ここから本文です
友だち成績いじめ受験部活不登校家族で悩みある小学生中学生高校生♪
ちょこっとだけ勇気だして誰かに話してみると少しは楽になったりするかも ♪
小学生中学生高校生家族いじめ友だち関係部活先輩後輩
やる気中間期末テスト勉強成績進路面談入試高校受験大学受験
志望校合格将来の夢塾習い事恋愛不登校家出つらい悩み相談

ほっこり♪にゃんにゃん😊 です

☆☆まさかまさかのビックリ体験談って僕の人生で実際に・・・☆☆

小学生中学生高校生大学生などの若者たちを中心に😊まずは今までの僕の人生で実際に起きてしまった現実に起こってしまった😊事実は小説より奇なり!的な😊まさかまさかのビックリおもしろ体験談をたくさんたくさんいっぱいいっぱい見てもらいたいんだ😊

☆☆まさかまさかのビックリ体験談って僕の人生で実際に・・・☆☆

僕のまさかまさかのビックリ体験談を通して😊小学生中学生高校生大学生などの若者たちを中心に😊僕の人生で実際に起きてしまった起こってしまった様々なまさかまさかの現実について😊自分だったらどうしたかな?自分だったらどうなっちゃったかな?自分だったらどうするかな?自分だったらどうなるかな?自分だったらどうしたいかな?自分だったらどうなりたいかな?自分だったらこうなっちゃうのかな?自分だったらああなっちゃうのかな?などなど😊いろいろと想像しながら見てみてもらえたら嬉しいな😊

そして実際に僕の身に起こってしまった😊事実は小説より奇なり!まさかまさかのビックリ体験談そのものを😊まるで見てくれてる君たち自身の人生の中で実際に起こっているかのように😊見てくれてる君たち自身が僕のこのまさかまさかのビックリ体験談の主人公・主役になったつもりで😊出来るだけ感情移入しながら😊まるで自分自身の出来事かのように😊いろいろと思いを巡らせながら😊見てもらえたら嬉しいかな😊

そして体験談みながら時には😊主人公の僕に向かって「ばっっかじゃないの!コイツ」って軽蔑(けいべつ)してみたり😊時には「コイツなかなかやるじゃん!」って感心してみたり😊時には「何やっってんだよ!コイツ」って嘆(なげ)いてみたり😊時には「コイツうちと一緒じゃん!」って共感してみたり😊時にはツボにはまっちゃって腹を抱えて大笑いしてみたり😊時には感動して泣いちゃったり😊時にはかわいそうに思って同情したり😊時には心暖まるお話し見て😊ほっこりとなごんでもらったりなどなど😊みんなには僕のまさかまさかのビックリ体験談を心から思う存分味わってもらい😊みんなには心から思う存分感じてもらい😊みんなには心から思う存分楽しんでもらえたら嬉しいかな😊

そして僕のこの体験談ブログを通してみんなに紹介していく😊今日の教訓とか😊今日の何でもトップ3とか😊僕の性格とか😊僕の人となり(人間性・人柄)とか😊僕の考え方とか😊僕の価値観とか😊僕の人生観とか😊僕についていろんなこと知ってもらい😊ほんの少しだけでもいいから😊僕の考え方や価値観に興味を持ってもらえたら嬉しいかな😊

そして最終的には😊僕の考え方や価値観に興味を持ってくれた😊小学生中学生高校生大学生などの若者たちのために😊親身になって!😊誠意を持って!😊心から真剣に!😊いろんなことで悩んでる若者たちみんなの相談に乗ってあげたい!😊って思って立ち上げた😊迷える子羊たちのための♪♪相談部屋♪♪としての😊すごく特別な😊ほんと特別なブログなんだ😊

僕はプロの家庭教師やってて😊5教科(期末の時は体育とかも笑笑笑)教えてるんだけど😊せっかく自分の体験談ブログ(最終目的はもちろん悩める子羊たちの相談部屋)を立ち上げたんで😊一人の教育者として😊僕の体験談ブログの中身そのものが😊ほんの少しだけでも😊見てくれてる小学生中学生高校生大学生のみんなの😊お勉強のお役に立ってくれたら嬉しいかな!!!って思っててさ♪♪♪まあああ〜でも😊こんくらいじゃ大学生のお勉強のお役には立たないかな???笑笑笑あっっでも😊社会勉強くらいにはなるかも???笑笑笑

だから😊体験談を紹介する上で😊必要な時にはちゃんと😊やや難しそうな言葉とかも使おうと思ってるんだ😊でね😊やや難しそうな言葉に関しては😊その言葉を漢字で書くのが一般的な場合は😊なるべく漢字で書くようにするからね♪でも安心してくださいな😊その場合にはみんながちゃんと読めるように😊しっかりと読みがなを付けとくからね♪でもね😊読みがなはその言葉が最初に登場した時にだけ😊つまり1度だけ付けるから😊その時に頑張ってちゃんと覚えてくださいな♪♪♪笑笑笑

それと意味が特に難しそうな言葉については😊みんながなるべくわかるように😊噛み砕いた(かみくだいた=普段使っていてわかりやすい)言葉での説明も加えておくね♪♪♪

あと時よりだけど😊英単語の説明なんかも😊わかりやすく紹介してこうと思っててさ😊一応これでも😊小学生中学生高校生の時は😊社会数学英語漢字に関しては😊けっこう得意な方だったんよ!ってそう思ってるのは😊自分だけだったりしてええええ〜!笑笑笑

まああ僕のこのブログでは😊僕の人生で実際に起きてしまった😊実際に起こってしまった現実を😊体験談としてたくさん紹介してくんで😊そんなに多くは英単語が出てこないとは思うけど😊出てきた時はラッキー!って思って😊見てみてくださいな😊

ちなみに運・幸運は英語で”luck”、この”luck”に”y”を付けると形容詞になって😊”lucky”幸運な・運がいいって意味になるわけっすよ😊っってこんくらい😊高校生大学生くらいなら😊みんな知っとるかああああ!!!笑笑笑😊えええええ〜中学生も笑笑笑

でね😊な😊な😊な😊な😊なんと😊ことわざの塵(ちり)も積もれば山となる!!じゃないけど😊僕の体験談をたくさん見続けてくれたら😊漢字そのものや漢字の読み😊言葉そのものや言葉の意味😊英単語の知識などなど😊積もり積もって😊これが意外や意外😊結構ちゃんとした”漢字の書きと読みのお勉強”😊結構ちゃんとした”やや難しそうな言葉とその意味のお勉強”😊結構ちゃんとした”英単語のお勉強”にも😊なっちゃったりしてえええええええ〜〜〜!!!ヒュュューーー!!!ヒュュューーー!!!笑笑笑😊😊😊

んなわけで😊小学生中学生高校生大学生のみんな😊良かったら気分転換&ちょっとしたお勉強のつもりで笑笑笑😊僕のまさかまさかのビックリ体験談😊見てみてくださいな😊だいたい週2ペースくらいで新しいやつ紹介してくからね😊でねでね😊もしまだ見てへんって人は😊僕の体験談って1つ1つのお話しが😊因果(いんが)関係的にちゃんと繋(つな)がってるさかい😊ほんま申し訳ないんやけど😊必ず第1話から順々に見ていってくださいな♪♪♪

もうすでに第10話以上😊紹介し終わってるんだけど😊最初の第3話くらいまでは内容がちょっと重たいっていう理由もあって😊知らず知らずのうちに😊文章が長めになっちゃっててさ笑笑笑😊うちの奥さんに「あなたの体験談ビックリな話しがいっぱいで😊結構おもしろいんだけど長いのよねえ〜」って😊嫌み言われちゃってさ!😛😛😛あっいやっそのお〜〜〜!うちの奥様から的確なアドバイスを頂きましてですねえ〜😛第4話くらいからはみんながより見やすくなるよう😊わかりやすく短めに紹介してあるんで😊あっ勿論これからも毎回ずうううううううっと笑笑笑😊わかりやすく短めに紹介してくんで😊期待と共に楽しみながら見てもらえると嬉しいかな😊

僕の人生で実際に起きてしまった現実は😊何気ない平和な日常を送ってる小学生中学生高校生のみんなには信じられないような😊まさかまさかのビックリ体験談ばっかだと思うから😊いい意味での☆おもろいもの見たさ・怖いもの見たさ☆的な感じで😊ずっとずっと続けて見てもらえたら嬉しいかな😊それに実際のところ😊いじめってちょっとした風向きの違いで😊自分の方が被害者になってしまう危険性も十分にあるからね😊そんな時は僕のこの体験談がもしかすると😊ちょっとはみんなのお役に立っちゃうかもよ😊😊😊

最後になるけど😊僕みたいに過去にいじめを受けてすごく傷ついた経験のある小学生中学生高校生のみんな😊僕みたいに今現在いじめを受けていて😊すごく傷ついている小学生中学生高校生のみんな😊いじめられるってすごくつらいよね!いじめられるってすごく苦しいよね!だからこそ😊いじめられてつらい思いをしてる人には😊いじめられて苦しんでる人には😊誰かの、そう、誰かの支えが必要だと僕は感じてるんだ!

だから僕の体験談いっぱいいっぱい見てみて😊僕の体験談いっぱいいっぱい感じてみて😊ほっこり♪にゃんにゃんさんにだったら😊自分のつらい思い自分の苦しい胸の内をちょこっと聞いてもらってもいいかなって思える人がいたら😊そん時はちょこっとだけ、そう、ほんのちょこっとだけ勇気を出してみてくださいな😊😊😊でわでわ😊おおきに😊ごきげんよう😊またすぐに笑笑笑😊体験談ブログで会おうね♪♪♪

この記事に

小学生中学生高校生家族いじめ友だち関係部活先輩後輩
やる気中間期末テスト勉強成績進路面談入試高校受験大学受験
志望校合格将来の夢塾習い事恋愛不登校家出つらい悩み相談

☆☆☆キラキラ光り輝く☆究極のカリスマ黄金世代☆中等部♪☆☆☆

ほっこり♪にゃんにゃん😊 です

小学生中学生高校生大学生などの若者たちを中心に😊僕の人生で実際に
起こってしまった😊まさかまさかのビックリおもしろ体験談ブログを見てもらい😊
最終的には😊親身になって😊誠意を持って😊いろんなことで悩んでる今の若者たち😊
みんなの相談に乗ってあげたい!って思って😊立ち上げた特別なブログなんだ♪♪♪

☆☆☆キラキラ光り輝く☆究極のカリスマ黄金世代☆中等部♪☆☆☆

僕の人生で実際に起こってしまった体験談をもうすでに20話以上紹介してるから、良かったら気分転換や社会勉強のつもりで、僕のまさかまさかのビックリ体験談ブログの方も、見てみてくださいな。悩みがある人にとっては僕の体験談に書かれてることが、その悩みを解決するためのヒント糸口みたいなものになるかもしれないからさ。

まず最初に、僕の体験談ブログをいつも見てくれてるみんなに、心から感謝します!100日連続でのブログ訪問者数、上位者認定という快挙を達成できたのは全て、いつも見てくれてるみんなのおかげです。ほんとにほんとに、心からありがとう!

さてさて本題に入るけど、みんなも知ってるように、僕のお仕事はプロの家庭教師でさ。前に何かの記事にも書いたけど、長く教える仕事を続けてると当然、教え子たちも増えてきて、その中には超イケメンな男子生徒や超かわいい女子生徒もいるわけでさ。

それプラス僕には特殊な体質があってさ。そう!初めてみた瞬間にビビビッ!って電気みたいなものが身体に走るんだよね。とは言え、かなり強くビビビッ!って感じるのは1年に1回2回あるかないかでさ。ほんと、ごく、たまにだけ、なんだけどさ。

そんなすごくたまにしか無い、強いビビビッ!を感じた人たち、例えば、竹内涼真くん(2年前)とか、水上颯(みずかみそう)くん(2年前)とか、三浦翔平くん(5年前)とか、山縣(やまがた)亮太くん(6年前)とか、高杉真宙(まひろ)くん(3年前)とか、錦戸亮くん(9年前)とか、北川景子さん(14年前)とか、高橋ひかるchan(3年前)とか、佐々木美玲chan(1年前)とか、皇帝ロジャー(17年前)とか、羽生結弦くん(12年前)とか、そういう人たちの魅力について、時おり記事にして、みんなに紹介してるわけなんよね。

そんな僕がここ5年くらいのあいだで、初めて見た瞬間に、強いビビビッ!じゃないけど、ほんの少しだけほんのわずかだけ、ビビビッ!って感じた人たちと、まあまあそれなりに、まあまあそこそこの強さでビビビッ!って感じた人たちが、少なくとも合計で、百数十人以上はいるんだけどさ。

でねでね、びっくりするくらいの偶然なんだけどさ。そのうちの4割近くが、なななななんと、今の高3高2高1の世代でさ。同じように、そのうちの3割近くが、なななななんと、今の中3中2中1の世代でさ。自分でも、すごく驚いてるんだけどさ。

その中でも特に、高2世代と中3世代は、飛び抜けてキラキラ光り輝いていて、オーラが超あふれまくっている、☆究極のカリスマ黄金世代☆なんだよね。ほんと高2世代と中3世代は、信じられないくらい、メッチャ凄い☆究極のカリスマ黄金世代☆なんだぜよ。

ということで、今回はそんな光り輝く、究極のカリスマ黄金世代(僕が勝手に付けたネーミングだから無視してくださいな笑)のメンバーの中から、まずは中3中2中1の世代を、僕の独断と偏見だけで、そう!すなわち、初めて見た瞬間に、僕が感じたビビビッ!の強さ(印象)だけで、ランキング付けしたものを、一斉に紹介してくね。

ここでひとつ許してもらいたいんだけど、1人1人について詳しく説明してると、長くなってしまって、あるお方から愛情のこもった嫌みというか、適切なご指導をいただくことになってしまうからさ。ほんと申し訳ないんだけど、興味のある人たちについてはネットとかで検索してみてくださいな。動画や画像がたくさん紹介されてるからさ。

