みんなの愛犬物語。

わんこのブログはじめました!みんなの愛犬紹介してね♪

全体表示

[ リスト ]

実家にジャックラッセルの子犬を、家族として迎えたばかりのことです。ブリーダーより購入し1ヶ月が経過、生後8ヵ月のときにそろそろ避妊手術をしようということになりました。
手術当日を迎え動物病院を受診すると、獣医さんより「若いのでまず問題はないと思いますが、手術前に念のため血液検査やレントゲン検査を行うこともできますがどうしますか?」と聞かれ、「問題なければないで安心なので受けます」と決めました。
そして、検査結果の説明。先生より「米粒ほどの金属が3つ、胃の中にありますが、心当たりはありますか?」と聞かれ、母が「もしかしたらカーテンを囓っていたので、その重りの金属かも?」と答えました。すると先生から「カーテンの重し(カーテンウェイトというそうですが)は鉛で出来ていて、鉛中毒になると生死にかかわるんです」と言われビックリ!
避妊手術は延期し、直ぐさま催吐処置し、鉛を取り出しました。気づかず放置していたらと思うと冷や汗ものでした。それでも、避妊手術前の検査をしていて、本当に良かった!もちろん、家に帰ってすぐにカーテンは違うものに取り替えました。

この記事に


.


みんなの更新記事