ここから本文です
ryuuta19によるブルべ日記
こちらは趣味関係の日記で。

書庫全体表示

仙の岩。いい。とにかくいい。
イメージ 7

イメージ 1

頂上まで登れるって宇佐市ホームページにあった。むう。登ればよかったかも。

でも体調は刻々と悪化した。最初は足攣り。普段なら少しでおさまるのに、おさまる気配なくそのままだった。今も少し痛い。そしてめまい。登坂しているとめまいがしてきて喉が渇いて…ってどこにも自販機がない。あまりにもやられすぎて、木陰で休む。どう考えても脱水と疲労だ。英彦山を頑張って登りすぎた。院内のローソンであまり休まなかった。水を補給し忘れ。いろんなことが後悔。500m走っては3分ぐらい目をつぶって休む。300kで前回走った道だからと油断していたのか。ブルべはそんなに甘くない。少しづつだが前にすすんで、ようやく峠にさしかかる。

そこには由布岳。
イメージ 8

写真が下手くそですみません。でも由布岳を目の前にすると、少しテンションがあがってペダルを回す元気がでてくる。ようやくDydoの自販機を見つけて3本ぐらい買ってまた休息する。近くに住んでいるだろうおっさんがジュースを買いに来て、「どこまでいくのか?」と聞かれ「牧ノ戸峠です」とだいぶ短縮して言う。そりゃあ遠いな、でも峠をこえたらずっと湯布院まで下りだから気を付けてな、と言われ元気がまたでる。ありがとう。

再出発して、なにやらおしゃれなカフェや雑貨屋やパン屋?を素通りして湯布院の街へ。


PC3 セブンイレブン湯布院湯の坪店 134km地点 13:04着(7h4m経過)
イメージ 2

いつも20km/hを目指してブルべを走っているけど、この時点ですでに遅れていて、しかも体調は悪い。完走を目指すためには、これからの峠を登らないといけない。ならば大休止しよう。そういう判断はできるようになった、ということは大人になったのかな?
PC3の隣にあった「萩の茶屋」でとり天ざるそばと味噌つきおにぎりを食べる。
イメージ 3

ふつうに美味しかった。ありがとう、ごちそうさま。外に出るとあっつい。まだ暑さに体が慣れていないけど、ゆっくりじわじわペダルを回して進む。途中なぜだかetrexがおかしくなって(多分どこかにnaviしようとしたのだと思う)頻繁にピーピーいいだす。無視してキューシートに従っていくことにする。長者原でいったん休むのを目標に攣りそうになる下腿三頭筋をいたわりながら軽いギアでくるくる回していく。途中ブルべライダーがふらふらしながら?登っているので声をかけて朝日台レストハウスで休憩がてら写真を撮る。

イメージ 4
絶景ですなあ。ブルべはつらいけど楽しいよね。

さてはてなんとか長者原についてだらーとアイスでも食べていたら
イメージ 5

久住を登山してきたEijiさんとbb1さんと出会う。体調はだいぶ良くなってきたけど、ペダルを踏む力がない。だいぶ休憩して牧ノ戸峠へ。先行しているSさんにはおいつけない。

イメージ 6

Tさんはここから登山したらしい。すげえ。

つづく。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事