☆中3ランキング☆

第1位 白岡今日花(アイドル=THF) 第2位 小熊 倫美(アイドル=NGT)
第3位 熊澤 風花(アイドル=THF) 第4位 伊藤 小春(モデル・タレント)         第5位 伊藤ふたば(ボルダリング女王)第6位 西尾 美恋(モデル・タレント)     
第7位 渕口 綾音(歌手・タレント) 第8位 松本ももな(ラストアイドル)
第9位 阿部菜々実(ラストアイドル) 第10位 渡辺 梨世(女優・タレント)
第11位 阿部夢梨(アイドル=スパガ)第12位 伊藤理々杏(アイドル=乃木坂)
第13位 桜田ひより(女優・タレント) 第14位 熊田このは(中学生歌手)
第15位 小林 もも(モデル・タレント)第16位 紀平 梨花(フィギュア選手)
第17位 大西 凜(アイドル=風光る梟)第18位 西川 怜加(歌手・タレント)
第19位 西垣 有彩(アイドル=ばってん)第20位 野村実代(アイドル=SKE)
第21位 高橋 真由(ラストアイドル) 第22位 本郷 柚巴(アイドル=NMB)
第23位 秋山眞緒(アイドル=つばき)  第24位 船木結(アイドル=カントリー)
第25位 平塚麗奈(モデル・タレント)

第1位の白岡今日花chan、第3位の熊澤風花chanが在籍している、アイドルグループ「Task Have Fun」(タスク・ハヴ・ファン)の「マーブル色の気持ち」は、中学生のための絶対的な神曲なので、是非ぜひネット動画とかで、「マーブル色の気持ち」のMV(5分45秒)を見てみてくださいな。3人とも見た目が可愛いだけじゃなく、声もすごく可愛くてさ。それプラス、3人とも中3中2とは思えないくらい、歌も上手だからさ。

☆中2ランキング☆

第1位 市岡 愛弓(アイドル=STU) 第2位 黒坂 莉奈(カリスマモデル)
第3位 原 菜乃華(女優・タレント) 第4位 多田 成美(モデル・タレント)         第5位 千葉 恵里(アイドル=AKB) 第6位 鈴木 杏奈(歌手・タレント)     
第7位 安井 南(ローファーズハイ) 第8位 加藤子美月(ローファーズハイ)
第9位 中村 守里(ラストアイドル) 第10位 奥田こころ(ローファーズハイ)
第11位 道枝 咲(アイドル=AKB)   第12位 西川 茉佑(モデル・タレント)
第13位 草野 星華(モデル・タレント)  第14位 前野 えま(アイドル・女優) 第15位 岩本蓮加(アイドル=乃木坂) 第16位 仲村星虹(アイドル・タレント)  第17位 柊宇咲(アイドル・タレント)   第18位 糸瀬 七葉(モデル・タレント) 第19位 沢村 りさ(ジュニアアイドル)  第20位 白井 杏奈(ローファーズハイ)

☆中1ランキング☆

第1位 松澤 可苑(ダンサー・タレント)第2位 大澤 彩花(女優・アイドル)
第3位 川島 梨楠(ローファーズハイ) 第4位 吉岡 千波(女優・タレント)         
第5位 三好 佑季(女優・マジマジョ主役)第6位 横島梨乃(女優・タレント)
第7位 永山せりあ(ジュニアアイドル) 第8位 岡村 美波(ハロプロ研究生)      
第9位 鈴木 伶奈(女優・タレント)  第10位 安村 真奈(カリスマモデル)

将来この中から、北川景子さん(僕がビビビッ!って感じたのが彼女がまだ無名の16歳の時)や、泉里香さん(旧芸名=浜千咲、僕がビビビッ!って感じたのが彼女がまだ無名の14歳の時)のような、女優界・グラビア界の超ビッグネームになるような人が出て来てくれると、ビビビッ!って感じた僕としては、すごくすごく嬉しいんだけどね😊😊😊

最後になるけど、究極のカリスマ黄金世代における、高3高2高1の世代のランキングも、近いうちに紹介する予定なので、楽しみにしていてくださいな😊😊ええええええええ、別に楽しみじゃないってええええ!笑笑笑

この記事に

小学生中学生高校生家族いじめ友だち関係部活先輩後輩
やる気中間期末テスト勉強成績進路面談入試高校受験大学受験
志望校合格将来の夢塾習い事恋愛不登校家出つらい悩み相談

超お得!!一番新しい最新4話分まとめて見れちゃう!!第21話〜第24話☆

ほっこり♪にゃんにゃん😊 です

小学生中学生高校生大学生などの若者たちを中心に😊僕の人生で実際に起きてしまった起こってしまった😊まさかまさかのビックリおもしろ体験談を見てもらい😊最終的には😊親身になって😊誠意を持って😊いろんなことで悩んでる今の若者たち😊みんなの相談に乗ってあげたい!って😊真剣に思って立ち上げた😊すごく特別なブログなんだ♪

5月の終わりにスタートした僕の体験談ブログも、だんだん紹介してきたお話しが増えて来てさ。これから初めて見てみる!っていうみんなにとっては、そのお話しの保存場所を探すのが結構大変だと思うからさ。そんなみんなの為に5話分のお話しを一挙にまとめて紹介する、超おおおおお親切な笑笑笑、特別サービスを始めることにしたんよ。

ここでは今まで紹介してきたお話しのうち、一番新しい最新の第21話〜第24話のお話しを4話分、一挙にまとめて紹介してあるから、これから初めて見てみる!っていうみんなにとっては、すごくすごくお得だと思うよ!笑笑笑。ということで、僕のまさかまさかのビックリおもしろ体験談を、じっくりと楽しみながら、見てみてくださいな。

♪♪♪まさかまさかのビックリ体験談♪♪♪第21話

😊😊😊奇跡的に学級委員に選ばれた僕は、だんだんだんだん・・・😊😊😊

前回の第20話で紹介したように、小1時代にやらかし続けた笑笑笑、僕が原因で、小2に進級するのに合わせて、家族3人で逃げるように笑笑笑、新しい土地に引っ越して、新しい小学校に転校した僕は、僕が持ってる””普通じゃない凄さ””をまだ誰も知らないクラスメートたちのおかげ???笑笑笑で、まさかまさかの奇跡的に、誰もが憧れる”学級委員”に選ばれてしまったんよね。

小1までの僕は第1話からずっと紹介してきた通り、未熟児で生まれて来てしまったせいで、能力面でも性格面でも、いろんな所に、ほんのちょっとずつ軽い障害があってさ。そのせいで、小1までの僕の人生は、ごく普通の子供たちとは違って、かなり散々なものでさ。だから僕は自分自身に対して、ものすごい劣等感を持っててさ。自分自身に対して、全く自信がなかったんだよね。ほんと劣等感の塊(かたまり)だったんよね。

そんなどうしようもない僕が奇跡的に、誰もが憧れる学級委員に選ばれてしまったことで、僕自身というか、僕の内面や僕の性格、僕の考え方とか僕の気持ちが、だんだんだんだん、少しずつ少しずつ、ポジティブというか、プラス思考に変わっていってさ。

そして、僕自身の変化に合わせるかのように、僕の人生もまた、だんだんだんだん、少しずつ少しずつ、それまでの人生とは違い、良い方向へと変わり始めていったんよね。

まず一番最初に変わっていったのは、やっぱ気持ち・内面・性格の部分でさ。それまでの人生ではさ、”誰かから頼りにされる”っていう経験が全くなかったからさ。学級委員になったことで、学級委員という立場として、毎日毎日いろんなことで、担任の先生やクラスメートたちから、””すごく頼りにされる””学校生活を日々、送ることになったわけでさ。そんな””すごく頼りにされる””という、今まで一度も経験したことの無い、☆気持ちよさ☆というか、☆快感☆というか、☆喜び☆というか、☆幸せ☆というか・・・

そのおかげで僕は自分自身に、だんだんだんだん、少しずつ少しずつ、自信を持てるようになっていってさ。そして、それに合わせて、僕の気持ち・内面・性格・考え方もまた、だんだんだんだん、少しずつ少しずつ、ポジティブというか、プラス思考に変わっていったんだよね。毎日毎日、少しずつ少しずつね。

この僕自身の気持ち・内面・性格・考え方が、良い方向へと変わり始めていったことで、今度は僕自身の言動にも、いい意味で少しずつ少しずつ、変化が生じてきたんよね。

まず最初に変わったのが、すごく苦手だった勉強面でさ。みんなはちゃんと覚えてるかな???小1の時の””普通じゃない凄さ””を持ってた僕のこと。小1の簡単な小テストなのに、1年間を通して結局、5点と0点しか取れなかった僕のこと。三者面談で、おふくろのライバル教師だった担任の先生から「簡単な小テストで5点0点を取るって、100点取るより、はるかに難しいですよ!」って、最大級の嫌みを言われた僕のこと。

そんなどうしようもないくらいダメダメだった僕が、自分自身に自信が持てるようになっていったことで、勉強面に関しても「こんな僕でも頑張れば、頑張った分だけは出来るようになるかも」っていう、前向きな気持ちが持てるようになっていってさ。

小2にして人生で初めて、苦手だった勉強を毎日毎日、自分なりにコツコツ頑張るようになっていったんよね。まああ勉強面に関して言えば、””みんなが憧れる学級委員なんだから、悪い点数は絶対に取れない””っていう、僕なりの変な笑笑笑、プライドつうか、変な自尊心みたいなものが芽生えて来ててさ。そのプライドとか自尊心みたいなものが、僕にとっては勉強面での、ものすごい原動力になったのは間違いない事実だね。

そして、小1時代とはまるで別人のようになっていった僕は、勉強面での毎日毎日のコツコツ頑張ってる努力が、少しずつ少しずつ報われていって、勉強面では確実に、結果を残せるようになっていってさ。2年生の終わり頃には、一般的に言う、「可もなく不可もなく」っていう地位というか立場まで、昇り詰めることが出来たんよね。

みんななら、ちゃんとわかってくれると思うけどさ。小1時代に5点0点しか取ったことのない僕にとっては、「可もなく不可もなく」っていう地位・立場は、まさに憧れの地位・立場なわけでさ。””人から馬鹿にされない””ってことが、こんなにも嬉しいことなんだ!っていう、すごく幸せな気持ちでいっぱいだったんよね。

ここで学級委員の話しに戻るけど、みんなが憧れる学級委員になった僕はとにかく、いつもいつも心の中で、「学級委員として恥ずかしくない人間にならなくちゃ!」っていうことだけ思っていてさ。担任の先生やクラスメートたちの期待に応えられるように、いつもいつも、ものすごく必死だったんだよね。そして僕の唯一の取り柄(とりえ=長所)だった、几帳面(きちょうめん=何事も慎重に丁寧にやる性格のこと)さが
学級委員としての僕の評判を、少しずつ少しずつ、押し上げていってくれたんよね。

人間っていう生き物は不思議なもので、担任の先生やクラスメートたちから「○○○くんって、いつも学級委員として、ほんと良く頑張ってるよね!」なんて、ほめてもらっちゃったりすると、嬉しくて嬉しくて、嬉し過ぎて、すごく自信につながるんだよね。そして、自分自身に根付いて来た確固たる自信と、ほめてもらいたいという本能的な欲望の2つが、更なる努力の原動力になっていってさ。学級委員として、ますます頑張れちゃうわけよね!笑笑笑。

でもって、ますます頑張れちゃうから、そのますますの頑張りが評価されて、担任の先生やクラスメートたちから、もっともっと、いっぱいいっぱい、ほめてもらえちゃうんだよね。となると、ますます自信が付いて、ますます、ほめてもらいたいという本能的な欲望が、自分勝手に膨(ふく)らんでいって、もっともっと、学級委員として、頑張れちゃうわけなんだよね!笑笑笑。

ということで、奇跡的に学級委員に選ばれてしまった僕は、担任の先生やクラスメートたちから””頼りにされる喜び””、担任の先生やクラスメートたちから””ほめてもらえる喜び””という、それまで全く縁の無かった、2つの””偉大なる喜び””を知ることになってさ。気持ちや性格などの内面的にも、と同時に、勉強面を筆頭とした、実際の言動面でも、だんだんだんだん、少しずつ少しずつ、良い方向へと変わり始めていったというか、良い方向へと成長し始めていったんだよね。

☆☆今日の教訓☆☆

””誰かからすごく頼りにされる””ということほど、僕たち人間にとって、これ以上の嬉しい・幸せなことはない!!!ということ。

学級委員になった僕は、担任の先生やクラスメートたちから、すごく頼りにされる学校生活を送ることとなって、これ以上ない嬉しさや喜びを知ってさ。いい意味で、小1までの自分とは完全に違った、全くの別人に生まれ変わっていくことになったんよね。ほんと頼りにされるって、すごく幸せなことだよね。

♪♪今日の何でもトップ3♪♪    好きな若手女優さん

僕の生徒たちの中には、ドラマ好きの子たちもたくさんいてさ。授業の休憩時間とかに、いろんなドラマやいろんな役者さんの話しをすることも多くてさ。ということで、今回は好きな若手女優さんトップ3を紹介するね。

①  岡崎紗絵 さん       ②  吉岡里帆 さん        ③  松本穂香 さん

第1位の岡崎紗絵さんは昨年、テレビで初めて見た時に強くビビビッ!が来てからの大大大ファンで、今年になってからはドラマを中心に、昨年以上に活躍されていて、強くビビビッ!が来た者としては、とても嬉しいんよね。上品で清楚なのに、艶(つや)っぽさも同居している、可愛らしいルックス・可愛らしい雰囲気が最高なんだよね。

