過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

獲得選挙人数はトランプ290人、ヒラリー232人。トランプの圧勝である。ところが、総得票数ではトランプ5953万5522票、ヒラリー5975万5284票で約22万票差である。これは本当だろうか。トランプ勝利を受けてヒラリー支持派があちこちでデモをやっている。このデモにこの総得票差は結構影響しているだろう。これが精神的支えとなってデモが大規模にやれたと思われる。選挙ではトランプが勝ったが、国民の支持ではヒラリーが勝ったという評価が付き纏う。国民の分断を融和に持って行こうという時、この部分が引っ掛かりとなる可能性がある。ゴアとブッシュの時にもこれがあった。本当はゴアが勝っていたという意識は国民の中であり続けただろう。どちらもトランプが勝っていたら、トランプの完勝で、ヒラリーは完敗となった。完全決着であった。政権移行をスムーズに進める為には、トランプにとってはこの事は結構重要な事だった。しかし、それは叶わなかった。トランプの船出に暗雲が垂れ込めるとまでは言えないかも知れないが、最高の船出ではない事は確かだ。本当はヒラリーが勝っていたという部分はヒラリー支持派をいつまでもトランプ憎悪派に留め置く。

私はトランプが勝つという確信は無かったから、せめて総得票で勝っていれば選挙に負けてもその後の対応に好条件を得られると思い、獲得選挙人数以上に総得票数に注意を払って開票の推移を見ていた。トランプは最初から一貫して総得票数でヒラリーを上回っていた。最低でも百万票差、多い時は二百万票差以上あった。公正選挙が確約されていない選挙で総得票数でトランプが勝っていた事は気持ちの中に大きな救いを齎した。たとえ選挙で負けても国民はトランプを支持していたという理屈がトランプ現象をずっと維持させると見た。実際はそれが反対の方に向かった。ヒラリー側がエネルギーを維持できるのだ。

総得票数の動きに変化が訪れたのは、選挙人獲得数でトランプがほぼ勝利を確定させた後の事だった。もう選挙の勝負の点では決着した状況で、早く270人の一線を超えるのを待ち構えていた。しかし、中々その時は訪れなかった。残りの州は僅かだが、何故か決着しない。ヒラリー支持者達は会場から去って行った。トランプ支持者達は会場に残ったが、もう現地時間で午前3時頃だった。やっとトランプが勝利宣言を出した。この頃に総投票数が急に接近してきた。百万票を割り込んだ。それまでの一貫した動きから大きく外れる感じがした。しかし、まだトランプはヒラリーを上回っていた。既に選挙は決着した後、もう獲得総数も表示される事も少なくなっていた。私がヒラリーの“勝利”を知ったのは翌日の事だった。民放番組の中である女性が発言したのだ。私は耳を疑った。そして非常に嫌な感じがした。もう誰も関心を見せなくなった時、ヒラリーの勝利が決まった。全世界が注視していた時はトランプがずっとリードしていた。本当に最後の最後に急に事態が変化したのだ。トランプは完勝できなかった。ヒラリーは生き残れた。獲得総数の勝利は大きい。

今回の選挙、本当に公正だったのだろうか。ヒラリーにそんなに票が集まるものだろうか。トランプが勝ったから公然と不正選挙批判は出ない状況だが、そこを突いて最後に大きな収穫を得たのじゃないだろうか。トランプに完勝を与えなかった。トランプは絶対的立場を得られなかった。トランプ革命の為には必要な立場だった。私は皆の目が離れた時、不正をやりやがったなと思っている。トランプは得票総数でずっと一貫して勝っていた。この事は強調しておかねばならない。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事