でんでん虫の足跡

でんでん虫の這う場所が山から里へ、それが里から屋内になってしまった。

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全119ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

天体ショー、日食

 
明日は東京スカイタワー開業
イメージ 1
今日は朝から金環日食の話題で賑わっています。
 
こちらも日食観察に挑戦します。
とはいうものの太陽の光を壁に映してその影を見るだけのことですが…
イメージ 2
欠け始めています。鏡ですから左右反対に映っています。
左=鏡の面積が少ない方  右=鏡の直径1cmぐらいの円の面積
 
イメージ 3
外の太陽光線も弱まり少し赤っぽい感じになりました。
観察に来ている人の携帯に金環月食の画像を送ってきました。
イメージ 5
テレビでも放映されています。
 
木漏れ日の影もみな三日月形になってます。
 
イメージ 4
 こうして金柑月食の天体ショーは終りました。
 
火曜日は雨になるかもしれないというので
月曜日に天王山の二等三角点、点名(柵原)を探訪しました。
柵原(やなはら)といえば硫化鉄鋼の鉱山で有名でした。
輸入原料の競争で採算がとれず閉山となったところです。
 
県道379号べりの田圃は苗が植わってます。
イメージ 1
あまり車も人も見当たらない立派な道路の片側は
サツキの生垣が続いています。
もう咲き終わったんでしょう。
もう少し早く来れば見事だったと思います。
イメージ 2
 
県道379号から勾配の急な細い道に入ります。
細いといっても舗装はされています。
対向車があっても充分かわせます。
イメージ 3
雑木林の中も前方もかなり見通しがききます。後ろを振り向くと車も見えます。
イメージ 4イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
車も道路も見えない周りが雑木林だけになります。
 
やがて、雑木を通して白い標柱が見えました。
イメージ 6
そのとき鶯の鳴く声が聞こえてきました。
動画で鶯の声を聴いてもらいましょう。
 
二等の文字のところが欠けています。
黄色いタグが填められています。
保護石はありませんね。
イメージ 7
誰にも会わず、鶯の声だけで姿は見えず、
引き返しました。
 

四等三角点(本村)

今日11日満開でした。
イメージ 1
岡山空港の近くの三角点を訪れました。
 
イメージ 2
 
はじめにこの国土電子ポータルの地図には三角点の記号あるのに
基準点閲覧サービスでは示されていないが
行ってみました。
(地図の右側の場所)
 
三角点の記号のある場所は
下に冠光寺池が見える
綺麗な場所です。
イメージ 5
家も洒落ています。
イメージ 6イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
下水道のマンホールの蓋は
岡山の桃に図案
イメージ 8
肝心の三角点はありませんでした。
 
それで次へ行きます。
(地図の左側の楕円)
イメージ 9
空港へ通じる
下に見える県道72号から
1車線の細い道を登ります。
登りきったところに
葡萄の温室がありその右の雑木林の中らしい。
イメージ 10
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
白い杭が見えました。
標石に被さっている小枝を払いのけて
イメージ 3
1基見つかったのでもう止めて
空港の誘導灯の下を通って
帰りました。
イメージ 4
 
 

開く トラックバック(1)

イメージ 1
 
何だか判らないがガラス作品です。
輝きが魅力です。
イメージ 2イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分の手で作る体験をするため
我が家の家族全員集合
湯郷
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
受けつで作りたい色や形を申請します。
 
 
 
イメージ 15
窯には火が入っていてみんなの出番を待ってます。
 
まず最初に道具と作業の工程を聞きます。
 
女性のインストラクターについて孫が作ります。
         左側は孫の行程
             
イメージ 16        
 
 
インストラクターのおねえちゃんが
筒の先に融けたガラスをつけて持ってきます。
 
ホッペを膨らませて強く吹きますと
ガラスの玉が膨らみます。
 
 
 
 
孫が作り終わって次はお父さんです。
インストラクターは男性に変ります。 
    右側の写真はお父さんです。   
           
イメージ 17
 
膨らませたら台の上に置き
玉が重みで下に垂れると筒を手のひらで廻して
垂れ下がった方を上になるようにします。
 
これが案外難しく廻しすぎてしまします。
 
 
孫の右に道具が置いてあります。
金はさみでガラス球の付け根を挟んで
筒を左手廻します。
 
イメージ 18
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孫のおばさんも口を歪めて右手で挟み左手で廻します。
 
イメージ 3
 
 
 
再度、膨らませます。
お母さんも一生懸命膨らませています。
 
台の上に置いて廻して形を整えます。
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
口になる部分を板で平らにします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
口になる部分このあと穴を開けます。
 
 
 
 
 
イメージ 7  
 
 
インストラクターのおねさんが
穴を開けてくれます。
 
手に持っているヤスリで根元を切ります。
 
 
開いた穴を小さい方の火箸で大きくします。
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
出来上がりました。
インストラクターのおねえさんに渡して
上の窯の写真の火の入っている間にある炉で
ゆっくり冷まします。
 
作品は次の日取りに行きました。
そしてそれぞれ好きな飲み物を入れて飲みました。
イメージ 10
イメージ 11
体験が終ってサッカー場で弁当を食べるため行くと、
岡山湯郷ベルとアルビレックス新潟レディースの試合のある日で
サッカー場に通じる道は車で渋滞でしたので
ノースビレッジへ行きました。
3−0
湯郷ベルか勝ってました。
 
 
from
さくら
to
ハナミズキ
イメージ 1
移り変わった4月21日(土)
久米公民館の落成式がありました。
記念行事で知人の作品も
展示されているので
見に行きました。
イメージ 2
 
家内の同級生の作品
書道を見ます。
イメージ 11
他の作品も見ます。
イメージ 20
イメージ 21
その他絵画もあります。
日本画や洋画
イメージ 22イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 24
 
イメージ 25
 
 家内の関心のある陶芸も力作がありました。
イメージ 3
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
盆栽もありました。
イメージ 5イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
生け花も
イメージ 26
 
版画
イメージ 7
押し花
イメージ 8
木工や竹細工
イメージ 9イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
絵手紙
イメージ 12
俳句・川柳
イメージ 13
公民館活動でなさっている成果ですね。
舞台では
踊りやコーラスの発表もあったようです。
イメージ 14イメージ 15
 
 
舞台を終った踊り子
さん
知人も
いました。
 
 
イメージ 16
 
 
こども達も
一役果かったのでしょうか?
 
桜の下で
 弁当ですね。
 
最後にもうひとつの展示物を紹介しましょう。
 
しづ織り
イメージ 17
倭文地区では楮(こうぞ)を原料にして布を織られている。
イメージ 18イメージ 19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おわり

全119ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事