第2位の吉岡里帆さんはもう2年以上の大ファンで、正統派の日本美女的なルックス
はとても好感が持てるよね。書道の方もプロ以上の腕前で、書家になるか女優になるか、すごく悩んだ時期があったそうで、まさに書道が似合う、和風美女ですよね。

第3位の松本穂香さんは、ファンになってまだ数ヶ月なんだけど、朝ドラに出てる人で、そのドラマではメガネかけてて、勿論その姿も可愛らしいんだけどさ。メガネをかけてない本来の姿が、信じられないくらいの、絶世の美女って感じでさ。とにかく美しさと可愛さが最高なんよね。ルックスに関して言えば、超絶きれいな松本穂香さんが一番かな。

まああとにかく、この3人はルックスも演技も、若手女優さんたちの中では断トツ、飛び抜けて素晴らしいからさ。もし3人の中で知らないっていう女優さんがいたら、是非ぜひネットとかで、検索してみてくださいな。3人ともほんと、魅力的な女優さんなんよね。

次回、第22話は😊😊😊こんな僕にも、とうとう、ついに、初恋の・・・😊😊😊お楽しみにね。

♪♪♪まさかまさかのビックリ体験談♪♪♪第22話

😊😊😊こんな僕にも、とうとう、ついに、初恋の・・・😊😊😊

前回の第21話で紹介したように、小2の1学期の始業式の翌日、まさかまさかの奇跡的に、誰もが憧れる”学級委員”に選ばれてしまった僕は、担任の先生やクラスメートたちから頼りにされる喜びを知って、自分自身に自信みたいなものが、少しずつ少しずつ付いていってさ。その自信のおかげで、苦手だった勉強さえも、毎日毎日コツコツ頑張れるようになっていってさ。

そして何よりも、学級委員としての自覚みたいなものが、少しずつ少しずつ、芽生えていってさ。一人の小学生として、と同時に一人の人間として、いろいろな意味で、少しずつ少しずつ、成長していったんよね。誰かから頼りにされるって、僕たち人間にとっては、ほんとに、ものすごい原動力・ものすごいパワーになるんよね。

小1の時は””普通じゃない凄さ””のせいで、勉強もダメダメ!運動もダメダメ!友だち付き合いもダメダメ!家族関係もダメダメ!プライベートもダメダメ!全てがダメダメ!な僕だったからさ。”ガイコツ””メガネざる”に始まり、”割っちゃった小僧”を経て、最後には”うんち小僧”っていう、屈辱極まりないあだ名まで付けられちゃってさ。まああ、”割っちゃった小僧”と”うんち小僧”のあだ名に関しては、僕自身に責任があるから、仕方ないっちゃあああ、仕方ないんだけどさ!笑笑笑。

そんな地獄のような小1時代から脱却(だっきゃく)しつつあった僕は、新しい土地の新しい小学校の2年生として、まるで別人になったかのように、学級委員のお仕事と勉強に、一生懸命に、打ち込む日々を送るようになっていってさ。ほんと自分でもビックリなんだよね。

そんな、僕にとってはすごく充実した、すごく幸せな日々を、毎日毎日、送っていたわけなんだけどさ。実は僕と一緒に学級委員に選ばれた女子がさ。まさしく女子版の佐野くんみたいな、完全無欠な女子でさ。つうか、みんなちゃんと佐野くんのこと、覚えとるかい?笑笑笑。小1時代のクラスメートで、全てが完全無欠な佐野くんっすよ。

その女子の学級委員の子がさ。どっからどう見ても、完全に女子版の佐野くんでさ。
背は高い!スタイル抜群!超絶美脚!超絶かわいい!超絶きれい!勉強もバッチリ!運動もバッチリ!加えて、性格も明るい!活発で元気!しかもまだ小2なのに、なぜか色っぽい!とまあああ、佐野くんばりの完全無欠な女子でさ。

いろんな偶然が奇跡的に重なって、大混戦のなか、学級委員に選ばれた僕と違って、その子は当然の如くに、二番の女子に大差を付けて、ぶっちぎりの一番で、女子の学級委員に選ばれてさ。何から何まで全てが完璧な、まさに☆学年のアイドル☆的な存在なわけよね。だからクラスじゅうの男子どころか、学年じゅうの男子がメロメロって感じでさ。僕たち2年の男子にとっては、まさに高嶺(たかね)の花だったわけっすよ。ちなみに高嶺の花っていうのは、その人が自分には素晴らし過ぎて、絶対に手が届かない存在という意味っす。笑笑笑

そんな高嶺の花の女子と僕は、男子1名だけ女子1名だけの学級委員に選ばれたことで、毎日毎日、二人で学級委員のお仕事をするようになったわけよね。っってことはさあああ、ビックリするくらい可愛くて、ビックリするくらい色っぽい女子が、毎日毎日、この僕のすぐそばにいるわけよね。毎日毎日、すぐそばにいるんだよ!すぐそばに!しかもビックリするくらい可愛くて、ビックリするくらい色っぽい女子がさ!

これで好きにならんかったら、男じゃないよね!!!笑笑笑。そりゃあああ確かに、テレビとかで初めて見て、強くビビビッ!って来る芸能人やスポーツ選手とかは、僕の場合は、殆んどが男性だけどさ!笑笑笑。

その子の最大の魅力と言えば、やっぱ可愛いだけじゃないってとこかな。小2とは思えないような、色っぽさというか、艶っぽさというか、大人な雰囲気というか、生まれ持った色気というか、まあああ何というか、とにかくめちゃめちゃセクシーで、魅力的な女の子だったわけよね。ほんと!

でもって、僕が学級委員として頑張ってるからなのか、時より「えええええ、○○○くんって、すごおおおおおい!」なんて、言っちゃってくれたりしてさ。ビックリするくらい可愛い女子に、そんなこと言ってもらっちゃうとさ。男としてはもう、メロメロになっちゃうわけっすよ。ほんと情けないけどさ!笑笑笑。

ほかにも、学級委員としてのお仕事がけっこう大変な時に、僕がその子に気を遣ってあげて、「あああいいよ、これけっこう時間かかりそうだから、僕が全部、家でやってくるよ!」とか言うと、「えええええ、○○○くんって、すごおおおおく、優しいいいいい!」なんて、甘ったるい声で、超おおお可愛く、言っちゃってくれたりしてさ。

ほんと男って単純つうか、どうしようもないバカだよね!笑笑笑。んなわけで、そんな彼女にメロメロ状態の僕に、突然、願ってもないチャンスが訪れたんよね。6月初旬のある日、いつものように放課後に、二人で学級委員のお仕事をしていたら、急に彼女が、「あのね、○○○くんね、来週の日曜日にね、○○○のお誕生日会するんだけどね、○○○くん、どうかなあああ?来てくれるかなあああ?」

うっっっっひょうおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!
こんな夢のようなことが、この僕の身に起こるなんて!うそだろうおおおおおおお!

○○○ちゃんのお誕生日会の日、僕は生まれて初めて、僕なりにおめかし(=おしゃれ)をして、もう今にも口から心臓が飛び出しそうなくらい、バクバクめちゃめちゃ緊張した状態で、そして気持ち的にはバラの花束を100本、いや1000本くらい持ったつもりで笑笑笑、僕なりに頑張って選んだ彼女へのプレゼントを携(たずさ)えて、約束の時間に○○○ちゃんのお家に行ったわけっすよ。

そしたらさ、なななななんと、クラスの男子がほかに、6人も来ててさ。そう、そうなんよ。僕を含めると、7人もの男子が招待されててさ。どの男子もみんな、自分だけが招待されてると勘違いしてたみたいでさ。いやあああ、やられちゃったよねえええ!まだ小2にして、これぞ、まさに魔性(ましょう)の女ってやつだよね!笑笑笑。

自分だけが招待されてると勘違いして、ウキウキ気分でやってきた僕たち愚かな男子7人は、当然の如く、彼女んちで鉢合わせとなってしまったわけで、ものすごく気まずい雰囲気のなか、と同時に、ライバルたちがすぐそばにいるという異常な状況も相まって、誰ひとりとして、彼女に積極的に話しかけることも出来ず、最後まで気まずい雰囲気のまま、悲しいかな、彼女のお誕生日会は幕を下ろしたんだよね。はあああああああ!

そして僕は、そう、人生で初めて、女子の怖さを知ってしまった僕は、やっぱ○○○ちゃんは僕には高嶺の花なんだと、つくづく悟ったわけよね・・・・ということで、結局のところ、僕の淡く切ない初恋はたった2ヶ月で、あっけなく終わってしまったんよね。

にしても、○○○ちゃんはビックリするくらい可愛くて、ビックリするくらい色っぽくて、ビックリするくらい大人な雰囲気を漂わせててさ。ほんと魅力的な女の子だったんだよなああああ。もう27年も前のことだけどさ、○○○ちゃんのことは今でも、鮮明に覚えとるんよね。やっぱ初恋って、誰にとっても、甘酸っぱくて切ない、そして一生忘れられない、大切な思い出なのかな!

まあああ、○○○ちゃんとの思い出は、もうこのくらいにしとこうかな。これ以上、○○○ちゃんのこと書くと、うちの奥さんに何されるかわかんないからね!笑笑笑。
ほんと女子って、もちろん人によるけど、幼くても大人でも、いろんな意味で、○○○からね!笑笑笑。○○○に入る3文字は、みんなの想像にお任せするね。

☆☆今日の教訓☆☆

初恋というのは誰にとっても、一生忘れられない、大切な大切な思い出!!!ということ。

いつも僕の体験談ブログを見てくれてるみんなの中には、もう初恋の経験がある人もいれば、まだこれからっていう人もいると思うけど、初恋っていうのは相手が誰であれ、結末がどうであれ、誰にとっても、一生忘れられない、大切な大切な思い出になると思うから、特に僕の体験談ブログを見てくれてるみんなには、素敵な初恋をしてもらえたら、僕個人としてはすごく嬉しいかな。

♪♪今日の何でもトップ3♪♪    好きなグラビアアイドルさん

こんな僕でも一応男子なんで笑笑笑、男子生徒たちとは普通に、女性アイドルさんたちやグラビアアイドルさんたちの話しをすることも多くてさ。ということで、今回は好きなグラビアアイドルさんトップ3を紹介するね。

①  岸明日香 さん       ②  馬場ふみか さん        ③  中村静香 さん

第1位の岸明日香さんは、顔の可愛いさもスタイルの良さも、断トツ飛び抜けて抜群だよね。関西弁のしゃべりも可愛いしね。それと毎日毎日、ちゃんと自炊しててさ。しかも、ものすごく手の込んだ料理ばっか、いつも作っててさ。だから料理がプロ級の腕前でさ。おそらく料理の上手さという意味では、芸能界全体でのナンバーワンなんだよね!ほんと信じられないくらい、ものすごく手の込んだ料理ばっか作るんだよね。ルックスは完璧!明るい性格!料理も完璧!まさに理想のお嫁さんだよね!笑笑笑。

第2位の馬場ふみかさんは、雪国の新潟美人というだけあって、お肌が色白で綺麗なんだよね。勿論、岸明日香さん同様に、顔の可愛いさもスタイルの良さも、抜群だしね。馬場ふみかさんに関して言えば、彼女がヒロインを演じた、おまえはまだグンマを知らないっていうドラマが、僕は大好きでさ。彼女の魅力がたくさん詰まった、すごく楽しいドラマだからさ。みんなも是非ぜひ、ネット動画とかで見てみてくださいな。

第3位の中村静香も、岸明日香さん馬場ふみかには負けるけど、顔の可愛いさもスタイルの良さも、グラビアアイドルさんたちの中では断トツ、飛び抜けて抜群だよね。

岸明日香さんも馬場ふみかさんも中村静香さんも、3人ともにまだ無名の時代から、僕個人はビビビッ!を感じてて、ずっと応援してきたからさ。3人ともに、ここ2年3年で、テレビやグラビアを中心に、かなり活躍の場が増えてきててさ。長年ずっと3人を応援し続けてきた僕としては、ほんと嬉しい限りなんだよね。やっぱ自分が応援し続けてる人が活躍したり、世間から認められるって、ほんと最高の気分だよね。

まああとにかく、この3人の可愛さとスタイルの良さは、グラビアアイドルさんたちの中では断トツ、飛び抜けて素晴らしいからさ。もし3人の中で知らないっていうグラビアアイドルさんがいたら、是非ぜひネットとかで、検索してみてくださいな。3人ともほんと、可愛くてスタイル抜群で、魅力的なグラビアアイドルさんだからさ。

次回、第23話は😊😊😊あああああ僕、こんな幼くして、死んじゃうんだ!!!😊😊😊お楽しみにね。

♪♪♪まさかまさかのビックリ体験談♪♪♪第23話

😊😊😊あああああ僕、こんな幼くして、死んじゃうんだ!!!😊😊😊

前回の第22話で紹介したように、小2の1学期、7歳(まだ誕生日が来てなかったから)にして、淡く切ない初恋を経験した僕は、毎日毎日、大人っぽい初恋の相手の女の子を見るにつけて、シャイで恥ずかしがり屋の自分には恋愛なんて、まだまだ遠い未来のことなんだろうなあああ!と感じたわけでさ。

この時に感じた、恋愛なんてまだまだ遠い未来のことなんだろうなあああ!という、情けない消極的な思いは、結局のところ僕の人生において、ビックリするくらい見事に的中してしまってさ。僕に人生で初めての彼女が出来たのは、ななななんと、この時から15年近くもの長い年月が経った、大学4年の冬、22歳の時だったんだよね。ほんと信じられないくらい、超おおおおお遅咲きの春になってしまったんよね!笑笑笑。

さああ小2の時代に戻ろうね!笑笑笑。初恋に関しては、自分にはまだ早いって感じて、自ら身を引いた僕だったわけなんだけど、学級委員のお仕事と勉強に関しては、その時の僕の2大”生き甲斐”笑笑笑ということもあって、相変わらず毎日毎日、コツコツ全力で、必死に頑張ってたわけよね。

そんな頑張りと努力のおかげで、学級委員としての僕の評価は当然の如く、どんどんどんどん良くなっていってさ。それが自分自身への確固たる自信に、どんどんどんどんつながっていってさ。その自信のおかげで、苦手だった勉強面においても、確実に結果を残せるようになっていってさ。ほんと自信って、すごい原動力になるんよね。

そんな人生で初めての”リア充”を味わっていた僕は、地獄の小1時代とは真逆で、毎日の学校生活が、どんどんどんどん楽しくなっていってさ。ちょっと大げさだけど、「っっふふ、なんだよ!この世界は僕のためにあるようなもんじゃんか!」的な、小1時代の僕では絶対にあり得ない、ちょっと傲慢(ごうまん)というか、ちょっと得意な感じになっていってさ。ほんと人間って、ちょっと油断するだけで、すぐ傲慢になっちゃう生き物なんだよね。

そんな人生初の”リア充”な僕に、さらに嬉しいことが舞い込んできたんよね。7月の初旬のある日、おふくろの口から「夏休みにちょっとした旅行に連れてってあげるから」という、耳を疑うような、信じがたい言葉が飛び出したんよね。

みんなも知ってるように、僕の家族は、地球一どうしようもない最低なおやじのせいで、僕がこの世に生まれて来る前から、グチャグチャなまでに、完全に崩壊(ほうかい)しまくっててさ。僕と兄貴とおふくろの3人は、地球一みじめな生活を送っててさ。

だから当然、僕が生まれてからは一度も、家族3人で旅行なんて行ったこと無かったからさ。おふくろの口から飛び出した、夢のような言葉を聞いて、メッチャ喜んだわけよね。もう嬉しくて嬉しくて、その日から旅行当日まで、超おおおおおルンルン気分だったんだよね。もちろん僕んちはどうしようもないおやじのせいで、お金に困ってたからさ。旅行と言っても、近場の1泊旅行だったんだけどね。それでもさ、小2の僕にとってはさ。人生初の旅行だったからさ。ほんと嬉しかったんよね!

