ここから本文です

書庫全体表示


ではでは 造海城の2の続きと参ります。

 
 その前にこれは余談です。
 
 一般的に山城巡りのベストシーズンは冬と言われています。
 
 冬は葉が枯れ落ちて視界が開けることによって遺構の全体が見渡せます。
また、下草に阻まれていた遺構の奥まで突撃が可能なのはこの時期に限られます。 
 それに変な虫に刺されて痒い思いをしなくて済むの大きいですかね。
 
 紹介している造海城への訪城は2月、冬枯れの都内から東京湾に沿って房総半島を南下すると、木更津を過ぎた辺りから落葉の景色が減り始め、代わりに常緑樹の森が増えてきます。

 そして造海城の辺りではすっかり常緑樹の森に変わってしまいます。
 
 空っ風で寒く乾燥する関東平野とは異なる温暖な気候を表すような植生ですが、これが同時に他の坂東の城郭とはガラッと雰囲気を変える要因にもなっています。



イメージ 1
さてさて、本題に戻りまして3回目は青いラインに沿っての紹介となります。
 訪問から1年経ってますが案外と走破ルートは覚えているもんです。


イメージ 2
 造海城2の最後に紹介した土橋状尾根を進むと脇に土塁を伴った小郭に至ります。
 更に尾根の先端を目指しますが・・・この先は上を見ないで足元を見て進んで下さい。


イメージ 3
 尾根が切り通しでスパッと分断されてます。 落ちたら怪我しますよ。
 
 手前ギリギリまで下草が邪魔して切り通しが判らないという恐ろしい仕様。


イメージ 4
その切り通しに回り込みます。
 堀切と言わずに切り通しと表現したのは造海城の遺構とは無関係に思えるから。


イメージ 5
余談ですが 石段がいい味出してます。


イメージ 6
造海城と無関係と言える根拠は3つ。
 
 モルタルで均したような痕跡がある事。(扉でも付いていたのか?)
 法面が灯籠大師のトンネルと同じ様な加工である事。
 城郭遺構の「堀切」と考えると防衛的な造作がない。

そんな所でしょうか。結構新しい切り通しだと思いますね。


イメージ 7
 それでも、お気に入りの場所の一つ。


イメージ 8
 切り通しの先にあるこの石積み遺構も造海城との関係性に疑問を感じさせられます。
 他の石積みとは異なり妙に整っているんですね。

 後世に造られた神社か漁業用の何かの施設の跡ではないかと妄想したのですがどうなんでしょうかね?


イメージ 9
切り通しを抜けて井戸のある郭に向かって進みます。
 岩盤切岸に沿って進む形になります。


イメージ 10
井戸まで辿り着きました。
 周囲を岩盤切岸によって囲まれた郭になります。画像正面上が土橋状の尾根になります。


イメージ 11
井戸の様子。だいぶ埋もれてますね。


イメージ 12
場所を変えまして、造海城の北端に向かいます。
 
ここは岩盤を開削して造られた空堀の遺構。 こんな物があるのかと空堀を前にただ感動してました。
 
 削り方が切り通しとは全く異なる荒々しさ。 これは遺構と判断して良いかと。


イメージ 13
堀底を進むと 何かが泥浴びをしたような跡を発見。・・それもさっきまで浴びていたような感じなんですね。 これはイノシシの仕業ですかね?
 
