全体表示

[ リスト ]

ロシアメディアVORに、ロシア人と日本人は精神的に似ているという記事が出た。それが今後両国関係を前代未聞の高いレベルに引き上げるというのである。前代未聞の高いレベルと言えば、天の同盟中露連合である。日露も天の同盟になり得るのか。日中関係もよく考えてみれば、歴史の長さ、文化レベルの高さから言って世界的にも特筆すべき関係と言い得る。もし偽ユダヤ米の陰謀策謀が無ければ、日中関係は良好を維持していたに違いない。日中関係が現在のような最悪に至ったのは、小沢事件以降である。即ち、偽ユダヤ米の陰謀策謀が原因である。自然の流れに任せれば、日中関係は良好を維持する筈である。本来東洋世界は自然、調和が基本であり、安倍の対中挑発などは不自然であり異様である。明治以降の日本は完全に偽ユダヤに翻弄されていた。中国も同様である。偽ユダヤは東洋世界を引き裂いた。分断統治の定石通りである。

果たしてロシア人と日本人の精神的な似通いと中国人と日本人の似通いはどちらが大きいであろうか。幾ら似通っていると言っても、ロシア人と日本人は人種が違う。違いの大きさは明白である。中国人と日本人は大きな違いもあるが、何と言っても同じ人種である。同じ漢字文化である。ロシア人と日本人が似ていると言うなら、中国人と日本人の方がもっと似ているだろう。ロシア人と日本人が前代未聞の高いレベルに達するなら、中国人と日本人も同じ位に達するだろう。

こう見てくると、中露連合の天の同盟は日露連合にも日中連合にも言えるように思える。という事は、日中露連合に天の同盟が見えて来る訳である。この3つはどの2つも天の同盟になり得るという見事な天の3国同盟であり得る。中露連合は日中露連合への入り口であったと言える。中露連合は中露連合では終わらない。中露連合は自然の勢いで日中露連合まで行ってしまう。小沢政権であったなら確実にその方向に行った。偽ユダヤ傀儡の安倍政権が自然の流れを邪魔している訳である。しかし、今回の妙な解散総選挙で流れが変わるに違いない。自然の巨大な流れにはもう偽ユダヤに抵抗する力はない。

この記事に


.


みんなの更新記事