ここから本文です
ryuuta19によるブルべ日記
こちらは趣味関係の日記で。

書庫全体表示

記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

そんなこんなで久しぶりに70キロぐらい乗りました。
この時期に乗るとあっついあっつい。。。。。汗が滝のように。

イメージ 1
下関にはこんな中600も走る猛者たちが。

イメージ 2
暑さに順応しきっていない私。もちっとロングを走らんといけん。

イメージ 3
みなさまお達者で。
危なくなったら帰ってくるんですよー

次回は7/22の300、苦手な夜スタートなり!

この記事に

だいぶ前だけど

BRM610角島400の応援というかスタッフというか写真を撮るヒトというか、なんかよくわからないけど行った。

意外と参加者多い。30人ぐらいいたかな?
ぽつぽつ写真とって、スタートされていきました。みんな笑っている。
AJ広島の写真集をごらんくださいませませ。

その後、銭壺山に登って、秋吉台で参加者を待ち伏せした笑

途中でそばをPAで食べる。
イメージ 1

いやーみんないい顔で登ってきてます。
AJ広島の写真集をごらんくださいませませ。(2回目)

参加者の皆様、お疲れ様でした。

え?わたし?いやー5月は2回もブルベでちゃったのでお休み。次回は7月、300kの予定。

この記事に

牧ノ戸峠まで来ると何となく気が楽になってだーっと瀬の本に下っていく。
そうそう、途中でこんなんあった。
イメージ 1

大観峰へ右折、アップダウンを繰り返していく。途中あんまり景色がいいので記念撮影する。
イメージ 2

イメージ 3
イメージ 4

レストラン北山の前を通って(もう閉まってた)、菊池方面から日田方面、K12へ。
お馬さんがいる。
イメージ 6


ここでクイズポイント。
イメージ 5

ここでついでに夜装備に変更、ヘッドライトをつける。あと手袋を指切りから春夏用のものへ。アームカバーもつける。

オートポリスからぐわーと下って、途中でコーラ飲んで「栃野」信号を右折する。日田に向かう道。今年はここ3回目だなあ。
徐々に暗くなってR212の脇道を行く。虫が多くて口を開けていられない。虫を無視できない。。。

PC4ミニストップ下出町店 249km地点 20:00着(14h経過)
イメージ 7

バンバン花火があがっている、おおすげえ。どうも川開きの日だったらしい。人がいっぱい。ブルべライダーさんとお話ししていたらテンカイホウ200で終盤ご一緒した人でした。だいたい同じ走力だねえ。えへへ。とかお話し。

そうそう、せっかく日田に来ているのだからプノンペンラーメンを食べようと思って補給もそこそこに走り出す。でもやっていない…遅い時間はやっていないのか。電話しても誰も出ない。しょうがないので途中のポプラでプリン食べて嘉麻峠へ。

嘉麻峠はだらだらーと登る。なんか米の山峠よりつらい気がするのは気のせい?
イメージ 8

頂上でレインウェアを重ね着して、気温13度の中ダウンヒルする。さむ。
最後は長崎から来たFさんと一緒にゴール。

23:03 Joyful稲築店 300km地点 17h3m経過
バンバンさん、bb1さん、Eijiさん、たいかんさんがお出迎えしてくれた。ただいま。いや体調悪くなったときはどーしよーかと思った。けどなんとか持ち直して完走完走。SR確定。ありがとう。そんな自分に御褒美を。
イメージ 9

Sさんはゴール後どうにも胃が悪いらしく横になっていた。ゴール後に油もの食うのもおかしいかもしれないけど、体が欲していたので…

車でちょっとだけ寝て、PAでもちょっと寝てようやく自宅について洗濯、自転車の掃除とかしてたらどこかで寝落ちしたらしく、気づいたら日曜の夕方でございました。スタッフのみなさんお世話になりました。

データがうまくとれていない。etrexだめかなあ。

この記事に

仙の岩。いい。とにかくいい。
イメージ 7

イメージ 1

頂上まで登れるって宇佐市ホームページにあった。むう。登ればよかったかも。

でも体調は刻々と悪化した。最初は足攣り。普段なら少しでおさまるのに、おさまる気配なくそのままだった。今も少し痛い。そしてめまい。登坂しているとめまいがしてきて喉が渇いて…ってどこにも自販機がない。あまりにもやられすぎて、木陰で休む。どう考えても脱水と疲労だ。英彦山を頑張って登りすぎた。院内のローソンであまり休まなかった。水を補給し忘れ。いろんなことが後悔。500m走っては3分ぐらい目をつぶって休む。300kで前回走った道だからと油断していたのか。ブルべはそんなに甘くない。少しづつだが前にすすんで、ようやく峠にさしかかる。

