ここから本文です

書庫全体表示

韮山城

訪問 2018年 2月

駐車場 有り
案内板 有り

 毎度、ご無沙汰の更新です。
今回から箱根山塊の西方に位置する後北条氏 韮山城の紹介です。

 韮山城は後北条氏が領国に張り巡らせた支城網の中でも八王子城や鉢形城と並ぶ地域拠点級城郭の一つに挙げられます。

 後北条氏の領域を見ると、主城である小田原城は西に著しく偏った位置にある為、韮山城はその背後を守る重要な支城になります。
 
 また、小田原城領有以前の後北条氏の主城であり、この韮山城こそが後北条氏の関東制覇の出発点とも言えるでしょう。


イメージ 1
                       韮山城 土手和田砦 畝堀

場所は以下のURLを参照して下さい。

 箱根の手前、関八州の入り口、伊豆半島の付け根、 そんな絶妙な位置に韮山城は築かれています。
 
 前に紹介した堀越公方館が近隣にあったのも、そのような意味合いもあったのでしょうかね。


イメージ 2
 こちらは本丸付近にある 韮山城と周辺の案内図。
 ちなみに図の下側が北方向です。

 韮山城の概要としては「現在位置」のある主要部と 背後の天ヶ岳の各支尾根と山頂に築かれた城砦群に別れます。 

 韮山城主郭部は現在、西側を防衛していた堀を失った関係で平地に飛び出た小島のように頼りなく見えてしまいます。 
 正直な感想としては韮山城ってこれだけ? と思えます。

 天ヶ岳は、各支尾根の先端部に強力な火点(砦)が築かれて山体全体が要塞化されてます。
 例えていうならば ヒトデ状の遺構群。

 韮山城主要部もそのヒトデの腕?の一本に思えてしまいます。

 さて、妄想はその位にして案内板に付属する解説を抜粋し韮山城の紹介とします。
韮山城の立地と構成

 韮山城は中心となる「①本城(主郭部)」と、天ヶ岳(テンガタケ)に配置された「砦」によって構成されています。 ※加筆オレンジ丸
 更に、周囲には豊臣秀吉軍の「陣城」があります。

本城」
 
本城は龍城山(リュウジョウサン)とも呼ばれる細い尾根上にあります。
尾根の長さは約400m、幅は約100mです。
 
 北から「三ノ丸」・「権現曲輪」・「二ノ丸」・「本丸」の4つの曲輪が直線的に並び、本丸の南にも小さな曲輪があります。
 
 現在地が本城最高地点で、標高は約42mです。 周囲の低地部との比高差は31mあります。
 
 本城まわりの低地部分には、幾重にも堀が廻っていました。
 
 現在 ②県立韮山高校 のある一帯には、「御座敷」・「大手」などの小字名が残っており、城主などが住んでいた場所であったと考えられます。
 
 また、③韮山中学校 と④城地 付近は、当時も湿地が広がっていました。
 まわりには家臣や職人の住む屋敷が集中していたようです。

「砦」

 天ヶ岳は、南北約1100m・東西約700mの山体で、山頂部の高さは128mです。
 
 山頂部に「⑤天ヶ岳砦」、北東と南西の尾根末端部に「⑥江川砦」・「⑦和田島砦」・「⑧土手和田砦」 が築かれています。 
 各砦と山体との間には、砦の独立性と防禦性を保つための深い堀切をみることができます。

陣城

天正18年(1590)、韮山城は豊臣秀吉軍に囲まれますが、その時に豊臣軍が築いた陣城である「⑨太閤陣場陣城」・「⑩本立寺陣城」・「⑪追越山陣城
・「⑫上山田陣城」・「⑬昌溪院陣城」 の跡が西側の山中に残されています。 ※加筆 赤丸
 最後の陣城の所
秀吉軍は山中城や八王子城のような力攻めをせずに、包囲戦を展開した訳です。
 
