健康的に長生きしたい!

最近ちょっと入院してましたが、復帰しました!健康is大事!

全体表示

[ リスト ]

父が亡くなり、住んでいたマンションを引き払う手続きの前に滋賀まで行き荷物整理をすることになりました。何度か足を運んだことはありましたが、実際に部屋に入り遺品整理するのはまた勝手が違います。

男の一人暮らしだったので元々物が少ない人でしたが、いざ整理しようと始めるとびっくりするくらい物がありました。まず洋服は質素だけれど、サラリーマン時代の古いスーツが山ほど出てきました。古すぎて、多分もらってもらえないようなデザインのものばかりです。でも捨てるのも感情的に難しいので、とりあえず梱包して運びました。下着類はもう使い道もありませんので、迷わず捨てました。父は多趣味なほうではないのでその点は幸いだったなと、片付け始めて思いました。CDや本などはささっと確認して紙袋に入れ、リサイクルショップに持っていくことにしました。

一人暮らしなのですが割りと少ないのがキッチン用品でした。あまり自宅で料理をしていなかったのがキッチンを見るとよく分かります。そしてキッチン用品ってかぶるものが多いので、使い道がないんですよね。中古はどうしようもないので不燃ゴミばかりになってしまいます。家電は売ればいいやって思うんですが、大きなものは持っていくのも難しいので、後回しにして最後に遺品整理業者に来てもらってすべてすっきりと整理してもらい、不要なものは引き取ってもらいました。
また、一部買取してもらったものもあったので普通にリサイクルショップに持っていくよりは結果的に良かったのかもしれません。
ちなみに滋賀で遺品整理をお願いするならこちらがおすすめですよ。
家電もすっきりとまとめて持って帰ってもらったので、本当にすっきりしました。

細かいものはもうささっと捨てるもの、持ち帰るものとに分けることができるんですが、書類などはあとで見返す必要もありますので困りました。うっかり捨ててしまわないようにしなきゃいけないし、まとめておいて忘れないようにしました。

意外と大変だったのが大型の収納家具です。リサイクルショップでは引き取ってもらえない種類のものだったので、せっせと解体して持ち帰って地元のゴミ集積所に持っていきました。知りませんでしたが、自分の市で捨てる場合には一定の重量までは大型ゴミでも無料で捨てられるんですね。ただ自分の車に乗るサイズのゴミしか持ち帰ることはできませんので、結局大阪と自分の住んでいる市を行ったり来たりすることになってしまいました。まだ父は荷物が少ないほうだったのでマシだと思いますが、物持ちのいい人だったら本当にいつまで経っても終わらないだろうなって感じました。父は多少は自分の荷物を整理していたようですが、残された人のためにもある程度の年齢になったら持ち物を整理しておくべきかもと考えました。

すっきりと物がなくなった部屋を、色んなことを考えながら最後に拭き掃除をしました。マンションを引き払うために早くに遺品整理をすることになりましたが、父への気持ちの整理もついたように思います。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事