ちなみにどうしてその時、おふくろが僕たちを旅行に連れてってくれたかと言うと、
地獄の小1時代とは真逆で、新しい土地の新しい小学校で、学級委員として頑張ってる僕の姿を、僕の担任の先生がちょくちょく、おふくろに報告してたみたいでさ。僕が学級委員として頑張ってる、そのご褒美(ほうび)なんだってさ。

あっっ念の為に言っとくけど、小1まで住んでた小さな街とは違い、小2になるタイミングで引っ越した、おふくろの実家があるこの街は、そこそこ大きな街だったからさ。当然おふくろは、僕が通ってた小学校とは違う小学校に赴任(ふにん)したんよね。だから僕の担任の先生はわざわざ、おふくろが教えてた小学校に電話して、僕の学校での様子をおふくろに、ちょくちょく報告してたそうな。そう考えると教師たちのネットワークって、僕のような教師の子供たちにとっては、ちょっと怖いよね!笑笑笑。だって学校で何か、しでかしてしまったら、担任の先生によってすぐに、ちくられちゃうわけだからね。

さああそしていよいよ、待ちに待った旅行の日。目的地までは電車を1回だけ乗り換えて行く、そういうルートだったんだけどさ。その1回だけ電車を乗り換える駅のホームで、とんでもない大事件が起きてしまったんよ。とんでもない大事件が!!!

人生初の旅行の嬉しさのあまり、超おおおおおルンルン気分だった僕は、電車を乗り換えるために、おふくろと兄貴を置いて、さっさと1人だけ小走りで、次に乗る電車が止まってる、乗り換えのホームに行ったんよね。そして先に1人で、その電車に乗ろうとした瞬間に、とんでもない大事件が起きてしまったんよ。

ななななななななななななななななんと、僕が乗り換えの電車に乗ろうとした瞬間、一瞬のうちに、おふくろと兄貴の視界から、僕が完全に消えていなくなってしまったんよ!そう、ほんの一瞬のうちに!!!

とにかく、ほんの一瞬の出来事だったからさ。当事者の僕も、自分の身にいったい何が起こったのか、すぐには全然わからなくてさ。とにかく、ものすごい勢いで、自分の身体が真下の方向に引っ張られてさ。と同時に、僕の首からあごのあたりにかけて、そして背中のあたりにかけても、ものすごい痛みが走ってさ。まさに激痛ってやつだよね。特にあごのところの痛みと言ったら、ほんと信じられないくらいの、大激痛やったんよね。

そして、自分の身に何が起こったのかわからないまま、その激痛に気づいた僕は、痛みと恐怖のあまり、大声で泣き出してしまったんよね。そして、激痛と恐怖に襲われてるなか、僕は1人さみしく、大声で泣きじゃくりながら、「あああああああ僕、こんな幼くして、死んじゃうんだ!!!」って心の中で叫びながら、人生で初めて、まじまじと、死の恐怖を味わっていたんだよね。ほんと、その時ばかりは完全に、自分の死を覚悟したんだよね。もちろん最終的には奇跡的に助かったんだけどさ!笑笑笑。

最後にみんなにクイズです。この時この僕に起こった、普通では絶対にあり得ない、とんでもない災難とは???僕が紹介した、細かい描写をしっかりと見てくれれば、たぶんわかるかな!笑笑笑。答えにかなり自信のある人は、コメントで教えてくれてもいいよ。ということで、クイズの答えは次回、第24話にて紹介するね。もちろん新しい体験談もね。

☆☆今日の教訓☆☆

人間、ルンルン気分で舞い上がってて、ものすごく油断してると、とんでもない災難に襲われてしまう危険性がある!ということ。

僕の場合は幸運にも、奇跡的に助け出されて、こうして今でも生きているけどね!笑笑笑。

♪♪今日の何でもトップ3♪♪    好きな競泳選手さん

僕はスポーツをするだけじゃなくて、見る方もすごく好きでさ。生徒たちともいろんなスポーツの話しをするんだよね。そう言えば、こないだまでやってた世界水泳も、かなり盛り上がったよね。ということで、今回は好きな競泳選手さんトップ3を紹介するね。

①  萩野公介 くん       ②  池江璃花子 さん        ③  大橋悠依 さん

第1位の萩野公介くんは誰もが認める、日本競泳界史上最高&史上最強の選手で、まさに生きる伝説に相応しい、ウルトラスーパースターなんぜよ。おおおおおっっっと
おおお、久しぶりに龍馬が帰ってきたぜよ!笑笑笑。水泳に対する真面目で真摯な姿勢といい、ものすごい練習量といい、これまでの輝かしい実績といい、他の追随を許さない、真の日本競泳界史上最高&史上最強の選手なんぜよ。コーチの話しでは、真面目過ぎて、練習し過ぎてしまうところが、唯一の欠点だそうで、真面目過ぎて、練習し過ぎてしまうなんて、ほんと尊敬に値する、素晴らしい人間性だぜよ。

第2位の池江璃花子さんはテレビでも取り上げられることが多いから、みんなの中にも知ってる人、多いんじゃないかな。彼女の凄いところは何と言っても、複数種目を完璧にマスターしてる点だぜよ。リレーも含めて、なななななんと8種目もの日本新記録を持ってるんだぜよ。しかもまだ高2だぜよ。萩野公介くんが日本競泳界史上最高&史上最強の選手なら、池江璃花子さんは日本女子競泳界史上最高&史上最強の選手だぜよ。

第3位の大橋悠依さんは「超絶美女な絶対女王が驚異的な日本新記録で銀メダル!」
の記事で紹介した選手だぜよ。もちろん競泳選手としても、素晴らしいくらい超一流なんだけどさ。彼女のもう一つの魅力はやっぱ、そのルックスとスタイルの良さなんだぜよ。アイドル並みに可愛くて、女優さん並みに美しくて、モデルさん並みにスタイルも抜群でさ。まさに天から七物も八物も授かった、スーパーヒロインだぜよ。

今日紹介した、萩野公介くんも池江璃花子さんも大橋悠依さんも、世界的なスーパースター選手なので、ちょっとでも興味ある人は、是非ぜひネット動画とかで、3人の華麗な泳ぎを見てみてくださいな。

次回、第24話は😊😊😊奇跡的に助け出された僕は、○○と出会い・・・😊😊😊お楽しみにね。

♪♪♪まさかまさかのビックリ体験談♪♪♪第24話

まず最初にごめんなさい!前回の第23話を書き終わった時点では、第24話の題名を😊😊😊奇跡的に助け出された僕は、○○と出会って・・・😊😊😊にしようと思ったんだけどさ。この第24話を紹介してるうちに、この大事件というか大事故のお話しが、かなり長くなっちゃってさ。だから本当に申し訳ないんだけど、今回の第24話の題名を変更します。ほんとごめんなさいです!

😊😊😊いろんな偶然が重なって起こった大事故、でも幸いにして・・・😊😊😊

前回の第23話で紹介したように、小2の夏休み、人生で初めての家族旅行の初日。目的地までは電車を1回だけ乗り換えて行く、そういうルートだったんだけどさ。その1回だけ電車を乗り換える駅のホームで、とんでもない大事件が起きてしまったんよ。とんでもない大事件が!!!

人生初の旅行の嬉しさのあまり、超おおおおおルンルン気分だった僕は、電車を乗り換えるために、おふくろと兄貴を置いて、さっさと1人だけ小走りで、次に乗る電車が止まってる、乗り換えのホームに行ったんよね。そして先に1人で、その電車に乗ろうとした瞬間に、とんでもない大事件が起きてしまったんよ。

ななななななななななななななななんと、僕が乗り換えの電車に乗ろうとした瞬間、一瞬のうちに、おふくろと兄貴の視界から、僕が完全に消えていなくなってしまったんよ!そう、ほんの一瞬のうちに!!!

とにかく、ほんの一瞬の出来事だったからさ。当事者の僕も、自分の身にいったい何が起こったのか、すぐには全然わからなくてさ。とにかく、ものすごい勢いで、自分の身体が真下の方向に引っ張られてさ。と同時に、僕の首からあごのあたりにかけて、そして背中のあたりにかけても、ものすごい痛みが走ってさ。まさに激痛ってやつだよね。特にあごのところの痛みと言ったら、ほんと信じられないくらいの、大激痛やったんよね。

そして、自分の身に何が起こったのかわからないまま、その激痛に気づいた僕は、痛みと恐怖のあまり、大声で泣き出してしまったんよね。そして、激痛と恐怖に襲われてるなか、僕は1人さみしく、大声で泣きじゃくりながら、「あああああああ僕、こんな幼くして、死んじゃうんだ!!!」って心の中で叫びながら、人生で初めて、まじまじと、死の恐怖を味わっていたんだよね。ほんと、その時ばかりは完全に、自分の死を覚悟したんだよね。まさに絶望の淵(ふち)にいるって感じだったんだよね。

さああそしていよいよ、ここからが前回23話で出したクイズの答えだっぺ!笑笑笑。
うっっとその前に、みんな僕がどうなってしまったか、ちゃんと想像できた???

じつは実はなななななんと、僕の身体が電車とプラットフォームの細い隙間(すきま)
に落ちてしまったんよ。信じられる???笑笑笑。27年も過ぎた今でも信じられないんだけどさ笑笑笑、電車とプラットフォームの、ほんのわずかな隙間のところに落ちちゃったんよね。僕の身体がさ!笑笑笑。

幼少の頃の僕はみんなも知ってる通り、ガリガリとかガイコツっていう、すごく嫌みなあだ名が付いてたわけでさ。でも悲しいかな!現実はそのすごく嫌みなあだ名の通りでさ。メッチャ細いつうか、メッチャ痩(や)せててさ。腕とか脚なんか、ほんと棒みたいでさ!笑笑笑。もちろん原因があったから、すごく痩せてたわけでさ。その原因は2つあって、1つは未熟児で生まれて来たことで、もう1つは普段の粗末な食事だったわけよね。まああ普段スーパーのお総菜だけで、しかも時より”特別な夜”もあったわけだから、太れるわけ無いよね!笑笑笑。

さてさて、そういうわけで、電車とプラットフォームの、ほんのわずかな隙間のところに落ちちゃった僕の身体は、なななななんと頭のところだけが、そのわずかな隙間のところに挟(はさ)まっちゃってさ。つまりつまり、頭のところだけが電車とプラットフォームの、ほんのわずかな隙間のところの上にあってさ。頭から下の身体は全部
、ほんのわずかな隙間のところの下に、完全に落ちちゃってる状態になっちゃったわけよね。

ごめん、なんか余計わかりにくくなっちゃったかな!笑笑笑。早い話が、頭のところだけが支えになって、身体全体が宙吊り(ちゅうずり)状態になっちゃったわけよね。
あああああ!僕の身体の、この超おおおおお、”まぬけな”状況を図に書いて、ちゃんと説明したいよおおおおお!笑笑笑。

ということで誰が見ても、超おおおおお、”まぬけな”状況に陥ってしまった僕の身体であったわけだけど、その時の現実の僕は、それどころではなく、真剣に且つ、本当の意味で、ものすごい”死の恐怖”と闘っていたわけでさ。あごのあたりと後頭部のあたりを中心とした、ものすごい激痛と、ものすごい”死の恐怖”という、ウルトラスーパー2大攻撃(笑笑笑)が、あまりにも凄すぎて、僕は完全にパニックになって、大声で泣きじゃくってたわけよね。

そうこうしてるうちに、何人かの人たちが叫び出したんよ。「大変だあ!子供が落ちたぞお!」「子供が隙間に落ちたぞお!」「早く駅員に知らせて!」などなど。勿論これらの言葉は、その時の超おおおおおパニクってて、大声で泣きじゃくってる(笑笑笑)僕が、認識できるはずもなく、あとになって、事の一部始終(いちぶしじゅう)を兄貴から聞いて、全てわかったわけでさ。

兄貴の話しによると、乗り換えの電車に乗るために、僕が1人でさっさと先に走って行っちゃったせいで、僕の身体が電車とプラットフォームの、ほんのわずかな隙間のところに落ちちゃった瞬間を、おふくろと兄貴は実際には見ておらず、何人かの人たちが騒ぎ出して、僕のところに集まって来て、それでやっと、僕の身に起こった大事件に気づいたそうな。

ああああっと、ちなみにですね、ちゃんと正確に描写すると、”僕のところに集まって来て”じゃなくてですね、”僕の頭のところに集まって来て”となります!笑笑笑。そりゃそうだよね!周りの人たちからはさ、僕の頭しか見えてないわけだからね。

当然この宙吊り状態という異常事態のまま、電車が発車してしまえば、僕はわずか7歳にして、帰らぬ人となっていたかもしれないわけでさ。そう考えると、ほんとゾッとするような大事件だったんよね、この僕にとってはさ!笑笑笑。

結局のところ、僕の頭というか笑笑笑、僕の身体は幸いなことに、緊急事態と知って集まって来て下さった、何人かの乗客の人たちと駅員さんたちによって、慎重にゆっくりゆっくり、まず頭とあごから、ちょっとずつ引き上げてもらってさ。次に肩から腕にかけて、ゆっくりゆっくり引き上げられて、そして最後には、脚まで全身が引き上げられて、僕は奇跡的に助け出してもらったんよね!周りの人たちのおかげでさ!

