ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全65ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

鎌形八幡神社

訪問 2018年3月

駐車場 無し(駐車スペースあり)
案内板 有り


 急に神社の紹介なんてどうした? と思われそうですが大蔵館で登場した木曽義仲 繋がりです。
 
 鎌形八幡神社は前回紹介した大蔵館から西へ2キロほど移動した先にあります。
 
 ここには「木曽義仲公産湯の清水」と伝わる湧水があると聞き、どんなものかと足を伸ばす事にしました訳です。


イメージ 1
  鎌形神社本殿より撮影


場所は以下のURLを参照して下さい。


イメージ 2
鳥居の前から撮影。
車はこの鳥居脇の空スペースに停めさせてもらいました。


イメージ 3
さっそくの幟旗。
 
 嵐山町は中世城郭やら歴史上の人物の生誕地など、色々あって羨ましいですねぇ。 なんで我が町には何もないのか・・


イメージ 4
鎌形八幡神社の解説です(画像拡大できます)


イメージ 5
ウォーキング愛好家用に撮影しました。


イメージ 6
本殿は石段を上った先にありますがその手前に注目。


イメージ 7
石碑もあるのでここでいいのかな? でも清水が湧いてないですね。


イメージ 8
何か奥にあります。


イメージ 9
霊験ありげな感じですが詳細は不明です。


イメージ 10
石積みがあります。 石の加工が小倉城の石積みを連想します。


イメージ 11
本殿の様子。 彫刻が素晴らしい。


イメージ 12
本殿の解説です。


少しばかり中途半端な内容ですが 鎌形八幡神社編は終了です。
 雰囲気の良い神社なので城巡りのついでに立ち寄られてはいかがでしょうか?


大蔵館

訪問 2018年3月

駐車場 無し
案内板 有り


埼玉のお城紹介はこの大蔵館跡で一旦終了になります。
 
 大蔵館は平地に築かれた中世武士の館跡といった趣を残す比較的単調な縄張りを持つ城郭遺構になります。

 杉山城に代表される技巧的な縄張りを持つ比企の中世城郭群の中では比較的地味な存在の大蔵館ですが、ここは歴史的に重要な人物の生誕の地と言われています。

イメージ 1
 土塁線上に建つ大蔵館の石碑


場所は以下のURLを参照して下さい。


イメージ 2
大蔵館は県道に面しているのでアクセスは容易です。
 土塁があったらそれが大蔵館。


イメージ 9
石碑があります。


イメージ 3
大蔵館の案内板です(画像拡大できます)


イメージ 4
大蔵館の歴史についての解説。(画像拡大できます)
 
案内の後半に記載されてますが
 大蔵館は源平の戦いで活躍する 木曽義仲生誕の地 とされています。


イメージ 5
現在 郭の内部は大藏神社になってます。


イメージ 6
現在でも土塁はかなりのもの。


イメージ 7
空堀も深いです。


イメージ 8
外側から土塁線を撮影して終了です。



大蔵館の評価は 2 とさせて下さい。

 周辺にある比企の超絶技巧的なお城ばかりを見ていると、大蔵館の遺構が地味に見えてしまうのですがこれだけの土塁と空堀が現存しているのはかなり貴重です。

 木曽義仲公生誕地という伝承を持つだけでもこの遺構の長い歴史を感じさせられます。



前回の 金鑚御嶽城1 では神社とご神体の紹介で終わっておりますが、今回からお城に突入しますので内容が一気にマニアックに変わります。


イメージ 1
赤い線の所からスタート。


イメージ 2
東郭の鞍部を抜けて尾根道を登ります。
 この辺りからほぼほぼ参拝者がいなくなりますねぇ。


イメージ 3
やがて小規模な堀切が現れます。
 堀切の7番と推定。 


イメージ 4
堀切の5番の様子。 
主郭直下の堀切という事でかなりの規模で掘り込まれてます。


イメージ 5
見上げるとこんな感じです。 
斜度が凄まじいですね、本郭へロープを頼りに登ります。


イメージ 6
到着した本郭内部(御嶽山山頂)の様子。狭いですね。


イメージ 7
標高はこのくらい。 土塁は回してなかったのかな?


イメージ 8
樹木が邪魔して下界の眺めはあまりよろしくありません・・


イメージ 9
主郭を降りて2郭を目指す事にします。


イメージ 10
主郭背後は元の地形を削り込んで切岸地形に改変されています、ただ藪々の為全容はちょっと良く解りません。


イメージ 11
2郭はかなり広い面積が確保されています。


イメージ 12
土塁も明瞭に残されています。


イメージ 20
その2郭で忘れ物を発見。


イメージ 13
2郭先の縄張り図「岩」方向を見下して撮影。 
 ここから岩にかけて支尾根が延びているのですが・・果たしてどうやって降りたものか?


