ここから本文です
Sound Music〜R〜
音楽、酒、乗り物好きのブログです!

書庫お酒

記事検索
検索

全95ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


イメージ 1

7月に発売された、キリンの期間限定のクラフトビール「グランドキリン ギャラクシーホップ」

これは、セッションIPAスタイルのビールで、爽やかでフルーティな香りが特長の希少品種“ギャラクシーホップ”由来の夏らしいさわやかな香です。
ホップの香りはそのままに、アルコール度数を低めに設定することで飲みやすさを実現したビアスタイルで、 クラフトビール先進国の米国で人気を博しているそうです

泡はきめ細かく、泡立ちが良く、ビール自体は澄んでいて黄金色、ギャラクシーホップのフルーティな柑橘系のような香りに、パッションフルーツのようなトロピカルな香り、ほど良い苦味もあり、ほんのりとした酸味に麦芽も甘味も甘過ぎず、すっきりとしていて爽やかで美味しい



↑ポチっとランキングにご協力ください。

開くトラックバック(0)


イメージ 1

2杯目は、7月に発売されたファミリーマート、サークルKサンクス限定のサントリーの「贅沢LAGER 琥珀のキレ」

これは、ミュンヒナー麦芽、旨味麦芽、濃色麦芽の3種類の麦芽と共に、副原料としてコリアンダーシードを使用することで、芳醇なコクと爽快なキレを実現した、アンバーラガータイプのビールだそうです

度数は7%と高め

泡はきめ細かく、泡立ちが良く、ビール自体は綺麗な琥珀色、ホップの程よい苦味に麦芽の甘味とコクがあり、コリアンダーシードのスパイシーな香りに、深みもあって、爽快なキレがあって美味しい

 

↑ポチっとランキングにご協力ください。

開くトラックバック(0)


イメージ 1

昨日、パシフィコ横浜内のセブンイレブンで買った、6月に発売された首都圏エリア限定のアサヒの「TOKYO隅田川ブルーイング ゴールデンエール」

これは、ゴールデンエールタイプで、華やかなコクと爽やかな後味が楽しめる、輝く黄金色のエールビール。
醸造家とお客様の対話から生まれた、アサヒのスペシャリティビールで、東京隅田川ブルーイングが開発を行い、アサヒビール名古屋工場で製造した商品だそうです

泡立ちが良く、ビール自体は澄んだ黄金色、香りは控えめなものの、ホップのふんわりとした華やかな香りに、しっかりとした苦味、麦芽の甘さは控えめでコクがあり、すっきりとしていて爽快な炭酸感がいいですね

どちらかというと、ビール寄りのエールといった感じかな?

 

↑ポチっとランキングにご協力ください。

開くトラックバック(0)


イメージ 1

サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」を超クリーミー泡2wayサーバーで入れてみました

これは、ピルスナータイプのビールで、ビール自体は黄金色、超クリーミー泡2wayサーバーを使ったことで、とても泡立ちが良く、泡もきめ細かくクリーミー、アロマホップの華やかな香りにほど良い苦味、麦芽の甘味はそのままに、コクもアップし、全体的にマイルドになっているような気も


普通に缶のまま入れるより美味い泡のビールになるのは間違いありませんね

 

↑ポチっとランキングにご協力ください。

開くトラックバック(0)


イメージ 1

宝山酒造の「酒を売る犬 酒を造る猫」を、みぞれ酒にしてみました

日本酒は、約−7〜−10度で凍りますが、ゆっくりと温度を下げながら凍らせると、−10度以下になっても液体のままで、この状態でグラスに注ぐと、グラスにぶつかる衝撃でお酒の分子が結びついて結晶化するので、一気にシャーベット状になるという訳です

ただ、家ではいちいち温度設定をイジる訳にもいかず、場所を取ると悪いので小さめのペットボトルなどの容器に移して冷凍しました

もし、氷過ぎたら少し溶かしてから注ぐと、まあまあそれっぽくできます

やっぱり、暑い日に飲むみぞれ酒は最高ですね

最初は凍っている分辛口に感じられますが、溶けていくと徐々に変わっていく味の変化も楽しめて面白いです

 

↑ポチっとランキングにご協力ください。

開くトラックバック(0)

全95ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事