すべて、僕の身に起きた大事件にたまたま居合わせた、何人かの乗客の人たちと駅員さんたちのおかげなんよね!ほんと感謝!感謝だよね!僕を助け出して下さった人たちは皆さんが、僕にとってはまさに命の恩人なんだよね。

この時は僕がものすごく痩せていたということ、電車に乗ろうとした僕の足がたまたま、電車とプラットフォームの、ほんのわずかな隙間のところに落ちちゃったこと、そのせいで身体全体まで、ほんのわずかな隙間のところに、ズドンと落ちちゃったこと。この3つの偶然がたまたま同時に、重なってしまって起こった、ほんとに不運な事故だったんよね。

それにしても、人生ってほんと、何が起きるかわからないよね!!ということで、僕の人生の中で一番最初に、ものすごい”死の恐怖”を味わった体験談を紹介しました。

ところで、みんなクイズの正解ちゃんと当ててくれたかな???頭のところで隙間に引っかかったというか、隙間に挟まっちゃったから、頭の部分だけは隙間の下に落ちなかったんよね。さすがにそこまで鋭く見抜いた人は、誰もいなかったんじゃないかな!笑笑笑。まああ、そこまでちゃんと見抜いてたら、その人はもはや天才やね!笑笑笑。

ちなみに、もうバレバレだから、正直に告白するけどさ。僕の場合は未熟児と普段からの栄養不良のせいで、首から下はものすごく痩せててさ。その割に頭だけは大きくてさ。まあああ何というか、”頭でっかち”とでも言いましょうか、そんな感じの情けない体型だったわけさ。だから僕から見て、完璧に近いルックスだった、佐野くんや初恋の相手の○○○ちゃんのことが、ほんと羨ましかったんよね。同じ人間という生き物なのになんで、こんなに違うんだろう!ってさ!笑笑笑。ほんと現実って残酷だよね!

にしても「経験者は語る!」じゃないけどさ、ほんと宙吊り状態って、ものすごく怖いんだよね。だって、この時の僕の場合は、頭というか首というかあごというか、ただそこの部分だけで、身体全体を支えてたんだからさ。27年も昔のことだけど、今でも、この時のことを思い出すと、この時の激痛と死の恐怖が、鮮明に蘇(よみがえ)って来ちゃってさ。背筋がゾッと寒くなるんよね!笑笑笑。

最後になるけど、あの時、僕の身体を引き上げて下さって、僕の命を助けて下さった方々には、心から感謝してるんよね!本当に本当に、ありがとうございました!!!

☆☆今日の教訓☆☆

僕たち人間は普段の生活において、””生きている””というよりも、正確には””生かされている””!!!ということ。

あの時もし僕の異変に誰も気付かなくて、そのまま電車が発車してたらと思うとさ。あそこで僕の幼い命は終わってたかもしれないわけでさ。そう考えると、僕たち人間は、普段の日常生活において、いろんな人たちから、支えてもらいながら、いろんな人たちから、助けてもらいながら、日々生かされてるんじゃないかな!って、つくづく思うんだよね。

やっっばっ!僕としたことが、珍しく(笑笑笑)、いいこと、言っちゃったね!笑笑笑。あっっ違うか!笑笑笑。

♪♪今日の何でもトップ3♪♪    好きなゴルフ選手さん

僕はスポーツ大好き人間でさ。卓球野球陸上テニスバドミントンに始まり、いろんなスポーツをやってきたんだけどさ。今年は宮里の藍ちゃんが引退ということで、ゴルフ界が大激震したんよね。僕個人は昔、たまたま知り合いにゴルフのコーチやってる人がいてさ。ゴルフもちょっとだけ、かじったことがあるので、今回は好きなゴルフ選手さんトップ3を紹介するね。

① アン・シネ 選手      ② タイガー・ウッズ  選手       ③  宮里藍 選手

第1位のアンシネ選手は韓国の実力者で、今年から日本ツアーに参戦してるプロ選手でさ。まあああとにかく、性格が真面目過ぎて、真面目過ぎて、バカが付くくらいの真面目な性格でさ。ほんと尊敬に値する、素晴らしい人間性を持った、超おおおおお努力家な選手なんだぜよ。

日本は世界一下品な国だから、ルックスも素晴らしいアンシネ選手のことを、下品極まりない日本人男性たちは、違う対象として扱ってるけどさ。素顔のアンシネ選手はゴルフの実力も、性格も人間性も素晴らしい、とても素敵で魅力的なゴルフ選手なんだぜよ。

第2位のタイガー・ウッズは自他ともに認める、ゴルフ界史上最高&ゴルフ界史上最強の、ウルトラスーパー選手なんだぜよ。テニスの神様ロジャー・フェデラーもそうなんだけどさ。タイガーもロジャーも何が一番すごい!って、彼らのそのフォームの美しさなんだぜよ。無駄な動きが全くなく、全ての動きが完璧なまでに、基本に忠実でさ。まさにゴルフの教本のような、理想的な美しいフォームなんよね。

だから、テニス界のロジャーもゴルフ界のタイガーも、その理想的な美しいフォーム故(ゆえ)に、史上最高&史上最強の選手って、全世界から賞賛されてるわけよね。あっっいけね!一番大事な人、忘れてた!実は羽生結弦くんもまた、ロジャーやタイガーと全く同じ理由で、全世界から、フィギュアスケート界の史上最高&史上最強の選手って、賞賛されてるわけよね。

この3人だけは、スポーツの世界における、世界の偉人の中でも””特別すごい偉人””として、この3人だけ別格な特別扱いになっててさ。全世界から、ものすごい尊敬の眼差し(まなざし)を持って、賞賛され続けてるわけなんだぜよ。そして、この3人の一番の共通点が、フォームの””絶対的な美しさ””なんだよね。どの世界においても、やっぱ一番大切なのは、基本の徹底ってことなんだよね!

第3位の宮里藍選手はみんなの中にも知ってる人いると思うけどさ。人気・実力ともに、ぶっちぎり断トツのNO1で、日本女子ゴルフ界の圧倒的な絶対女王でさ。日本人プロ選手、男子女子全員合わせて、唯一、ただ一人だけ、世界ランキング第1位になったことがある、スーパーヒロインなんだぜよ!ゴルフの実力は勿論のこと、誰にでも気配りが出来る、素晴らしい人間性を持った、素敵な選手なんだぜよ。

アンシネ選手といい、藍ちゃんといい、素晴らしい性格と素晴らしい人間性を持ち合わせた、素敵な選手って、ほんと魅力的だよね。

今日紹介した、アンシネ選手もタイガー・ウッズも宮里藍選手も、世界的なスーパースター選手なので、ちょっとでも興味ある人は、是非ぜひネット動画とかで、3人の華麗なゴルフを見てみてくださいな。きっとみんなも感動すると思うぜよ。

次回、第25話は😊😊😊勉強だけじゃなく、運動も超苦手だった僕が、まさかまさかの😊😊😊お楽しみにね。

この記事に

小学生中学生高校生家族いじめ友だち関係部活先輩後輩
やる気中間期末テスト勉強成績進路面談入試高校受験大学受験
志望校合格将来の夢塾習い事恋愛不登校家出つらい悩み相談

超お得!!5話分まとめて見れちゃう!!第16話〜第20話☆

ほっこり♪にゃんにゃん😊 です

小学生中学生高校生大学生などの若者たちを中心に😊僕の人生で実際に起きてしまった起こってしまった😊まさかまさかのビックリおもしろ体験談を見てもらい😊最終的には😊親身になって😊誠意を持って😊いろんなことで悩んでる今の若者たち😊みんなの相談に乗ってあげたい!って😊真剣に思って立ち上げた😊すごく特別なブログなんだ♪

5月の終わりにスタートした僕の体験談ブログも、だんだん紹介してきたお話しが増えて来てさ。これから初めて見てみる!っていうみんなにとっては、そのお話しの保存場所を探すのが結構大変だと思うからさ。そんなみんなの為に5話分のお話しを一挙にまとめて紹介する、超おおおおお親切な笑笑笑、特別サービスを始めることにしたんよ。

ここでは今まで紹介してきたお話しのうち、第16話☆第17話☆第18話☆第19話☆第20話のお話しを、一挙にまとめて紹介してあるから、これから初めて見てみる!っていうみんなにとっては、すごくすごくお得だと思うよ!笑笑笑。ということで、僕のまさかまさかのビックリおもしろ体験談を、じっくりと楽しみながら、見てみてくださいな。

♪♪♪まさかまさかのビックリ体験談♪♪♪第16話☆

😊😊😊どうしよう!ほんと!どうしよう!このままじゃ・・・😊😊😊

前回の第15話で紹介したように、小1のクリスマス直前に、僕は駄菓子屋さんとこのガラスケースのガラスを割ってしまってさ。駄菓子屋さんのおばちゃんには怒られるわ、おふくろからはまさかまさかの、3日連続での特別な夜の儀式(おかずがバターだけ)を強要(きょうよう)されるわ、担任の先生がこのことをクラスのみんなにばらしちゃったせいで、クラスメートたちからは”割っちゃった小僧”っていう、屈辱的な新しいあだ名で呼ばれるようになるわで、僕にとってはまさに、踏んだり蹴ったりの大事件になってしまったんよね。

そんな可哀想(かわいそう)過ぎる笑笑笑!僕だったんだけどさ。それからほんの1ヶ月ちょっと過ぎただけで、とうとう、ついに、僕の人生における”最大の汚点”となってしまう、まさかまさかの大事件が大勃発(ぼっぱつ)するんよ。

あれは年が明けた小1の1月の終わりだったんよ。みんなにも紹介してきたように、僕は家の中でも、小学校教師として評判の良いおふくろから、おかずがバターだけの特別な夜を筆頭に、いろんな種類のいじめを受けててさ。普段のごく普通の、家での食事も当然、育ち盛りの僕が満足するような、”ちゃんとした質や量”には、ほど遠い粗末(そまつ)なもんでさ。だから小1の僕はいつもいつも、おなかを空(す)かせていたんよ!

そんな僕にとって、学校の給食はまさに”救いの神”って感じのものでさ。普段、家でまともな食事を与えてもらってなかった僕にとっては、唯一(ゆいいつ)まともな食事が出来る、”至福(しふく=最高に幸せ=最高に嬉しい)の時間”だったんよ。

そんな僕だったから、給食の時間はどうしてもメインメニューの”お替わり”がしたくてさ。でも殆んどの男子たちが同じこと考えてるから、ものすごい競争率でさ!笑笑笑

とにかく、ものすごくレベルの高い競争でさ!当然、早いもん勝ちなわけよ!!!ガリガリで、ひ弱(ひよわ=たよりなくて弱っちい感じ)な僕だったけど、給食の時間だけは”お替わり”のために、鬼のような気合いで、必死に早く食べまくったんよ笑笑笑!

そして、僕の小学校では”お替わり”は、「自分で好きなだけ取れる」っていう、僕にとってはまさに☆夢のようなシステム☆笑笑笑だったんよね。だから気合い十分の僕は、今ここで日頃の栄養不良を挽回(ばんかい)しなきゃ、いつ挽回できるんや!!!とばかりに、超てんこ盛りのお替わりをするわけで。と同時に、満面の笑みを浮かべながら、自分の席へと戻って行くわけよ。

そしてここからは僕にとっては、まさに”至福の時間”!!!なぜって、もうお替わりしたから、必死に急いで食べる必要ないからね笑笑笑。ということで、超てんこ盛りのお替わりを本来の自分のペースで、味わいながら食べるんよ。日頃の空腹感をちゃんと、忘れられるようになるまで、しっかりとね。だって僕にとっては、おなかいっぱい食べれるのって、この給食の時間だけだったんだからさ!よくよく考えると、ほんと悲しすぎる現実だよね!!!まだ小1なのにさ。

そんな僕だから、給食の時間が終わると、珍しくおなかいっぱいになるからさ。午後はルンルン気分になるわけよ。特にその日はいつも以上に、超おおおおお、てんこ盛りのお替わりをしてさ。おなかがパンパンになるくらい食べたからさ。ものすごい満腹感に満たされちゃっててさ。最高に幸せな気分で、5時間目の授業を受けてたんよね。

授業が始まって10分くらいした時かな。「んんんんんん、なんかちょっと、おなか痛くなってきちゃったかな!」って感じ始めてさ。その痛みがちょっとずつ、ちょっとずつ大きくなってきちゃってさ。と同時に、だんだんだんだん、あっちの方の欲求も出てきてしまっちゃってさ。10分15分と必死に我慢し続けてるうちに、おなかの痛みも、あっちの方の欲求も、どんどんどんどんと大きくなっちゃってさ。痛みも欲求も両方ともに、ものすごく大きくなっちゃってさ。

僕なりに、必死に必死に、ものすごおおおおおく、必死に、我慢し続けたんだ!!!

