全体表示

[ リスト ]

昨日の安倍の会見で?マークが乱舞したようである。今回の妙な解散の大義が無いという見方が広がっていた。一体安倍はどんな大義を出してくるか、別に注目もしていなかったが、よく考えると注目しても良かったなと思う。一体どんな大義がひねり出されて来るのか見ものだったのである。変な大義を出せば、ほーら見ろとかからかわれるのは必至で、選挙戦にも大きな影響が出てくる事は間違いない。もっと注目しておけば良かったと反省である。あまりに馬鹿馬鹿しくて注目しなかった事がちょっと悔やまれる。

安倍は大義としてアメリカ独立戦争を持ってきた。大きく出たものだ。「代表無くして課税無し」

この大義が出てきてみんな面食らったようである。どういう意味だ。関係ないだろう。こんな感じだったようである。米は本国英に代表を送っていなかったにも拘わらず、課税だけはされた。米の人間が怒るのは当たり前である。それで独立戦争となった。政治と税の関係は斯くも密接不可分で、税問題は戦争の大義にもなる。だから、消費税増税に関して先送りの決定をした事を国民に問うという関係性が成立する。安倍はこう考えた。税に関する決定は最重要事であるから、国民に問う。最重要な決定は国民に問う。消費税を5%から8%に上げます。8%から10%に上げますという最重要な決定をする時は、国民に信を問わなければならない。しかし安倍は先送りしてその後は問答無用に10%に上げると明言した。先送りが最重要事なんか? 財務省にとっては最重要事だわな。国民には先送りが最重要事になる訳がない。

解散の大義とは国民すべてに一瞬に理解できる理由の事である。消費税を増税する事について国民に理解を求めるという理由は解散の大義となる。減税するのに国民に理解を求めるなんてのは理由にならない。与党の政策がいいのか野党の政策がいいのか国民に問いたいというのも大義になる。「代表無くして課税無し」は独立戦争の大義として一瞬にして分かる。消費税増税先送りの大義である訳がない。安倍は単に税と政治の最重要な関係性を「代表無くして課税無し」に求めて、妙な解散も大義になると言い訳したかったのだ。独立戦争さえ起きる税問題である。税に関する決定は最重要事であるから大義になる。単に「最重要事」である事を言いたいだけで、税に関する決定なら何でも大義になるという理屈だ。先送りと言う決定もその中に入る。しかし、安倍は5%を8%に更に10%にという決定を最重要事として大義としなかった。何で8から10への先送りだけが大義となったのか? まことに不可思議である。だから妙な解散であり、大義などある訳がないという事である。

「代表無くして課税無し」を解散の大義としてさっと引き合いに出せる頭の中身。安倍には特に問題を生じさせない。安倍は日本国の代表である。妙な解散で総選挙である。安倍と言う馬鹿な代表を無くして、消費税増税無しとしようではないか。安倍を落選させるか、首相辞任に追い込めばいいのだ。

今回の選挙は「安倍無くして消費税無し」で決まりだ。

この記事に


.


みんなの更新記事