全体表示

[ リスト ]

植草氏が「増税先送りを「手柄」にする盗人猛々しい総選挙」という記事を出した。急に現実味を増した解散風であるが、一体増税先送りで何故解散となるのか分からなかったが、先送りが手柄とは・・・国民がそんな事を思う訳もない。増税したかったが抵抗が激しく先送りせざるを得なかったという風に誰でも思う。安倍が抵抗勢力に牙を剥くというのが解散の意味だ。国民はほとんどが増税反対だ。安倍の解散は国民に牙を剥く事になる。増税反対の政党は先送りで勢いづく。つまり野党(の一部)だ。野党に追い風が吹く解散を何故安倍ができるのか。安倍の手柄になる訳がないではないか。あまりに馬鹿馬鹿しい。姑息にすらならない手口でしか解散できないという事だろう。このチャンス以外に解散の可能性は無くなるそうである。増税を先延ばしして国民の怒りに触れないようにして解散に持ち込めば、今の野党の状況なら十分勝てるという読みだ。客観的状況は厳しい筈だが、最悪の状況ではない。最悪なら不正選挙はできない。ばれてしまうから。そこそこの状況なら不正選挙の範囲内だ。つまり、今回の妙な解散は不正選挙を前提としているという事になる。最悪状況を避ける事だけが解散の本当の理由で、不正選挙で十分に好結果が出せる。衆参不正選挙を既に経験している我々だが、ここまで不正選挙が確実というか前提となったと読める総選挙は無かった。逆風の中で絶妙なバランスで連中にとっての好結果が出るに違いない。

ここまで不正選挙が確実なら、何としても迎撃しなければならない。大地震が何日何時何分と分かってて、対処しない馬鹿はいない。この解散を連中の墓穴掘りにしなければならない。これまではRK独立党の奮闘におんぶにだっこだったが、今回はもっと戦力を充実させたい。私にもめどがある訳ではないが、そうしなくてはならない訳である。不正選挙は絶対確実。国民的迎撃が無くてはならない。私は以前から公正選挙実現新党の登場を願っていたが、今回は無理である。しかしその方向に流れができればいいと思う。RK独立党が現在唯一計算できる集団である。再度の孤軍奮闘に望みを託す。不正選挙という言葉を完全にネット上に定着させたRK独立党である。今度はどんな戦果を上げてくれるか、大戦果になる事を願う。その時こそ日本の革命である。世界は完全に中露連合体制へと音を立てて移り変わっている。外の環境は最高である。もしかしたら中露連合からの援軍もあるかな。中露連合は今あらゆる方向で偽ユダヤと対決している。ロシアは偽ユダヤの世界的ブラックマスコミ支配に対して「スプートニク」という名の大規模なメディアを発進させた。これは完全にブラックマスコミ支配への挑戦である。プーチンは本当に凄い。ブラックマスコミ支配を放置していては中露連合の戦略遂行もままならぬ。この辺まできっちり手を打っていたのがプーチンという訳である。だから、日本に対しても何らかの秘密工作的援助が不正選挙に対して出て来ないかなと淡く期待する訳である。

世界情勢は日本にも風を吹かす。この風を受けて何としても不正選挙の謀略を粉砕したい。この意味で今回の解散は日本にとって途轍もないチャンスである。中露連合体制が確定する。

この記事に


.


みんなの更新記事