ここから本文です
フィリピン・ネグロス島でサトウキビ栽培!
49歳でサラリーマンを卒業。フィリピンでサトウキビ畑を始めました。

書庫日本での話

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

退院から1か月…。

25日に退院してから1か月ほど過ぎました。
 
その後、特に変わりなく以前と同じような生活を…

していません(笑
 
仕事の方は1月に入院した時点で全てキャンセル(大泣。
まぁ、しゃぁないですね。
いつ退院できるか分かんなかったですから…。
そして、退院後…
「あのう、元気になったので…また仕事の方を再開します〜」
と連絡を入れますが…
「暫くは無理をせず、体を労わってください」
と全ての方から優しいお言葉を。
結果、2月は1本の仕事も入ってきませんでした。(ガーン!)
 
「焦っても仕方ないし…。よし、2月はリハビリ月間にしよう!」と決めました。


そもそも、今回の心筋梗塞は何故起こったのか?
「心筋梗塞の原因」をググると…
【心筋梗塞の危険因子】

高血圧

脂質異常症(高コレステロール)

運動不足

糖尿病(高血糖値)

肥満

喫煙

遺伝

【心筋梗塞にかかりやすい性格】

ガツガツ仕事する

人との競争が好き

短気な性格

⑪責任感が強い
と、出ていました。
 
私の場合…
②③⑤⑥⑧⑨⑩⑪が当てはまります。
医師に言われたのは…特に②です。
救急搬送された122日のデータでは…
・総コレステロールが220        (130219
・中性脂肪が235            (50149
・悪玉コレステロール(LDL)が158 (70139
・善玉コレステロール(HDL)が30  (4070
・悪玉/善玉比 158/30=5.3     (02.5
という数値でした。()内は基準値
 
先日見たTVでは、悪玉/善玉比が2.5以上だと血管にプラークが出来る確率が非常に高くなると言ってました。プラークというのは血管の内側にできる瘤のことです。この数値が、なんと5.3(驚
血管内にできたプラークは、傷ついたり亀裂が入ったり…
ここに血栓が生まれます。そしてやがてこの血栓が血管を塞ぐと…
心筋梗塞、脳梗塞を引き起こすというわけです。
イメージ 1


これが私の直接の原因でした…。
 
そこで…。
先ず禁煙。

喫煙は動脈硬化を引き起こしプラークを発生しやすくします。同時に善玉コレステロールを減少させます。

やばい、ヤバイ!
善玉コレステロールはなかなか増えないんですよね〜。適度な運動(有酸素運動)やポリフェノールの摂取なんかが有効と言われていますが、本当に増えるには時間が掛かります。大事な大事な善玉を守るためには「禁煙」が手っ取り早い方法です。

次に18,000歩の散歩。この散歩中に5分間だけ早歩きをすることが必要だそうです。1万歩以上とか多すぎてもダメだし、有酸素運動にならないゆっくり歩行ばかりでもダメだそうです。
 
そして、悪玉コレステロールを減らすために…
これは食事療法です。
悪玉コレステロールは「水溶性食物繊維」によって血中から連れ去られるそうなので、毎日納豆や海苔を食べています。更に肝臓に運ばれて処理されるそうなので、タウリンを多く含む食事(牡蠣とかイカとか)を多めに摂るようにしています。
 


こんな生活を続けた結果…
2月末の検査では
・総コレステロールが166        (130219
・中性脂肪が151            (50149
・悪玉コレステロール(LDL)が110 (70139
・善玉コレステロール(HDL)が36  (4070
・悪玉/善玉比 158/30=3.1     (02.5
という数値になりました。

やっぱり課題は「善玉コレステロール」
1か月くらいの取組みではなかなか増えません…ガクッ!
 


