全体表示

[ リスト ]

もしかしたらビビって解散なしよもあるかなと思える。来年になれば安倍にとって解散が困難になるから消去法で今の内という結論のようだが、状況はもしかしたらもっと厳しいんじゃないか。安倍は中国を挑発し続けた。米戦争屋の指示通り。あまりに馬鹿げた事の連続で、一時は世界が日中戦争勃発を危惧した。それがどうだ。ストーカー安倍は習近平にAPECの場で議長習近平の立場に付け込んでやっと首脳会談を持つ事ができた。しかし、事前合意文書の公表、そして習近平との握手の場面での習近平の冷たい顔。習近平はオバマ、プーチンと正に世界のトップ会談をやった。習近平の頭の中に於ける安倍の位置づけが世界に示された。嘗て日本の首相は米に睨まれたらおしまいだった。米の時代はそういう事だった。しかし、今や中露連合の時代である。中国はあまりに巨大になった。中国に睨まれる事の意味は、おしまいという事になるんじゃないだろうか。習近平が本心から求めているのは小沢一郎である。おしまいの安倍、復活の小沢という事じゃないんだろうか。

米から睨まれた小沢一郎は潰された。プーチンだって今米から徹底的に睨まれている。しかし、プーチンは世界一。そこには中露連合があった。中国がほほ笑む国は米が睨んでも大丈夫なのだ。もう米の支配時代は終わっている。安倍が中国に睨まれた意味は深刻なのだ。安倍はオバマからさえ睨まれている。一体どうなるのだ、安倍は。どう考えても安倍の未来は閉じている。一国の首相が世界の面前で受けたこの仕打ちは、首相失格以外にない。そんな安倍が妙な解散をやろうとしている。自ら墓穴を掘ろうとしている筈はないが、墓穴に自らどんどん落ちようとしている。そういう風に見えてしまう。思惑通りに行くのかな。どうかな。こっちのミ〜ズは甘いよと誘われて肥溜めの中に落ちるんじゃないだろうか。日本の周囲がここまで劇的に変わってしまえば、過去の都合のいいやり口手口は通じないんじゃないだろうか。米の支配下だったからこそ通じたやり口手口だった。もうその米に取って代わったのが中露連合の中国だった。どう考えても過去のやり口手口は通じない筈である。堂々と勝負しているなら周囲の状況に大きくは影響されないが、安倍などは完全に邪道で首相になった。もう安倍の生息域は消滅しているのだ。

今回の解散では不正選挙が前提だが、今度ばかりはボロが出る可能性を感じる。前回の参院選不正選挙ではいろんな証拠が挙がって来た。事が事だけにそう簡単にはボロとはならないが、今度はボロが出そうだ。参院選時と今じゃ世界の様子は様変わりだ。中露連合が急激に表舞台に出始めたのは、本当につい最近の事である。だから参院選までは巨大不正選挙もやれた。しかし、もう違う。日本のような大国が巨大な不正選挙などできているようでは、中露連合体制にもひびが入りかねない。もう日本には巨大不正選挙などあってはならないのである。プーチンも習近平も日本の不正選挙の事など知っている。習近平はもうあの安倍に選挙で勝たせる訳には行かない。中国は日本の不正選挙を阻止にかかる筈である。覇権の交代はこういう事を引き起こすのである。米の覇権の手口は中国は許さない。安倍はとんでもない事になるんじゃないかな。本当に解散するんだろうか。どちらになっても見ものである。

この記事に


.


みんなの更新記事