DJ機材・楽器・サウンドシステムのあんなこと、こんなこと!

お役に立てれば幸いです!(時々辛口、お許しください)
10日ほど前のことですみません。

大坂の南船場にあるクラブCELLにて
TURNTABLE TROOPERS ENT. 主催のイベント
「VINYL SWAP MEET」が開催されました。

サウンドアクティブとしては、鳳凰ミキサーの貸し出しと展示、
そして、EXFORM EPアダプターなどをフリーマーケットに出展しました。




鳳凰ミキサーで、アナログレコードをDJプレイしてもらったのですが
良い音でした!

サウンドアクティブブースはこんな感じです↓
イメージ 1

鳳凰もフリーマーケットに出品しましたが、売れず! 残念。。。
DMCのDVDを100円で売ったら、大人気でした。
ありがとうございました。




イベント終了後は、DJ $HIN、DJ TOYODA-STYLE、DJ K-ZI とともに、
大坂の立ち食いうどんを堪能し、スーパーセントへ。。。。

次の日は、淀川河川敷で、BBQ。
肉屋が、道具一式を貸してくれるサービスをしていてビックリしました。楽ちん。

イメージ 2

イメージ 3
TOYODA-STYLE のポータブルスクラッチ教室が自然とはじまりました↑

楽しい大坂の2日間でした。




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

セラトプレシング808

seratoコントロールバイナルと、
反対面に使えるアナログ音源を収録した
12インチバイナルのserato pressingsシリーズ。

久々の発売は、
ローランド TR-808的リズムトラックだそうです。
2枚組。。。

イメージ 1


SIde A & CにはJust Blaze, Marley Marl, Machinedrum, Seven Davis Jr, Egyptian Lover, Nadus, Nosajthing, Tyree Cooper, DJ QBert, Shy Boogs, Salva , Scoop DeVilleらが手掛けた11本のリズムと4本のロックドグルーヴを収録。
豪華な参加アーチスト!

Side B & DにはSerato Control Toneを収録。制作から現場でのプレイまで幅広く使えるセラート コントロール レコード。(もちろん、トーンVer.2.5)


Side A
Marley Marl - 108bpm 2.05
Machinedrum - 150bpm 2.40
Shy Boogs - 60bpm 2.57
Egyptian Lover - 128bpm 3.27
Nadus - 133bpm 3.22
Nosajthing - 100bpm 2.55
+ Locked Grooves
Scoop DeVille - 66bpm
Tyree Cooper - 133bpm

Side B
Serato Control tone - 15.00

Side C
Just Blaze - 66/133bpm 3.52
Tyree Cooper - 123bpm 4.00
DJ Qbert - 66bpm 2.53
Salva - 130bpm 2.57
Seven Davis Jr - 121bpm 4.32
+ Locked Grooves
Just Blaze - 66bpm
Nadus - 133bpm

Side D
Serato Control tone - 15.00



お値段は、税別6,200円だそうです。

明日ぐらいから、プロDJショップで販売が開始みたいです。。。



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昔の機材の話

イメージ 1

これは、Vestax PMC-005 DJミキサー。
日本の東北の某工場で製造していましたが
途中から、中国工場となりました。(PMC-005A)

中国に生産が移っては、日本の工場さんは、おもしろくないわけで、
そこで、
並行して、日本の工場では、mk2的な製品企画が進行、
クロスフェーダーの両サイドに、トランスフォーマースイッチを搭載した企画も。
上の写真はそのサンプル。
確か、クロスフェーダーが端の位置の時、その反対側のアーケードボタンを押すとそのCHの音が出る仕組み。ゲーム用のボタンは、そうとうなノウハウがあるので、
アーケードボタンに注目。。。。
残念ながら、このモデルは、商品かされませんでした。
(工場との間にいろいろあって。)


ところで、PMC-005Aに、2バンドEQを搭載した、
PMC-005Amk2というモデルがありましたが、
限定で、スケルトンオレンジと、スケルトンブルーのモデルが作られていました。

イメージ 2

イメージ 3









この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

今のところN44G-CR

SHUREがカートリッジ事業を撤退すると発表してから
だいぶ経ちますが、
オリジナルの交換針の価格は高騰が続いています。

DJの定番、M44Gの交換針、N44Gの
国産の互換性針は、昔から流通していますが
本家のSHUREのN44Gが無くなるということで
互換性針が見直されています。

イメージ 1


キューイングやスクラッチの時に
針飛びしにくいようにセットアップする方法は
十人十色なので、
互換性針のどれが良いかは一概に言えませんが
自分なりに、いろいろ取り寄せてチェックしましたら、
今のところは、ユニオンさんのN44G-CR(クリヤーレッド)が
一番良く、揺れに対して安定できるセットアップがしやすい気がしています。







イメージ 2


N44Gを使い続ける
大御所のプロのDJにサンプルを送り、彼にもチェックしてもらうことにしました。

はたして、どの交換針が、DJにとってよいのか、、、楽しみです。

JICO N44G
JICO N44G/DJ
UNION N44G-CR
EXFORM サンプルN44G-EX
SHURE N44G



この記事に

開く コメント(1)

7弦JAZZギターを堪能

先週末のことですが、
池袋のJAZZ BAR モンゴメリーさんにて開催されました
柳武さんと佐々木さんの、7弦JAZZギターの演奏会に参加させて頂きました。

イメージ 1

左が、D'Angelico7弦ギターを弾く柳武さん、右が、おそらくベネディクト系の製作者によるハンドメイド7弦ギターと思われます楽器を弾く佐々木さん。

D'Angelicoの7弦は、前の会社で、製品担当だったので、とても思い入れがあります。
削り出しのハンドメイドとは違い、プレスでアーチをつける技法ですので、音が
しっくり落ち着きませんが、その反面、元気な音で、様々な音作りができますので、
モダンな音楽に合います。
お二人のギターのサウンドがとても対称的で、素晴らしいアンサンブルでした。。。。

柳武さんは、じゃじゃ馬(D'Angelico)を弾きこなして、魅力を最大限に引き出している感じで
一方、佐々木さんのほうは、今まで平凡な優等生徒に「大人な悪さ」を教えて、魅力を引き出している
って感じでしょうか。
さらに、例えるならば、ヤンキーと優等生の高次元な融合。。。

JAZZ界の7弦ギター奏法は、すでに確立しており
6弦ギターとは別物です。
しかし、ギターアンプが、7弦用にチューニングされていないのが、残念です。
これこそ、メーカーがやるべきところだと思います。。。。(偉そうなことを言ってしまいました。ははは)




この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事