ここから本文です
ryuuta19によるブルべ日記
こちらは趣味関係の日記で。

書庫全体表示

PC2 ローソン出水武本店 21:56着
イメージ 1

イメージ 2


これから紫尾峠(ブルべで来るのはこれで通算3回目)をのぼる。寒さと眠気がしのびよってきていて、ガムとコーヒーを購入。気温は9度、寒いわけだ。Yukoさん・リーフさんとしゃべりながら峠道を行く。誰かとしゃべると少し眠気がおさまる。紫尾峠の頂上でウィンドブレーカーを着てぐわっとくだって、くだってたらYukoさんのヘッドライトが不安定ということで固定するために止まる。
イメージ 3
そこにはあやしい巨大な「ひらかわ屋」の人形が…
イメージ 4
さつま町を抜けて蘭牟田池にむかって少し登る。PC3はJoyfulでもOKとのことだったので、寒いのでJoyfulに行くことに。

PC3 Joyful西加治木店 2:17着
イメージ 5

ここでウドンを食べて体温回復。いやー寒い。10分間だけ寝てリスタートする。
鹿児島市内へ向かう海沿いの道は追い風で楽しい。桜島がうっすら左手に見えた。市内の信号ストップには閉口したけど笑 火山灰が路肩にたまっているのね。
イメージ 6
 
そして火山灰は私のアレルギーアンテナにひっかかり、くしゃみ鼻水大量に発生した…つらっ。
途中のローソンでトイレ休憩してさらに平坦な道を追い風にのって指宿へ。指宿から池田湖に行く坂はけっこうきつい。途中コケコッコ―と鶏が鳴いてた。でも眠い寒い。ぴっと少しくだって池田湖に到着。

クイズポイント 池田湖
イメージ 7


ここの公園名はなんでしょう、というクイズ。写真をとってあまりの眠さに寝る。Garminの記録によれば40分は停車していたようだ。あまりの寒さに起きてリスタートする。動いていた方が寒くなくていい。起きると周りは明るい。開聞岳が朝焼けの中、屹立していて美しい。
イメージ 8

大学4年の時に暇に任せて登ったことがあるけど、なかなか楽しかった思い出がある。男5人でセダンの車にぎゅうぎゅうにつまって一泊2000円のあやしい旅館にとまったっけ笑 そんな人たちも立派な大人になれました。
なんてことを考えながら開聞岳を過ぎ、枕崎へ向かう。だいぶ眠気がさめてアップダウンの道をぐわっと下って慣性で登ることを繰り返してPC4へ。

PC4 ローソン枕崎桜木町 8:03着
イメージ 9

イメージ 10

日が照りだして暖かくなってきた。てれすけさん直伝の、カップラーメンおにぎりどぼんをやってみる。残念ながら白米のおにぎりがなかったのでわかめごはんで代用。
うん、おいしい笑
リーフさんとYukoさんも到着して、一緒にゴールを目指すことに。
イメージ 11
あと40k程度だけど鹿児島は長崎に似ていてあまり平坦というところがなく、アップダウンが多い。盆地も少なそうだ。フロントディレーラーをガチャガチャする機会が増えてしまう笑 でも私はあまり嫌いではない道。ギアをいじくっていると眠気覚ましにもなるし。
なんだかんだで山内製菓が見えてきた。

ゴール 山内製菓 17h33m
あまり寄り道していないのに17h、しかも獲得標高は2800m程度なのにこの疲れ方はなんなんでしょう。パナモリのホイールがずっとブレーキと干渉?してたのかなあ。ずっとすれる音がして気になってしょうがない。こうなりゃ前のコラテックアルミロードをひっぱりだすか…

番外編
その後「ゆすいん」でお風呂した後、天文館通りにある「むじゃき」にY永さん(この方本当にタフ笑)、Yukoさん、Ayaneさん(眠気で出水でDNFされたそう)、リーフさんと行き、白熊+ご飯をいただく。白熊おいしい笑 写真撮り忘れ。リーフさんに鹿児島中央駅まで送ってもらい輪行で自宅へ。小倉駅での乗り換えに寝過ごしそうになった。
鹿児島おいしいもの多いね。また行きましょう。一緒に走ってくれたリーフさんYukoさんに感謝。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事