ここから本文です

書庫全体表示

青山城 比企郡小川町
 訪問 2012年2月
 
 訪城から1年以上を経てようやくアップできました。 記憶が曖昧な箇所もあると思いますので、その点はご容赦を・・
 
イメージ 1
 
                                                   3廓〜本郭堀切り
 中世城郭の宝庫? として知られる比企のお城の一つ青山城の訪城模様です。
  
  周辺に存在する同時代の小倉城や腰越城が、稜線末端部の比高のさほどない地点を利用して築かれたのに対し、 この青山城は、比高200m弱の低山の山頂を利用して築かれた山城です。
 
 麓の集落から登山道を20分程登ると城の築かれた稜線に出られますが、
 尾根に出るまで結構な急こう配で、真冬の訪城にも関わらず汗をじんわりかいたのを覚えています。
 
  場所は 上の地図の辺りです。 登山道までがそれなりに解りにくいので、案内から
 
イメージ 2
 
道30号から行った場合です。 
 奥の道が県道30号、右手が小川町市街地方面になります。
  この信号のない三叉路を折れて下さい。 写真は曲がってから振り返って撮影。
 ここが目印もなんにも無しです。
 
 
イメージ 11
 
同地点 進行方向に振り返り撮影。
 城へは踏切を渡って 左折です。
 
 
イメージ 13車で1分程で 青山城の登り口に至ります。
 
 車は路肩に停めさせて貰いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
登山口から15分ほど登ると
 稜線の尾根道とぶつかります。
 
左に行くと見晴らしの丘公園
 方面
 
右手に行くと 青山城
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
 尾根道を少し行くと
青山城の標識が
あります。
 
 標識の辺りで一旦急
勾配となり、 その先が小さな平坦地になってます。
 人為的な造作を感じました
 
 
 
 
 
現地案内板より抜粋
 青山(割谷)城
 本城が築かれた年代については不明な点が多いのですが、「関八州古戦録」には永禄6年(1563年)  「松山城へは上田案楽斉、同上野介朝広を還往なさしめ青山、腰越の両砦と共に堅固に相守らせ」 とあり、戦国時代、松山城の支城であったことがわかります。
 東2,6キロメートルには小倉城があり、北6キロメートルには高見城、西3,4キロメートルには腰越城を臨む事ができます。
 また裾を流れる槻川に沿った鎌倉裏街道を見下ろす地理的な要所に位置した城址です。
 
イメージ 16
 ここで唐突に現地縄張り図を掲載します。
現在位置は 右下「3の廓跡」の先にある堀切の更に先で、縄張り図には載ってません。
 
イメージ 17
 なだらかだった尾根道が、急坂になり その先に堀切りが見えて来ました。
 
 
イメージ 18
堀切り 堀底から見上げて撮影。   右手が3廓。  
 
 
イメージ 3
    この堀切りは岩盤を堀抜いているようです。 
その上に石積みを施している様にも見えました。
 
 
イメージ 4
                          
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3郭から先ほどの堀切りを撮影。  
 
           
イメージ 5
こちらは 本郭と3郭を分ける堀切りです。 深さは5m以上あります。     
 
 
イメージ 6
本郭側から撮影。                                     
奥が3郭になります。画像でも解る様にそれ程の広さではありませんでした。      
                            
 
イメージ 7
本郭内部の様子です。 唯一広々した空間。 但し内部ではL字に走る土地の高低差があり 当時は本郭内部も区分けがなされていたようです。         
 縄張り図と案内はこの本郭にあります。                            
 
 
イメージ 8
本郭土塁線上にある石積み跡・・・の筈です。 枯れ葉に埋もれている上に、石が以外と積み上がってなくて、埋もれているのでしょうか。                  
 
 
 
イメージ 9
石積みの先は2郭になりますが、2郭を抜ける尾根道イメージ 10の外は藪々で良く解りません
 
 
 
2郭の堀切りです。写真では解りにくいですが 意外と見ごたえあります。     
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
「帯曲輪」の様子です。                                    
それ程明瞭に残っていなかった気がします。 土塁もなかったかと記憶が不明瞭です。            
 
