全体表示

[ リスト ]

朝日の社長が辞任する問題が発生した。私はこの問題に関心がなかった。今でもない。理由は巨大悪ブラックマスコミの問題ではないからである。高々ブラック朝日の原発報道に関わる局所的問題に過ぎない。問題自体の認識不足は初めから承知で言っているが、認識を深める動機が湧かない。私が問題にし続けているのは巨大悪ブラックマスコミである。今回の朝日問題などは小悪に過ぎない。巨大悪集団ブラックマスコミの中の一部の小悪をあげつらう事が何を意味するか。関心が持てないのも当たり前である。ブラックマスコミは全て解体消滅させなくてはならない。現実問題としては、新聞社名、テレビ局名の廃止改名、全役職の追放、刑事的追及の徹底、クロスオーナーシップ廃止という事である。民主主義の破壊者ブラックマスコミには一切容赦はない。大日本帝国の軍隊が解体消滅させられたように、ブラックマスコミも解体消滅なのである。大日本帝国の軍隊と当時のマスコミは一体でありながら、マスコミはそのまま生き延びた。ここに今日のブラックマスコミ問題の根っこがある。何故生き延びたのか。偽ユダヤ米がブラックマスコミの国だったからだろう。本物の武器は取り上げたが、情報の武器はそのままにして再利用という事だ。

ブラックマスコミのごく一部の朝日の社長辞任など、何の意味もない。アホくさい。小沢事件の報道犯罪で日本のマスコミは民主主義の殺人者となった。その全戦力が解体消滅処分となる。現実はゼロ処分である。それが衆参不正選挙へと繋がり、原発再稼働、TPP、消費税、秘密保護法そして小保方事件を派生させる事となった。小沢事件の首謀者ブラックマスコミは解体消滅処分以外にない。ここは断固として確認しておかねばならない。朝日の社長辞任など鼻先で笑う程度のものである。ブラックマスコミ体制に影響度ゼロである。体制の引き締め効果こそあれ、緩む事はない。

考えてみるとブラックマスコミ問題が今回のような扱われ方をする事はない。何故なら報じる者がいない。報道犯罪を報道する事は自己矛盾、自己解体である。結局、ネット言論しかない。そこから国民的認識へと拡張する以外にない。ネット言論の確実な拡大こそが日本の民主主義の未来を開く。ブラックマスコミは巨大だが、言論の世界は規模じゃない。切り口の鋭さである。ぶった切る力である。ネット言論の担い手達は何れも個性があり強力である。私自身はその中心にいたいと思う。私はブラックマスコミから論点を外さない。全ての重要問題はブラックマスコミと直接間接に関わる。あらゆる重要問題はブラックマスコミと共にある。安倍などブラックマスコミ劇場の役者に過ぎない。我々は劇場を解体消滅するのである。

民主主義にとってブラックマスコミほど脅威となる存在はない。マスコミとは脅威と誰でもが常識として思う社会にしなければならない。まずネット言論である。ネット言論が国民をリードしなくてはならない。言論には神の力が宿ると信じる。

この記事に


.


みんなの更新記事