過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ロシアの事はロシア人のプーチンに任せる。中国の事は中国人の習近平に任せる。同じようにアメリカの事はアメリカ人のトランプに任せる。フィリピンの事はフィリピン人のドゥテルテに任せる。その国の事はその国の人間が一番分っている。

果たして米は今後どうなるのか。トランプという希代のキャラクターの登場だけで本当に米は根本的に変わってしまうのか。外部から見ていると不安も付き纏う。しかしもし小沢首相が誕生していたらと考えると、日本は全く違う国になっただろう事は容易に想像がつく。小沢の豪腕で国内も国際関係も丸で様子が違っただろう事は確実と思える。本物の政治家が権力を掴むと、政治屋が作った国内の体制は完全に作り変えられてしまう。日本をどうすればいいかは小沢が一番知っている。小沢に任せておけば間違いないのである。全く同じ事がプーチンのロシアにも言える。プーチンはロシアの全てを知っている。ロシアはプーチンの下で確実に良くなって行く。

トランプは政治経験が無いから、小沢やプーチンのようには行くまい。しかし、トランプが政治経験が無かった事が米人の心を掴んだ。米という国でへたに政治経験があったら、今回のような結果は得られなかっただろう。米人は政治の世界で全く新しい血を求めていた。ワシントン政治の垢が全く付いていないトランプだったからこそ、米国民の期待感は想像を超える所まで行った。

政治素人のトランプが国民の圧倒的支持を受けて権力を掴んだ。全ての悪の権力の高い壁を乗り越えて権力を掴んだ。あの偽ユダヤの権力機構をたった1人の政治素人が打ち負かした。何故こんな事ができたのか。それはやはりトランプが連中と同じアメリカ人だったからだ。米の外から米の悪の権力機構を見たら永遠不滅のものに見えるが、米の内にいたトランプにはそうは見えなかった。米の悪の権力は米人自身で打ち倒す事ができる。トランプは悪の権力に虐げられて来た純朴な国民層を味方につければ、悪の権力に勝てると思ったのだ。この辺の読みは正に米人だからこそできる。トランプは勝利演説で支持者達に向けて、決してがっかりさせる事はないと言ったが、支持者達の熱い思いがトランプに集中して悪の権力を倒せたのだから、がっかりさせる訳には行かないのだ。トランプを勝たせたのは熱い国民の心である。トランプは初めからそこに的を絞っていた。だからこその暴言だったのだ。

トランプ政権とはトランプと国民の合作である。トランプが国民を裏切る事はあり得ない。とは言え、政治素人のトランプは実務面で政治プロ達の手助けを必要とする。ここに不安の種が残るのだが、アメリカの事はアメリカ人に任せる以外にない。トランプは金の面で誰の支配下にも無い。大統領権限を完全に振るえる。黒マスコミの抵抗も続く筈だが、トランプには黒マスコミを超える発信力がある。きっと立ち塞がる困難を切り抜けて行く筈である。兎に角、アメリカの事はアメリカ人に任せる以外にない。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事