イメージ 14
道はないけど強引に降ります。


イメージ 15
この「岩」ですが鏡岩と同じように表面が平滑になってまして私は勝手に「第二鏡岩」と名付けてしまったのですが・・足元の斜度が厳しく正面からの撮影はできておりません。
 天然の城壁みたいなもんですね。



イメージ 16
「岩」の下、岩盤を若干開削して造らた堀切の2番。


イメージ 17
支尾根は堀切の先まで段郭を幾つも設けて厳重な防備がなされています。


イメージ 18
2郭に沿って岩盤が剥き出しになって・・どうやって戻ろうかと思案中。


イメージ 19
結局 かなり強引に戻りました。


イメージ 21
一旦2郭に戻り 別の支尾根を辿ります。
 その途中にある石積み遺構。


イメージ 22
こちらは堀切の3番。 


イメージ 23
こちらはその先の堀切4番。 かなり大規模に掘り込まれてます。


イメージ 24
その先は物見台ですかね、小ピークがほぼ自然地形のまま残されてました。




イメージ 25
ここからは黄色い線のルートになります。
 主郭のここから降ります。


イメージ 26
降りてすぐ分岐を右で黄色ルートの支尾根道になります。


イメージ 27
支尾根を辿るとすぐに現れる巨大堀切。堀切8と推定。


イメージ 28
尾根上は人為的に広く均されたような地形が続きます。
 ただし均し方はかなり大雑把。


イメージ 29
平場2 方向を撮影した画像です。
縄張り図では石積み遺構があると記載されてますが藪が酷く全く判りませんね。


イメージ 30
道が荒れてきたのでここで引き返します。





イメージ 31
ここからは青い線のルートになります。
尾根鞍部から法楽寺跡を経由して御嶽神社へ戻ります。


イメージ 32
途中にある「平場」の様子。今は古い石積み遺構だけが残ります。


イメージ 33
法楽寺跡の様子。 今は庭園らしき跡と標柱が残るだけ。


所要時間 2時間半


金鑚御嶽城の評価は 4 とさせて下さい。

 なんとも前置きが長くなってしまいましたが、ここはお城だけを見て回るには勿体ない所ですね。
 長いご神体としての御嶽山の歴史も味わってもらえれば尚良いと思います。

 さてお城に関してですが、聖なる山に土木工事を施して城を築くのは どうなの? 現代の感覚でなりそうですが、当時は神仏のご加護を受ける城だから落城しない とか思われていたのでしょうかね? ちょっと推測ですが。
 
 実際に冒頭で紹介した多宝塔、これを寄進した阿保弾正全隆は城に籠って後北条氏と激しい戦いを繰り広げてます。
 

金鑚御嶽城

訪問 2018年3月

駐車場 有り(神社駐車場)
案内板 無し

 ちょっと記事のアップが遅れましたが引き続き埼玉のお城紹介と参ります。
 
 さて今回の金鑚御嶽城、又しても難読漢字の登場ですが「かなさな」と読むそうです。
 
 ウィキによると「かなさな」は金砂(砂鉄)を語源とするそうです。この地は製鉄、武器の製造などと縁があるのかも知れませんね。
 
 金鑚御嶽城のある御山は、麓にある金鑚神社のご神体の山になります。
この神社がまた由緒ありまして武蔵国五宮(一説では二宮)と言われ訪問時も参拝者で賑わってました。
 
 はっきり言ってお城目的で訪問する人はかなりレアでしょうね。まぁ長い金鑚神社の歴史の中で、ご神体が城郭化されていた期間など微々たるものでしょうし。

 どうでもいいのですが・・・金鑚 が変換しなくてどうにも困りますねぇ・・


イメージ 1
  山 石仏群

場所は以下のURLを参照して下さい。

城の立地は埼玉県の北西端に位置します。
 当時も武蔵国の上野国との国境になり、後北条氏と武田氏によって激しい争奪戦が繰り広げられた城として名が知られています。 
 詳しい歴史は省きますので興味のある方は調べてみて下さい。


イメージ 2
今回の訪問は迷う事はありません、金鑚神社に行けばよろしいです。
 国道からも良く見えるこの鳥居を潜った先に参拝者用の駐車場があります。


イメージ 3
参拝の前にまずは由緒ある多宝塔を見ましょう。


イメージ 4
の 解説(画像拡大できます)
1534年の寄進という事は、戦乱の世の真っ盛りの時代ですね。 よくぞ戦火を逃れたもんです。

イメージ 5
建築マニア向けのアングルです。


イメージ 6
折角なので金鑚神社をお参りしてからお城に行きます。
 と、言いますかルートが神社の裏手からスタートします。


イメージ 7
全体のレイアウト。


イメージ 8
金鑚神社の解説です(画像拡大できます)
 解説の後半にありますが、本殿を置かない古風な形式を持つ神社だそうで、 大神神社や諏訪大社と比肩するようですね。
 金鑚神社なかなか歴史が深いように思えます。


イメージ 9
お参りを済ませます。


イメージ 10
神社の裏手からいよいよお城へのアプローチになります。
まずは右ルートを辿り鏡石を目指します。
 ちなみに左ルートは法楽寺跡方面になります。


イメージ 11
良く整備された道です。 
御嶽山中腹にある「鏡石」までは足を延ばす参拝者も多いので整備が行き届いいているのでしょう。


イメージ 27
 位置関係が判り難いので「関東の名城を歩く・南関東編」の図を拝借して掲載します。
 

イメージ 28
今回のルートを加筆。 図上のオレンジ線を辿って金鑚御嶽城を目指します。


イメージ 12
途中省略しまして鏡石に到着です。
 天然自然の岩肌にしては極めて滑らかな表面ですが、鏡とはちょっと言い過ぎにも思えてしまうのは不心得者でしょうか。