3月に入り、徐々に仕事も入るようにもなり…
外出することも多くなりましたが、
2月に引き続き、食事療法と8,000歩のお散歩は継続中です。
「抜け始めて初めてわかる…髪は長〜い友達」
じゃなかった、病気になって初めてわかる健康の大事さ。

もう若くもないので…
これからは自分の体を大事に使いながら、元気に暮らしていきたいと思います〜〜〜!

今日から仕事始め。

何故か、返信コメントが書けません…(謎
「送信」すると「システムエラー」だって…。
う〜ん、恐るべし!
    パナイのご老人の呪いなのか!?



さて、本日から仕事始めです。

去年の3月に日本に戻ってから…それまでの自分に心境の変化が。
それは…仕事って、やっぱり楽しいなってこと。

サトウキビも仕事だけど…
それは自然との闘い。
全く違う国民性との闘い…。

日本のそれは、
「求められている」実感。
「誰かの為に役に立つ」という幸福感…。



う〜ん…
イメージ 1

う〜ん…
イメージ 2


う〜ん…



今後どうするか、決める1年になりそうです。

(と言っても、畑を止めることは無いですがね〜)

ご報告。

皆様、ご心配をおかけしました…。
無事に昨日、親父の手術が終わりました。


「胃瘻」と言うと、もう寝たきりになるイメージでしたが…
最近?は、着脱式??
食事の時だけ、チューブを繋ぐそうですね。
それ以外は、邪魔なチューブもなく…
入浴やリハビリなんかも普通に出来るそうです。



次に帰国する時には、元気な姿が見られると良いなぁ〜(^0^)

決めました。

親父のこと…

決めました。

と言っても、なんだか一人で早とちりしてたみたいです(恥ずかち)



「胃瘻」と聞いて、Netを調べてたら…
「こりゃ、ベッドに寝た切り…?」
「延命治療…?」
「人間の尊厳…。」
と、勝手に思い込んでた…みたい。

姉貴からのメールを冷静になって読んでみれば、「寝たきり」「延命治療」なんて言葉はどこにも出てなかった。

今日、姉貴との(メールの)会話が、ど〜も噛み合わんなぁ〜?と、
「寝たきりになるんでしょ?」と改めて聞いたら…
「アホ!勝手に自分の親を寝たきりにするな!」と怒られました。


胃瘻の手術をしても日常生活には支障が無いそうで…(なんじゃ、そりゃ!?)
親父も手術を望んでいるとのこと。(意思表示は出来たらしい)
なにより同じ施設に入所したお袋が、親父の帰りをじっと一人で待っている…

ということで、手術をすることになりました。



ただ…肺炎を起こして入院して2週間。
体力がかなり落ちているようで…
胃瘻手術をして、どこまで回復できるかは…

「神のみぞ知る」

ということらしいです。


決して手放しで喜べるというわけではありませんが…
少しだけ、少しだけ光明が見えてる…そんな感じです。
こうなったら俺もウダウダしてる場合じゃない!
遠いフィリピンからではありますが…

「頑張れよ!親父!!」(^0^)…デヘヘ。
少し、少しの間…

(^0^)…こういう気持ちになれるまで、

記事をお休みさせて頂きます。

また、頂いたコメントへの返コメもせぬままではありますが、

(^0^)がっはっは…という気持ちになれず、

誠に申し訳ありませんm(_ _)m




先日のPayasoさんの記事を読み「絶句」。

しばし呆然としていた時に、日本にいる姉貴からテキストが…。
数週間前から施設から病院に移って、入院している父親に関するものでした。

嚥下障害を起こしている父、それが元で異物が肺に入り肺炎を起こしての入院でした。

医者の話では、胃瘻の手術をした方が良いのでは?と。

しかし、胃瘻と言えば…父の年齢では延命措置に近いもの。

生前から一切の延命措置をしない!と宣言していた父。

その通りにすると…衰弱死が必ず訪れます。

今、父は自らの意思表示が出来ない状態…



どうするのか?
どうしたら良いのか?


姉弟揃って、悩んでいます…。

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事