2郭から先尾根道をひたすら歩くと 麓に降りずに小倉城に行けるようです(結構ありそうですが・・・)                                            
                              
 案内板には腰越城と連携して 武州松山城の防衛を担ったように説明されてますが 小倉城との関連が気になります。                               
         
さて、勝手な総評をとしては、 山登りが少々あるものの、戦術クラスの技巧的縄張りは一見の価値ありとして、 4 とします。     一応5段階評価です。                           
 
  

  • 顔アイコン

    小川には沢山あったんですねぇ〜
    講習してくれる工場が岩槻に移転してしまったので…汗
    こっちに来ることは、ついででは行けない所になってしまいましたよ〜〜〜(泣)

    サービスエンジニア

    2013/5/5(日) 午前 11:02

    返信する
  • 私も黒鍬さんと同じところから登城しました。結構な距離があって疲れましたが、遺構が見事だったので、疲れを忘れて城内を歩き回りました。

    [ - ]

    2013/5/5(日) 午後 7:51

    返信する
  • 顔アイコン

    サービスエンジニアさん それは残念ですねぇ〜 でも岩槻城ならじっくり見られるようになるのでは(笑)

    黒鍬

    2013/5/6(月) 午後 7:44

    返信する
  • 顔アイコン

    はまっ子さん コメント有難うございます。
    同じ様に遺構に辿りついた時は、山登りの疲れも吹っ飛びました。
    夢中になって写真を撮ったのですが、後で確認すると藪々ばかりが写った画像ばかりでして・・・

    黒鍬

    2013/5/6(月) 午後 7:52

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは 黒鍬 さん
    自分は「小倉城址」から、此処まできました。
    はっきり言って、勧めることはできません。
    (かなり歩くことになります)

    [ 足軽 新之助 ]

    2013/5/6(月) 午後 8:52

    返信する
  • アバター

    お久しぶりです
    自分も、そろそろブログ復活します。
    また宜しくお願いします^^

    ここの縄張図は何度も熟読してるんですが、未訪問なんです(笑)
    行きたくなります^^

    ちなみにGWに柳生の城に行ってきました。
    今週中には記事にしますね^^

    おしょう

    2013/5/6(月) 午後 9:51

    返信する
  • 比企は素晴らしいお城が多いですよね。
    うちらも同じところからの登城しました。
    とにかく距離を歩いた印象です。
    でも一番歩いたのは大築城かな(^-^ゞ
    遺構は素晴らしかったですね。
    これで木々がもう少し伐採されてればなお良し^^

    るな

    2013/5/6(月) 午後 10:47

    返信する
  • 顔アイコン

    いや、いいですねぇ。特に堀切がいい感じです。でも、夏場行くと薮で大変そうですね。

    [ にすけ ]

    2013/5/6(月) 午後 11:11

    返信する
  • 顔アイコン

    足軽新之助さん コメ有難うございます
    そうですか、青山城から小倉城まで歩いていかれたんですね。両城の中間にある物見山が気になって仕方がなかったのですが・・それにしても凄い健脚ですね。

    黒鍬

    2013/5/12(日) 午前 10:10

    返信する
  • 顔アイコン

    おしょうさん 柳生の城とはまた渋いチョイスですね、
    ここ 縄張りも見事でお薦めの城郭です。
    山登りがあるので暑い時期はちょっとつらいかもしれませんが。

    黒鍬

    2013/5/12(日) 午後 0:51

    返信する
  • 顔アイコン

    るなさん コメント有難うございます
    確かに植林がなされていて、遺構を写真に収めても木や藪ばかりで上手く撮れませんからねぇ、ここは実際に行かないと遺構の素晴しさが伝わりにくいかと。

    黒鍬

    2013/5/12(日) 午後 0:53

    返信する
  • 顔アイコン

    にすけさん 堀切りは良く残されています。本郭土塁もいいのですが写真が上手く撮れなく掲載しておりません。
    これ真冬だからこの位で済んでますが、夏場は虫除けスプレーが必須でしょう。

    黒鍬

    2013/5/12(日) 午後 0:56

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事