全体表示

[ リスト ]

第5列ブラックマスコミの親分が第五の権力である。第5列という事はその主は国外にいる。第一から第四までの権力は常識が規定する権力である。しかし、権力とは国民の常識など及びもつかない所にある。国民主権などと持ち上げられていい気になっていた国民を権力はあざ笑う。国民は相も変わらず奴隷状態である。嘗てのように露骨ではないが巧妙に奴隷状態に留め置かれている。国民の武器である筈の選挙は国民の目の届かぬ所で弄られ、同じく国民のツールである筈のマスコミは権力者のツールになっている。国民主権など全くの絵空事である。国民が仮に公正な選挙で議員を選べたとしても、その議員がどこかに連れて行かれてしまう。国民にはどうにもならない。マスコミはそういう事を全く報じない。マスコミではなくブラックマスコミである。おかしくなっているのは立法、司法、行政、マスコミの全てである。つまり国内の四権は全部第5列である。こんな事、国民が想像できるだろうか。マスコミ鵜呑み度世界一国民にはどこか別の国の世界の話である。しかし、これこそが権力なのである。

国民主権と権力。おかしな組み合わせだ。権力は国民を支配するものだ。それは権力の本能である。そんな権力を前にして国民が主権者なんてどこから出て来るのだ。国民主権を言うからには権力の本能を知り尽くしておかねばならない。権力は力を持っている。権力とは辞書に「他を支配する力」とある。国民全てを支配するからこそ権力なのである。それなのに主権者に祭り上げられた国民は権力に無頓着である。マスコミ鵜呑み度世界一=権力従属度世界一である。日本人はおめでた過ぎる。国民主権は権力性悪説で権力を徹底的に縛り上げておかねば絵空事になる。日本人には権力=お上である。国民主権など日本国民には初めから無理という事だったのである。

権力の本性は三権即ち立法、司法、行政などという表づらの区分からは全く見えて来ない。何がチェック&バランスだ。権力は1つしかない。三権は癒着する。マスコミが第四の権力とはお笑い種である。マスコミは権力の国民支配ツールである。そしてこの国内四権は一まとめに第5列とされる。第5列の主こそ第五の権力である。国外におわす。権力の食物連鎖が見えて来る。小さな権力は大きな権力に飲み込まれ、大きな権力ももっと大きな権力に飲み込まれる。権力は獰猛無慈悲である。日本に国民主権など影も形も無い。

国民の唯一の武器は言論力である。インターネット時代は国民の時代である。まだまだ黎明期の走りである。真っ暗な世相だが中露主導体制が外を明るくしている。言論力を磨いて第五の権力を血祭りに上げねばならない。権力の本性を知り尽くす日本国民としなければならない。国民主権とはそういう事である。権力の本能を制御しなければ民主主義は絵空事になる。ネット言論の使命は途轍もない。

この記事に


.


みんなの更新記事