「どうしよう!どうしよう!ほんと!どうしよう!このままじゃ・・・・・・・・」

ということで、続きは第17話でね。おそらく次回の第17話が、僕のまさかまさかのビックリ体験談の中で、1位2位3位を争うくらい、超絶おもしろい回になると思うから???楽しみにしててくださいな!笑笑笑。

☆☆今日の教訓☆☆

普段いつも、ひもじい(=まともな食事が取れず、いつも空腹な状態のような感じ)生活を送っているからと言って、好きなだけ食べれる状況において、欲を出して食べ過ぎてしまうと、あとあと大変な災難が降りかかって来る危険性がある!ということ!!!

僕に降りかかった大変な災難については、次回の第17話で事実をそのまま、詳しく紹介するからね。今までの35年間の人生で限(かぎ)って言えば、やっぱ人生最大の汚点になるのかな???笑笑笑。

♪♪今日の何でもトップ3♪♪   好きなスポーツクライミング女子選手さん

① 伊藤ふたば さん    ② 野口啓代(あきよ)さん    ③ 田嶋あいか さん

東京オリンピックの正式種目になったスポーツクライミング。僕は出来ないんだけど笑、見るのはすごく好きでさ。日本は男子も女子もかなり強いそうで、オリンピックでは十分に金メダルを狙えるみたいなんよ。特に日本の女子は世界でもトップクラスのレベルなんよね。僕はまだ生で直接、大会を観戦したことはないんだけど、テレビや動画とかで見るたびに、そのスリリングな試合展開に魅了されちゃうんよね。

第1位の伊藤ふたば選手は岩手県盛岡市に住む現在中学3年生で、自他共に認める、東京オリンピック金メダル候補ナンバーワンの選手!すでに小学生時代から圧倒的なパフォーマンスを披露しててさ。日本選手権では一昨年、まだ中1なのに総合4位になってさ。そして昨年の日本選手権では、一昨年4位のリベンジを果たし、ついに中学2年生にして、総合優勝、日本チャンピオンに輝いたんよね。中学2年生が大人たちを倒しての優勝だよ!ほんとすごいよね!まさにスポーツクライミングの宝!って存在だね。

野口さんは長年にわたって、日本女子のスポーツクライミング界を牽引(けんいん=トップのような存在として、その世界のレベルアップに貢献すること)してきた、選手たち誰もが尊敬する、お姉さん的なレジェンド選手。田嶋ちゃんは高校を卒業したばかりで、ふたばちゃんと共に、次世代を担うスーパーエース的な選手なんよ。

ちなみに、日本女子のスポーツクライミング選手たちって、まるでルックスだけで選んじゃったんじゃないの!って、誤解されちゃう笑笑笑くらいの、美女揃い(びじょぞろい)でさ。以前この体験談で、天は五物も六物も七物も与えてくれちゃう!っていう、すごく大切なお話しをしたけどさ。この3人を筆頭に、ほんとビックリするくらい、強くてレベルの高い、美女選手が多い世界なんよね。スタイルも抜群だしね。

ちょっとでもスポーツクライミングに興味を持った!って人は是非ぜひ、ネット動画で3人の凄いパフォーマンスを見てみてくださいな。特にふたばちゃんは東京オリンピック金メダル候補ナンバーワンの選手なので、是非ぜひ名前を覚えておいてくださいな。

次回、第17話はいよいよ今日の続きのお話し、😊😊😊あああああああ、あったかあああああい!!!😊😊😊すごい展開が待ってるから、超絶お楽しみにね。

♪♪♪まさかまさかのビックリ体験談♪♪♪第17話☆

😊😊😊あああああああ、あったかあああああい!!!😊😊😊(第16話の続き)

前回の第16話で紹介したように、給食のお替わりを食べ過ぎてしまった僕は、午後の5時間目の授業中に、当然の如く???お腹(おなか)が痛くなってしまったんよ。

最初の方はまだ軽い感じの痛みだったんだけど、5分10分15分と必死に痛みを我慢し続けてるうちに、お腹の痛みはだんだんと大きくなって来ちゃってさ。それに比例するかのように、あっちの方の欲求もだんだんと大きくなって来ちゃってさ。それでも授業中ということで、黒板の斜め上にある時計を何度も何度も確認しながら、「お願いだから授業が終わるまで保(も)ってくれ!」って祈りつつ、何とか必死に我慢し続けていたんよ。

しかし、現実はそう甘くはなかった!

と言うより、信じられないくらい、残酷だった!

授業が終わるまで、あと6分7分という時だった。僕の我慢が限界に達して、ついに
その時が来てしまったんだ。そう!信じられないくらい、残酷なその時が!

その時のことは28年も経った今でも、鮮明に覚えとるんよね。ごめん!その時の状況の描写(びょうしゃ)だけは、事実をありのまま紹介したくても、そうしてしまうと、いろいろと問題が生(しょう)じてしまうから、問題が生じないような書き方で紹介するね。だから細かい部分に関しては、みんなの方でちゃんと推測しながら、読んでくださいな。でわ行きます!って、これじゃ変だね。笑笑笑!でわでわ、書きます。

突然、ゆるゆるとした暖かいものが、あそこからお尻のあたりにかけて、じっとりと、まとわり付くかのように、流れ出て来てしまったんだ。しかもよりによって大量に!

その瞬間、僕の心の中には「ああああ!やっちゃったあああ!」っていう気持ちも当然あったけど、それ以上に、ゆるゆるとした暖かいものがあそこからお尻のあたりにかけて、じっとりとまとわり付く衝撃があまりにも大きすぎてさ。

「あああああああ、あったかあああああい!!!」っていう、小1ならではの???恥ずかしいくらいに正直な、感想もあったんよね。

勿論、ゆるゆるとした暖かいものが、あそこからお尻のあたりにかけて、じっとりとまとわり付いた感触(かんしょく)は、メッチャ!気持ち悪かったけどさ。笑笑笑

気のせいかもしれないけど、ゆるゆるとした暖かいもののせいで、その時、僕の座高(ざこう=お尻から頭までの長さ)が、1センチ2センチ、伸びたように感じたんだよね!笑笑笑。

ゆるゆるとした暖かいものが、僕のあそこからお尻のあたりにかけて、じっとりと、まとわり付いて来てから30秒くらいもすると、「さあああ次は僕の番だぜ!」と言わんばかりに、いよいよ臭い(におい)の方も、しっかりと活躍することになってさ。笑笑笑

そして、ついに、僕の斜め後ろの席の男子が叫んじゃったんよ!

「んんんんんんん!なんか、うんちくさいぞおおおお!!!」

バカが付くくらい奥手でシャイな僕は、火が出そうなくらい顔をものすごく真っ赤にしながらも、「お願い!お願いだから、誰も気が付かないで!!!」って、心の中で必死に叫んでいたんだよね。「お願い!お願いだから、誰も気が付かないで!!!」

ほんと人生って、残酷だよね!「なんか、うんちくさいぞおおおお!」って叫んだ男子が、僕に追い打ちをかけるかのように、すぐさま「んんんんんんん!なんか、割っちゃった小僧、変、怪しい?」って言ってきたんだ。おそらく、ゆるゆるとした暖かいものがまとわり付いて気持ち悪そうに、もぞもぞしてた姿がバレちゃったんだろうね!笑笑笑。

その男子の「割っちゃった小僧、変、怪しい?」の言葉によって、クラスメートたち全員の懐疑的(かいぎてき=なんか怪しい?って疑ってる感じ)な目が、バカが付くくらい奥手でシャイな僕一人に注がれることとなったんよ。

その間(この場合は”かん”)20秒くらいだったのかな???教室中がざわめき始めて、すぐに大変な騒ぎになってしまったんよね。

そんな最悪な状況に、耐えきれなくなってしまった僕はついに・・・

大声で泣き出してしまったんだ!!!

このお話しの完結編は次回の第18話でね。

☆☆今日の教訓☆☆は次回の第18話で、まとめて紹介するね。

♪♪今日の何でもトップ3♪♪   好きな声優さん

仕事柄、生徒たちといろんな話しをしてるから、僕はアニメや声優さんにもそこそこ詳しくてさ。好きな声優さんもたくさんいすぎて、3人に絞るの大変やったんよね。

① 小倉唯 さん    ②東山奈央 さん    ③青山吉能 さん 

日本の声優さんはとにかくレベルが高いからさ。上手いっていう基準だけなら、軽く100人以上はいるわけでさ。そうなってくると、どうしても付加価値を求めたくなるのが、人間の欲張りなところでさ。そうなってくると(わざと連続での登場です笑笑笑)、やっぱ見た目や若さに走ってしまうのが、人間の醜い性(さが)・醜い本能なわけでさ。

いつも言ってるけど、何よりも”清楚さ”と”透明感”を第一に考えてるこの僕にとっては、この3人が3トップなのかな。小倉さんも東山さんも青山さんも、色白で上品で、明るく若々しくてさ。勿論、声優としての技術も、とびっきり素晴らしいしね。

3人の他にも、田澤茉純さん佐倉綾音さん三森すずこさんなどなど、魅力的な声優さんが日本にはたくさんいるからさ。アニメ見てて、好きな声とか気に入った声と遭遇(そうぐう=出会う)したら、番組のエンドロールで、すぐに声優さんが誰なのか確認してみるといいよ。アニメ見てて僕はいつもそうしてるから、好きな声優さんがどんどんどんどん、増えてっちゃうんだよね。笑笑笑

次回、第18話はいよいよ完結編のお話し、😊😊😊割っちゃった小僧から、わずか1ヶ月で・・・😊😊😊お楽しみにね。

♪♪♪まさかまさかのビックリ体験談♪♪♪第18話☆

😊😊😊割っちゃった小僧から、わずか1ヶ月で・・・・・😊😊😊

前回の第17話で紹介したように、給食のお替わりを食べ過ぎてしまった僕は、おなかの痛みとあっちの方の欲求を我慢しきれなくなってしまい、とうとう最悪の時を迎えてしまったんよ。

しかもよりによって、斜め後ろの席の男子にもぞもぞしてる姿を気づかれてしまい、
「割っちゃった小僧、変、怪しいぞ?」と指摘までされ、絶体絶命のピンチに立たされた僕は・・・恥ずかしさのあまり、ついに大声で泣き出してしまったんだ!

そして、ここからまさに、地獄の時間が僕を待っていたんよ!!!

おふくろのライバル教師だった担任も含めて、教室中が、ざわめき(男子も女子も)→→→叫び(男子)→→→悲鳴(女子)→→→パニック状態(全員)へと進んでいったんだ。


そしてまず、鬼のような形相(ぎょうそう=顔の表情←悪い意味で使うことが多い)をした担任の先生が、大声で泣きじゃくってる僕の所に来て、「○○○くん、まさか、うんち漏(も)らしたの?」と、悪意見え見えの””まさか””という言葉を付けて、ドストレートに言ってきたんだ。

7歳にして、人生最大級の恥ずかしさに包まれてた僕は、ただただ、頷く(うなずく)のが精一杯で、ずっと下を向いたまま、泣きじゃくるしかなかったんだ。

すると何を思ったのか、担任の先生はそのまま勢いよく、教室を出て行ってしまったんだ。担任がいなくなったことで、教室はますます混乱状態に陥り(おちいり)、いつも率先(そっせん)して僕のことをいじめてた男子たちが、泣きじゃくってる僕の周りに、わさわさと集まって来てしまったんよ。

僕はまさに、””蛇に睨(にら)まれた蛙(かえる)””状態になり、あまりの恥ずかしさで、もうこのまま死んでしまいたい、くらいの気持ちに追い込まれてしまったんだ。

担任の先生が出てってから2分3分経ったあたりで、突然また教室のドアが開いて、入って来たのはなななななななななんと!!!・・・・僕のおふくろ・・・だった。

そう!!!そうなんよ!!!おふくろのライバル教師だった担任は、2つの大きな大きな目的を持って、わざわざ、おふくろの教室へ行ったんよ。

1つ目はライバル教師のおふくろに、自分の息子のとんでもない醜態(しゅうたい=醜い姿)を直接、見せ付けること。2つ目はうんちを漏らした自分の息子の後始末を、実の母親であるおふくろ自身にさせること。この究極の2つだったんだ。

慌(あわ)てて走って来たに違いないおふくろは、すぐさま僕の所に来て、ハアハア息を切らしながら、「○○○、あんた、何やってんの!!!」って、泣きじゃくってる
僕に向かって、悲痛な叫び声を浴びせて来たんよね。

そのまま僕は男子トイレに連れて行かれ、おふくろにずっと罵声(ばせい)を浴びせられながら、そして僕自身は泣きじゃくりながら、自分自身の後始末をしたんだよね。

後始末が終わって、おふくろと二人で教室に戻ると、すでに帰りの会が始まっててさ。あっちなみに、その頃、おふくろの教室は教頭先生がフォローしてたらしい。でもって、教室に入ったおふくろは不本意にも、ライバル教師だった僕の担任に、何度も何度も頭を下げ、何度も何度も謝っていたんだ。

あとで、おふくろから聞いたんだけど、おふくろが頭を下げて謝ってた時の僕の担任は、””嬉しくて嬉しくて笑いが止まらない!””っていう、至福の気持ちを必死に抑え続けなければならないくらい、顔じゅう至る所から、嬉しさがにじみ出てたそうな。

そう!まさにおふくろにとっては、耐え難(がた)い程の屈辱!  地獄の時間!

   僕の担任にとってはまさに、これ以上ない程の喜び!   至福の時間!

