全体表示

[ リスト ]

14日に李克強首相と面談した翁長であるが、今度は今日17日安倍と会談する事になった。一体どうしたんですか、安倍さん。素直に考えれば、翁長に中々会おうとしない安倍を尻目に今や世界の中心になった中国の首相が翁長に面談の機会を与えた事で、安倍が慌てたのだろう。それにしても慌て過ぎではないか。僅か3日で日中の首相と立て続けに会談面談する沖縄の知事って凄いですね。沖縄を踏みつけにする事に心の痛みが無い偽日本人政権の面々にとって、中国首相が親しげに沖縄知事と面談した事はバツが悪い事この上ないだろう。沖縄というものが持つ地政学的パワーが一気に噴き出した。安倍の慌てぶりはそう言う事だろう。

安倍は翁長に対して菅が言った事を繰り返すだけになる。政治屋には何の決定権もない。上から命令された事を粛々とこなすだけである。翁長は政治家と評価していい。政治屋の決定に唯々諾々と従う事は無い。これまで沖縄は偽日本政権が掌握していた。沖縄は袋小路の中で事実上世界から消えていた。ところが、政治的意思を明確にした知事が登場して、事態は大きく変化した。翁長は中国カードを手に入れた。翁長は李首相に対して琉球王国の歴史を語り中国アジアとのつながりを強調した。日中戦争を企む安倍政権にとってこの翁長の行動は反逆的である。このままにしておけばどんどん沖縄が中国に向き始める。安倍としては兎に角何らかの手を打っておかねばならないという事で、今日の会談が急遽設定された訳であろう。

最早沖縄は偽日本政権の自由にはならない。世界の政治は今や中露連合が主導権を握った。沖縄の地政学的状況はこの世界の変化の大波をまともに受ける。翁長が中国を訪問し李首相と会った事で、偽日本政権がこの事に気づいた。中国がもし李首相と翁長の面談を設定しなかったなら、安倍はそれほど慌てずに済んだ。李首相は英訪問に於いてエリザベス女王との会見を強引に実現させた。習近平と負けず劣らずの大きな存在である。国家元首ではないが、政府の長である。そんな大きな存在が沖縄知事に面談の機会を与えた事は、間違いなく安倍へのメッセージである。沖縄は安倍さんの自由にはなりませんよというメッセージだ。

中国は沖縄知事を単独で招待する可能性がある。経済関係が表向きの理由であるが、経済の強いつながりはやがて政治的意味を持ち始める。偽日本政権の沖縄いじめの予算削減など、中国の経済的介入で吹き飛んでしまう。偽日本政権の沖縄への札束攻撃は完全に無力と化す。

沖縄は日米ブラック同盟にとって要の位置にある。しかし、日中関係にとっても沖縄は要の位置にある。この事が今回の面談で浮き上がって来た。沖縄に中国の影がかかったと日米は感じただろう。今後沖縄と中国の経済関係が急激に深まると予想される。翁長は頻繁に中国に出張するだろう。この事は沖縄県民に脱日本を意識させる。偽日本政権に追い込まれた沖縄に巨大な出口が用意された。経済の扉であり歴史の扉である。沖縄独立が沖縄県民の視野に入ってくる。沖縄は国連に訴える事もできる。これまでは虚しい試みだったが、中国が支持すれば状況は大きく変わる。

沖縄は中国にとっても日中関係に於けるカードになった。沖縄と中国が偽日本政権に対して共同戦線を組む事になる。沖縄カードは東アジア情勢に大きく影響する。安倍の慌てぶりが図らずもこの事を証明した。日中関係更には日中米関係に於ける沖縄カードの効力が今後明白になる。日米による沖縄やりたい放題の時代は完全に終わった。

今日の安倍、馬鹿な結果を残すに違いない。時代の大変化に翻弄される傀儡政権の惨状が露になる。

この記事に


.


みんなの更新記事