DJ機材・楽器・サウンドシステムのあんなこと、こんなこと!

お役に立てれば幸いです!(時々辛口、お許しください)
軽量・コンパクトと、丈夫さを両立させた
運搬用ケースができあがりました。

EXFORM
型番:HC-CDJ2000nxs2/DJS1000
です!

パイオニアの現在のクラブで設置されていることが多い
CDJ-2000nxs2
CDJ-900nxs
そして、
ユニークなリアルタイムサンプリングエディットマシンのDJS-1000
どれでも収納できるように設計。

飛行機搭乗時は
荷物を預けても大丈夫。
また、コンパクト軽量なので、客室持ち込みも可能。※

※ただし、飛行機会社、便、によって規則が異なりますので
NGな場合もあります。必ず、直接ご確認ください。

イメージ 1

イメージ 2
特徴)
●機材の優れた保護能力を持ちながらも、ハンドキャリーでの運搬を考えた軽量・コンパクト設計。飛行機の機内持ち込み、預け荷物への両対応。
ケース重量約4.4kg(ショルダーベルト含む)
大きさ約・386mm×542mm(565mm)×169mm(ハンドルなど突起物含む)
※飛行機会社や便によって、機内持ち込み規定が異なりますので、必ず事前にご
確認ください。
●機材本体のほかに、電源ケーブル、オーディオケーブル、LANケーブルなどの小物を収納できるスペースを確保。
●キャッチロックは、世界的ケース部品ブランド、UKのPENN/ELCOM社のミニバタフライタイプを採用し、耐久性と長寿命が特徴です。
●ハンドルは、疲れにくい形状のタイプを搭載。また、取り外しが可能なショルダーベルトも付属。
●日本製

運搬専用です。
(ふたは取り外せません、CDJを入れたままCDを出し入れする切欠きの細工は施されていません)

本日、出荷を開始しました。



イメージ 3
DJS-1000


イメージ 4
CDJ-2000nxs2


イメージ 5
CDJ-900mxs


海外アジア生産の安価なケースはいろいろ出回っていますが、日本製の既製品は初です!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

BPM DJ SHOW 2018

10月20日、21日、UKで開催されます
BPM the Ulitimate DJ Show に、
鳳凰ミキサーと椋鳥パワーアンプが出品されます。


イメージ 1

RELOOP,Pioneer,UDG,MAGMA,など、DJ機材関連のブランドが一堂に展示されるビジネスショーです。


どこのBOOTHに出品されるかは、まだ、確認できていませんが、UKのオーディオ・PA関連機器を幅広く取り扱う、「MONACOR UK」 が、鳳凰ミキサー、椋鳥パワーアンプのプロモーションを行います。


イメージ 2

イメージ 3

↑、会場で、当日配布する予定のちらし


鳳凰、椋鳥、いよいよ世界デビューです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

鳳凰

鳳凰ミキサーの音質をそのままに
筐体の発熱を抑えるための電源部改良機のテスト中。


イメージ 1

工場出荷時は
冷却ファンがオンという初期設定です。

プライベートスタジオや、ベッドルームDJで使用する際
ファンの音が気になる場合、
隠しスイッチによってOFFにすることができます。
その場合でも、発熱具合の安全性を確保できそうです。

それならば、ファンは不要でないのかと思われがちですが
クラブやディスコで使用される環境は想像以上に過酷で
プロオーディオは、さまざまな想定をしなければなりません。
ファンのメンテ、消耗時の交換、インレットパワーケーブルの抜けにくい安定した接続方法など
考慮されています。

ピュアオーディオと、プロオーディオの違いですね。



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今日到着したCD

先日、急にBLACKMORE'S NIGHTの
Temple Of The King が、無性に聴きたくなって
買ってしましました。
YOUTUBEじゃなくて、CDで!

イメージ 1


リッチーのギター演奏は、やはり凄い!
サウンドも凄い!
このフレーズなら、ハーフトーンでしょぉ〜っ! てところは、その通りだし、
ここで、PUスイッチ切り替えるでしょぉ〜!ってところも、その通りだし。
微妙な歪み加減やバランスもバッチリ!
そもそも、ほかのアレンジが考えられないぐらいの極めた演奏とサウンド!
(リッチーの演奏を聴きすぎていることが、そう感じる理由かもしれませんが。。。。笑)






オーディオ視聴よりも、生演奏のほうが臨場感があり、良い気がしますが、
それは、極めた演奏の話。
いくら生バンドでも、プロの演奏であっても、感動できない生演奏なら、オーディオ視聴のほうが
良いかなって思います。オーディオ視聴なら、途中でストップできますからね。


普段聴いている楽曲の、本人たちの生演奏だから。感動するライブ、、、もよいのですが、
初めて聴く曲でも、極めた演奏そのものでの感動!!もいいものです。



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

マイケルシェンカーフェストに行ったとき
コンサート終了後すぐに、ステージまで、足元のエフェクターをチェックしに行きました。


イメージ 1

本人から見て、左から、
まず、ワウペダル
JIM DUNLOP DB01 DIMEBAG WOW
イメージ 2
迷彩ペイントが施されてて、赤いLEDが光っていたので、これに間違えはないです!

昔は、cry baby super を使用していたので、マイケルの真似をして自分もそれを使用。
でも、今、これを使っているのであれば、欲しくなりましたが、只今、金欠なので、我慢我慢。。。
(けっこう、お高い)



そして、そのすぐ右には
BOSSのスーパーコーラスCH-1 が、なんと2個も! 
上下に、(本人から見て、奥側と手前側という意味)。

イメージ 3
2個を同時に使うことは考えられないので
2パターンをセットしておいて、切り替えて使用したのだと思います。

アルペジオオンリーの曲があったので。。。
たぶん。。。

黒いシールド線がぐしゃぐしゃだったので、接続順は不明。


歪み系は無し!

マーシャルで歪ませていたようです。
空間系は、PAにお任せのようでした。




揺らし系のエフェクターは、いろいろ持っていますが、マイケルが使っているもの同じ
スーパーコーラスCH-1が欲しくなり、中古を探すと、、、、、、


メルカリで発見!

なんと、3,000円!
期間限定の1500ポイントあったので、
実質、
1,500円でゲット!

これです!


イメージ 4
本日、到着し
さっそく、マイケル気分になっています。。。

メルカリ出品者様に、感謝です!!!!





この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事