J1☆店長の小部屋

福井県鯖江市の SKI PRO SHOP J1非公式ブログ。

全体表示

[ リスト ]

VOLKL試乗レポートその2

VOLKL試乗レポートの続きです。
 
本日のお題は、絶好調のロッカースキー“Platinum CD”  と
CDをベースに軽量化に取組んだ、V-WERKS CODE  です。
 
まずは、CD デザインが少しだけ変更されています。
サイズ展開に、164cmと185cmが加わり、164/171/178/185cmの4サイズになりました。
イメージ 1
トップとテール部分はロッカー、センター部分はキャンバーですので、
ロッカースキーの操作性の良さを持ちながらも、走るスキーです。
 
特に、今回ラインナップに185cmが加わりましたので、
本格的なロングターン用モデルとしても期待できそうです。
残念ながら、試乗は出来ず。 今のところ日本国内には数台しかないようです。
以前、苗場で柏木デモがインターナショナルモデルではありましたが、
CDの185cmを絶賛されていましたので、性能は間違いハズ!!です。
 
と言う事で、昨年度は中途半端と言われ、あまり注目されていなかった、CD 171cmに試乗してみました。
感想を一言で言うと、これはこれで アリ ですね。
ターン前半にスキーが外に出て行く感じもあり、長い体軸を表現し易いと思います。
板なりに滑ると気持ち良くミドルターンを描けるスキーです。
回転性が良いので、ロングターンだと、スキーが回り過ぎないように回さない操作を、
また、センター部分に幅がある分クイックな操作には筋力が求められると思います。
 
なかなか、面白いスキーですが、オールラウンドに使うには、少々テクニックが必要かと思います。
 
V-WERKS CODE 心材に空洞を設けるなど、軽量化の図られたスキーです。
イメージ 2
チタン・カーボン・アラミドといった、高価な素材を使用したコストの掛かった 贅沢な1台
メタリックで重厚な仕上がりです。
 
ベースになっているCDも重くないスキーですので、軽量化というアドバンテージは特に感じませんでしたが、
なんとなく、張りの強さを感じました。
特に捩れに強く、エッジのグリップ感は、かなり強く感じました。
安定感も良く、荒れたバーンの走破性も良い
CDにくらべると、落ち着いた乗り味で、長時間の滑走でも疲れにくいと思います。
ハイスピードのロングクルージングと言った使い方が似合うスキーだと思います。
 
ビンディングは専用の R-motion14.0D
イメージ 3
高級感あふれる、特別なスキーと言った感じです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事