建築を志す者のこころ

コーディネートは、こうでねぇと♪

全体表示

[ リスト ]

自費出版の魔の手

 現在、読書という文化が数を減らしているそうです。

 活字離れは以前から言われているものの、製本された本というものを手に取る事は少なくなったと言えます。

 それに加えて、作家を目指す方が増えているそうです。

 お笑い芸人さんの本が売れたり、芸能人の自叙伝など作家を本業としない人達の本も人気となっているようです。

 そこに目を付けたのが、自費出版です。

 小説のコンテストなどで、受賞作品は出版社が責任を持って出版から販売まで行うのですが、自費出版は、製本にかかる費用を作家が負担し、全国の書店に売り込みをかけるのは、出版元になる仕組みです。

 一見すれば、自分の本が全国の書店に並ぶと思いますが、ここで落とし穴があります。

 どの本を店頭に並べるのか、決めるのは各書店です。

 毎月、新書が山のように出版されている現状で、知名度も無い本を店頭に並べるというリスクを背負う事はほとんどありません。

 従って、自費出版のような作品が、他の作品を押し退けて店頭に並ぶ可能性は、かなり低いのです。

 自分の本が店頭に並ぶという夢を持って自費を投じた作家さん達の夢を食い物にしている出版側は、一応営業をしているのだから、契約違反ではないと反論しているそうです。

 これから作家としてデビューをしたいと思っている人は、とにかくコンテストで受賞する事です。

 受賞漏れした人に向けて、「君の作品は受賞できる内容だったが、惜しくも落選してしまった。このまま埋もれさせるのはもったいないので、自費出版しないか?」などという甘い言葉を信用して、大金を投じないよう、切に願いたいです。

 売れる本は、良い内容か悪い内容かではないのです。

 どれだけ知名度があるか、評判になるかです。

 作家になる為には、まずは初期投資を無くすため、厳しい世間の評価を通り抜けなければなりません。

 小説というのは、どうしても自己満足の中に留まる事が多く、自己中心的になりやすい。

 それを解消するには、多くの人の目に晒し、多くのご意見を頂く事だと思います。

 その為に手っ取り早いのは、こうしたブログで作品を公開すると共に、積極的にコンテストに出品する事です。

 もし、売れそうな作品であれば、出版社側から「費用はうちで負担するから、出版させて下さい」となるはずです。

 そうなるまでは、我慢の日々になることでしょう。

 また、どうしても自費出版したいという人は、本で儲けようと思わず、趣味の範囲で行う程度にしておいた方が良いと、某有名占い師さんも言っていました。

 
 人間、欲が無ければ生きられませんが、欲を持ちすぎるというのも良くないですね。


 ちなみに、私も自費出版をもちかけられ、出版を目前に倒産した「碧天舎」に数十万を無駄にした一人です。

 夢を持つ事は大切ですが、他人の夢を食い物にして生きる人達が居るという事も知っておくべきです。

 何事も、エレベーターやエスカレーターのように、楽に上に上がる事はできません。

 階段を一歩一歩、上がっていくしかないのですよ……。

閉じる コメント(1)

その通りですネ〜。
まあ、私は同人出身なので、自費出版やそこいら辺の流れは重々理解しているつもりですが。
改めて肝に銘じておきます〜^^

2007/7/28(土) 午前 9:04 くにざわゆう 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事