イメージ 13
鏡岩の解説です・・これ、国指定の特別天然記念物です。

 あれ、さっきの案内板では「鏡石」って書いてありましたが、「鏡岩」で正解ですかね。
 城とのエピソードも残っているようですね。


イメージ 14
更に登って尾根の鞍部を目指します。


イメージ 15
鞍部に建つ標識。
 御嶽山が城郭エリアですがまずは岩山展望・弁慶穴とやらを見る事にします。


イメージ 16
登って来た道を振り返って撮影。
 付近が虎口に見えたから撮ったんですが、恐らく違いますね。


イメージ 17
鞍部の先は東郭と岩山になります。
 東郭には明確な遺構はありませんがその代わりに夥しい数の石仏が祭られています。


イメージ 18
それぞれに寄進者と村の名前、寄進年が刻まれています、江戸時代が多いですね。


イメージ 19
石仏群の解説です(画像拡大できます)


イメージ 20
他にもまだまだ残っていて見ていて飽きません。


イメージ 21
さて、弁慶穴を探して岩山を探索。


イメージ 22
これですかね? なにも書いてませんが。


イメージ 23
岩山の山頂です。


イメージ 24
絶景ですね、地球にやさしいソーラー発電所が自然を破壊して造られている人の業までが良く見渡せます。


イメージ 25
振り返ると金鑚御嶽城の主郭部が見えます。


イメージ 26
岩山山頂にある御嶽山俯瞰図。


金鑚御嶽城2 に続きます・・・って 城の紹介全然できてないですねぇ



ではでは千馬山城1の続きと参ります。


イメージ 1
再び登場の現地縄張り図。
 この案内板ですが、城の歴史などは一切触れてないんですねぇ。

 一般的にこの位の戦術級の山城では城の築城者・築城年・用途が明確に判明してるケースは極めて稀です。
 
 従って、地元の教育委員会が城址に建てる案内板は、「〇〇と伝わる」と語尾を濁して伝承を載せるか、潔く解説を全て省くかのいずれかになる場合が多いですね。

 この千馬山城の歴史ですが、「関東の名城を歩く南関東編」では築城は16世紀中頃から末、築城者は用土新左衛門。 築城目的は後北条氏の秩父支配の為、 とあります。

場所柄 後北条氏との関連性は間違いないでしょう、特に荒川をそのまま下れば北条氏邦居城の鉢形城に至るので。


イメージ 2
主郭の裏側(西北の尾根道)に降ります。


イメージ 3
降りて主郭を見上げて撮影。
絶壁と言ってもよい切岸によって裏側は守られいます。


イメージ 4
ここにも半ば埋もれた石積み遺構が残ります。


イメージ 5
西北の尾根道は細尾根を利用した郭です。千馬山城の搦め手でしょうかね。


イメージ 6
こちらは2郭から東の郭Ⅱへ降りる道がある辺りの堀底・・縄張り図にある道は消滅しているのか虎ロープで通行止めの措置が取られています。


イメージ 7
東の郭方向は諦めて3郭方面へ向かいます。
 こちらは2郭と3郭方面を分ける堀切。


イメージ 8
3郭の先端を目指します。


イメージ 9
絶景ポイント。荒川流域が良く見えます。


イメージ 10
こちらは3郭と城外を分ける2重堀切の様子、ですが光の加減と撮影の下手が合わさって判り難いですね。


イメージ 11
石積みで補強されていた痕跡があります。


イメージ 12
戻りながら再び、東の郭 への道があったと思しき場所を再度撮影。
 降りたら道の痕跡くらいは残っているかな? と


イメージ 13
好奇心に負けて竹藪に突入です。
画像は少し降りてから振り返って撮影したもの。
 
 予想どおりと言いますか、道なんて全くありません・・・とにかく荒れ放題の竹藪ですね、真冬以外は大変な目に遭いそうですよ。


イメージ 14
それにもめげず石積みを発見。


イメージ 15
 段々の小郭群と竪堀があるようですが、藪が酷くて縄張りの全体像を掴めず。


イメージ 16
下の方にまだ段郭は続きます。 が、ちょっと降りられないです。


イメージ 17
小郭の一つ。


イメージ 18
 いやいや 〜 ちょっともう限界です。  

 だいぶ判断が遅いですがここで撤退です。


所要時間 1時間半


千馬山城の評価は 4 とさせて下さい。

 廃墟と化したお隣の天神山城よりは多少の整備がなされている分、城巡りはまだましと言う所でしょうか。
 それにしても、城に辿り着くまでが判り難い事。
 
 折角 関東では珍しい石積み遺構が残る山城なのでもう少し整備されてもいいかと思いますが。

 随所に残る石積みを伴った堀切等はこの千馬山城の見所の一つと言えるでしょう。

全65ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事