スキスキ☆スターウォーズ(あとニャンコもね)

Star Warsが大好きな皆様,ようこそ!ロシアンブルーのソラとスコティッシュフォールドのレミもお待ちしておりました.

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

続きましてDLPプロジェクターです.DLP方式では.光を反射させるかどうかで画像を作るため,鏡がオフの状態であれば光は出ていきません.従って,漆黒が表現可能なのです.スターウォーズの宇宙空間の描写などは得意中の得意です.また,カラーホイールを通った光を分散することなくそのまま投写するためか,とてもメリハリのきいたVIVIDな画が投影されます.色ずれも生じません.従ってコントラストの良い,くっきり鮮やかな画像になると言われています.アニメやCG作品なんかは得意分野でしょうね.また,密閉構造であるため,液晶のようにホコリが進入することもありませんので,メンテナンスは楽です.耐久性も液晶よりはあるとされています.
弱点としては,参入メーカーが少なく比較的高価ということがありましたが,最近はどんどん安くなってきていますね.画素欠けも極少ないながら生じる可能性はあります(白い点になります).それと,最大の問題は,人によってはフリッカーノイズやカラーブレーキングノイズといった,視聴に支障を来すノイズが見えることがあります.フリッカーノイズは,ちらちらして見えてしまい目がすごく疲れるようです.カラーブレーキングノイズ(レインボーノイズともいいます)は,画面に虹のようなノイズが見えてしまう現象です.これらはカラーホイールを回転させながら光を当てる構造上生じるようですが,機械の異常ではなく,個人の体質?によるモノで,同じ条件で見ても,見える人と見えない人がいます.カラーホイールの色を増やしたり,回転数を上げることで,最近の機種ではかなり軽減していますが,こればかりは実際に視聴してみないと分かりません.私の家族はみんな平気でしたが,購入を考える際はDLP方式のプロジェクターの視聴は必須でしょう.

http://farm3.static.flickr.com/2228/2510294795_069daaf165.jpg?v=0
DLPの最安値にして機能充実はこちら.dreamioとタイマンを張っていますが,軍配はこちらに上がりそう.画素数は854x480と少ないですが,DLPでこの画素数なら,液晶ではワンランク上の画素数の機種に相当しますので,dreamioと遜色ないのでは?と思います.コントラスト比は2000:1.DVDプレイヤーと一体型で,スピーカー内蔵ですが,こちらのスピーカーはサブウーファーも含めた5.1CHを内蔵しています(出力は大したことありませんが).そして何よりも,1mの至近距離から80インチのスクリーンに投影できるということが利点です.これなら狭い部屋でも迫力の大画面が楽しめますね.価格.comはこちら.メーカーウェブサイトはこちら

他には三菱LVP-HC1100やBenQのPE7700(私が持ってる奴です)も狙い目でしょう.コントラスト比2500:1~3000:1(DLPは元々コントラストがいいので,この程度でも充分です),画素数は1280X760と液晶の14万円台と同等.価格.comのスペック比較はこちらこちら

一般的な話として,画素数が多い方が精密な画像になるわけですが,液晶とDLPではシステムが違うため,同じ画素数のモノを比べると,DLPの方がずっときれいに見えます.従って,乱暴な言い方をすると,液晶プロジェクターは,画素数が1〜2ランク下のDLPと同等かもしれません.液晶とDLP,どちらにするかは画質の好みや価格などに左右されるかと思いますが,10万円以内で,という条件なら私だったらDLPを選びます.また,アニメやCG作品を見ることが多いなら,DLPの方が好みの画質になる気がします.ただ,忘れてはいけないのが,シアタープロジェクターを買うことです.プロジェクターにはデータプロジェクターというジャンルもありますが,こちらは明るい昼間に会議などで使用することを前提としており,部屋を暗くしないでも画像を見ることが出来るように2000ルーメンといった高輝度に設計されています.従って,これで映画を見ると,明るさ(ルーメン)が強すぎて白飛び(明るい場面が真っ白になってしまう)などの弊害が出てしまいます.必ず映画鑑賞に適した機種かどうかを確認しましょう.見分ける方法としては,輝度の他,アスペクト比も参考になります.映画用は最近のモノは殆どアスペクト比16:9ですが,データプロジェクターは4:3が多いです.なお,輝度については,一般的にはシアタープロジェクターでは1000ルーメンあれば充分です.但し,部屋は昼間なら遮光カーテンなどで出来るだけ暗くする必要があります.シアタープロジェクターはそういうモノなので,テレビ代わりに毎日明るいところで視聴する,というわけにはいかないところが,共通の弱点といえるかもしれませんね〜.でも,部屋を暗くして,「さあ,映画を見るぞ〜!」という気分に浸るのも悪くありませんよ!実際,映画館で見るよりもきれいですから!!

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事