全体表示

[ リスト ]

米のプーチンへの攻撃は小沢への攻撃と瓜二つである。どんな手を使っても政権から引き摺り下ろそうとする。その執拗さ、手口の汚さには本当に呆れ返る。今回のネムツェフ殺害事件もこの線上にある事は疑いない。可能性としてはこの前のフランスの事件との関わりもあるようだが、オバマもポロシェンコもプーチン絡みで来ている。ロシア軍のドンバスへの介入の証拠をネムツェフが持っていたという話をポロシェンコが出して来た。あ、やっぱりそういう事ねと分かった次第である。プーチンは一切そういう事はやっていないと繰り返している。それが違ったとなれば、プーチンの信用は一気に崩れ去る。そんな凄い暴露なら、無防備のネムツェフが持っている事自体がおかしい。そんな凄い証拠ならとっくにオバマが高らかに暴露しているよ。そんなドジな事を世界一の政治家がやる訳ないだろう。この事件も賞味期限は短そうだ。

今我々が見ているこの世界は、やっと本物の政治権力者が現れてこれまでずっと世界を支配して来た経済権力と本格的に戦い始めたという所である。本物の権力者とは政治権力である。政治経済と一括りにされる事もある政治と経済であるが、ベクトルが真反対である。政治は国民の為にあり、経済は企業家の為にある。経済権力は自分の為に権力を操作し行使する(させる)。経済権力にとって国民市民は奴隷である。経済権力支配下の国家には民主主義は無い。米日ブラック同盟は非民主主義同盟である。沖縄を見れば一目瞭然。

プーチンは本物の政治権力者である。偽ユダヤ経済権力がこのプーチンを攻撃するのは当たり前である。本物の政治権力者が経済権力に屈する事などあり得ない。プーチンにその頑固さを見た経済権力は最早攻撃以外にない。経済権力など本来の権力ではない訳だから、本物の政治権力者が力をつければ確実に追い込まれてしまう。経済権力も必死なのだ。本物の政治権力者はそんな偽物権力の行動を読み切っているから、慌てる事なく情報を収集し追い詰めて行く。9・11もマレーシア航空機撃墜事件もしっかり情報収集し、連中の仕業である事を明らかにした。もうロシア国民は犯人が誰かを皆知っているのである。だから国民は今回もまず連中が犯人だと疑う。疑いは確信に変わる。ロシア国内でのプーチン支持率が下がる事はない。またもや失敗という事である。

ウクライナで起きている事は真に馬鹿馬鹿しい経済権力の政治権力者への工作である。ウクライナ国民はもうそれだけで途轍もない被害を蒙っている。経済権力がやる事は全て自身の利益の為である。国民市民はとばっちりを受ける。日本国民も全く同じ。

米欧は経済権力によって支配されている。世界中を犠牲にして米欧は発展して来た。同時に米欧国民も多大な被害を受けて来た。いい目に会ってきたのは経済権力のみである。そんな構造を本物の政治家が壊そうとしている。ロシアと中国が連合を組む事でそれが可能になった。

権力は経済にあるのではない。政治にあるのである。政治経済は正しく配置されないといけない。政治が正しくあらねば経済も正しくなくなる。日本は最低最悪の状況にある。プーチンに世界構造を正して貰うしかない。我々は権力というものの本質を知らなくてはならない。経済権力に政治権力を乗っ取られている事を知らねばならない。自民党も民主党も維新も公明もみんな経済権力の犬である。国民の認識力が高まらないといけない。国民自身の言論が決め手である。

この記事に


.


みんなの更新記事