shuutanの釣行日記

北海道の投げ釣り釣行記!
8月31日(金) 小樽港北浜岸壁のチカ・サバ・イワシ

サヨリの30cmクラスが上がっているようなので、竿を出して見ることにしました。
サヨリの30cmクラスは、7年前(H23年、東北大震災)の時に、色内埠頭で上げましたが、それ以降自分は目にしていませんでした。
10時に家を出て、10分で北浜岸壁ヘ到着。
今日は朝から雨が落ちていたせいもあり、まだ釣り人は多くなく、半分以上空いている状態でした。

一旦近くのお店へコマセを買いに行き、戻ってきてから「さて、どこを釣り座にしようか」迷いましたが、
前回と同じ場所(係留船の横)が空いていたので、そこに入りました。
竿を出したのは、10:30を過ぎた頃です。

< 10:50 釣り座位置から左手側 まだ空きスペースは結構あります。 >
イメージ 1

< 同 右側 〜隣に若者2人組が入りました。 >
イメージ 2

スタート時は、周りも全く釣れてない状態で、サバはおろかチカも掛かって来ない状況が続きました。
それでもチカ5号針にアミエビを擦り付けて、仕掛けを下し続けました。
しばらくは魚の反応が全くありませんでしたね。
ウグイも、フグも掛かって来ませんでした。
11時過ぎにようやくチカの反応が。
上がって来たチカは前回よりもサイズアップで、これならまあまあか。
< 11:28  チカが10尾を超えました 。 >
イメージ 3
 
この後もチカ以外に掛かる魚は無く、「今日は、孫たちのリクエストもあるのでチカ釣りに専念しよう」と覚悟しました。

< 13:05 次第に込み始めた釣り場 左手 でもまだ入る余裕はあります。 >
イメージ 4

< 13:05 釣り座の右手側 >
イメージ 5

13時を過ぎた頃から、周りでサバが1尾、2尾と上がり始めました。
こうなると、もうチカに構っていられません。
オマツリ回避のため、2本出していた竿1本を仕舞い、5.3m3号竿のチカサビキ仕掛けを外して、イワシ・サバ用5号針仕掛けに交換です。
本来は、この針にアミエビを擦り付けた方が効率が良いことは分かっていました。
でも、自分はやっぱり仕掛けの上にコマセアミネットを付けて釣るスタイルが体に染みついているので、今回もこのスタイルになってしまいました。
案の定、数釣りに関しては今回もまだまだの結果でした。
お隣の方は、アミエビ擦り付けスタイルで、確実に魚をヒット、自分の倍くらいの数を上げられたのではないでしょうか。
次回は、自分のスタイルも要検討ですね。

今日の回遊は、最初は、小サバ、マイワシが同時或いは交互に掛かってくる様相でした。
どちらが上がるか分からない面白さがあります。
しかし、途中からコサバが消えて、マイワシ一色の展開となりました。
入れ食いとはなりませんでしたが、それでもまあまあのペースでイワシは上がり続けましたね。
フグは3尾程度、ウグイは今回自分の竿には掛かりませんでした。

16時 今日はここで納竿としました。

< 本日の釣果 ① チカ 38尾 〜これでも孫たち3人には「アッと」言う間の食卓かな >
イメージ 6

< 同 釣果② コサバ9尾 マイワシ30尾(代表選手のみ登場)〜外に頂きもの10数尾 >
イメージ 7

残念ながら、サヨリはこの時間帯では見ることが出来ませんでした。
今日はチカで終わるのかなと思いましたが、後半コサバ、マイワシの回遊があり楽しめました。
それにしても、今年のマイワシの長期滞留には驚きですね。

さて、サヨリとの遭遇はできるのかな?



この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

8月27日(月) 小樽港北浜岸壁のコサバ釣り

いつも貰ってもらっている近所のおばちゃんから「魚」のオーダーがありましたので、出掛けることにしました。
北浜岸壁に到着は、1:00を回った頃でした。
右岸にいつものとおり漁船の係留があり、その左側にベテランの常連さんが竿を出したところでした。
もっと釣り人が来ていると思ったのですが、他には日清工場の手前辺りに1人がライトを点けているだけでした。

曇り空が続く予報でしたが、雨が落ちてきています。
家を出るときに路面が濡れていたので、カッパ持参で来ましたが正解でした。
常連さんに声を掛けて、その方の左側に並べて竿を出すことにしました。
「いやー、今日は誰もいないんだものね。何だか寂しかったけれど、来てくれて良かった。」と常連さん。

今日は、前に購入したLEDライト20W(1700lm)のテスト点灯の意味もありました。
ニシンの時に使用していた500Wのライトに比べるとかなり暗い感じですが、魚が集まってくるのが見えています。
時折、大きな魚影が走りますが、ウグイなのかはたまた大サバなのか判定はできませんでした。
常連さんは、さすがに手慣れていて切れ目なくコサバを上げ続けていました。
サビキ仕掛けでアミエビの擦り付けが合っているようです。ただ針サイズが小さめなのか大きな魚は針から外れているようでした。

