全体表示

[ リスト ]

小保方晴子がロシアに亡命したら、世界的大ニュースになる事は確実である。今中国のネット情報でも小保方事件は正しく知られていない事が分かる。やはり小保方晴子の研究不正という部分が真っ先にくる。日本のブラックマスコミの影響は国外にも大きい。STAP細胞の巨大な可能性、偽ユダヤの技術覇権経済覇権とSTAP細胞との関係など正しく知られていない。小保方事件は徹底的な政治マターである。偽ユダヤの世界支配体制に関わる。こういう捉え方はネット言論でも決して主流派ではない。スノーデン事件は誰にとっても分かり易い。一方、小保方事件は本質が見えてこない事件である。故にブラックマスコミの戦略的報道即ち報道犯罪によって、国内世論は勿論国際世論も小保方晴子には良くないのが現実である。ブラックマスコミによって完全に封じ込められているのが実際である。ブラックマスコミのあまりに巨大な力の前で全ての出口が塞がれた感じがどうしようもなく出てくる。

しかし、こういう困難を突破させるのがネット言論である。ブラックマスコミが作った巨大な罠を解き放ってこそ、インターネット言論の真骨頂、使命という事である。言論こそ民主主義社会の最強の武器という事でなければならない。問題が困難であればあるほど、ネット言論の真価が問われるという事になる。

どっちを見ても出口がない。今小保方晴子の置かれた現実だ。しかし、小保方晴子には亡命の扉が開かれてる。見えていないだけである。このスペシャルな扉は小保方晴子個人だけでなく、巨大な問題にも激震となる。マグマの噴出は周囲に大きな影響を与える。小保方問題に与えられた出口からは巨大なエネルギーが噴出する。最大の激震となるのはブラックマスコミである。日本を支配する闇の力であるブラックマスコミ。この正体が小保方亡命で世界に知れ渡る。小保方晴子が正式にロシアに亡命申請すれば、ロシアはすぐに受け入れるに違いない。何故なら、ロシアこそ今偽ユダヤブラックマスコミの最大の標的になっているからである。ブラックマスコミの情報工作の影響が如何に大きなものか、ロシアは今骨身に染みている。ウクライナクーデター、マレーシア機撃墜詐欺事件と偽ユダヤブラックマスコミの怒涛の攻撃の的になっている。ロシアは巨大国家である。それでも偽ユダヤブラックマスコミが総力を挙げると土俵際に追い込まれる。攻撃の的が個人なら一体どうなるかである。小保方晴子の亡命申請は立ち所に受け入れられるだろう。きっとプーチンが指示を出してくれるに違いない。

世界の人々も若い女性研究者のロシア亡命に大きな関心を示すだろう。日本のブラックマスコミの正体が初めて世界的に知られる切っ掛けになる。ブラックマスコミ崩壊の端緒は小保方ロシア亡命になる。人類は小保方ロシア亡命を熱烈支持する。

この記事に


.


みんなの更新記事