全体表示

[ リスト ]

笹井芳樹自殺事件はマスコミで報じられなくなったようである。ブラックマスコミが報じたくない状況が出てきているという事だ。本来ならどんどん報道が加速して行く筈である。それが逆方向に行くという事は、マスコミにとって都合が悪いのである。やはり、小保方宛の遺書の内容である。笹井芳樹が死を以て小保方晴子を守った事が、どうにもこうにも都合が悪過ぎる。取り敢えずは内容を報じたが、踏み込んで報道すればするほど、これまで自分達がやってきた事が否定される。報じたくなくなるのは当然である。

理研も社会に対して環境の静寂を求めた。マスコミに向かって言っているのと一緒だ。理研にとっても笹井芳樹の遺書内容は都合が悪過ぎる。STAP細胞を絶対に再現してください、という事じゃ中間報告にもプレッシャーになる。理研のエースがSTAP細胞を確信するような言葉を出したのでは、小保方晴子を処分しようと目論んでいる理研には都合が悪過ぎる。ノーベル野依は理研の最高責任者として理研のエースの自殺に対して会見を開いて国民に何某かを述べるべき筈だが、コメントを出しただけである。根本的に都合が悪いからだろう。

遺書内容が漏れたのは、完全に封じる事の方が異常だからだ。あまりに関心が高い部分を一切報じなければ、逆に妄想を無限増殖させる。大体小保方晴子宛の遺書があるという事を発表した時点で、内容の完封は不可能になった。如何なブラックマスコミと言えど、マスコミの顔を自ら潰す事はできない。誰宛の遺書かが分かった時点で内容の一部漏洩は不可避だった。この内容は都合が悪いと判定されて報道の幕引きが決められたのだろう。

暗殺の意味の他殺説は根強いが、もし暗殺だったならブラックマスコミの報道犯罪説は消滅する。暗殺者に全ての焦点が当たる。ブラックNHKの報道犯罪は無罪放免となる。暗殺説が膨らむほどNHKはニンマリだ。暗殺の証拠証明など出てくる筈もない。説が大きく膨らむだけになる。マスコミは自殺と断定してる訳で、ネット上の暗殺説だけで自殺否定に動く訳がない。自ら断定した自殺説で困ったのがマスコミである。自殺説で連中が困らなければ暗殺説を追求したくなるが、最高に困る訳であるから自殺説で構わないのである。暗殺説が根強いのは、自殺説が何も齎さないと無意識に考えているからだろう。

小保方事件で最も追及されるべきは一体誰なのか。小保方晴子の強烈な支持者の山崎行太郎は、科学主義者、エセ科学者らだと言っている。しかし、そんな連中の発信力などは微々たるもので実際上は無に等しい。一番悪いのは一番力を持った奴だ。巨大な発信力を報道犯罪として使った奴らだ。暗殺説はこの一番の悪党に免罪符を与えてしまう。極端に言うと、暗殺だったとしても証拠が出ないなら、犯人が特定されないなら、自殺説のままがいいのである。この方が一番の悪党ブラックマスコミ追及に都合がいいのである。もし暗殺が確定したり、暗殺者が特定されたりしたなら当然それでいいが、自殺説のままでも一向に構わないのが実際である。自殺説ではダメだ、暗殺説をとことん追及しなくてはならないという状況ではない。

今我々は民主主義の最大の破壊者を特定し殲滅しなければならない時にある。小保方事件、笹井自殺事件はブラックマスコミ事件、報道犯罪事件と見るべきなのである。暗殺説は事件の本質を矮小化する恐れがある。

この記事に


.


みんなの更新記事