自分は、4.5m3号竿では、5号針サビキで下にコマセカゴを付けたり、上にコマセネットを付けたりしてみましたが、どうも今一つの反応でした。
もう1本は、5.3m3号竿、8号サビキ針で上にコマセネットを付けて、これをメインにサビいていましたが、なかなか常連さんのようにはコサバが掛かりませんでした。
それでも3:00頃、大きな魚影が見えましたのでこれに狙いをつけるとググッと力強い手応えがあり、30cmクラスのサバが上がりました。
これが今回釣りたかった魚でしたので、「心の中でヤッター」と叫んでしまいました。
その後何とか、もう数尾このクラスを上げたくてサビく仕方も変えたりしてみましたが、この1尾で終わりでした。
小雨模様の雨が降り続き、ここまでカメラを出していませんでした。

< 5:27 ようやく空が明るくなって来ましたね >
イメージ 1





< 釣り座の左手側 >
イメージ 2





< 釣り座右手 1時から一緒に竿を出した常連さん >
イメージ 3
もうクーラーには、かなりコサバが詰まっています。

< 5:59 いつもの時刻に係留していた漁船が出航 >
イメージ 4

明るくなってからは、フグが多く混じり出しました。
アカハラは、それほどでもなく3尾ほどでしたね。
7時前、常連さんがお帰りでした。
「クーラー満タン」で3桁は軽く超えていたようです。
お疲れ様でした。

自分は、コマセブロックもまだ十分あるので、もう少しコサバの引きを楽しむことにします。

この日は、出入りも含めて北浜全体では10〜15人ほどの釣り人でした。
断続的な小雨が続いていたせいもあり、イワシフィーバーの時のような盛況ではなかったですね。
イワシは、この日、自分がいた時間帯では姿が見えず、コサバオンリーの様相でした。

8:30 近所のおばちゃんに持ち帰るコサバもそこそこの数になったようなので、ここで納竿としました。

< 本日の釣果 30cmクラスサバ1尾、22cmを頭に平均20cmほどのコサバ44尾でした>
イメージ 5

② ( この外に10尾ほどのコサバあり、チカは小さいものが多く8尾でした。 )
イメージ 6

後から、自分の左横に入られた方も、アミエビ擦り付けでコサバを上手に上げていました。
コマセネットなどよりもこの方法の方が数を上げれそうです。
ただ、擦り付けにするには針の号数を4号くらいまでにすることも必要で、大きなサバが掛かった時にバラス危険もあります。悩ましいところですね。

さて、孫たちからは「この間のチカが美味しかった。」とのリクエストもあり、どうなりますか。
フグ対策で夜間の「本命狙い」もしてみたいところですが・・・・・・。




この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

8月18日(土) 小樽港南防波堤の釣り

今日は土曜日ですが、お盆のお寺参りも終わり、なまった腕を戻そうと出掛けることにしました。
勝内埠頭で竿を出そうと思い行って見ると満杯。
さすがに土曜日で、ファミリーも含めてたくさんの方が竿を出していました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イワシは上がっていないようですが、チカが釣れていました。

ここから、南防波堤を見るとそこにはあまり釣り人が乗っていないようです。
今日は、南防波堤で竿を出して見ますか。

5分も掛からずに南防波堤基部に到着。
先端方面が空いているようなので、そこを目指します。

今日は、4,2m竿2本、4,5m竿2本の計4本出し。
ラインは、PE0.7〜1,0で、錘は25号。
仕掛けは、自作仕掛け2、市販2で、餌は塩イソメです。
本命狙いが何かは、仕掛けからご想像にお任せします。
4本の竿を出し終えたのは、11:30過ぎでした。

< 12:10頃 先端からやや手前の釣座位置。 先端には1組2人の釣り人がいました。 >
イメージ 4

< ② 基部方向には、5組ほどの釣り人がいます。 >
イメージ 5

風は、北西で左横から少し強めでした。

< 12:15 自作仕掛けにフグ。仕掛け針が2本切られています。 この前にフグ2尾リリース済 >
イメージ 6

< 12:55 市販仕掛けにもフグが。針1本切られています。 >
イメージ 7

< 13:00  同じく市販仕掛けにフグ。 針1本切られ。 >
イメージ 8

どうやら、海の中はフグの大量発生のようです。
家の裏の庭では、草木の紅葉が既に始まっていますが、海の中はまだ夏の名残ですね。

フグが掛かるのは覚悟の上ですが、ここまで仕掛け6本の針をかなりの数切られてしまいました。

多分、底に着底する前にフグの猛攻が始まっているのでしょう。

これ以上、続けてもこの状況が変わる見込みは望めませんね。
短時間でしたが、ここで納竿としました。


今回フグに仕掛けを大部やられてしまいましたので、補修してから再チャレンジしたいと思います。




この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事