全体表示

[ リスト ]

G7先進民主主義国の中に世界最悪供託金国家が存在するという矛盾はでか過ぎである。何故こんな巨大な矛盾が今日まであり続けたのか。ここにこそ偽ユダヤ世界支配の裏が隠されているのである。偽ユダヤ世界支配は日本という本来の世界最大最強の経済国家を植民地支配する事で維持できていた。小沢事件のあまりの異様さ、衆参不正選挙3連発、世界最悪ブラックマスコミという考えられない民主主義の悲惨な光景が日本にあるのは、偽ユダヤ世界支配の為の無理な行動の故である。今イスラム国劇場日本人人質編が進行中であるが、偽ユダヤの世界支配維持の為の無理な行動は次々にボロを出している。日本に於ける無理な行動も同じでボロだらけである。

G7の中の世界最悪供託金国家の存在はそんな偽ユダヤのボロが、丸で顔の大きなシミのようにあからさまという事である。民主主義の根幹に関わる重大問題が何故G7で問題視されなかったか。される訳がないのである。それをやれば、G7偽ユダヤ世界支配体制が崩壊するからである。これまではこの問題が完璧に伏せられて来た。地中奥深くに問題が埋設されていた。表立って問いかけない限り人々に気づかれる事はない。黙っていれば地中埋設は永遠だった。しかし衆参不正選挙3連発という無理な離れ業の副作用が出た。日本のネット言論の俎上に日本の世界最悪供託金問題が載った。不正選挙追及の過程で遂にそこに届いた。まだほとんどのネット言論者も気づいていない感じを受けるが、間違いない。G7中の世界最悪供託金国家の存在は、偽ユダヤ世界支配の黒点であり汚点である。

ウクライナ問題のでっち上げでG7はロシアを排除した。排除されたロシアは中露連合天の同盟に舵を切った。G7に残ったのは黒い汚点である。この黒点を取り除けばG7は空中分解する。経済破綻国家米と寄せ集め集団EUだけじゃどうしようもない。日本から米欧に途轍もない裏の金の流れがある筈である。日本の失われた20年はそれによる。日本の民主主義は絶対に機能停止にしておかねばならない。その為に世界最悪供託金があり続け、隠され続けて来たのだ。しかし、それも最早過去の事である。

G7の中の黒一点を擁護できる如何なる理由も存在しない。それは殺人を擁護できる理由が無いのと同様である。世界最悪供託金は民主主義、国民主権を殺している。一体どんな擁護の理由があるだろうか。擁護しようとする者が狙われる事になる。泡まつ候補者の乱立防止などは問題の本質が全く違う。それは事務処理上の問題である。工夫の仕方でどうにでも解決可能だ。問われているのは民主主義の根源の問題である。事務的問題で本質問題をごまかし続けて来た行政、立法そして恐らく司法も徹底的に有責となる。民主主義の本質問題をごまかし続けて来た事の罪の大きさは天文学の世界である。その事の被害者は国民なのである。小沢事件も行政、立法、司法の巨大な共同犯罪であったが、世界最悪供託金は遥かに長期間に亘る民主主義に対する巨大な共同犯罪だった。最早誰もどこからも世界最悪供託金に擁護の意見を出せる者は出ない。

この記事に


.


みんなの更新記事