全体表示

[ リスト ]

アジアインフラ投資銀行に世界中の主要国が参加する中、安倍は参加を見送った。何の為の日中首脳会談だったのか。馬鹿な男である。日中関係を互恵的関係にするとか言ってなかったか。韓国も参加を決めた状況下で、隣の国が参加しないなど明らかな対中不信の表明である。米に尻尾を振った安倍であるが、来る訪米で栄えの上下両院合同会議での演説もあれこれ条件が付いてるようで、安倍の安倍たる個性が潰されそうな雲行きだそうだ。安倍の極右的体質を修正させられる可能性がある訳である。オバマと習近平は一応G2関係を保っている。オバマの米で対中敵視の態度など見せられる訳がない。

結局、安倍に与えられた役割は米のポチという事に過ぎない。安倍は米議会での演説を利用されてポチにされる形だ。喜び勇んで米に首輪を繋がれに行くようなものだ。オバマが大統領である限り、安倍の出る幕はない。安倍はオバマが共和党大統領に代わるまで我慢と言う感じだが、そこまで生き延びる事はできないだろう。オバマを超えて安倍が生き残る事など許されていない筈である。来る訪米は安倍への退陣メモリアルの意味なんだろう。安倍が世界政治のアリーナで完全に浮き上がっている事は明らかだ。どうやって安倍を退陣させるかは主要国首脳の共通認識だろう。

安倍自身首脳間のテストマッチの中で自らの力不足役不足を実感している筈で、気分も滅入っているだろう。安倍に相談を持ちかける首脳などいる訳もなく、国際的疎外感はひしひしだろう。不正選挙で政権を貰うとこういう事になる。通じるのは国内のみという事である。安倍の沖縄への態度の非情さの背景にはこういう事がある。安倍には苛立ちがある。大国日本の総理大臣であるにも拘わらず、国際的には全く相手にされない。プーチンはそんな安倍に救いの手を差し伸べているが、米に付き合されて対露制裁で自分から関係を壊している。そんなポチ安倍をプーチンが相手にする訳がない。安倍の疎外感、行き詰まり感は最早哀れのレベルである。

安倍は大越とか古賀とかやたら気に掛ける。総理大臣たる者がそんなちっぽけな者を相手にする事自体馬鹿げている。苛立っている安倍は自分を批判する者を激しく攻撃する。国際的にも国内的にも苛立ちのタネが尽きない感じで、体調が懸念される所である。沖縄の翁長が公然と安倍に歯向かい始めた。安倍の苛立ちも最高潮だろう。辺野古問題は安倍の飼い主たる米戦争屋の利権問題である。安倍にすればここを失うような事になれば、苛立ちを通り越して失神行き倒れという事になる。安倍はもう本能的に翁長を攻撃している。

沖縄にすればこんな裏のある攻撃など絶対に許せない訳で、目には目を歯には歯をで本能には本能と言う事になる。安倍は完全に袋小路に入っている。どこを向いても出口が無い。こうなったらもう権力を振り回すしかない。国内の弱いものを相手に。しかし、弱い者達も今の安倍に黙って屈したりしない。みんなで力を合わせて安倍を倒そうとしている。安倍はそんな状況を、抵抗勢力が想像以上と言ったらしい。

安倍は本当に大変である。やはり不正選挙で総理大臣などになれば、思わぬ壁にぶつかるのだ。なるまではいいが、なった後大変な目に遭うのである。その罪の大きさ重さを考えれば当然であるが。沖縄の抵抗は今後益々想像以上になる。安倍は翁長の軍門に下る可能性が高い。翁長が安倍を袋小路の末端に追い込むだろう。安倍、国内で最後の審判である。

この記事に


.


みんなの更新記事