そろりそろりとIT独立

まだまだ半端なエンジニア。自身も独立を夢見る。

全体表示

[ リスト ]

将来を見据えた計画性

IT業界において、キャリアプランとはどういった意味を持ってくるのでしょうか。
キャリアプランを考える際に気をつけなければならないのが、エンジニアの能力のピークです。
大抵の場合、エンジニアのような技術職は30代前半が能力のピークと言われています。
最低でも28歳くらいまでにある程度の技術や知識を取得しておかなければいけません。
働き盛りを迎える30代の為の準備期間ともいえるかもしれません。
キャリアプランを考える際には、数年から数十年単位の長い目で考えることが必要となるため、この能力のピークを知っておくのは非常に大切なことです。
それを知らず30代でがむしゃらに知識や技術を取得しようとしても、先に手を打っていた人と比べるとどうしても差は出てくるでしょう。
キャリアプランを考えることは、将来的な身の置き方を大きく左右する重要なことです。
例えば20代前半までにキャリアを積んで、20代後半にはに昇給ないし昇格をしたい、など具体的にキャリアプランを決めることで明確な目標ができ、仕事のやりがいにもつながります。
将来スペシャリストになりたいのか、ジェネラリストになりたいのか、早い段階でしっかり考えておきたいところです。
また、目標を持ってキャリアを積むことで、いずれ転職やフリーランスに転身する際にも有利になりますし、何より自信が持てるようになります。
キャリアプランの立て方次第では、将来の可能性の幅も変わってきますし、自分の技術力の財産価値にも大きく影響するでしょう。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事