全体表示

[ リスト ]

今回の安倍による妙な解散は色々の見方がされているが、絶対的権力を握った安倍は任期中の4年間は選挙はしないと言われていた。当然だ。絶対的権力を握っている間に何でも好き放題にやってしまおうと考えるのが普通である。ところが任期の半ばで何故か解散である。これは内発的理由で行われるものではなく、何か大きな力で強制されたと見るのが自然だ。本来は絶対的権力で4年間やり切る筈なのである。元々がナチス的政権であるから、今回のように国民の信を問うなどという殊勝な考えを持つ訳がないのである。憲法改悪、秘密保護法などは正に絶対的権力を握っているが故に強行できる類のものである。それが今回は妙な理由で解散である。明らかに変である。よって外部要因に答がある事になる。

この2年というもの、安倍は正に(なんちゃって)ヒットラーだった。世界に驚きを与えた。中韓に対しては激烈な反応を生じせしめた。米のオバマからさえ徹底的に嫌われた。ウクライナ紛争の勃発で世界の目がプーチンに注がれる事になって、安倍の異様さもかなり目立たなくなって、安倍はヨーロッパにも気楽に行けるようになった。安倍は世界中を飛び回った。しかしそれでも安倍の異様さが消える事はなかった。 それは中露連合との関係から出て来たのだ。安倍は異様でも、米欧は今プーチン排除に躍起だ。この点で米欧は安倍すら仲間にしなくてはならない。安倍は幸運だった。しかし、米欧が相手にしなくてはいけないのはロシアだけではなかった。中国とロシアがくっ付いちゃったのである。米欧の対ロシア戦略はロシア孤立化が前提である。ところがロシアは中露連合と言う巨大な柱を軸に、BRICSだの上海協力機構だのと大きな枠組を形成した。全然孤立化しなかったのである。経済制裁も相当なレベルでやったようだが、ロシアは中国との全面的連合関係に深く傾斜し生き延びる事に成功した。多少の苦しさはもう織り込み済みである。米欧の対ロシア戦略は中露連合というとんでもないものを呼び出す事になった。正にヤブヘビである。RK流に言えば藪からアナコンダである。このアナコンダが今世界を平定しようとしている。このアナコンダは偽ユダヤ米欧に襲い掛かる力がある。ロシア一匹なら米欧が総力を挙げれば勝てるだろう。しかし、中露連合はあまりに巨大である。米欧より大きいのである。何より今後のポテンシャルが凄い。今現在時点で経済的に圧倒している。偽ユダヤ米欧の経済は虚業の上にあり、実体経済の覇者中国がこのバベルの塔を倒壊させるのは難しくはない。その巨大な市場と巨大な生産力と巨大な成長力で米欧を従えるのはもう簡単な事になった。

今世界は中国の動向が最大の政治的影響力を持つ。もうオバマが中心ではないのである!! こんな事は嘗て無かった。米が世界政治の中心から排除された。やはり金を持つ者が一番強い。米の実態は破産国家である。もう中露連合には歯が立たない。

安倍がなんちゃってヒットラーになってブイブイ言わせていたが、習近平に完全に度外視された。安倍が敵愾心を持った相手は今世界の中心にいる。日中関係の中国ではなく、世界の中心の中国だった。完全な時代錯誤である。今回の妙な解散は、中露だけでなく米欧からさえ安倍の時代錯誤を最早許容できないと判定された結果と見るべきである。安倍の対中国観が完全に現在世界から排除された事は疑いない。米欧でさえ中国を世界の中心に見ている。安倍は馬鹿過ぎた。世界政治のメンバーが敵味方以前の所で安倍を排除した。今回の解散総選挙は安倍排除が最大の目的である。だから不正選挙は無い。次期政権は中国との関係を当たり前にする事になる。

この記事に


.


みんなの更新記事