全体表示

[ リスト ]

世界は広いと言うのか、人知の及ぶ範囲は限られていると言うのか、偽ユダヤの世界支配も完遂する事ができなかった。まさかプーチンのような人間が出てこようとは。そしてロシアと中国という巨大だが異人種の国同士が連合するとは。頭の良い偽ユダヤも考えの及ばない所があったのだ。やはり人類には無限かどうかは分からないが大いなる可能性が秘められていたのである。特定の勢力が永遠と人類全体を支配する事はできなかったのである。ついこの前までできそうだった。NWOなんて言ってTPPを推進するし、日本は完全支配下に置かれてナチス政権が現れる始末で真っ暗闇だった。シリアじゃ戦争寸前まで行った。オリンピックの陰ではウクライナクーデターが企まれていた。一般市民が数千人も犠牲になる内戦になった。どこから湧いて来たのか知らないがイスラム国などというふざけたテロ集団がイラクからシリアにかけて暴れ回った。これもどこから湧いて来たのか分からないがエボラという奇怪なウイルスが猛威を振るった。全部偽ユダヤの謀略である。エボラなんてアフリカの現地の犠牲役の俳優陣のいる事まで赤裸々にばれてしまった。偽ユダヤは世界支配の為にあらゆる謀略を働いた。しかし世界支配は完遂できなかった。しっかり実力を蓄えて支配すればいいものを、実力以上を謀略で実現しようとした。実力による支配は被支配側に畏怖の念も起こそうが、謀略による支配じゃ反発心を引き起こすだけだ。それが更なる謀略の必要を生む。偽ユダヤも結局悪循環の罠に嵌まった。形勢転換の舞台が整っていたのである。

中露連合は形勢転換の舞台の主役である。時代が舞台を用意し、プーチンが軸となって中露連合を作った。プーチンは時代の流れを的確に掴んでいたのだ。ロシアだけの力では無理だが、中露連合が形成できれば舞台に主役を立てられると確信していた。圧倒的な説得力で中国を中露連合へと導いた。偽ユダヤが謀略に入れ込んでいる間に、プーチンは政治的説得に注力していた。小沢は政権交代が成るとやはり日中連合へと舵を切った。しかし、無防備だった。簡単に潰された。中露連合が潰されなかった事にプーチンの凄さがある。日本は米の植民地、ロシアは核大国で独立国という違いがある。プーチンの凄さはロシアの存在なくして無い。形勢転換の舞台の主役は日中連合ではなく中露連合であった。小沢の出番はこの後だろう。日中露連合で形勢転換は完璧である。日本の出番が無くても中露連合でもう十分だが。

巨大国家同士、異人種国家同士の連合は人類史的である。人種が違えば生じる問題も大きい。人種の壁を乗り越えたプーチンの偉大さは人類史的である。プーチンは偽ユダヤと人種的には同じで、特徴が分かっていたのだ。中露連合は対偽ユダヤ連合であり、プーチンの主導は当然である。ロシアのプーチン無くして中露連合は無かった。中国無くして中露連合も無かった。江沢民では幾らプーチンでも中露連合は無かった。時代の流れがプーチンに舞台を用意していたのだ。

この記事に


.


みんなの更新記事