全体表示

[ リスト ]

小保方晴子が尊敬していたという笹井芳樹発生・再生科学総合研究センター(CDB)副センター長が、今朝自殺したと報道されている。何しろ万能細胞に関わる小保方事件だけに、この自殺も本当に自殺かどうかはまだ分からない。遺書が自殺現場にあったと言うが、よくある話である。自殺の捏造つまり他殺もまだ除外できる段階ではない。

何れにせよ、事実は笹井芳樹の死である。この事で最も衝撃を受けるのが小保方晴子である事は疑いない。最早STAP細胞再現実験どころではない心境に陥る可能性もある。実験自体に途轍もない影響が出る可能性もある。この実験でもし成功したら・・・と考えた悪党達が、実験妨害に最も効果の高い手口を考えるとすれば、こういう事が第一に浮かび上がるだろう。

笹井芳樹は再生科学研究の第一人者であると言う。36歳で京大教授に就任した。STAP事件で笹井も会見した。その時のビデオを見たが、実直そうな印象の科学者であった。もちろんいろいろの隠し事なんかもあった感じだったが、本来の印象はいい人物だった。悪党ではない故に自殺というものと結びついてしまう感じがある。恐らく自殺だろうという印象だが、まだ断定には早い。

自殺他殺問題は今は横に置いて、今明確に導き出せる事がある。それは、善良な最優秀の科学者が死に追い込まれた事にブラックマスコミが決定的に関わっているという事である。小保方事件はブラックマスコミの報道犯罪事件である。この巨大犯罪が今回の科学者の死の決定的背景にある事は言うまでもない。ブラックマスコミの報道犯罪が遂に犠牲者を生んだと結論付けられるのが、今現在最低限として言える事である。間違いなくブラックマスコミは今回の自殺報道でまたまた報道犯罪を加熱させる。小保方晴子にプレッシャーを掛けるのは疑いない。悪党達はこの状況をニヤニヤして見る筈である。報道犯罪の結果としての自殺報道が更なる報道犯罪となり、へたすると小保方自殺という事すらあり得てくる。悪党達には理想の結末である。

小保方晴子には悲しみを乗り越えてもらいたい。万能細胞は人類の幸福を齎す。単純な話ではない部分もあるが、少なくとも偽ユダヤ世界支配の幾つかの柱の1,2本を失わせる事になる。だからこそ連中は小保方晴子を徹底的に潰しに掛かったのである。恩師とも言うべき人物の自殺報道は耐え難いものがあろう。それでなくても小保方晴子はブラックマスコの報道犯罪で心身を痛めつけられていた。その上さらに今回の事では限界を超える事は容易に推測できる。周りがしっかり支えないといけない。人類の未来の為に前進し続けてもらいたい。ネット界は全力で小保方晴子を応援する。小保方晴子も倫理の人である。

小保方晴子の強烈な支援者となった山崎行太郎は、今回の自殺をあのNHKの小保方報道犯罪スペシャルが引き金になったと言っている。ブラックマスコミの報道犯罪の決定打となった可能性はある。

この記事に


.


みんなの更新記事