そして帰りの会が終わって、いつものように僕が一人で帰ろう(兄貴の方が6年で帰りが遅いため)としたら、いつものいじめ主流派の男子たちが、ものすごい勢いで、うつむいたままの僕のとこに集まって来て、「おい!うんち小僧!」「おい!うんち小僧!顔あげろよ!」などなど、うんちを漏らして憔悴(しょうすい=疲れ切ってる状態)し切ってる僕に向かって、何度も何度も執拗に、たたみかけてきたんだよね。

クリスマス直前に、駄菓子屋さんのガラスケースのガラス割っちゃってから、わずか1ヶ月ちょっとで、僕の惨め過ぎるあだ名は、””割っちゃった小僧””から、””うんち小僧””へと、もうこれ以上ない程、惨め過ぎるあだ名に、進化(笑笑笑)して行ったんよね。

””うんち小僧””だよ! ””うんち小僧””! あまりにもひどくない?笑笑笑。ほんとにうんち漏らしたからってさ!笑笑笑。あまりにもひど過ぎるよね!笑笑笑。

☆☆今日の教訓☆☆

人間、堕(お)ちるとこまで堕ちてしまったら、あとはもう怖いものは何もない。
そう、堕(お)ちるとこまで堕ちてしまったら、あとはもう上がるだけ!!!!!

異常なほどの不遇な胎児時代からスタートし、僕はわずか7歳にして、一人の人間として、堕(お)ちるとこまで堕ちてしまったわけで、そうなるともうこれ以上、堕ちたくても堕ちようがないわけでさ!笑笑笑。あとは一人の人間として、上がるだけ、そう、ポジティブ(=プラス思考)に考えれば、上がるだけの人生が待ってるわけでさ!笑笑笑。

まああ僕の場合は、たまたま大きなきっかけのおかげで、この””うんち事件””以降はわりかし(=わりと)、””上がるだけ””に近い人生というか、””上がるだけ””に近い将来が待ってたんよね。勿論、つらいこと苦しいことも、たくさんたくさんあったけどさ。

♪♪今日の何でもトップ3♪♪    好きなアニソン

僕はこれまた生徒たちの影響で、アニメやアニソンも好きなんだけどさ。ということで、今回は好きなアニソントップ3を紹介するね。

①言の葉青葉(ことのはあおば)   ②甲賀忍法帖(ちょう)   ③残酷な天使のテーゼ 

第1位は僕の中では圧倒的な断トツで”言の葉青葉”だね。たぶんもう1000回以上は聴いたかな。2013年の12月に初めて聴いたんだけどさ。wake up girls 七人のアイドルのエンディング曲でさ。バラード命の僕にとってはまさに、運命の出会いだったわけよ。とにかく、いい歌!すごく、いい歌!信じられないくらい、いい歌!詞も曲も両方とも、心暖まる雰囲気で、ほんと素晴らしいんだよね!

特に仙台の街で撮影されたMVは最高傑作!僕は仙台一高時代に3年間、仙台で暮らしてたから、高校時代のことが思い出されて、余計にグッ!と来るものがあってさ。

その仙台の街で撮影されたMVは本当に美しいから、是非ぜひネット動画で見てみてくださいな。詞で言えば、「頑張ってね!と簡単に言えないよおお」のところが特に最高かな。東日本大震災で甚大(じんだい)な被害を受けた、仙台の人たちへの暖かい思いやりが感じられて、ここのところに感動して、今までに何百回泣いたことか!!

第2位の甲賀忍法帖と第3位の残酷な天使のテーゼは、アニソン界の二大巨頭と言われてるくらい有名な鉄板曲だから、みんなの中でも知ってる人かなり多いかな。この2曲はバラードの”言の葉青葉”と違って、アップテンポで激しい感じの名曲だから、まだ聴いたこと無いって人は、この2曲も是非ぜひ、ネット動画で見てみてくださいな。

次回、第19話は”うんち事件”その後についてのお話し、😊😊😊うっそ、うんち事件のせいで、そんな展開にまで・・・😊😊😊お楽しみにね。

♪♪♪まさかまさかのビックリ体験談♪♪♪第19話

😊😊😊うっそ、うんち事件のせいで、そんな展開にまで・・・😊😊😊

前回の第18話で紹介したように、授業中に僕がうんちを漏らしてしまったことがわかるとすぐに、僕の担任は2つの大きな大きな目的を持って、わざわざ、おふくろの教室へ行ったんよ。1つ目はライバル教師のおふくろに、自分の息子のとんでもない醜態(しゅうたい=醜い姿)を直接、見せ付けること。2つ目はうんちを漏らした自分の息子の後始末を、実の母親であるおふくろ自身にさせること。この究極の2つだったんよ。

自分の息子の後始末を終えて、帰りの会の時に、僕のクラスメートたち全員が見てる前で、僕の担任に頭を下げながら、何度も謝ってた時間はおふくろにとっては、まさに耐え難い程の屈辱の時間!地獄の時間だったに違いない!と同時に、その時間は僕の担任にとってはまさに、これ以上ない喜びの時間!至福の時間だったに違いない!

それで無くても僕は、一番大事な勉強面では、簡単な小テストですら、いつも5点0点しか取れず、三者面談の時には担任の先生から「100点とるより、はるかに難しいですよ!」っていう、””究極の嫌み””まで言われちゃってたしさ。運動スポーツの方も、泣き虫&鈍くさいせいで、当然ダメダメでさ。友だち付き合いの方も、シャイで奥手で恥ずかしがり屋な性格が災い(わざわい)となって、仲の良い友だちは殆んどいなかったしね。

それに加えて、わずか1ヶ月ちょっと前には、駄菓子屋さんのガラスケースのガラスをお尻で割っちゃうという、とんでもない大事件まで起こしちゃっててさ。まさに自他共に認める、””学校一の超おおお問題児””だったわけでさ!笑笑笑。   

僕が””学校一の超おおお問題児””だったことで、一番大きな被害を被って(こうむって)たのは当然、小学校教師としては(→わざと”は”を入れた意味、第1話からずっと見てるみんななら、絶対にわかるよね?笑笑笑)評判の良かった、僕のおふくろだったわけで、割っちゃった事件の時は、僕への報復措置(=簡単に言うと”復讐”かな)として、あの特別な夜を3日連続で実施したんよね。あああああ怖い怖い!

今回の”うんち事件”は割っちゃった事件とは比較にならないくらいの、ものすごい大事件だったからさ。おふくろにとっては特に子供たちの前で、自分のライバル教師に何度も頭を下げながら、謝らなければならなかったことが、ものすごくショックだったようでさ。「○○○がうんち漏らしたせいで、お母さんのプライドはズタズタに引き裂かれちゃったわよ!どうしてくれんのよ?ほんとに!」っていう、渾身(こんしん)の嫌みを何度、聞かされたことか!!!

そして育ち盛りの僕にとって一番苦しかったのが、そう!おふくろによる特別な夜なわけで、今回の”うんち事件”の時には、なんと5日連続での特別な夜になってしまったんよ。ごはんの上にバターが乗ってるだけの、ほんとそれだけの夕飯が5日連続だよ。信じられる?あり得ないよね!んなわけで、僕が給食の時間に、お替わりで必死になるの、みんなわかるっしょ!笑笑笑。

小1の僕の”うんち事件”のせいで、評判の良かった小学校教師としてのプライドを、ズタズタに引き裂かれてしまったおふくろは、”うんち事件”以降、家の中では今まで以上にますます、ふさぎ込むようになってしまい、当事者の僕、そしておふくろ、親子二人でまさに、生き地獄のような日々を送っていたんよね。

そんな2月のある日、またまた信じられないような大事件が勃発したんよ!いつものように粗末な夕飯が終わって、テレビを見ようとしてた時だったんだ。おふくろが突然、僕と兄貴に「大事な話しがあるから、二人ともここに座りなさい」って、言ってきたんだ。

どうせまた僕が、何かやらかしたせいで、こっぴどく怒られるに決まってる!って、いつものように覚悟を決めて、おとなしく座ってたら、おふくろの口から、思いもよらぬ、まさかまさかの言葉が出て来たんよ。

「○○○のせいで、お母さんは恥ずかしくて恥ずかしくて、もうとても今の小学校には居られません!!!というより、あまりにも恥ずかしくて恥ずかしくて、もうとても、この街には居られません!!!だから4月の新学期に合わせて、家族3人で引っ越すことにしたから!!!」

「えええええ・・・・・・・・」

「うそでしょ・・・・・・・・」

「わざわざ、引っ越しまでする???」

「っていうか、僕の”うんち事件”のせいで、まさかまさか、こんなとんでもない展開になるなんて!!!」

そう、僕の”うんち事件”以降、僕のおふくろは小学校教師として、と同時に僕の実の母親として、”あまりの恥ずかしさ”に、とうとう耐えきれなくなってしまって、学校の方に異動願を出してたんだってさ。そしてその日、おふくろの異動が正式に許可されたんだってさ。もう!ほんと!ビックリだよね!

ということで急遽(きゅうきょ=突然)、僕たち家族3人はおふくろの実家がある、仙台から電車で1時間半ほどの、”とある港町”へと引っ越すことになったんよ。

☆☆今日の教訓☆☆

プライドをズタズタに引き裂かれてしまった人間は正直、ちょっと怖い!

勉強は出来ない、運動も出来ない、友だちもいない、しょっちゅう忘れ物はする、泣き虫で鈍くさい、駄菓子屋さんのガラスケースのガラスは割っちゃう、授業中にうんちまで漏らしちゃう。まああこんな信じられないくらい、ダメダメな小学生の息子がいてさ。しかもよりによって、自分は息子と同じ小学校で、教える立場の教師なわけだから、母親としても教師としても、僕のおふくろが持ってたプライドが残酷なまでに、ズタズタに引き裂かれてしまったのは当然のことだよね。

特に僕のおふくろの場合は、小学校教師としての評判がかなり良かったから、そこに対してのプライドは、どうしても譲れないというか、絶対に譲りたくないというか、おそらく僕のおふくろにとっては、小学校教師としての評判の良さが、一番大切な、”生き甲斐”みたいなものだったんだと思うんよね。

にしても、僕の”うんち事件”のせいで、まさかまさかの、家族3人での引っ越しにまで発展するなんて、ほんと人生って何が起こるかわからないよね。まあああ、それが人生っていうもんか!

♪♪今日の何でもトップ3♪♪    好きなガールズバンドさん

僕の生徒たちの中には、音楽好きの子たちもたくさんいてさ。授業の休憩時間とかに、ネット動画とかで、いろんなアーティストさんたちの曲を鑑賞することも多くてさ。ということで今回は手始めに、好きなガールズバンドさんトップ3を紹介するね。

① Silent Siren (通称サイサイ)       ② Split Bomb       ③ girl friend 

第1位の”Silent Siren”は僕の中では、圧倒的な断トツでの第1位だね。昔の絶対女王が”SCANDAL”だとすると、今のガールズバンド界の絶対女王は、間違いなく、そして圧倒的に、”Silent Siren”だね。

バンドにとっての生命線とも言うべき、演奏技術も抜群に素晴らしいし、曲の完成度も申し分なし。加えて、さすが読モ出身だけあって、ルックスまで完璧に完成されててさ。全ての要素において、文句の付けようがない、ウルトラ・スーパー・ガールズバンドだよね。サイサイのこと知らなかった人は是非ぜひ、ネット動画とかで、いろんな曲を鑑賞してみてくださいな。ルックスも抜群にいいからさ、ライブ動画とかで見ると、ほんと最高なんよね。

彼女たちがどうやって、卓越した(=ものすごく高度な)演奏技術を身に付けたのか、みんな知ってる???すごく単純ですごく難しいことなんだけど、毎日毎日とにかく
必死に練習したんだってさ!言うのは簡単だけど、なかなか出来ないことだよね。

やっぱ必死に努力すると、必死に努力したその分だけ、報われる可能性が高くなるんよね!必死に努力し続けてきた、”Silent Siren”って、ほんと尊敬に値するよね。

第2位のSplit Bombも、第3位のgirl friendも、まだ今はビッグネームじゃないけどさ、それぞれに彼女たち特有の素敵な魅力があるからさ。良かったら、ネット動画とかで見てみてくださいな。 

その他にも、ビッグネームの”ししゃも”、”チャットモンチー”とか、着実に人気が出て来てる”ねごと”とか、魅力あるガールズバンドさんがたくさんたくさんいるから、興味ある人は是非ぜひ、ネット動画とかで、いろいろ検索して、いろんなガールズバンドさんたちを鑑賞してみてくださいな。

次回、第20話からはいよいよ、引っ越した新しい土地でのお話しもスタートします。😊😊😊ぼぼぼくが、この僕が、まさか選ばれるなんて!!!😊😊😊お楽しみにね。

♪♪♪まさかまさかのビックリ体験談♪♪♪第20話

😊😊😊ぼぼぼぼくが、この僕が、まさか選ばれるなんて!!!😊😊😊

前回の第19話で紹介したように、僕が授業中に起こしてしまった、””うんち漏らし””という大大大大事件のせいで、おふくろが持っていた、小学校教師としての大きなプライドが、残酷なまでに、ズタズタに引き裂かれてしまい、その結果、僕たち家族には””引っ越し””という、大きな負担と大きな犠牲を伴う、一大イベントがのし掛かって来ることになってしまったんよね。

結局のところ、この街には保育園の年少から、小1までの4年間しか居なかったわけで、7歳の僕にとっては早くも、人生で2度目の引っ越しになってしまったんだ。

4年間過ごしたこの街での思い出と言えば、淋しくて毎日泣いてた保育園時代の情けない自分の姿や、駄菓子屋さんのガラスケースのガラスを割っちゃったことや、授業中にうんち漏らしてしまったことや、おふくろのライバル教師だった担任の先生による、僕の愚行日記の大朗読会や、その愚行日記の大朗読会が原因で実施される、おふくろによるおかずがバターだけの特別な夜などなど・・・   

僕にとっては、出来れば思い出したくも無い、すごく嫌あああああな思い出ばっかでさ!笑笑笑。本当に本当に! つらくて! 苦しい! 4年間だったんだよね!!!

