shuutanの釣行日記

北海道の投げ釣り釣行記!
5月21日(月) 小樽港厩町岸壁のヤリイカ釣り

今日は、若干風がやや強い予報ですが雨の心配もないようなのでヤリイカ釣りに行くことにしました。
Kちゃんは、地方へドライブなので参戦できず。
ひよ父さんは、18時頃に札幌を出発予定とのことでした。

準備が出来たので11時に家を出発。
カミさんが「こんなに早く行くの」と不審そうです。
ホー〇ックへ寄り、アミエビピュアと小粒イサダを購入してから厩町岸壁ヘ。
両サイドを中心に釣人が固まっていますが、さすがにこの時間ではまだ十分入れるスペースがありました。
その中で、中央付近に比較的大きな空きがあったので、今回はそこに釣り座を構えました。
ここで大失敗。あれだけメモをして準備したのに、リールを忘れてきてしまいました。
幸いサビキ仕掛けのコンテナの中に5個の小型リールがあったので、何とかそれでやりくりすることに。

< 12:40 釣り座① 左手 >
イメージ 1

< 釣り座② 右手 >
イメージ 2

左の竿2本は、間違ってホッケの居残り組がいたらとの狙いで、コマセカゴ(アミエビ+イサダ)、サビキ6号針3本と自作胴突き仕掛け13号カレイ針2本、餌にマグロを付けています。
右の竿2本は、夕方からのヤリイカ釣りに備えて餌のチカを釣るためのもの。
サビキ3,5号針、アミエビ擦り付けです。

今日はホッケの姿を確認することが出来ませんでしたね。
もっとも潮の流れが少ないのか、カゴの中のコマセの出方が良くありませんでした。

チカも仕掛け投入後すぐに1尾掛かったのですが、その後あまりぱっとせず、夕方までで10尾ほどのストックでした。
この後、チカを餌にしたブランコ仕掛けを遠投したのですが、この日はチカに対するイカの反応が無かったので、10尾でも余してしまいました。

間もなく16時を迎えるので、ヤリイカ釣りの準備を始めます。

< 16:43 浮きが沈みヤリイカがテーラーにWで掛かりましたが、1尾落下残念。 >
イメージ 3

テーラーMサイズ2本、棒浮き3号で餌はササミの塩振り。

ここで事件が・・・。
テーラー仕掛け2本の外に、チカを餌にしたブランコ仕掛けを1本飛ばしていたのですが、どうも小型浮きの視認性が良くなくて、浮きを取り換えようと上げていた竿を離れた隙に、カモメに餌の串刺しチカを狙われてしまいました。
慌てて竿を押さえにかかりましたが、一瞬遅く竿が海面へ落下。
竿が海面に落ちたことで、カモメがチカを離し事なきを得ましたが。
サビキ釣りの時は、良く竿を落とす釣り人を見てきているので、ギャフをいつも持ち歩いているのが幸いしました。

18:00 ひよ父さんから連絡があり「これから出発、40分くらいで着く」とのことです。

< 18:43 ひよ父さんも参戦 >
イメージ 4

< 左隣の方は、札幌からのヤリイカ釣り師さんで、15時過ぎころに来られました。 >
イメージ 5

上手にヤリイカW,Wで上げていましたね。(自分が見たのは3回も)
「味の素が効果ある」と餌のササミに振り掛けていました。
実際、ヤリイカが味の素の美味しさに寄って来るのかも知れませんね。
そう言えばIさんも「塩イソメを作る時は、味の素を振り掛けるとイソメが千切れず長持ちする」と言っていたのを思い出しました。

< 19:00 ようやくヤリイカ2号 >
イメージ 6

< 19:20 ヤリイカ3号 >
イメージ 7

後から振り返ってみると、この頃が一番ヤリイカが上がった時間帯でした。

< 19:30 ちょっとピンボケ気味ですが、夜景① >
イメージ 8

< ② 照明ライト >
イメージ 9

札幌のヤリイカ釣り師さんは、照明のバッテリーが切れて21:20でお帰りに。
ヤリイカ♂1尾を含めて8尾とのことでした、お見事です。
缶コーヒーをご馳走様でした。
また、いろいろお話しできて楽しかったです。

ひよ父さんは、ヤリイカ1尾を上げるものの後が続かず苦戦。
照明にマメイカが群がるのを見て、2人でテーラーやエギ、スッテもやりましたが、結局掛からず。
自分は、テーラーに2回ほど掛けましたがバラシてしまいました。

22時で納竿としました。

この頃、残っていたのは数組だけでした。
また、この時間から始めようとする方たちも何人か来ていましたね。

< 本日の釣果 ヤリイカ4杯+ひよ父さんから1杯譲受け >
イメージ 10

自分は、マイカは何回も経験あるのですが、ヤリイカ釣りは今回が初めてでした。
浮きの号数、仕掛けの長さ調節にもう一工夫が必要なようです。
マイカなら8号くらいの浮きでも簡単に引き込みますが、ヤリイカでは3号でもズボッと引き込まれず、喰い上がりの棒ウキが横倒しになる状態でしたね。
ただ、あまり浮きの号数を少なくすると、テーラーの重さ(3号など)に持ちこたえられず浮きが水没します。
もう数回、経験すれば多少は釣果も伸ばせられそうな気がします。
また、対マメイカではエギもスッテもまだまだ未熟者ですね。
ヤリイカは、まだ港内にいますね、もう少しの時間なら楽しめそうです。