 実は造海城訪問中、何かが藪をかき分ける音が絶えず聞こえていたんですね。
 
 音源はこちらとは絶妙な距離を保っていうようで遂に姿は現さなかったのですが、心配な方は熊除けの鈴を持って訪城された方がいいでしょう。


イメージ 14
 岩盤開削空堀が造海城の遺構と判断できるもう一つの根拠として、岩盤上部に残る石積み遺構の存在があります。
 
 これは防衛的な意図で造られたものと言っていいでしょう。


イメージ 15
空堀を更に進むと、貯水池があります。
 これも岩盤を掘り抜いて造られています。


イメージ 16
更に進むと岩の虎口があります。
 その先は下段の郭になってます。


イメージ 17
虎口を下って見上げた様子。
 ここが造海城の冒頭で紹介した苔むした石段遺構になります。

 先ほどの岩盤空堀とは岩の加工精度が比較にならない程高いのが判ると思います。
 従ってこの石段も造海城の時代よりだいぶ後に造られたものと思われます。
 
 そうは言ってもこの景観は他ではちょっと見らえないでしょう。何度も登り降りを繰り返しては写真を撮ってしまいました。
 

イメージ 18
石段の先、やはり造海城とは関係のなさそうな石積みの基礎のような物。
 祠のような物が建っていたのか・・・


イメージ 19
基礎跡のある郭から土の切岸面を強引登攀して上段の郭に到達。
 この辺りは、山の斜面を段々に均して広い平坦地を確保しています。


イメージ 20
2の郭に向かいます。
 削り出しの岩壁と石積による虎口。動線を90度折りこんでます。


イメージ 21
少し記憶が曖昧なんですが2の郭の虎口付近の画像です。
 ここでも岩盤を削り出して郭の防禦性を確保してます。


イメージ 24
ちょこっと海が見えたので撮影。


イメージ 22
こちらは3の郭内部の様子。 造海城の最高所の尾根を利用して造られています。
 かなりの広さを確保されていますね。
ここで初めて日当たりの良い所に出ました。


イメージ 23
一旦土橋状に幅をすぼめてから4郭(主郭?)に至ります。
 主郭は藪々の為画像は省略します。


イメージ 25
帰りにトンネルを一枚撮影。 早朝と違って観光客で賑わっています。
 これでも人が少ないタイミングを待って撮影してるんですが・・・
 
ここは早朝に行って正解。(この画像の撮影は10時半頃です)


所要時間 3時間


造海城の評価は 5 とさせて下さい。

いつもならクドクドと書く縄張りやら虎口のウンチクは今回に限っては控えめになりました。

 ここ造海城は縄張りのギミックを見るよりも、全体の遺構としての雰囲気を楽しむのが最良かと。
 
 岩を砕いて造られた遺構群はこの地域特有なんでしょうかね、俄然房総の城に興味が深まった造海城でした。


  • こんにちはー!
    主郭が藪で見られないのは残念ですね。
    房総半島には熊はいないと思ってたが、いるようですね。
    早朝や夜はどうしても獣と遭遇する確率が増える。
    注意しなくてはならない。
    というか、この地域は冬も夏もあまり関係ないようですね、遺構を見るには。

    三時間かかるということは、半日潰れるますね。
    これは大変だ。

    馬《●▲●》助ヒヒーン♪

    [ 馬秀のすけ ]

    2019/3/18(月) 午前 6:57

    返信する
  • 冬じゃないとヒルに噛まれますしねぇ😁

    木こり氏が風下にいてた時、1メートルの至近距離でイノシシと鉢合わせしたそうです。
    音が有効でしょうね。

    こたつ猫

    2019/3/18(月) 午前 7:48

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。見事なるレポを感動しながら見ました!
    土木構造物ファンの私としては、よだれがでそうな遺構群でした。
    切り通しと、空堀を私も一日かけて巡りたいです。
    関西では、イノシシが掘った孔に近づくと、マダニが飛び移ってきて危険とよくいわれます。虫嫌いには、桜が散った時くらいからが恐怖の季節です。

    [ chinu ]

    2019/3/18(月) 午後 10:02

    返信する
  • 顔アイコン

    馬秀のすけさん コメ有難う御座います。
    ニアミスしたのは恐らくイノシシだと思います・・でも遭遇して突進でもさせたら命にかかわりますから、警戒は必要かと。

    3時間は、じっくり見て回った為ですね。険しい山ではないので見学は容易です、でも日当たりが悪いので冬以外の訪問は虫が大変かと。

    黒鍬

    2019/3/21(木) 午後 11:30

    返信する
  • 顔アイコン

    こたつ猫さん コメ有難う御座います。
    突然遭遇したら恐怖ですね。今回は向こうが気を遣って適度な距離を保ってくれたので問題は発生しませんでしたが。

    黒鍬

    2019/3/21(木) 午後 11:32

    返信する
  • 顔アイコン

    chinuさん コメ有難う御座います。 中世・幕末・近代(私的妄想ですが)と重層的に遺構が存在して、そのどれもがいい味をだしてるんですね。 ちょっと日本らしくない所もポイントでしょうか。
    マダニですか・・滋賀の小谷城でやられたことがありますが あれは恐怖ですね。
    造海城は日当たりが悪く湿気が多いので暖かい時期になったらマダニにも十分な警戒が必要でしょう。

    黒鍬

    2019/3/21(木) 午後 11:37

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事