J1☆店長の小部屋

福井県鯖江市の SKI PRO SHOP J1非公式ブログ。

全体表示

[ リスト ]

ヘルブストがFISCHERに移ったそうで、ちょっと寂しいですが、
引き続き BLIZZARD の来期モデルについて、
 
今回は、Racingモデルです。
写真の左から、GS Race Full SUS / SL Race Suspension
中央のグレーの板が、WRC Race Suspension そして、SLR IQ と GSR IQ
イメージ 1
GS Race は、FISレギュレーション非対応で、182cm(R=20m)
SL Raceの方も、今期のモデルに比べ、操作性を重視した物になっています。
 
操作性重視とは言っても、
GS Raceは、WCプレートとフルサスペンションの組み合わせ、
SL RaceもWCピストン・プレート装着で、足元の安定感は強力
かなりのポテンシャルを持ったスキーです。
 
ガチガチのレーサーは、カタログ外のGS WCとSL WCと言うことで。
因みに、現行のレギュレーション、男子≧27m 女子 ≧23m の規格だそうです。
この他にも、R-Power や S-Powerも有るので、
RACE系、DEMO系のスキーが豊富なラインナップとなっています。
 
今期新たに登場したのが、WRC ↓ 基礎大回りにピッタリのスキーです。
イメージ 2
サイドカットはGS Raceと共通ですが、軽量でソフトなプレートシステムに
ショートタイプのサスペンションを組み合わせることで、
軽さと、しなやかなフレックスが印象的でした。
 
スキー全体がしなやかに撓み、ソール全体で雪面を捉えていくような感覚があり、
抜群に乗り易いスキーです。
軽量な割に、バタつきも無く結構な高速まで対応できると思います。
癖の無いのり味は雪質に左右されず、スムーズな抜け・走りが味わえると思います。
 
反面、脚力の強い方や、強烈な走り・エッジグリップを求める方は、
おとなしい印象を受けると思いますので、
その場合は、GS Race を選ぶと良いと思います。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事