全体表示

[ リスト ]

普賢岳登山〜前編〜

12月14日(土)くもり
 
朝8時に仁田峠の駐車場にオサーン3人で乗り込んだ
激寒である(滝汗)
 
イメージ 1
 
まさか雪なんて降ってるとは思ってなくて三郡縦走と同じ装備できてしもーた
念のためにダウンジャケットを持ってきてはいたがいきなり登山開始時から着るとは思ってもみなかった(汗)
 
イメージ 3
 
山頂は真っ白で強風で雲の流れがかなり速いしとにかく寒い…正直ロープウェイに乗りたい(爆)
 
イメージ 2
 
本日のコースは仁田峠をスタートして妙見岳から国見岳へ
その後は鬼人谷口から西の風穴・北の風穴を経て立岩の峰で平成新山を眺めながら霧氷沢へ向かい
最後は普賢岳に登り紅葉茶屋で昼飯を食べあざみ谷から仁田峠に戻る満喫の周回コースです
 
イメージ 4
 
いきなりの急登で汗だく…すぐにダウンジャケットをザックに入れ体温調整をおこないます
面倒でもこまめにやらんと後で大変なことになりますからねぇ
 
イメージ 5
 
妙見岳駅の広場は凍結しとります
体がほぐれるここまでがかなりきつかった〜十分に体も温まりウォーミングアップ完了♪
妙見岳へと向かいます
 
イメージ 6
 
しっかり雪山ですが風がなければそんなに寒くはなくむしろこの冷たさが心地良いくらいです
 
イメージ 7
 
霧氷がとても綺麗です
リンダ先生が写真を撮ってるとツルティ氏が『霧氷沢に行ったらたくさん見れる!』と言い撮影を妨害します(笑)
 
イメージ 8
 
8時57分妙見神社到着
山頂どこよ?案内板がなくなりホントに山頂がどこかわかりません(滝汗)
リンダ先生に探しに行ってもらいましたが結局見つからず華麗にスルーします
 
さあ国見岳へ行こう!
 
イメージ 9
 
西側から北側へ向かうと風が強くなり一気に体感温度が下がります…さみぃ〜!
 
イメージ 10
 
分岐を国見岳方面へ
 
イメージ 11
 
道は1本しかないのでリンダ先生が先頭を行っても迷うことはありません〜なかなか楽しい縦走路です
 
イメージ 12
 
いきなり急斜面の鎖場が出現!落ちたら間違いなく逝きますので気をつけて!(笑)
こういう時やっぱりオスプレーの脇差システムはいいよねぇ〜ストックをサッと収納できるもんなぁ〜ほすぃ
 
イメージ 13
 
鎖場を抜けしばらく登ると前方が一気にひらけて普賢岳と平成新山が現れます〜まもなく頂上かな?
後編へ続く

閉じる コメント(6)

顔アイコン

ゴルフ場から登らないと〜^^;

2013/12/27(金) 午前 1:28 ボンバー 返信する

雪山〜!?

2013/12/27(金) 午前 9:28 tsun 返信する

雪道が何かイイ

2013/12/27(金) 午後 5:32 大熊猫 返信する

顔アイコン

ボンバーさん>繁忙期じゃないので今回は仁田峠からアタックです
さすがにこの時期は駐車場もガラガラですね^^;

2013/12/28(土) 午前 6:28 ドカ猫 返信する

顔アイコン

つんさん>これ以上雪があると軽アイゼンがないと厳しいです

2013/12/28(土) 午前 6:30 ドカ猫 返信する

顔アイコン

大熊猫さん>年明けは久住逝っとく?(・∀・)ニヤニヤ

2013/12/28(土) 午前 6:31 ドカ猫 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事