 詳しい城の歴史については スイマセン割愛します。

 興味のある方は地元伊豆の国市の㏋をご覧ください。
 詳細な発掘データや縄張り図も掲載されてます。


イメージ 3
案内図に今回辿ったルートを加筆しました。
 
 オレンジが今回の韮山城主郭部の順路。
車は城池沿いの公園駐車場を利用させてもらいました。

 赤線は次回以降の天ヶ岳砦群のルートです。
 
ヒトデのように支尾根を伸ばす天ヶ岳の砦群を全て制覇するつもりで突入したのですが、予想よりも大幅に時間を消費していまい限定的な見学となっております。


イメージ 4
1の駐車場から城池越しに見た韮山城主郭部。 
ここからスタートします。

 湖畔は釣り人で賑わってましたね、釣り禁止の看板がありましたが・・・装備からしてバス釣りとみましたが、誰かが無許可で放流して勝手に繁殖した例ですかねぇ。


イメージ 5
2の辺り、池に面した斜面から見える堀切。
 韮山城主郭部と天ヶ岳とを繋ぐ尾根筋を断ち切っています。
 他にも小規模な郭が残ります。


イメージ 6
3の辺り、池の堰堤付近の様子。 対岸の丘陵は江川砦(今回未訪城)になります。
 画像の背後から韮山城主郭へ登る虎口があります。

 

所で、韮山城の警備は現在でも厳重です。



イメージ 7
さっそく 鋭い目つきで詰め寄られます。


イメージ 8
撫でてあげないと解放してくれません・・・


イメージ 9
動くのでアングルに収まりません。 すまんね、餌は持ってないんだよ


イメージ 10
警備隊の駐屯地付近にある韮山城の案内板。 

 古い見取り図には主郭部を囲む水堀が描かれています。
 あと城池も描かれてますね、只のため池かと思ってましたが城が機能してた頃から現役なんでしょうね。

 これだけの水を豊富に蓄えていたら籠城戦ではさぞかし心強かったでしょう。


イメージ 11
ささっと虎口を登らずにまずは主郭の外周部を見る事にします。
こちらは4辺りの水堀跡。 
 切岸の上は2ノ丸になります。


イメージ 12
反対側のアングルからもう1枚。


イメージ 13
ぐるっと回るうちに韮山高校の手前までやってきました。


イメージ 14
講道館の石碑の背後には池があります、恐らくは水堀の名残でしょう。


イメージ 15
3に戻りまして虎口から主郭部を目指します。
 虎口の動線は坂道をぐーと登って途中で右へ90度ターンします。


イメージ 16
ターンの先から振り返って撮影。
画像正面上のお社は権現郭の熊野神社。 90度ターンして進むと背後のお社辺りからの攻撃を背中に受けることになります。


イメージ 17
こちらは登った先の二ノ丸内部の様子。 
 韮山高校のテニスコートとして利用されているようで内部には入れません。


イメージ 18
幸いにも周囲の巨大土塁は見学できます。


イメージ 19
こちらは二ノ丸の隣、権現郭の様子。 
 権現郭には熊野神社が祀られています。


イメージ 20
お社は土塁線の上にあります。 大きい土塁ですが郭の内部は狭い。


イメージ 21
熊野神社。


イメージ 22
お社背後から登ってきた虎口を撮影。  
 高低差が凄まじい、さすが北条氏の拠点城郭。
虎口を登る侵入者は丸見え。


イメージ 23
更に主郭部を目指します。 


イメージ 24
途中で見えた韮山高校のグラウンド。
 かつてはこのグラウンドと校舎を貫くように2本の水堀が巡らされ韮山城主腰部西側を守っていました。
 

イメージ 25
主郭手前の堀切と土橋。 
 
 土橋・堀切・虎口 どれをとっても相当な土木量を投下して築かれています。

 しかし地山の狭さはどうしようもなく、各郭の広さは他の拠点城郭と比べてかなり狭い印象を感じます。

 水堀が有った頃は平地部も主腰部に取り込んでいたはずなので 今とは印象が異なるかもしれませんが。


イメージ 32
真新しい幟旗。
 早雲公の知名度でどこまでの観光客が誘致できるのか? 

大河ドラマで後北条氏やってくれないですかね? 
 
