力側には当初からあった事は疑いない。

今日本の民主主義は壊滅状態にある。国民は一体何をすればいいのか。民主主義破壊の最大の要因に国民が気づいていない事が状況を絶望的にしている。民主主義壊滅の理由を突き止めなければならない。ネット言論がその役目を果たさなくてはならない。

マスコミ天国日本では、マスコミは自由に振る舞える。何の制約もない。その巨大な発信力を国民支配に使う事ができる。小沢一郎を封じる為に三宝会という組織が作られた。竹下登が最高顧問となった組織だ。この組織の最も重要な部分はマスコミが参加している所だ。読売、共同、日経、朝日、時事、フジの人間が世話人に名を連ねている。間違いなく全マスコミが参加していただろう。小沢が細川政権を作った事で、竹下が危機感を覚えて作った組織だ。マスコミと財界人が主メンバーである。全くとんでもない光景が小沢事件のずっと前からあった。マスコミというものが如何に危険なものか、この三宝会が如実に示している。マスコミは政治集団なのである。

悪徳権力にとって、マスコミの巨大な発信力は絶対に手元に置いておかなくてはならないものである。これが国民側に付くような事になれば、つまり民主主義がまともに機能すれば、悪徳権力は消滅せざるを得なくなる。マスコミが如何に巨大な力を持つかという事である。日本国民はマスコミの持つ本来的な危険性に無知だった。本当にお人よしで平和ボケである。今やっと安倍のお陰で危機感を持ち始めたが、マスコミの危険性については相変わらずノー天気である。

国民にとって最も危ない存在はマスコミである。日本の新聞には偽ユダヤのジャパンハンドラーズが堂々と出てくる。白昼堂々臆面もなく日本の新聞とジャパンハンドラーズがコラボしている。何という危険な光景であろうか。日本の新聞はジャパンハンドラーズを日本国民に表の存在と意識させようとしている。新聞に堂々と出てくれば、平和ボケ国民はそう思う。ジャパンハンドラーズはマスコミの巨大な力を駆使して、日本の政治を歪めている。日本の民主主義はマスコミに破壊されているのである。今こそ、日本国民はマスコミの脅威に目覚めなくてはならない。マスコミが日本の民主主義を破壊してきたのである。マスコミの正体はブラックマスコミであった。

この記事に


.


みんなの更新記事