全体表示

[ リスト ]

中露連合とは簡単に言えば対米連合である。何故その必要があるかと言えば、米の本質が偽ユダヤの悪だからである。米の世界支配は悪の世界支配である。自由だの民主主義だのの旗を掲げて世界の富を収奪する。自分だけの為の自由であり民主主義である。偽自由と偽民主主義である。表づらと裏のかい離は凄まじい。これをごまかすのがブラックマスコミである。これが人類の目を耳をごまかす。ブラックマスコミ無し米の世界支配は無かった。米の世界支配は実に複雑巧妙。人類の心は米、偽ユダヤに弄ばされた。

プーチンはスパイとして人生をスタートした。この事でプーチンは権力の裏側を知る。知って何とかしようと思っただろう。世界の支配構造の認識が根本的な対策行動の原点となった。プーチンは単に一国の中の権力構造に止まらず、米欧の権力構造を裏側から見た。この点が唯の国内政治家とは違う。ロシアのスパイは米欧権力の悪と直に向き合う。プーチンには普通の政治家が持つ国民向けのにこやかな顔が無い。選挙区上がりの政治家と、スパイ上がりの政治家の違いだ。選挙区上がりの政治家は弱みを持つ。偽ユダヤに付け込まれる。混乱期のロシアだったからこそプーチンのような政治家が出現し得たと言える。プーチンは戦乱の将である。ロシアの危急存亡の秋がプーチン政権を生み出した。プーチン政権は根底に偽ユダヤとの対決がある。プーチンでなければロシアと言えど偽ユダヤとの対決政権は生まれなかった。しかしロシアでなければ偽ユダヤとの対決政権は生まれなかった。プーチン政権はロシア以外では成立し得ない。プーチン政権の存在そのものが劇的である。

中露連合の中枢にプーチンがいる。中露連合の精神はプーチンが担う。中露連合の肉体は中国が担う。大まかに言えばそういう事になる。精神と肉体が1つになって偽ユダヤの悪に立ち向かう。米の巨大な経済と軍事に対抗すべく中露連合以外になかった。しかし並みの政治家にはとてもできる事ではない。中国から中露連合の持ち掛けは無理である。ロシアのプーチン以外から中露連合の動機づけは起きない。プーチンは偽ユダヤの徹底粛清を国内でやり、世界の偽ユダヤ支配壊滅は中露連合でやる。習政権の江沢民派粛清は中露連合の準備として不可欠だった訳である。プーチンとの共闘は明らかである。中国も中露連合に完全に舵を切った。プーチンは政治家個人の力で巨大な仕事をやり遂げた。凄いとしか言いようがない。政治家というものの本質をプーチンが示した。政治権力の上に経済権力があるなどは許されない。人類世界から経済権力を駆逐する。その為の中露連合である。中露連合の前に経済権力の小間使い安倍政権などは吹けば飛ぶよな存在である。政治権力とは凄いものだったのである。

この記事に


.


みんなの更新記事