そんな僕が、同級生でただ1人覚えていたのが、そう!当然みんなも知ってる???笑笑笑、小1にして全てが完璧だった、完全無欠の佐野くんだったんよね。

そして、おふくろの辞校式の翌日、そう!その年の4月1日、ついに僕たち家族3人は、おふくろの生まれ故郷である、とある港町に引っ越したんだ。

と言っても、地球一の女の子好きで、地球一の浪費家で、地球一最低な、とんでもないおやじのせいで、食べるお金にも困ってた僕たちだったからさ。とりあえず、落ち着くまでという条件で、まずはおふくろの実家に居候(いそうろう)することになったんよね。そして、8畳の和室、一部屋だけが、僕たち3人の住まいになったんだ。

今考えると、女の子大好きな、こんなとんでもない僕のおやじが、16年もの長きにわたって、中学校の教師だったなんて・・・・・・・ ぞっと! するんだけど。

僕が住んでた宮城県の小学校ではその当時、2年生から学級委員を選ぶシステムになっててさ。僕の小学校では各クラス、男子1名女子1名だけ、選ぶことになっててさ。だから当然、僕が転校した小学校でも、始業式の翌日に、いろんな委員会やいろんな係りのメンバーと一緒に、一番重要な学級委員も選ぶことになっててさ。

でね、みんなさ。おそらくというか絶対に、今の小学生中学生高校生大学生のみんなは、すごくビックリすると思うんだけどさ。27年も前の、宮城県にある、とある港町ではさ。小学校における””学級委員””の地位がさ。みんながすごくビックリくらい、信じられないような、超おおおおおおおお、憧れの地位というか、憧れの存在でさ。

4年5年6年になると、その競争は異常なほどに、熾烈(しれつ=ものすごく激しい)を極めてさ。特に男子の間での競争は、まさに地獄のような壮絶な激しさでさ!!!

と言うのも、””学級委員””に選ばれれば、その素晴らしい勲章のおかげで、女子たちから”めちゃめちゃ”モテるようになるんよね!!!今まさにこの瞬間、この僕の体験談を見てる女子のみんな、わかる???君たち女子たちから”めちゃめちゃ”モテるようになるってことが、日本の愚かな男子たちにとって、どれほど大事なことか!!!笑笑笑

だからさ、勉強出来るやつ、スポーツ出来るやつ、イケメンなやつ、親が金持ちなやつなどなど、自分に自信があるやつらがさ、女子たちから”めちゃめちゃ”モテるようになりたい一心(いっしん=その事しか頭に無い)でさ!笑笑笑。みんな命がけで立候補するわけよ。だから、どのクラスにも有力候補が5人6人は居てさ。その結果、そいつらによる、ドロドロとした、ものすごく醜い、壮絶な、戦いになるんよね!

実際に、学級委員に当選したいがために、クラスメートたち全員に飴(あめ)を配ったりするのは当たり前のことで、それだけじゃ当選できないってことで、クラスメートたち全員に10円ずつ、現金を配ったりする男子も、かなりの人数、出て来てしまってさ。

親が金持ちなやつの中には、まさかまさかの、クラスメートたち全員に、100円ずつ
配ったりする男子まで、出て来てしまってさ。その当時の僕の小学校においてはさ、男子のあいだでの学級委員選挙は、異常なほどの、醜い争いになってしまってたんよね。

そんな異常なほど、白熱する学級委員選挙が、ついに僕のクラス、そう!2年3組でも、とうとう実施される日が来たんだ。学級委員はとにかく圧倒的に、一番重要な委員会、一番重要なポスト(=地位・立場)だからさ。すなわち、学級委員が決まらないと、他の委員会や係りのメンバーを決めれないわけさ。だからどのクラスも、まず一番最初に、学級委員の選挙が実施されるわけよ。

学級委員を選ぶやり方は完全な選挙制で、一人一人全員が自分の投票用紙に、男子2名女子2名ずつ記入して、その投票用紙が集められてさ。それからいよいよ、一枚一枚、投票用紙に書かれている名前が読み上げられて、その名前が黒板に書かれてさ。

同じ名前が読み上げられるたびに、”正”の字が出来上がるように、その子の名前の下に、棒線を書いていくというやり方でさ。一番多くの票数を獲得した子だけが、憧れの学級委員に当選できるってわけよ。

転校して来たばかりで、何が何だかわからない状態の僕はとりあえず、優しそうな雰囲気をした男子2人と女子2人に名前を聞いて、その4人の名前を書いたんよね。

そしていよいよ開票作業がスタートしたんよ。まだ2年生ということで”どんぐりの背くらべ”状態っていう感じになってしまい、特に男子は15人近い名前が出て来てしまってさ。まさに、壮絶な”低空飛行”合戦になってしまったんよね。ちなみに僕の学年はどのクラスも45人46人のどっちかでさ。そのクラスが全部で5クラスもある、街で一番児童数の多い、かなり大きなマンモス小学校でさ。さあ選挙の話しに戻ろうね。笑笑笑

僕のクラスは46人でさ、だから男子も女子もどちらも、票の総数が92票だったんだよね。そしてついに、まさかまさかの、決着の時・・・・・・・・

15人近いメンバーで票を奪い合ってしまったせいで、たった11票だった僕が、9票の男子たちや8票の男子たちを抑えて、奇跡的に、当選してしまったんだ!!!

みんな、信じられる!!!この僕がだよ!!!この僕が!!!

前の小学校で、5点と0点しか取れなかった、この僕がだよ!笑笑笑。

しょっちゅう忘れ物するわ、ガラスは割っちゃうわ、派手にうんち漏らしちゃうわ、圧倒的に断トツで、学校一のとんでもない問題児だった、この僕がだよ!笑笑笑。

あとあとになってわかったんだけどさ。僕が当選した理由は3つあってさ。当然1つめは、僕が転校して来たばかりで、みんな僕の持っている””””普通じゃない凄さ””””笑笑笑を知らなかったこと。

2つめは学級委員選挙の前日、すなわち始業式の日に、僕の新しい担任の先生が僕のこと紹介する時に、「○○○くんのお母さんはすごく優秀な方で、この宮城県では、先生方のあいだでは知らない人がいないくらい、とても優秀でとても評判の良い、小学校の先生なんですよ!」って、少しというか、かなり盛って笑笑笑、おふくろのことを言ってしまったこと。

3つめはたまたま、このクラスは悪ガキが多くて、そのせいで男子と女子の仲があまり良くなく、それが引き金となって、「せっかくだから、転校して来たばかりの、○○○くんに、学級委員やってもらわない!」って、思ってしまった女子が何人か居たこと。

そう!これら3つの要素が原因となり、信じられない奇跡が起こってしまったんよ。

こうして僕は、とある港町にある、マンモス小学校でさ。2年3組の前期、学級委員になったんよね。そう!男子全員が憧れる、女子たちから”めちゃめちゃ”モテるようになる、夢の学級委員に!それも自分では何が何だか、よくわからないうちに!笑笑笑。

☆☆今日の教訓☆☆

この世の中、たまたま偶然なことが重なり合うと、信じられないような奇跡的なこと(良いこと悪いこと両方とも)が、起こり有る可能性がある!!!ということ。

♪♪今日の何でもトップ3♪♪    好きなK-POP女性アーティストさん

僕の生徒たちの中には、音楽好きの子たちもたくさんいてさ。授業の休憩時間とかに、ネット動画とかで、いろんなアーティストさんたちの曲を鑑賞することも多くてさ。前回たしか、好きなガールズバンドさんトップ3を紹介したから、今回は好きなK-POP女性アーティストさんトップ3を紹介するね。

① T-ARA (ティアラ)        ② 少女時代        ③ BESTie (ベスティ)

前回の”Silent Siren”同様、第1位の”T-ARA”は僕の中では、圧倒的な、断トツでの第1位だね。日本ではすごく宣伝され、人気もあったチャーミングな”KARA”も含めて、それこそものすごい数の、K-POP女性アーティストたちがいるんだけどさ。

多くのK-POP女性アーティストたちは、歌もダンスも両方ともに、そのパフォーマンスの素晴らしさが際だっていてさ。すごく魅力的なアーティストたちがたくさんたくさんいるのが韓国なんだよね。ほんと韓国のアーティストさんたちのレベルは、男性も女性も、すごく高くて、心から感動するよね!

その中でも第1位の”T-ARA”は圧倒的な絶対女王でさ。特に曲の良さは異常なほど、群を抜いてるよね!好きな曲がありすぎて、なかなか絞れないけど、特に名曲というか、神曲なのは ”lovey dovey” ”Number Nine” ”Roly-Poly” の3曲かな。

この ”lovey dovey” ”Number Nine” ”Roly-Poly” の3曲に関して言えば、3曲ともに、僕が初めて聴いた時に、ものすごく強いビビビッ!を全身で感じちゃってさ。曲のあまりの素晴らしさに感動しすぎて、全身にいっぱいいっぱい、鳥肌が立っちゃってさ。ほんとに、すごすぎるよ!この3曲は!

だから僕の中では、”T-ARA”が断トツで圧倒的な、”絶対女王”としての存在なんだよね。”T-ARA”にはこの3曲の神曲の他にも、名曲がたくさんたくさんあるからさ、まだ聴いたこと無いって人は、是非ぜひネット動画とかで、見てみてくださいな。日本公演のライブ動画とかもあるから、見たらほんと感動すると思うぜよ!おおおっと、久しぶりに龍馬が戻って来やがったぜよ!笑笑笑。

第2位の少女時代は知ってる人も多いと思うけどさ、韓国本国では群を抜いて、人気ナンバーワンのグループでさ。名曲もたくさんたくさんあって、しかも抜群のルックスでさ。ルックスだけなら、超おおおおハイクオリティーな、少女時代の圧勝なんだけどさ。曲の素晴らしさに限って言えば、逆に”T-ARA”の方の圧勝になっちゃうんだよね。っていうか、はっきり言って、”T-ARA”の曲があまりにも良すぎるんだよね!

第3位のBESTieはまだキャリアが浅く、名曲もまだ少ないけど、曲調や振り付けがとても親しみやすくて、僕は好きかな。ちなみにルックスの方は、超おおおおハイクオリティーでさ、少女時代に次いで、第2位のルックスの素晴らしさだね。

なのでルックス重視の子は、少女時代とBESTieが一番のお勧めになるかな。まああとにかく、美しさもスタイルの良さも、抜群だぜよ。誤解されるとあかんから、言っとくけど、”T-ARA”だって、少女時代とBESTieにはちょっとだけ負けるけど、ルックスもすごくいいぜよ! 

K-POPに興味あるって人は、魅力あるアーティストさんたちやグループがたくさんたくさんいるから、是非ぜひネット動画とかで、いろいろ検索してみて、いろんなアーティストさんたちやグループさんたちの曲を、たくさん鑑賞してみてくださいな。

ほんとK-POPって、曲そのものも歌もダンスもルックスも、とてもレベルが高くて、心から感動するぜよ!

次回、第21話は😊😊😊奇跡的に学級委員に選ばれた僕は、だんだんだんだん・・・😊😊😊お楽しみにね。

この記事に

小学生中学生高校生家族いじめ友だち関係部活先輩後輩
やる気中間期末テスト勉強成績進路面談入試高校受験大学受験
志望校合格将来の夢塾習い事恋愛不登校家出つらい悩み相談

☆☆いよいよ全体総合ランキング☆スーパー上位の発表☆☆

ほっこり♪にゃんにゃん😊 です

小学生中学生高校生大学生などの若者たちを中心に😊僕の人生で実際に
起こってしまった😊まさかまさかのビックリおもしろ体験談ブログを見てもらい😊
最終的には😊親身になって😊誠意を持って😊いろんなことで悩んでる今の若者たち😊
みんなの相談に乗ってあげたい!って思って😊立ち上げた特別なブログなんだ♪♪♪

☆☆いよいよ全体総合ランキング☆スーパー上位の発表☆☆

もうすでに20話以上紹介してるから、良かったら気分転換や社会勉強のつもり、もしくは真剣な漢字&英語の勉強のつもりで、僕のまさかまさかのビックリ体験談ブログの方も、是非ぜひ見てみてくださいな。

さてさて今まで、僕が強烈にビビビッ!を感じた有名人の記事を、何人も書いてきたけど、そろそろ全体総合ランキング上位の発表をする時期かな!と思っているんだよね。

そう!つまりつまり、僕が人生で初めて、強烈なビビビッ!を感じた、8歳(小2)の時から今日(こんにち)までの29年間における、全体総合ランキング上位の発表をしようと思ってるんだ。

今回はその第1弾として、この29年間における、全体総合ランキング上位ベスト20を発表しよう・・・・・かな。そして第2弾として、第21位〜第50位を発表しよう・・・・・かな。

んんん、そうしよう!ということで、ここ数日にわたって、ちゃんと昔の記憶も思い出して、慎重に!しっかりと!順位を決めて、ベスト20を決定したいと思います。

そして、ベスト20が決まり次第、なるべく早くに発表したいと思います。なので、どうか楽しみに待っててくださいな。

ちなみに、この29年間における、全体総合ランキング上位ベスト5は、今までに何回か、僕のブログの中で発表してるけど、みんな、ちゃんと覚えてるかな???笑笑笑笑笑笑・・・・・なあああんちゃって!ちょっとでも期待しちゃった僕がバカだね笑笑笑笑笑笑

なので、第6位〜第20位を慎重に!しっかりと!決めて、ベスト20を発表したいと思います。なるべく早くに発表できるよう、頑張るので、みんな楽しみに待っててくださいな😊😊😊

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事