今日は予報の風もそう強く吹くことなく、イカ釣りには良いコンディションでした。
ひよ父さん、お仕事帰りなのに夜遅くまでお付き合いを頂き、ありがとうございました。
また、日程が合いましたらよろしくお願い致します。


この記事に

開く コメント(4)[NEW]

開く トラックバック(0)

5月14日(月) 岩内港沖堤の釣り−2

GW連休は前半好天気だったのに、中ほどから崩れて「ひでぼうずさん」との神恵内ホッケ浮き釣りは実現しませんでした、残念です。

Kちゃんの都合が付き、今回は久々に「ひよ父さん」と合わせて3人の揃い踏みとなりました。

2:30 小樽出発。
3:45 岩内港千鳥丸係船場所到着。
船の出航予定は4:30過ぎなので、4時まで待機し、その後準備に掛かりました。

4:40 出航。同船者はなく、本日は3人の貸し切りでした。
今回の渡し場所は、前回と同じ赤灯台のある長い沖防波堤でした。
いつものポイントは避けて、今回は岸に向かって右手(西防方向)に歩いて行きました。

< 5:14 自分の釣座位置、3mの竿2本出し、マルチカゴ、アミエビ、12号胴突き2本針、錘は15号、餌は生イソメ  ※奥に見えるのは西防〜予報よりも天候の回復が遅く、しばらくは霧雨状態でした。>
イメージ 1
 
< 自分の釣座から見て、左手にKちゃん、その奥に「ひよ父」さんの順でした。 >
イメージ 2

< 5:15 本日の第1号は、マルチカゴの針に掛かった真ガレイでした。 >
イメージ 3

ひよ父さんの第1号は、何と「サメ」
<  5:18 自分もサメ&真ガレイのW >
イメージ 4

以前にもここのポイントに入ったことがありますが、何故かここはサメが多い。
自分はこの後、サメの猛攻に会います。(終了まで計10尾)

< 5:50 真ガレイの良型→ただ、型だけ言ったら小樽港の真ガレイの方が今年は断然サイズは良いです。(30cmオーバーが多い) >
イメージ 5


< 6:05 ホッケ第1号 40オーバーのグッドサイズです。 >
イメージ 6

< 6:15 ギス&カレイのW >
イメージ 7

< 6:50 ホッケナイスサイズ第2号 >
イメージ 8

ここまで結構省略しながらきているのですが、今回はほぼ入れ食いに近い状態が続きます。
1本の竿にコマセを詰めて、生イソメを付けて仕掛けを投入すると、もう1本の竿にアタリが来ています。
中休みのインターバルが全くなく、サメも含めて次々と竿先が揺れるので、3本目の竿を出す暇がありませんでした。
長いこと、この沖堤に通っていますが、竿2本で終わったのは今回が初めてでしたね。
いつもなら朝のゴールデンタイムが終わると、必ず一服休みとなるのですが、お天気が曇り空の所為か休み時間がありませんでした。
正直、疲れましたね。

< 7:15 珍しく砂カレイが上がります。 >
イメージ 9

< 7:35 マルチカゴの針にカレイ、ホッケ、カレイのトリプルでした。 >
イメージ 10

 < 7:55 クロガシラの良型 >
イメージ 11

< 9:52 宗八 >
イメージ 12

< 10:18 終了1時間前、Kちゃん、ひよ父さんラストスパート!! >
イメージ 13

< 本日の自分の釣果:ホッケ7(40cm超は2+バケツに1尾残りありました)、カレイ37(真31、砂2、クロ3、宗八1(画像の外、バケツに2、ラストの竿に手のひら真ガレイ2+)、他にギスカジカ、メゴチ、サメ >
イメージ 14
 
自分の納竿は、11:00でした。
Kちゃん,ひよ父さんは、まだ続けています。
時間に余裕を見て、ゆっくり後片付けに入ります。
迎えの船の時刻は「お昼」です。

Kちゃんの釣果は、カレイ37、ホッケ5(大1)、ひよ父さんはカレイ12(真7、宗八5)、ホッケ数尾でした。
今回は「サメ」と言う予想していなかった伏兵に苦しめられましたね。
サメは、釣り上げるとぐるぐる体を回転させて仕掛けを絡ませますので厄介です。
上げた時にすぐに抑えて針を口から外した方がいいですよ。この時、魚鋏と針を外すためのペンチがあれば便利です。ご参考までに。

また今回、釣り座位置を変えてみましたが、前回のポイントと大差は無いような気がします。
この時期の沖防波堤の釣果としては、例年こんなものではないでしょうか。
確かにカレイのサイズはやや小ぶりが多かったですね。
ホッケも小型は多少回遊しているようですが、思ったほど上がりませんでした。
Kちゃんも沖堤の端から端までルアーを盛んに飛ばしていましたが反応は「なかった」ようです。

