全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全787ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

漆塗りの朝

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

うす暗く雨が降ってましたが明日から信州甲州に出かけるのでどうしても形を整えて漆塗って出かけたく5時半に市内出て北山へ、雨も止み薄日が差して来たわずかに残った花どもが朝陽に輝き出迎えてくれる、さー!張り切ってやるぞ! 
イメージ 5
もう私の道具と腕と体力では凹面の裏をスッキリ面を出す力無し、黒漆で今回は始末
イメージ 6
外面は生漆で捨て漆
イメージ 7
ひびや割れはサビで埋める、これも景色と割り切る
イメージ 8
11時終了これで帰ってくる頃には乾くでしょう、これから漆化粧どうするかまだ考えていません、甲州、信州の自然で刺激受けるかも。

*ブビンガがどの位固いか?高さ34奥行き45幅90cmこれが私に持てない!削る前の一枚板の時にはチェーンブロックで吊り下げしてました、二人でも無理!これだけ目が詰まってるので凄い硬さです。

この記事に

開く コメント(2)

天板平面だし

イメージ 1
天板の平面だし、電気鉋で粗削り段差を手鉋で調整、硬いけど横擦りは結構気持ちよく行きますが両サイドの筆返しが有るためにその近くが中々大変!
イメージ 2
3時間削り倒して未だこんなです、電気鉋は便利で早いですが後が大変!それも腕でしょうね、私はだめです。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
寸八、寸六、寸3そろい組千代鶴です、便利なのは寸3、好きで切れ味が良いのは寸六、寸八は指が折れそうなくらい疲れ夜にシップです。
流石です他の鉋は鋼が悪いのか腕が悪いのか硬いブビンガの上を滑って削れません。
イメージ 6
久し振りに研いでは削りの繰り返しをこの三本でやりました、手前のカーブの面もお世話になりました厚さ40cmの一枚板なんて国産では見つからずブビンガになりましたそれもアッチコッチ割れやヒビです、でも一度は一枚板から削り出すのが夢でしたので贅沢言えず承知で使ってます。
イメージ 7
筆返しのカーブは豆鉋で細工しましたが凸凹だらけそれをサンダーで調整ですが硬くてうまくいかず困ってました、早朝夢覚めの時間にそうだ!凸鉋有るじゃん!思い出し跳ね起きて作業場へ!有りました、これで最後の難関突破!
イメージ 8
つごう三台の電気鉋壊しこれだけの手鉋でやっと終了、
イメージ 9
イメージ 10
上が作りたかったオリジナル幅が狭くて習字は書けない、二代目は足継ぎで作りましたがすぐに大徳寺の塔頭にお嫁に行ってしまいました、どうしても一枚板から作りたい!結局は余りに硬く工作難しく思うようなスッキリの曲線は出せずどっしり構え型になってしまった、国産の柔らかい広葉樹が有ればもう一度挑戦です。

この記事に

開く コメント(2)

とよ川

イメージ 1
美山山荘、和久傳、白沙村荘と腕を振るってきた中村さんが東山安井にお店を持ちました、今晩はそのお店に
イメージ 2
東山安井の夜なんて10年ぶりくらいかな、この時間になると人通りも少なくなり本来の京都らしい姿になり良いんですが私は遊び人じゃないので来ることが無いのですが今回知人がお店を開いたので来れる機会が増えそうです我が家のお墓もこの近くに有るので早速母の一周忌の後の食事を依頼してきました、歳とるとこんな静かな京町で一杯は良いものです
イメージ 3
イメージ 4
カウンターが有り気楽に一杯行けそうです
イメージ 5
月心寺で鍛えたゴマ豆腐、渡り歩いた先で腕ふるい鍛えた料理、まさに京料理の味です。
イメージ 6
卵を持った落ちアユの塩焼きめっちゃ旨い!よく目利きしたアユ、こんなにうまいの初めてです、焼き加減が絶品!大体落ちアユの塩焼きは大きいいあゆがどってと出て来るのが普通ですが小ぶりでぴりーっとしまってます、粉引きの皿がまたいいですね。
イメージ 7
この風情最高!ここは石塀の道です、やはり安井は夜ですよ、近所に知ってる店で来て最高。

この記事に

開く コメント(8)

夕暮れの茅葺の里

イメージ 1
夕方4時過ぎに出て隙だったので美山に行ってみました、いつも昼ばかりで夕方も特に物悲しい夕暮れはどんなものかと。
そばの花が咲きもうそろそろ枯れてくれば刈り時です。
イメージ 2
秋の夜は更けてつだく虫の音に疲れた心いやす我が家の夕べ、、、、、、
イメージ 3
キバナコスモスが満開です
イメージ 4
民宿の御客もこの時間楽しんでいるだろう
イメージ 5
村はずれのお宮さん
イメージ 6
イメージ 7
夕餉の支度一日の疲れ癒すこのひと時奥さんの手料理待つ家族の様子が、、、、
イメージ 8
ここのシーン冬の方が感じ出るな、夕餉の支度ばかり見てると私も腹減った帰ろう。

この記事に

開く コメント(12)

イメージ 1
村の入り口の欅の大木も枯れて来たようです、葉だけでなく木自体が勢いが無くなって来たようです、来春はどうなるか?
イメージ 2
橋を渡った我が村は6軒だけ、あそこの御主人入院、あちらは市内の息子の所に行った、あのおっさんどうしたの?夏に死んだよ!あのおばさんが一番若いのでは?
イメージ 3
神社の脇に吊るしてある、何に使うのか?
イメージ 4

遂にこの家も空き家か!この間までネコが三匹池には緋鯉が泳ぎ花が満開だったのに、どんどん空き家が増えて年寄ばかりになって来た、日本の現状だね特に田舎はひどい!わびしいね〜
イメージ 5
ここもだ!スモークツリーが咲いてオシャレな感じだったのに、願わくばすまないのなら壊して更地にしてほしい!余りに寂しすぎる。
イメージ 6
イメージ 7
それでもこんな色が有るとほっこりします。

この記事に

開く コメント(2)

全787ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事