 そうすればもっと活性化すると思うのですが、いつも小田原城に引き籠もる脇役・・・そんな扱いはもうちょっとなんとかならないものでしょうか。


イメージ 26
ここが韮山城主郭部の中枢である本郭。 やっぱりここも狭いですね。


イメージ 27
本丸より南側の小郭(塩蔵)方面を撮影。
塩は火薬つまり硝煙の事じゃないですかね?


イメージ 31
そして冒頭にあげた付近の見取り図はここにあります。


イメージ 28
主郭から撮影した天ヶ岳砦


イメージ 29
塩蔵に接近して撮影。 
塩蔵は開口部のある方形の土塁で囲まれた狭い郭。


イメージ 30
ここが塩の蔵じゃなくて弾薬庫ならこの土塁の形状も納得。爆風除けじゃないですかこの形は。



主郭部は以上です。
 
 堀や虎口の造作は規模が大きく さすが拠点級の城郭と言った造りですがやはり狭いです。
 あっと言う間に見終わってしまいます。 


 次回以降は天ヶ岳砦群の紹介となります。
 
こちらは、整備された主郭部と違い中々にハードな道のりになります。
 主郭部が一般向けの紹介ならば天ヶ岳部はマニアお勧めのルートになります。

韮山城2 に続きます。


  • こんにちはー
    韮山城は歴史的にも貴重なので、いつか行かねば、と思ってます。
    見やすい城跡のようで、遺構も残ってるようで楽しみです。

    大河ドラマ、北条氏取り上げてほしいですね。
    後の城の進化にも影響を与えたし、関東全体にも影響を及ぼした北条氏を知ることはいい勉強になると思いますが。

    馬《●▲●》助ヒヒーン♪

    [ 馬秀のすけ ]

    2018/12/22(土) 午前 7:06

    返信する
  • 見応え有りそうな城跡ですね!
    周囲の砦まで含めて見たら3日は欲しいオジサンです。(汗)

    サービスエンジニア

    2018/12/22(土) 午前 7:34

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。北条氏は関西から見たら、最後の小田原城での籠城のくだりしか知らない人が多いと思います。
    韮山城はまったく知りませんでした。韮山といえば江川氏と反射炉でしょうか。
    ただ、この辺は一度も行ったことがありません。是非、反射炉と城址に行ってみたいです。

    [ chinu ]

    2018/12/22(土) 午後 6:45

    返信する
  • 現代にも守備兵が残っていたんですにゃあ(笑)

    こたつ猫

    2018/12/23(日) 午前 7:48

    返信する
  • 顔アイコン

    馬秀のすけさん コメ有難う御座います
    いい遺構が残っています。機会があれば是非訪問されて下さい。
    今回紹介した主郭部は良く整備されています。しかし天ヶ岳砦群は本格的な山城装備で行く必要があります。 k
    大河ドラマの主人公としては北条氏では視聴率が稼げないのでしょうかね? 恐らく敵役が地味? マニアしか知らない登場人物だらけになるでしょう。

    黒鍬

    2018/12/23(日) 午後 8:13

    返信する
  • 顔アイコン

    サービスエンジニアさん コメ有難う御座います。
    韮山城を全て回り尽くすには一日では足りないと思います。 周辺の豊臣形の陣城まで含めたら やっぱり3日が適当かもしれません。

    黒鍬

    2018/12/23(日) 午後 8:14

    返信する
  • 顔アイコン

    chinuさん コメ有難う御座います。
    そうです、一般的に韮山と言えば 反射炉です。 韮山城はマニア向けの遺構になるでしょう。
    小田原城の前に箱根の山中城の戦いも有名です。 韮山城は激烈な籠城戦がないので 余り知名度は高くないでしょう。

    黒鍬

    2018/12/23(日) 午後 8:16

    返信する
  • 顔アイコン

    こたつ猫さん コメ有難う御座います。
    良く人に懐いてますね、恐らく釣り人に餌をねだって生計をたてているのでしょう。
    しばらく遊んでから城巡りをしました。

    黒鍬

    2018/12/23(日) 午後 8:17

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事