そこには由布岳。
イメージ 8

写真が下手くそですみません。でも由布岳を目の前にすると、少しテンションがあがってペダルを回す元気がでてくる。ようやくDydoの自販機を見つけて3本ぐらい買ってまた休息する。近くに住んでいるだろうおっさんがジュースを買いに来て、「どこまでいくのか?」と聞かれ「牧ノ戸峠です」とだいぶ短縮して言う。そりゃあ遠いな、でも峠をこえたらずっと湯布院まで下りだから気を付けてな、と言われ元気がまたでる。ありがとう。

再出発して、なにやらおしゃれなカフェや雑貨屋やパン屋?を素通りして湯布院の街へ。


PC3 セブンイレブン湯布院湯の坪店 134km地点 13:04着(7h4m経過)
イメージ 2

いつも20km/hを目指してブルべを走っているけど、この時点ですでに遅れていて、しかも体調は悪い。完走を目指すためには、これからの峠を登らないといけない。ならば大休止しよう。そういう判断はできるようになった、ということは大人になったのかな?
PC3の隣にあった「萩の茶屋」でとり天ざるそばと味噌つきおにぎりを食べる。
イメージ 3

ふつうに美味しかった。ありがとう、ごちそうさま。外に出るとあっつい。まだ暑さに体が慣れていないけど、ゆっくりじわじわペダルを回して進む。途中なぜだかetrexがおかしくなって(多分どこかにnaviしようとしたのだと思う)頻繁にピーピーいいだす。無視してキューシートに従っていくことにする。長者原でいったん休むのを目標に攣りそうになる下腿三頭筋をいたわりながら軽いギアでくるくる回していく。途中ブルべライダーがふらふらしながら?登っているので声をかけて朝日台レストハウスで休憩がてら写真を撮る。

イメージ 4
絶景ですなあ。ブルべはつらいけど楽しいよね。

さてはてなんとか長者原についてだらーとアイスでも食べていたら
イメージ 5

久住を登山してきたEijiさんとbb1さんと出会う。体調はだいぶ良くなってきたけど、ペダルを踏む力がない。だいぶ休憩して牧ノ戸峠へ。先行しているSさんにはおいつけない。

イメージ 6

Tさんはここから登山したらしい。すげえ。

つづく。

この記事に

なんだかんだで300k走ってきた。
これを走れば今年のSR確定。うんうん。4年ぶり3回目。そしてPanaクロモリ号での初めての達成となる。

牧ノ戸300は5年前に雨の中参加して、思い出深いブルべのひとつだ。
何も見えなかったっけ笑
そのときの詳しい話は下記で↓

またバタバタ準備して(いろいろあったけど)、今回6時スタートのことで4時に起床しようと…2時に起きてしまった。ということでこれを読む。ふむふむ。

イメージ 1


こっそり家をでて、スタート場所に向かう。いつもの方たちとお話し。クイズポイントはこちら。I本さんを囲むブルべライダーたち笑。結局答えはF1でした。

イメージ 2

今回Rivetのサドルで出撃。300では如何でしょう。結果的にはおしりに大ダメージを受けてしまいました。

イメージ 3


そしてウェアは
上:半袖ジャージ(+アームカバー)
下:ビブジャージ+CW-X
の夏仕様。寒ければレインウェアの上だけ羽織ろう。晴れ予想なのでシートポストバッグはなし。

2017/5/20 6時稲築総合庁舎スタート
スタートしてだんだん体があったまり始めると…ペースが抑えられなくなる笑
GPSはetrex30を使用してるのだけどバッテリーを抑えるために常時ONじゃない仕様にしているため、いつのまにやら心拍数は150越えしている…英彦山を超えるころには脚が攣りそう。特に下腿3頭筋が痙攣をおこす一歩手前。

油木ダム。かなり立派なダム。このへんで左足がしびれるのでクリートをすこし前方よりに動かす。あまり関係なかったみたい。
イメージ 4

英彦山に野営場。前回ここ通ったっけ???と思ったらやっぱりちょっと違うルートだった。
イメージ 5

なんかカーブに数字が。どういう意味かしら。
イメージ 6

山国町へずばっと下って道の駅の前のローソンへ。アドレナリンですぎ。

PC1 ローソン山国町店 67.2km地点 8:59着(2h59m経過)
イメージ 8

完全にオーバーペース。いかんいかんと思いながら…豆乳は今回もよく飲んだ。
そしてどんどん上昇する気温。朝は寒かったのに、10:00ぐらいになるともう暑い。

あら、耶馬渓ダムがみえん笑
イメージ 7

R212からK28、K27、岳切(たっきり)渓谷のそばを通って院内へ。このへんは前回ルートと同じ。道の駅院内でトイレ休憩&シャモアクリームを塗る。

PC2 ローソン安心院店 109.5㎞地点 11:00着(5h経過)
イメージ 9

なんか今回はPCで御飯を食べたくなかった。これといった理由はないけど笑
よっちゃん食堂を目指していくけどうろ覚えだったのでスルーしてしまう。まあいいや、てきとーになんか食えばいいやと高をくくっていたのが運のつきだった…


つづく。

この記事に

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事