全体表示

[ リスト ]

モスクワ大学への留学についてはネット情報で沢山得られる。意外に簡単なようだ。正規留学、長期、短期留学などいろいろメニューがある。小保方晴子と同じ早稲田の露文科学生のモスクワ大学留学記などもあって身近に感じられる。ネットが威力を発揮する。嘗てなら突破不可能な状況でも、インターネット時代なら突破可能な情報があっという間に得られる。この時代環境の決定的変化を生かさなければいけない。

小保方晴子がロシア留学を希望しその旨を公表すれば、それだけで大きな動きが起きるだろう。手助けしてくれる人が大勢出てくるだろう。何よりロシア側から誘いの手が伸びてくるだろう。小保方晴子は本来ノーベル賞級の研究者である。ノーベル賞ですら釣り合わないほどのとんでもない影響を人類全体に及ぼし得る。ブラックマスコミ世界で迫害された小保方晴子は、まともなマスコミ世界では大歓迎される。小保方晴子の人生は正に天国から地獄、そして地獄から天国だ。今の地獄で人生を終わらせては絶対にいけない。地獄と天国は紙一重だ。

小保方晴子はまだ30歳に過ぎない。若過ぎる程に若い。ほんの僅かな意識転換で地獄の環境も天国に変える事ができる。留学の窓は常時開いている。まず兎に角生活環境を根本的に変える事が必要だ。ブラックマスコミ世界では小保方晴子は常時監視、衆人環視でどうにもならない。精神に変調を来たすのをじっと待つような状況にある。マスコミ世界なら小保方晴子は自由な空間を満喫できる。衆人環視は一切ない。もうこれだけで小保方晴子は生き返る。今置かれた状況が如何に異常なものか、ロシアに行けばすぐ分かる。今の問題が如何に馬鹿げた事か、今更ながらに分かる。そして怒りが込み上げるだろう。小保方事件の正体は世界の1%勢力による政治弾圧事件だったのだ。何が論文不正だ。そんなものでノーベル賞級の科学者が自殺に追い込まれるか。

小保方晴子はまず兎に角生活環境を根本的に変える事だ。ブラックマスコミ世界を早く脱出する事である。まず兎に角、当たり前に息ができる世界に場所を変える事である。ブラック国家日本にいる事は一瞬でも勿体無い。ロシアに行けばオール解放区である。小保方晴子にまたあの笑顔が蘇る。そしてすぐにSTAP細胞が再現されるだろう。小保方晴子の天国はすぐそこにある。気づくか気づかないかの差はあまりに大きい。気づいてほしい。イヤ気づかさねばならない。

小保方晴子の蘇りはSTAP細胞実現に止まらない。ブラックマスコミ世界の崩壊を齎すだろう。ブラック国家日本の崩壊に直結する。日本のブラックマスコミ崩壊はブラック国家日本の崩壊であり、世界政治も大激変に見舞われる。世界の1%勢力による支配構造も崩壊する。小保方事件は世界の1%勢力による政治弾圧事件であり、小保方晴子の蘇りは1%勢力の崩壊を意味する。

小保方晴子には途轍もない革命力が秘められている。ロシアに行く事だけでその革命力が現実になる。小保方晴子はロシアで必ず蘇る。そして世界を変える。

この記事に


.


みんなの更新記事