Kちゃん、ひよ父さん、久々の3人同行で、お陰様で良い時間を過ごせました。
ありがとうございました、そしてお疲れ様でした。
千鳥丸の寺田船長、今回もお世話になりました。

次回は、少し時間を置いて「イカ」を狙って見たいですね。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

4月24日(火) 西積丹のホッケ浮き釣り

予定通り、波風なく良いコンディションなのでホッケの浮き釣りに出掛けました。
Kちゃんは、急遽予定が入りキャンセル。
今日は、「ひよ父」さんと2人釣行ということになりました。

当丸峠での外気温は、3℃。
峠を下り、街に入る頃、後ろに「ひよ父」さんの車が近づいて来ているのが分かりました。

今日の釣り場は、毎年のことですがKさん宅前を通過して平盤に下りるルートで、Kさんがお亡くなりになった後も、お子様たちが一生懸命ルートの整備をしてくださっている場所なので、ご迷惑をお掛けすることになることもあることから、詳細は省かせていただきますので、ご了承ください。

まだ暗い急峻な道を転ばないように慎重に下りて行きます。

平盤に到着。
仕掛けを投入したのは、自分は何故か準備してきた仕掛け糸が絡むトラブルで4:30頃になってしまいました。
ひよ父さんは、その前に投入でした。
「小さい」と言いながらホッケを2尾、3尾と上げています。(リリースしていましたが)

< 5:00 本日の釣座位置 ひよ父さんが沖側、その左横が自分 >
イメージ 1

 
< 5:24 ようやくキープサイズのホッケ第1号  竿3,9m投げ釣り仕様、仕掛けは、自作胴突き12号カレイ針2本,錘は8号
イメージ 2

その後は、なかなかいいサイズのホッケが上がらず、25cm位のローソクボッケがジャンジャン掛かります。
先日、サラリーマンアングラーYさんが弁慶岬でやったとき「小型が多かった」と言っていましたが、このポイントも同じような状況のようです。
小さいホッケは「GWに大きくなって戻っておいで」とすべてリリースしていましたが、ここに来てその中でも比較的「大きめ」サイズのものをスカリにキープしました。

7:00頃だったでしょうか、若者2人組がお隣に入りました。
お聞きしましたら、倶知安からいらしたとのことです。
更にKさんの姪御さんと昨年ご結婚されたということで驚きでした。

< 7:23 2人組が加わり、御了解を得て1枚パチリ 〜真ん中がお婿さんです >
イメージ 3


この方のお話では「先週も来たけれど、その時よりも少しサイズアップしている。」とのことでした。
また、「今年はサクラマス5尾ゲット」ともお話されていました。
凄いですね。
ひでぼうずさんが来られるGW頃には、更にホッケの型が良くなっていればいいですね。

中休みタイムもなくホッケは上がり続けているのですが、サイズがほぼ一定で、大きいものは単発的に上がるだけでした。

自分は、今日はいつもと違って自作の「胴突き2本針仕掛け」を試しました。
朝の時間帯では、Wで掛かってくるのですがやはり30cm未満がほとんどですね。
ひよ父さんもホッケを上げる回数は多いのですが、即リリースサイズが目立ちます。
しかも、スカリの目が大きすぎて、キープしていた小型は全て脱走したようです。
ビックサイズのみが残っていました。
餌は2人ともマグロを使いました。
後から来られた若者たちは、オキアミを使われていたようです。
若さって元気があって良いですね。

10:30 ここでのパターンは分かったので、今日はここで納竿としました。

< 10:31 今日の釣果 スカリ越しなので分かりずらいでしょう。 ローソクボッケ30尾、40cm台もあった大・中型ホッケ6尾でした。 リリースしたのは、20尾くらいでしょうか。 >
イメージ 4

< 大・中型のみ 再掲>
イメージ 5

ひよ父さんは、小型ホッケの脱走があり、お持ち帰りは10尾程度でした。
若者2人組は、まだまだ元気一杯に上げ続けています。
「お先に、今日はご一緒出来て楽しかったです。またいつかお会いしましょう。」とご挨拶し、帰路へ。

帰りの崖上りが応えます。自分の持ち帰りは、これが限界ですね。

車まで戻り、ひと呼吸してからKさんの奥様にご挨拶。
「小さなものは、素干しにして食べるといいのですよ。」とのことでした。

今回の釣果は、孫たち含め3家族にもらわれて行きました。
自分の手元に残った小ホッケ10尾を素干しでチャレンジして見たいと思います。

ひよ父さん、今日はご同行ありがとうございました。
楽しい半日でした。
そして、途中から参戦の若者お2人にも「お陰で楽しかったです、ありがとうございました。」お礼申し上げます。
Kさんの奥様にもいつも温かく迎えていただき感謝です。

ひでぼうずさん、連絡ありがとうございました。
もしGW釣行の際、お邪魔でなければ、そしてお天気、日程が合えばご同行させてください。


















この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事